片思いのLINEを恋に繋げるテクニック12選|ベストな頻度やあるあるを紹介!

LINEで好きな人とやりとりするのは話題に困ることが多いでしょう。ここでは意中の人とのスムーズなやりとりの例や相手の気持ち、おすすめの話題などについて紹介していきます。好きな人と楽しくLINEをしながら両想いを目指しましょう。

(目次)

男性のLINEの主な使い方は連絡手段

男性のLINEの主な使い方は連絡手段

男性は、LINEを主に連絡のために使っている人も少なくないでしょう。男性同士だと仕事やプライベートの用事の連絡などに使われます。LINEの頻度が高い女性と違って、必要性の低い連絡に使う方は少数派です。

男性の中には、LINEで好きな人と距離を縮めるということに疑問を持っている方も多いです。しかし、忙しい現代人が絆を深めるためにLINEは必須なため、片思いの男性にしつこくない程度にLINEを送るようにしましょう。

毎日送られてくる片思いのLINEに男性が思うこと3つ

毎日送られてくる片思いのLINEに男性が思うこと3つ

女性よりもLINEの頻度が低い男性は、毎日送られてくる片思いメッセージにどのようなことを思っているのか気になるという方が多いことでしょう。

あなたからのLINEに喜んでいるのか、内心迷惑がっているのか、ここからは毎日送られてくる片思いLINEに対して思っていること3つを紹介していきます。

1:LINEを終わらせたいと思っている

女性は同時にいろいろなことを考えられる方が多く、仕事の合間にLINEすることもできるため、1日のうちにたくさんやりとりできます。しかし、男性は1つのことしか考えられない方が多いです。

男性は1つのことに集中しやすいため、毎日来る連絡を歓迎しないことがあります。

2:知りたいと思っている

あなたが毎日送るLINEに返信をくれることが多い場合は、男性側もあなたに興味があって、もっとあなたのことを知りたいと考えている可能性が高いです。友達になる前の段階であれば、自分の基本的なことを話してみましょう。

あなたのことを知って自分のことを話して仲良くなりたいと考えているため、やりとりが盛り上がるおふざけメッセージよりもふつうに日常生活をイメージできるようなことを話してみてはいかがでしょうか。

3:告白を待っていると思っている

あなたからLINEにすぐに答えてくれたり、長いメッセージでも内容をしっかり読んでから返信してくれたりする場合も、好意を持っている可能性があるでしょう。

毎日LINEを送ってくるあなたに告白されるかもしれないと考えている可能性が高いです。あなたから好意を伝えるような内容のメッセージがくれば、テンションが上がるでしょう。

また、あなたが自分から、告白されるのを待っていると思っている可能性もあります。男性から告白するべきと考えている男性は多いため、相手が告白してきやすい状況まで持っていきましょう。

片思いのLINEあるある11つ

片思いのLINEあるある11つ

片思いしている相手とのLINEは、ついつい好きな気持ちがあふれてしまいます。ここからは片思いしている相手とのLINEでやりがちな行動を紹介していきます。以下を参考にしてみてはいかがでしょうか。

1:相手のSNSを探して見てしまう

好きな人ができると普段何しているのか、よく行くお店はどこなのか、ついつい検索してしまいます。SNS監視員になって、ネットストーキングしてしまわないように気を付けましょう。

相手のSNSアカウントで知った情報を基に、相手の好みのタイプや趣味が分かります。会えない時間に彼が何をしているのか気になってしかたない状態になり、休日は特にSNSばかり見てしまう方もいます。

2:質問されていないことを話してしまう

相手が聞いてもいないことをどんどん送ってしまうのも、片思いLINEでよくやってしまうことです。「今日は〇〇に行った」とか「今度△△に会うよ」など、アピールをしすぎると、あなたとのLINEに新鮮味がなくなってしまいます。

3:長い文章で送ってしまう

好きな人と常に繋がっていたい女性は多いため、長文になってしまうことがあります。相手にとってプラスになる話題ならいいのですが、あなたのことばかり話してしまうと相手はうんざりしてしまいます。

