ハイスペ男性が「結婚したい!」と思う女性の特徴4つとNGな女性とは?

世の中には、優れた特徴・条件を持つハイスペックな男性が存在しています。婚活に励む女性の多くは、このハイスペ男性を狙っていることでしょう。

しかし、そんな彼らにも理想があるのです。今回は、ハイスペ男性の恋愛に関する本音についてご紹介します。

「ハイスペ男性」とは?

そもそも、ハイスペ男性とはどのような人物のことを指すのでしょうか?

「ハイスペ男性」とは?

ハイスペ男性と言われるのにはいくつか基準があります。代表的なものとして挙げられるのが、「高学歴・高収入・高身長」の3つの条件を満たしているいわゆる3高です。

能力や容姿の良さを意味する3高を持ち合わせている男性は、結婚すれば安定した生活を送ることができるという女性たちの期待から、婚活市場でも競争率が高くなっています。

また、最近ではハイスペの要素としてコミュニケーション能力が重視されている傾向にあるのだとか!

コミュニケーション能力の高い男性は会話の引き出しが多く、一緒にいて楽しい時間が過ごせるため、人としての魅力に惹かれる女性も多いようです。

ハイスペ男性が「結婚したい!」と思う女性の特徴とは?

では、そんな優れた能力、美しいルックスを兼ね備えたハイスペ男性は、一体どのような女性に惹かれるのでしょうか?

金銭感覚が堅実

女性の金銭感覚をチェックしているハイスペ男性は多いです。金銭感覚が堅実であれば、それが結婚の決め手になる可能性もあります。

男性にとって自分が稼いだお金を女性に自由に使われていたとしたら、相手に対して怒りが込み上げたり呆れてしまったりすることでしょう。お金の管理ができる女性は、男性にとって心強いパートナーとなります。

自分の考え方を理解してくれる

ハイスペ男性は独自の考え方を持っていることが多いです。仕事や家庭に関する考え方が人とは違う傾向にあり、周囲になかなか理解してもらえないこともあります。

そんな自分の意見を尊重し、理解してくれる女性こそ、ハイスペ男性の理想なのです。

ハイスペックな女性

ハイスペックな女性

人気が高いハイスペ男性は、自分と同じハイスペックな女性を好む傾向にあります。

境遇や状況が似ていると話が合うほか、お互いを高め合える関係が築けるので、自分に近い女性に興味を抱きがちです。

また、ハイスペ男性は自立した女性が好きなので、一人の時間も楽しめるような人を好みます。

あげまん

パートナーの運気を上げるあげまんな女性は、ハイスペ男性から絶大な人気を誇っています。

常にポジティブ思考で、自分の考えをしっかり持っている女性は、一人の人間として尊敬できる部分が多く、男性を成功へと導いたり、前向きな気持ちにさせたりする不思議なパワーを持っています。

一緒に高め合えるような向上心もあるため、居心地が良いと感じる男性も多いようです。

こんな女性はお断り! ハイスペ男性が振り向かない女性の特徴

スペックばかり気にする

社会的地位や年収、学歴、容姿など、スペックばかり気にしている女性はハイスペ男性から選ばれることはありません。

スペック第一で相手の中身を見ようとしない女性は、その不誠実さが相手に伝わり、恋愛対象と見られず距離を置かれてしまいます。

男性のスペックは気になるものですが、そればかりではいけません。十分注意しましょう。

綺麗でいるための努力をしない

綺麗でいるための努力をしない

日頃から綺麗になるための努力をしている女性もいますが、そうでない女性もいます。

男性ならば誰しも女性の頑張っている姿を可愛いと思うものです。頑張るための努力をしない女性は魅力が皆無!

そして努力をしない女性ほど言い訳をしがちです。「努力しても結果は同じ」「ブスは何をしてもブスのまま」など、ネガティブな発言が多い傾向にあります。

理解がない

ハイスペ男性は仕事が最優先というタイプも多く、だからこそハイスペックになったと言っても過言ではありません。

仕事に対して理解がある女性でなければ、良好な関係を築くのは難しくなります。なかなか会えなかったり、約束をしていた日に急遽仕事が入ったりする可能性もあるでしょう。

「自分よりも仕事なんだ……」というような不満を抱く女性には惹かれないのです。ハイスペ男性からするとわがままに見える可能性もあります。

おわりに

今回は、ハイスペ男性の本音についてご紹介しました。

ハイスペ男性から魅力的だと思われる女性になるには、相手のことをしっかりと理解し、常に支えてあげられる存在でなければいけません。よく考えて行動していれば、自然と相手の気持ちや考え方を理解できるようになるはずです。

ハイスペ男性と結ばれるためには、自身の努力も必要不可欠ですよ。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む