気になる人への電話の誘い方4つ!成功しやすいポイントとは

電話は、お互いの距離を縮めたり、愛を深めたりすることができるツール。恋人に会えないときに声を聞くだけでも元気が出て、癒やされる人も多いのではないでしょうか?

けれど、付き合う前の段階で初めて電話をするきっかけづくりというのはなかなか難しいですよね。そこで今回は、気になる人への電話の誘い方についてご紹介していきます♪

気になる人への電話の誘い方

悩み相談ついでに誘う

悩み相談ついでに誘う

まずは、悩み相談をお願いしてみましょう!

悩み相談は、LINE(ライン)やメールだと文章が長くなってしまいうまく意図が伝わらないことがあります。「文章だとうまく伝えられなさそうだから、電話で話してもいいかな?」と声をかけることで、自然と電話へ誘いやすくなりますよ♪

悩みを聞いてもらっているうちに、気づいたら何時間も楽しく話していた……なんてことも♡

友人知人から「悩みを相談したい」と言われたら、信用してもらえているということなのかな、頼ってくれて嬉しいなというふうに思いませんか?

電話に限らず、悩み相談をするうちに仲を深め、恋愛関係に発展するケースは少なくありません。自分の悩みや弱さを打ち明ける相手は誰でもいいわけではないですよね。この人にだから話せる、と信頼しているからこその内容であったりします。

いろいろと悩み相談にのってもらいながら、ぜひ相手との距離を少しずつ縮めてみてください!

緊張をほぐしたいからと誘う

二つ目は、お互いの緊張をほぐすためという理由で誘う方法です。

例えば、気になる人といい感じにはなっているけどまだ電話をしたことがない場合、もっと仲良くなりたいからという理由があると誘いやすいですよね。

特に、まだ二人の間にぎこちなさがあるなら、電話は仲を深める大きなきっかけになります♪

デートや実際に会った時にうまく話せない場合は「会うと緊張してまだうまく話せないから、今度電話でお話してみてもいいかな?」と誘ってみれば自然ですよ。

私も今のパートナーと付き合う前、会うこと自体に緊張していたので、会う1週間前くらいに「当日は緊張してしまうと思うので、会う前に一度お電話しませんか?」と誘ったのを覚えています。

その電話をきっかけに関係がグッと縮まり、会う当日も話が弾みやすかったです♪ 最初はぎこちなく始まった電話も気づけば数時間に。付き合う前に朝になるまで話し込んだこともありました。

緊張やぎこちなさをほぐすための手段として、顔が見えない状態で話ができる電話を活用してみるのもひとつの手ですよ♡

ストレートに誘う

三つ目は、話したくなった、声が聞きたくなったなどストレートに伝える方法です♡

気になる人から「なんかふと話したいなと思って」「声が聞きたくて」と電話に誘われたら、キュンとしてしまいますよね!

ストレートに言うのが恥ずかしい、勇気がいるという方は「さっき言い忘れたことがあって……」など少しぼかして伝えてみましょう! 照れながらも勇気を出していることが伝われば、相手も嬉しく思ってくれるのではないでしょうか♪

あえて理由は言わず「今度、電話しない?」「電話してみたいな」とより直球な表現で伝えるのも◎。自分が突然言われたらと思うとドキっとしてしまいませんか?

ストレートに言いたい派のみなさんは、ぜひしっかり言葉にして伝えてみてください!

相手の趣味や特技について聞きたいと誘う

相手の趣味や特技について聞きたいと誘う

最後は、相手の趣味や特技について聞きたいと誘う方法です!

気になる人の趣味や特技について知ったら、「それすごい気になるんだけど、電話で話聞かせてもらってもいい?」と興味があるアピールで電話に誘いましょう♪

自分の好きなこと、得意なことに興味を持ってくれたと思うと、まず嬉しいですし、相手も安心して話すことができますよね。

気になる人と電話をしながら、気になる人のことをもっと知っていくことができれば幸せな気持ちも倍増します♪ 相手の話を聞いたあとは、今度は自分の趣味や特技の話をする流れにできたらより良いですね!

お互いを知っていく過程で、電話は大いに活躍するツールです♪ 知るために、知ってもらうために楽しく使っていきましょう!

少しの勇気で距離を縮められる!

今回は、気になる人を電話に誘う方法についてご紹介しました!

気になる人を電話に誘うのは勇気がいりますし、緊張するかもしれませんが、いざ電話できたら電話口の声にドキドキが止まらず、幸せ気分になること間違いなしです♪(私がそうでした笑)

声でコミュニケーションを取っていく電話の時間、ぜひ楽しんで回数を重ねてみてくださいね!

Written by ゆきみ百花

ゆきみ百花の他の記事を読む