LINEを送る前に長すぎないか確認して疲れていたり、忙しかったりしても読みやすいものを送ってください。

4:LINEが返ってきた瞬間に見てしまう

LINEでメッセージが来たという通知が出たら、仕事中でも授業中でもすぐに見てしまうのも意中の方からのメッセージならではです。毎回LINEを送ってすぐに既読マークがつくと、相手が引いてしまう可能性があります。

5:返信が待てない

相手にアプローチしたいがあまり、返信がないのに立て続けにLINEするのもあるあるです。会いたい気持ちを抑えて一方的にならないように、相手の気持ちを考えて適度な頻度でLINEしましょう。

6:おすすめされた物を報告してしまう

好きな人におすすめされた物は買いたくなりますが、買ってすぐに商品を買った報告を画像付きで送るのは恋をしている女性がよくやる行動です。

自分がおすすめした物をすぐに買って試してくれるのは、誰でも嫌な気持ちはしないです。本やDVDなら一緒に感想を言い合えますし、食べ物なら「今度一緒に食べよう」と誘えます。

おすすめの物を買うと次の展開をつくりやすいため、2人の関係を発展させるのにもちょうどいいでしょう。

7:スタンプを多く使う

好きな人とLINEすると自然と絵文字が増える女性が多いです。好きという気持ちを言葉で表せない分、スタンプで表す方もいます。何気ない文章でも、後からハートマークの入ったスタンプをつけてアピールしましょう。

ハートのスタッフをつけるのが恥ずかしいという場合は、挨拶やリアクションなど無難な物を選んでください。片思いだとまだバレたくない段階なら、他の友達や同僚に送るのと同じ絵文字やスタンプを使いましょう。

8:体調を心配する

彼がいつもと違う様子だと、体調が悪いのではないかと心配してしまう女性も多いです。「今日は休んでいるけど大丈夫?」と聞いたり、「元気なかったけどどうしたの?」と心配したりしてしまいます。彼のことを心配すると相手も優しい人と感じてくれるため、好印象です。相手の具合が悪いと分かったら長文を送るのはやめて、途中でやりとりを中断しましょう。

9:食事に誘う

好きな相手をLINEで食事に誘おうとする女性は多いです。いきなり食事に誘うと断られてしまう可能性があるため、「好きな食べ物は?」や「昨日何食べた?」など、自然な流れで誘うようにしましょう。

会話の中でなかなか食べ物の話をできないようであれば、「さっきコンビニで売ってた○○がおいしそうだった」など、目についた物を話題に出してみてください。

10:自分のプライベートな話や秘密話をしてしまう

好きな人とLINEをすると、プライベートな話や内緒話をしてしまいがちです。特に今彼氏がいないことをアピールする方がほとんどですが、素直に彼氏が欲しいことや寂しいことを相手に伝えましょう。

直接的に言えない場合は、「夏休みの間ずっと暇だから家で過ごす本とか買おうかな」と彼とのLINEで言ってみましょう。もし、あなたに好意があるなら、それに対して何か好意的なリアクションがある可能性もあります。

11:LINEが途切れると寂しい

好きな人とのLINEで挨拶や一言LINEには返信があるのに、写真や長文には返信がないことがあります。不安になってしまう女性が多いですが、返信を考えている可能性もあります。

そっけない返事が来ることよりも、途中でラリーが終わってしまうことの方が寂しくなりますが、しつこい催促はせずに「忙しいんだな」と相手を気遣いましょう。

LINEが途切れると寂しい気持ちになりますが、片思いの段階でそれを相手に伝え過ぎると嫌われてしまう可能性があります。一度嫌われるとなかなか挽回できないため、相手が負担に感じるやりとりは強要しないようにしましょう。

片思いのLINEを恋に繋げるテクニック12つ

片思いのLINEを恋に繋げるテクニック12つ

片思い中の相手と楽しくLINEするには、ある程度のテクニックが必要です。どのようなLINEを送ればいいのか手探りの状態から、気軽に連絡できる関係を目指しましょう。ここからは恋につなげるLINEテクニックを紹介していきます。

