デートの日程が決まらない男性側の要因|女性への上手な聞き方もあわせて紹介

デートの日程が決まらない要因や、デートの日程を決めるための上手な女性への聞き方をテーマに、どうすればデートの日程が決まりやすくなるかについて紹介しています。デートの日程調整がなかなかスムーズに進まない人は是非参考にしてください。

(目次)

デートの日程が決まらないことの互いへの影響とは?

デートの日程が決まらないことの互いへの影響とは?

女性は好きな人とのデートを楽しみにしています。しかし、デートの約束をしたにもかかわらず、なかなかデートの日程が決まらないと、女性からデートに行く気がない、自分に興味がないなどと思われてしまう可能性があります。

そのようなことを避けるためにも、男性はデートの日程が決まらない要因や、デートの日程の決め方などを把握しておくようにしましょう。

デートの日程が決まらない男性側の10の要因

デートの日程が決まらない男性側の10の要因

デートの約束をすれば、日程を決める必要があります。しかし、その日程をなかなか決められない男性はいくつかの要因を抱えていると考えられます。

デートの日程が決まらなくて困っているという男性は、まずそれらの要因を自分が持ってしまっていないか確認しましょう。

1:仕事や用事の予定が入りすぎている

デートの日程を決めるには、お互いのスケジュールを合わせる必要があります。しかし、仕事や用事などの予定が入りすぎていると、スケジュールの調整ができず、デートの日程を決めることができません。

また、仕事や用事で忙しい時期にデートの日程を無理に決めてしまうと、急に予定が入ってしまって、デートをキャンセルしなければいけなくなる可能性もあります。

そのため、確実にデートをできる日がわかるまで、日程を決めることを先延ばしにしてしまい、なかなかデートの日程が決まらない状況が続いてしまいます。

2:生活リズムが違う

仕事によっては、お互いの生活リズムや休日などが合わない場合もあります。そのような場合はスケジュールがなかなか合わず、デートの日程を決められない状況が続きやすいでしょう。

また、女性にスケジュールを無理に合わせてもらうことが悪いと思ってしまう男性もいます。そのため、男性側でスケジュールを調整しようとして、なかなかデートの日程がうまく決まらないという状況になる場合もあります。

3:誘うタイミングが悪い

デートの日程を決める際には候補日を提案します。もし、誘うタイミングが悪いと、女性の予定がすでに埋まっている場合があります。考えていた候補日にデートができない場合、候補日を再検討する必要があるため、デートの日程が決まらなくなってしまうでしょう。

場合によっては、タイミング悪く、お互いが仕事や用事で忙しい時期に入ってしまい、デートの日程がなかなか合わない状況が続いてしまうようになることもあります。

4:やりとりが無駄に増える質問の仕方をする

デートの候補日を提案する際に、行きたい場所や都合が良いかなどをまとめて聞くのではなく、1つずつ確認するような効率の悪い質問の仕方をしてしまう男性がいます。

もし、電話や対面などでスムーズに会話ができるような場面であれば良いですが、メッセージでやりとりしている場合には、何度もやりとりしなければいけなくなります。そのため、デートの日程が決まるまでに時間がかかってしまうでしょう。

場合によっては、やりとりの時間が長くなりすぎて、デートの日程が決まらず、翌日以降に持ち越しとなってしまう可能性もあるでしょう。

5:自分で日程を考えない

デートの候補日を提案する際に、女性のスケジュールに合わせようとして、女性の都合の良い日を聞く男性もいます。女性に合わせてくれるので優しいと感じる人もいますが、自分でデートの日程を提案せず、女性に丸投げしている印象を持たれる場合もあるでしょう。

また、スケジュールの都合を聞かれた女性は、暇と思われたくなくて忙しいふりをしてしまう場合があります。なお、デートに乗り気ではない場合も忙しいふりをすることがあります。

女性が忙しいふりをすると、デートの日程が先延ばしになり、なかなか決まらない状況になってしまうでしょう。

6:いつも暇だと思われる発言をする

デートの日程を効率良く決めるために、いつでも都合はつけられると言う男性がいます。しかし、そのような場合は言い方に注意しないと、仕事を真剣にしていない、モテなくて予定が埋まっていないなどの悪い印象を与え、いつも暇している人と思われる可能性があるでしょう。

また、これらの印象を与えることで男性としての評価が下がり、女性がデートに乗り気ではなくなってしまったり、忙しいふりをされたりするなどの可能性もあるでしょう。

7:日時を指定しない聞き方をする

女性の都合に合わせるために、日時を指定せずに、女性の都合の良い日だけを聞いてしまう男性がいます。

そのような場合も、女性からデートの日程を丸投げされている、男性がいつも暇しているなどの悪い印象を与えてしまう可能性があります。また、これらの印象を与えることで、女性に忙しいふりをされてしまうでしょう。

