すぐに実践できる!新生活での友達の作り方4つ

これから新生活を送る人は、新しい友達はできるかな? どんな未来が待っているんだろう? とワクワクしていることでしょう。一方で、新社会人になる人は、私大丈夫かな? とドキドキの方が大きいかもしれませんね。

そこで今回は、楽しく新生活が送れるように「友達の作り方」と「友達ができない人の特徴」について紹介していきます。

新生活での友達の作り方

誘いを断らない

誘いを断らない

新生活で友達を作るコツは、誘いを断らないことです。仲良くない人からの誘い、興味がないこと、気が乗らないことでも、「ちょっとだけ」のつもりで参加してみましょう。最初は気が乗らなかったとしても、実際に参加してみると「楽しい」と思うこともあるからです。

新生活は、新しい体験をしたり、色んなことを吸収したり、自分の身となる体験ができる時期です。先入観を捨てて、より多くの体験をしてみましょう。今までとは違った友達を作るのも楽しいかもしれませんよ!

友達作りのアプリに登録する

新生活で友達を作りたいと思ったら、アプリに登録して探すのが一番簡単な方法かもしれません。趣味や行きたい場所などが合致する人に声をかけて、気が合いそうだなと思ったら会ってみるといいでしょう。

ただ、ちょっと注意が必要です。アプリは気軽にやれる分、ビジネス目的の人も潜り込んでいます。この人は信用できる人かな? という目を持って接していきましょう。

同僚を誘う

新生活で同僚がいる人は、会社帰りにご飯に誘ってみてください。同僚だと同じ悩みを抱えていることも多いですし、親近感が沸いて普通の人よりも直ぐに仲良くなれる可能性があります。

同僚がいないという人は、学生時代の友達に久しぶりに連絡を取ってみましょう。同僚や学生時代の友達に声をかける方が、新しく友達を作るよりは気楽に接することができると思います。

誘われる機会を待っているだけでは、友達はできません。自分から積極的に誘ってみましょう!

習い事をする

1対1の習い事ではなく、複数人と接することができる習い事に参加しましょう。「複数だと仲間に入りづらい」と思う人もいると思います。でも、何回も顔を合わせていくうちに、打ち解けるチャンスがきて仲良くなっていけるものです。

やりたい習い事がない人は、「これをやったら友達ができそうだな」 と思ったものに飛び込んでみましょう。友達作りのほかに、何かに挑戦してみたい気持ちがある人にも、習い事はおすすめです。いい息抜きになりますよ。

友達ができない人の特徴

家にこもりがちな人

家にこもりがちな人

新生活で環境がガラッと変わり、変化に慣れていくのが大変な人もいるでしょう。精神的にも体力的にもしんどくて、友達の誘いを断っていた。なんてことを繰り返していると、「あれ? 私一人ぼっちだ」という状況になりかねません。

新生活を楽しく送るためのコツは、仕事とプライベートでスイッチを切り替えることです。家にこもりがちな人は、外出してみるといいでしょう。気分を切り替える練習になります。

外出してみたら、新たな出会いがあった! なんてこともあるかもしれませんよ。

人見知りな人

新生活を送ると、初めて会う人ばかりで緊張してしまいますよね。自己紹介をする場面も多くなるので、人見知りな人はなおさら大変でしょう。自分からどんどん声をかけて、輪に溶け込んでいる同僚をみると、自分と比べて落ち込んでしまうかもしれません。

人見知りでも、自分から話しかけられなくても、焦ることはありません。人と話すときは笑顔を心がける。相手に少しでも興味がある姿勢を見せる。こんなことを心がけることで、相手に変な誤解をされることなく、徐々に溶け込んでいくことができるでしょう。

一人の方が楽と思ってしまう人

お一人様上手な人や一人の方が楽だと思ってしまう人は、新しい友達ができていないんじゃないでしょうか? 「友達が欲しい」と心の中で思っていても、「人に合わせるのが苦手」「自分の思い通りに進めたい」など、自己中な部分が目立ってしまい相手と疎遠になってしまうからです。

ずっと一人でいると、友達がいない淋しさを感じることになるかもしれません。友達が欲しいと思うのなら、友達と一緒にいる楽しさをまず味わってみましょう。友達としか味わえない景色や感情はかけがえのない思い出になります。

おわりに

おわりに

新生活を送ると、環境の変化や考え方の違いで、今まで仲の良かった友達と疎遠になることもあるかと思います。過去を振り返らずここは前向きに、友達が欲しいと思ったら積極的に自分から動いてみましょう。

きっと素敵な友達ができるはずですよ。新生活を楽しんでいきましょうね。

 

Written by ココロン

めんどくさい「結婚・出産マウント」のスマートな対処法 ▶

ココロンの他の記事を読む