1:LINEの最後は自分で終わる

好きな人とのLINE終わらせ方は、相手を気遣う言葉で終わりにしましょう。相手が「じゃあもうおやすみ」や「またね」と送ってきたら、「今日も忙しかったね。ゆっくり休んで」や「明日も仕事がんばろうね」など、ねぎらいの言葉を伝えてください。

相手が終わらせたがっているのに、粘り強く続けようとすると印象を悪くしてしまいます。中学生や高校生なら学校でも話せるようにして、社会人なら仕事でのやりとりにもつながるようにしましょう。

2:言葉の最後は質問で終わる

LINEをしていて盛り上がらないなと思ったら、質問をしてみましょう。今彼女がいるのか、趣味は何か、休日はどう過ごしているのかなど他愛もない会話から彼の日常情報を得ましょう。

言葉の最後は質問で終わるようにすると、相手からの返信がもらいやすいです。無理のない範囲で気が合ったところをアピールすると、あなたと付き合った後の生活を彼もイメージしてくれます。

3:最後の言葉は短く一言で終わる

相手がLINEをやめたい素振りを見せたら、短い言葉を送りましょう。例文は「また明日」とか「今日はお疲れ」などです。女性なら「お風呂入るね」と送ると、相手もLINEを終わらせられます。

やりとりをやめる空気になっているのに無理して続けないように気を付けましょう。

最後の一言は短く終わると、相手もさらっとLINEを終わらせられます。長くラリーをやってきて最後の最後まで長文だと、相手はめんどうに感じて「次からはあまり返信しないようにしよう」と考える可能性があります。

4:テンションの高さは男性と同じにする

彼のテンションやスピードに合わせてLINEをすることで、相手がストレスを感じないでラリーができます。

彼からの返信スピードを見て、同じくらいの時間で返すと心地よくやりとりできます。文字数や絵文字の数なども合わせて、自分に無理のない範囲でテンションを合わせましょう。

5:次の日は寝落ちしていたことを伝える

片思いの人と夜LINEをしていて「そろそろやめどきだな」と思ったら、寝ちゃったテクニックを使いましょう。相手からのLINEをあえて既読スルーにして、翌朝に「寝ちゃった」と送れば、胸キュンしてくれる男性が多いです。

「もうやりとりする話題ないな」と感じた時や、「相手がめんどうくさいと思ってそうだな」と感じた時に試してみてください。時間を置いて翌日なら、楽しくやりとりできることでしょう。

6:オウム返しは言葉や顔文字で使う

相手とやりとりをしていると、脈あり脈なしに関係なく、オウム返しになることがあります。スタンプでオウム返しはそっけない印象になるため、言葉や顔文字の方がおすすめです。

相手に褒められてどう返していいか分からない時も、褒める言葉のオウム返しをしましょう。

7:共通点を見つけて話題に使う

片思いの人にラインを送ると共通点が見えてきます。相手を振り向かせるために自分アピールに必死になりがちですが、共通点を掘り下げて一緒に盛り上がった方が成功しやすいでしょう。

LINEアカウントの背景画像のようなすぐに確認できる話や、共通のネタなどについて触れてみましょう。ただ、あなたがうれしくても相手には嫌な自分の特徴という可能性もあるため、会話がすぐ終わる共通点や既読無視になる共通点は次から出さないようにしましょう。

8:言い始めは遅くなったことを伝える

好きな人とやりとりをはじめる時は、タイミングを見て、時間帯的に遅いようなら最初にお詫びをしておきましょう。ラインは午後20時以降にはじめるとやりとりが続きやすいため、「夜にごめんね」と最初に謝っておきましょう。

9:ハートマークを部分的に使う

1日1通などの少ないやりとりの場合でも、ハートマークは部分的に使いましょう。返信が来ない状態でも、既読無視になっていれば、相手にハートマークを見てもらえます。ハートマークをいっぱい使ってしまうとくどくなりますが、部分的に使うと相手に気持ちが伝わります。

