ストレートな告白が効果的!年上女性に効果的な落とし方4選

経験豊富で面倒見がよい年上女性。あなたの周りにも、思わずドキッとするような魅力あふれる“年上女性”がいるのでは?

「でも、年上女性って恋愛経験豊富だから落とすの難しそう……」

そこで今回は、25~35歳の独身女性に「彼氏にしたいと思った年下男性からのアプローチ」を徹底リサーチ! 年上女性に効果的な落とし方をまとめてみました。

年上女性を落とす「アプローチ方法」4選

1.呼び名を変える

1.呼び名を変える

「職場ではいつも〇〇さんって苗字で呼ばれていたから、二人っきりになったとき『名前+さん』と呼ばれてドキッとした!」(27歳/女性/IT)

年上女性はさりげない“ドキドキ”に弱いもの! 二人っきりのタイミングを狙って、「名前+さん」と呼んでみてはいかがですか?

いつもとは違う呼び方に、思わず男女の関係を想像してしまう年上女性も少なくありません。特別な関係にステップアップしたいときは、「苗字+さん」の呼び名を卒業してみて!

2.ストレートに気持ちを伝える

「学生時代と違って、社会人になるとプライドが邪魔して気持ちを伝えにくくなるでしょ? だから、年下男性から『好きです』ってストレートに告白されると最高に嬉しい」(28歳/女性/保険)

恋愛経験が豊富な年上女性だからこそ、まっすぐな気持ちにドキッとする傾向があるようです。思い切って素直な気持ちを伝えてみてはいかがですか?

さりげなさを装った中途半端なアプローチは、下心があると思われるのがオチなので要注意! 腹をくくって潔く告白が年上女性を落とすポイントかもしれませんね。

3.しっかりサポートする

「年下男性って、どうしても頼りなくて指示待ちなイメージだったから、『次は〇〇しますね』と職場でリードされてビックリ。おまけに『何かありました?』と精神的に落ちていたときにドリンクを差し入れてくれて……。年下男性も悪くないなと思った」(25歳/女性/販売)

男らしくて頼りがいのあるところを見せるのが、年上女性のハートを掴むポイント。困っているときに「何かあったの?」と声をかけたり、さりげなくドリンクを差し入れてみてはいかがですか?

あなたの気の利いたアプローチで、年下男性=頼りないイメージを払拭できるはず! 思わず年上女性が甘えたくなるようなシチュエーションを心がけましょう。些細な優しさ×思いやりがきっかけで、新たな恋がスタートするかもしれません。

4.接点を増やす

「学校とか会社って、嫌でも毎日顔を合わせる相手がたくさんいるでしょ。よく考えてみると、好きになる人って接触回数の多い人だなって。年齢差とか学歴は関係ない。接点が多いと、自然と惹かれ合うものなのかも」(30歳/女性/金融)

気になる年上女性はいるけれど、なかなか距離が縮まらない……。それどころか、年上女性の視界に入っていないと悩んでいる男性も多いはず!

まずは接触する回数を増やすことが大切! 人は接触回数が多いと、どうしても相手を気になってしまうものです。1つでも多くの接点を探して、デートの申し込みをしてみてはいかがですか?

まとめ

まとめ

精神的にも、経済的にも充実している年上女性のハートを射止めるのは難しそうだから…… と諦めていませんか? 年齢差を気にしているのは、あなただけかもしれません。ポイントを押さえたアプローチで、気になる年上女性との距離をぐっと縮めてみて!

【取材協力】
※ 25~35歳の独身女性

Written by mook

mookの他の記事を読む