関わっても良いことナシ? 自虐する人の特徴5つ

何気ない会話の中で、「私なんて……」とすぐに自虐してしまう人って周りに1人はいるもの。聞いている方は、反応に困るしどんな返しが正しいのか悩んでしまいませんか?

そこで今回は、いつも自虐する人の心理を徹底解説! 自虐されたときの対処法もまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

いつも自虐する人の特徴とは

いつも自虐する人の特徴とは

いつも自虐する人は、必ずしもネガティブな人というわけではありません。タイプによって特徴もさまざまですし、実は思ってないのにあえて自虐しているケースも。

まずは、いろいろな理由で自虐する人の特徴をチェックしていきましょう。

自分に自信がなく守りに入っている

ネガティブ思考な人に多いのが、自分に自信がなく自虐するパターン。本当は嫌われているのではないだろうかと不安になってしまうが故、相手に指摘される前に自ら悪いところを指摘して守りに入ろうとする傾向があります。

また、何かコンプレックスやトラウマを抱えている場合は、自分が本当に自虐した通りの人間だと思い込んでしまっているかもしれません。ノリで返すと相手を傷つけてしまう可能性があるので、注意が必要です。

悲劇のヒロインを演じたい

よく自分の不幸話をネタにしている人は、悲劇のヒロインになりきっているのかも。あえて自虐することで“可哀想な私”というイメージを確立するようです。

こういったタイプの自虐する人に対して、「たしかに」などと同調するのは絶対にNG! 自虐発言通りだと本当は思っていないことがほとんどなので、反感を買って怒らせてしまう危険性があります。

褒めてもらいたい・不安を解消したい

自虐する人は、みんなネガティブというわけではありません。実は褒めてもらいたいけれどストレートに言えないとき、あえて自虐して「そんなことないよ!」と言ってもらうのを待っているのかも……!

「全然仕事ができない」とか「私ブスだから」などと発言する人は、このタイプに該当することがほとんど。単に不安を解消したいと考えている場合も多いので、素直に褒めて気分を持ち上げてあげましょう。

 

自慢したい・マウントを取りたい

褒めてもらいたいというタイプと同じように、何か自慢したいが故にあえて自虐しているケースもあります。このタイプは、周りより自分が優れている、羨ましがられたいなどという承認欲求が強い傾向にあります。

「彼がいたら自分の時間がなくなっちゃう」、「私スッピンとあんまり変わらないから羨ましい」など、相手にマウントを取ることもしばしば。こういう自虐タイプは、場の空気を凍り付かせ同性から嫌われがちです。

場を和ませたい

自虐することで、場の空気を和ませたいと考えているタイプもいます。特に初対面の人に対して自虐ネタを繰り広げる方は、何か会話の糸口を見つけようとしているかもしれません。

基本的には、笑いを取りたい一心で言っていることがほとんどなので、思いっきり笑って場の空気を一緒に盛り上げましょう。

自虐する人に出会ったときの対処法

自虐する人に出会ったときの対処法

自虐する人に出会ったら、どんな返答ができるかがカギに。間違うと相手を傷つけてしまったり、怒らせてしまったりすることもあります。

今回は、タイプ別に自虐する人に出会ったときの対処法をまとめてみました!

深堀せずすぐに話題を変える

笑えないほど重めの自虐ネタは、聞いている方もなんて返答すればいいか困ってしまうもの。そんなときは、あまり深堀りせずサッと話題を変えてしまいましょう!

反応に困ったら、とりあえず軽く笑って流したり、相手の好きな話題に変えたりして意識を反らしてしまえばOK。かえって話を聞きすぎると墓穴を掘ってしまう可能性があるので要注意です。ポジティブな話題で盛り上がれば、自虐する人の心も晴れるかも♡

全力で相手を褒める

ネガティブタイプの自虐する人なら、全力で褒めて肯定してあげることが大切。「私、気遣いできないじゃん?」などと同調を求められたときは、「そんなことないよ! この間○○してくれたじゃん」などと具体例を添えると真実性が増します。

全力で褒めると、自虐する人が自分のことをわかってくれてると思ってくれるかもしれないので、仲も深まりそうです。

自虐ネタに便乗する

笑いを取りたいタイプの自虐する人なら、思い切って便乗しちゃいましょう! 「たしかに○○さんそういうタイプですよね」と笑いながら同調したり、自分も自虐ネタを返したりすると場の空気が一気に和みます。

とはいえ、相手の自虐ネタに便乗するのは限度が必要。執拗に同調したりいじったりすると、相手を傷つけてしまう可能性があるので上手くフォローすることも大切です。

自虐する人とは適度な距離感が大切

自虐する人とは適度な距離感が大切

自虐する人と一括りに言っても、特徴によって待っている返答はさまざま。「褒めてもらいたいから言ってるんだ」と偏見を持っていると、相手を傷つけてしまうことだってあります。

自虐ネタの本気度をしっかりと見極め、相手が求めている返しができると人間関係もよりよくなりますよ!

Written by sumire

周囲に嫌われる原因… 大人になれない「幼稚な人」の特徴4つ ▶

sumireの他の記事を読む