10:他愛のない挨拶をする

接点がない人が好きな場合や特に連絡する必要がない場合は、他愛のない挨拶をしましょう。クリスマスや誕生日などのイベントの時は、定番の挨拶をした後に、近況報告もしてみてください。

挨拶後のやりとりも、1行の短文にすることで、相手は不快にならないでしょう。

11:可愛いまたは面白いスタンプを使う

好きな人とLINE交換しても、なかなか思うようにやりとりできないことがあります。そういう場合は、スタンプだけでも盛り上がっている雰囲気を出しましょう。

可愛いまたは面白いスタンプを使って楽しい気分になれば、リラックスしてLINEをすることができます。

12:労いの言葉を伝える

労いの言葉を送ると、あなたへの印象が良くなります。「今日もお疲れ様です」とか「今日は授業しんどかったね」などの言葉を送ってみましょう。今日の出来事を話すのによいきっかけとなって、楽しく過ごせます。

片思いのLINEで使える会話の内容8つ

片思いのLINEで使える会話の内容8つ

好きな人との共通の話題から、あなたのプライベートな話題までいろいろなやりとりをしましょう。相手の都合を考えながら、長くなりすぎないように以下の話題でLINEしてみてください。

ここからは、片思いのLINEで使える会話の内容を具体的に紹介していきます。

1:生まれた場所について話す

あまり積極的に好きな人にLINEできない場合は、生まれた場所について話してみましょう。地元が同じなら具体的なお店の話題などで盛り上がれますし、利用する駅の話題でも盛り上がれます。

相手が塩対応なら地元の話には興味がない可能性がありますから、別の話題に切り替えましょう。お互いの地元が違う場合はお互いの地元の特産品や、地元特有の行事などの話をしてみるのもいいでしょう。

2:芸能人の話題

あなたの話題をするのが気まずい、相手の警戒心が強くてプライベートに踏み込めないという場合は、芸能人やYouTuberなどの話をしましょう。フリーで楽しめる芸能人が発信しているネット動画URLをLINEで送ると、すぐに共通のコンテンツで楽しむことができます。

3:仕事の場所について聞く

仕事の場所について聞くことで、彼がいつもどのようなところで働いているのかイメージすることができます。職場の近くにあるお店や、いつも利用している駅などの話をしてみましょう。

仕事中に窓から見える景色や、最寄り駅から数駅で行けるおしゃれスポットなどの話をすれば、「じゃあ後日遊びに行こう」と相手から誘ってもらえる可能性があります。

4:趣味の話を聞く

いつも自分からLINEしていて一方通行でなかなか盛り上がらない、途中で会話が途切れることが多いという場合には、お互いの趣味の話をしましょう。いつもは既読がつかない彼でも、趣味の話になると食いついてくれる可能性が高いです。

彼の特技で失敗した話などをすると、コツを教えてもらえるため、やりとりが長くなります。

趣味の話をすると、自然と「いつから好きなのか」や、「どういうきっかけで好きになったのか」など過去の話になります。学生時代のことや家族との思い出の話になるため、好きな人のことをさらに知るきっかけにもなるでしょう。

5:悩みを相談する

仕事の悩みを相談すると、相手は必要とされたことにうれしさを感じることでしょう。男性にはヒーロー願望がありますから、困っている方を助けることで満たされた気持ちになりやすいです。

仕事や学校で困っていることを探して相談してみると、あなたの力になってくれることでしょう。

一緒にひとつの課題をクリアすると連帯感が生まれるため、絆が深まりやすいです。また、お互いの仕事や学校に対する考え方も共有でき、価値観が分かります。

6:撮った写真を送る

撮った写真を送ることで、あなたが今日見た景色や気に入った物を相手に教えることができます。男性は視覚情報に弱いため、写真や動画などを送ると印象に残りやすいです。

写真だけではなく、文章を一緒に送ることで相手にあなたの状況を具体的に伝えることができます。

送った写真を観て、リアクションが返ってきたら、相手からも写真を送ってほしいと頼んでみましょう。言葉やスタンプだけのやりとりではなく、写真のやりとりもすると楽しい時間になります。

