「モテるおじさん」と「モテないおじさん」の決定的な違い10選

モテるおじさんとモテないおじさんの違いはいったいどこなのでしょうか?

モテるおじさんにあって、モテないおじさんにないもの、していることなどを詳しく紹介していきたいと思います。

また、モテるおじさんになる方法も教えちゃいます。

モテるおじさんってどんな人? モテないおじさんとの違い

身だしなみに気を使っている

身だしなみに気を使っている

まず一番大切なのは清潔感だと言われています。服装や髪型がオシャレかどうかということよりも、きちんと洗われているか、アイロンがかけられているか、不快なにおいがしないかなどがポイントです。

どんなに高いものを身に着けていても何年もクリーニングに出していなかったり、きれいに磨かれていなかったりするとモテるおじさんにはなれません。体型も重要で、メタボなお腹ではモテないおじさんまっしぐら。

ジムに通ったり、ランニングをしたりして、体型の維持を心掛けることをおすすめします。服や髪、体型と同じように大切なのが肌と歯であることも忘れないでください。

包容力がある

年齢を重ねると出る大人の余裕は、包容力だともいわれています。小さなことにこだわらず、いつも大きな心で相手を包み込むような対応ができるとモテるおじさんになれるでしょう。

束縛をしたり、ヤキモチを妬いたりせずに女性を自由にしてあげるということも大きな包容力の一つ。相手に対する思いやりを常に忘れないのがモテるおじさんなのです。

上から目線をしない

年下の相手に対しても、年上の相手に対しても態度を変えない人はモテるおじさんです。

自分よりも下の立場の人に横柄な態度をとったり、タメ口でなれなれしく話しかけたりするのはモテないおじさん。

店員さんや部下に対しても、いつも丁寧に接する姿に女性は尊敬の気持ちも抱くでしょう。

若作りをしない

若作りをしない

若い女性にモテたいからといっていつまでも若い時と同じ服装をしたり、髪型にこだわったりするのはモテないおじさんの代表です。

モテるおじさんは年相応のおしゃれを楽しむことができます。若い時は流行を追っていたとしても、年齢を重ねたら落ち着いた自分に似合うブランドをいくつか見つけるのもいいかもしれません。

今の自分を受け入れているということが大人の魅力を増すのです。

自虐を言わない

「自分はもうおじさんだから」「どうせモテないから」と自虐を言う男性はモテないおじさんです。「そんなことないですよ」と否定してほしいのがみえみえで相手が疲れてしまいます。

褒めたり、慰めたりしてほしいのはわかりますが、たとえギャグだとしても自分のことを卑下するような発言をするのはやめておくのが無難です。

金持ちアピールをしない

年齢を重ねて仕事が軌道に乗ってくる中年のおじさんたちは、若い人たちよりもお金を持っているのは当たり前です。

もちろん若い時から必死に頑張ってきた結果なので誇らしく思うのは良いのですが、あまりにわかりやすいギラギラの時計や奇抜なスーツなどはモテないおじさんになってしまいます。

わかる人だけにわかるようなさりげない高級ブランドを身に着けているのが大人の品というもの。

若い時の武勇伝を話さない

若い時の武勇伝を話さない

「若い時にやんちゃしていた」「若い時はこれだけモテた」なんていう武勇伝は女性にとって全く面白くない話です。

個人的に仲良くなって、質問を掘り下げて聞かれたら答えるのはいいのですが、自ら自慢話のようにひけらかすのはNG。

モテないおじさんはつい若い人たちと自分の若いころを比べがちですが、時代が違うのだから若い人には理解できなくて当然なのです。

自分の話は聞かれたら少しするというルールを決めておくと暴走せずに済むかもしれません。

見返りを求めない

「こんなに手伝ってやった」「高いものを買ってやった」など自分のしてあげたことばかりを覚えていて、その見返りを求めてくる男性はモテないおじさんの代表です。

女性に対してしてあげたことはすべてボランティアだと思うことが大切です。「あの女性を落としたいから世話を焼く」のはもう時代遅れ。

女性ももともと気がない人にはいくら尽くされてもなびかないものなのです。

大人の色気がある

モテるおじさんはどこからともなく漂う色気があります。まるでオーラのように纏っているので自分で意識して出すものではないでしょう。

せかせかしているよりも、ゆったりとした動きをした方が大人の余裕が感じられます。モテないおじさんはせわしなくバタバタと歩いたり、いつも焦っていてイライラしているように見えます。

ギャップがある

ギャップがある

男性と同じく女性もギャップに弱いもの。モテるおじさんは仕事の時と、プライベートの時が全くの別人と言っていいほど違ってギャップがあります。

仕事の時はクールで他のことを一切考えていないようで近寄りがたい感じがしても、プライベートになると少年のような一面があったり、意外な趣味を持っていたりするとキュンとすることが多いのです。

モテるおじさんになる方法

モテるおじさんは自分で自らモテ要素を自慢しなくても、雰囲気でアピールすることができます。モテる雰囲気を醸し出すためには、根拠のある裏付けによる自信を持つことが大切です。

若い男性にはない責任ある仕事、それに見合った収入、今まで培ってきた経験などが蓄積されて「余裕のある大人の男性」ができあがるのです。

見た目ももちろん大切ですが、清潔感さえあればあとは大人の男性の魅力でカバーできることが多いです。女性は雰囲気に弱いもの。

イケメンでなくてもいつも女性にモテているおじさんはたくさんいます。素敵に年齢を重ねて「モテるおじさん」としていつまでも一目置かれる男性でいてください。

Written by miichikin

miichikinの他の記事を読む