7:仕事での愚痴を聞く

相手から、仕事などの愚痴を話してくると相手は心を開いている可能性が高いでしょう。しかし、愚痴のようなパーソナルな悩みを伝えたのに未読のままだと相手が不安になりますから、すぐ返信するように心がけましょう。

優しい一言をかけて、相手の疲れた心に寄り添ってください。

仕事の愚痴を聞くことで相手はストレスを発散でき、あなたは相手から信頼されるようになります。他の悩みができた時、困ったことができた時も、あなたに相談するようになることでしょう。

あなたからも相談するようになれば、2人の信頼関係が築けますから告白後もいい付き合いができます。

8:休日の行動について聞く

休日の行動について聞くことで、相手のことが理解できるようになります。休みの日はいつも映画館にいたり、好きな歌を聞いたりするという話題から、どのような映画や音楽が好きかなどに発展できます。

あなたも休日の過ごし方を教えて、後のおうちデートプランなどに生かしましょう。休日にどのような行動をしているのかは個人的に連絡を取らないと分からないため、友達以上恋人未満になるのに必要な情報です。

片思いのLINEで告白する時のポイント3つ

片思いのLINEで告白する時のポイント3つ

理想の告白は直接会って想いを伝えることですが、どうしても会えない、会うと告白できないといった事情を抱えているなら、LINEで告白するのもアリです。

1番良くないのは告白しないことですから、告白しないままでいるくらいならLINEで気持ちを伝えてください。ここからは、片思いの人が意中の人にLINEで告白する時のポイント3つを紹介していきます。

1:直接ではなくLINEで告白をした理由を伝える

まずは直接ではなく、LINEで告白した理由を伝えましょう。学生でも社会人でも、「告白は直接会ってするもの」と思っている方は多いため、振り向かせるにはLINEでの告白を選んだ理由を伝えてください。

切り出し方は「大切な話がある」ことと、「LINEで告白する理由」を最初にはっきりと伝えましょう。急に敬語になると相手が警戒するため、まずは普段通りの言葉遣いで連絡してみてください。

2:言葉の間違いがないか確認してから送る

告白するLINEは緊張して打つため、打ち間違いが起こりやすいです。予測変換で違う単語が入ってしまっていないか確認しましょう。何回か黙読してから送信ボタンをタップしてください。

言葉の間違いがないか確認しておかないと、誤字脱字のせいで気持ちが相手に伝わらなくなってしまいます。

3:「大好き」の言葉をストレートに伝える

告白する言葉は余計な駆け引きはせず、ストレートに想いを伝えましょう。第一に好きであることと、付き合いたいことをはっきりと明記して、具体的にどういう風に付き合いたいかなども添えるといいでしょう。

スタンプを付けてしまうと冗談と誤解されて、返事が返ってこない可能性があります。間接的な告白ですから誠実な態度を心がけてください。

大好きという言葉をストレートに伝えることで、相手からも素直なリアクションを受け取ることができます。LINEでの告白は率直に言った方がいいため、好きという言葉は必ず入れてください。

片思いのLINEで彼をゲットしよう!

片思いのLINEで彼をゲットしよう!

片思いのLINEで彼をゲットするためには、普段から楽しいLINEのやりとりをしておく必要があります。告白本番のために日頃から彼がLINEできる時間帯、苦手な絵文字、スタンプなどを知って成功できる確率を上げておきましょう。

LINEで告白するのは良くないという風潮がありますが、何も伝えずにいると他の方にとられてしまう可能性があるため、思い切って行動に移してみてください。片思いのLINEで彼をゲットしましょう。

Written by KOIGAKU

すぐに試したくなる! 好きな人からLINE返信が遅い時に使えるテクニック6つ ▶

KOIGAKUの他の記事を読む