8:遊び相手という認識でいる

好きな女性を誘ったのであれば、早くデートをしたい、悪い印象を与えたくないなどの理由で、早くデートの日程を決めることがあります。しかし、誘った女性を友人と認識している場合には、好きな女性と比べると印象を気にしないことがあります。

そのため、日程を決めることの優先順位が無意識に下がり、ズルズルと日程が決まらないまま時間が経ってしまうこともあるでしょう。

9:どうやって断りを入れたらいいかわからないでいる

デートの約束をしたものの、後から男性の方が乗り気ではなくなってしまうという場合もあります。しかし、1度はデートの約束をしてしまっていることから、その断り方に悩んでしまい、連絡をしないまま時間が経ってしまう場合があるでしょう。

10:デートの約束を社交辞令として受け取ってしまっている

女性は男性に対して思わせぶりな態度を取ることが良くあります。そのため、男性は女性とデートの約束をすることがあっても、その約束は会話の流れによるもので、社交辞令として受け取ることもあります。

また、逆に男性側が社交辞令として女性を誘っていたパターンもあります。デートの約束が社交辞令と思っていれば、デートの日程を決めないといけないという考えもないため、デートの話自体が前に向いて進まないでしょう。

デート日程を決めるための女性への上手な聞き方7つ

デート日程を決めるための女性への上手な聞き方7つ

デートの日程がなかなか決まらないという場合、その要因を男性側が持ってしまっていることがあります。

そのため、デートの日程が決まらない場合は、その要因を把握して、適切な聞き方と決め方をする必要があります。デートの日程をスムーズに決めるためにも、その方法を知っておきましょう。

1:デートを前提として聞くこと

もし、デートの約束をする際に、その約束をどちらかが社交辞令として受け取っていると、一方にはデートをする気がないため、デートの日程が決まらなくなります。

そのため、デートの約束をする際には、どこで、何をするのか、具体的なデートの内容を先に決めておき、お互いに社交辞令ではないことを認識しておくようにしましょう。

あらかじめ、お互いがデートをすることは前提に決まっていると認識できていると、デートの日程も決まりやすくなります。

2:いくつか日時を提示して女性に選ばせる

デートの日程を決める際には、候補日を提案します。もし、その提案した候補日で女性の都合が合わない場合は、また候補日を再検討する必要があるため、デートの日程を決めることが先延ばしとなってしまいます。

そのため、候補日の再検討をしなければいけない確率を減らせるように、候補日は1つではなく、いくつか用意しておくようにしましょう。

3:社会人の女性の場合は土日か平日どちらが都合が良いか聞く

候補日を女性に提案する場合、その候補日は女性の都合を配慮したものにしておく必要があります。そのため、女性の休日は土日と不規則のどちらであるか、デートは休日にゆっくりするか仕事終わりが良いかなどを事前に確認しておきましょう。

女性の都合や時間の使い方などに配慮せず、自分勝手な候補日を提案していると、スケジュールがうまく合わず、なかなかデートの日程が決まらなくなってしまうでしょう。

4:最終的には男性が決めて伝える

スケジュールがうまく合うタイミングがあれば、その日程にデートをすると確定させる必要があります。その際には、言葉で明確にデートの日程が決まったことを女性に伝えて、お互いにその日程で問題ないか確認することが必要です。

もし、明確な言葉で確認しなければ、日程が決まったのかよくわからない状態となり、一方はデートの日程が決まったと思い、もう一方がまだ決まっていないと思ってしまう場合があります。そのようなことを避けるためにも、男性から最終確認の言葉をかけるようにしましょう。

5:好みそうなスポット・プランをさりげなく提案する

デートの約束をする際には、先にデートの内容を決めておくことが望ましいです。デートの内容が決まっていることで、お互いがデートをすることが前提となるため、日程がスムーズに決めやすくなります。

そのため、女性を誘う際には、まずは相手の女性が好みそうなスポットやプランをさりげなく提案して、デートの約束をすることと、内容を決めることを一緒にしてしまいましょう。

6:返事は基本的には待つ姿勢をとる

デートの日程を提案した際に、女性が返事を保留する場合もあります。また、その返事がいつまでも返ってこなくて、不安に感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、ネガティブな理由ではなく、女性が返事の返し方に迷う、スケジュールを調整している、仕事や用事で忙しいなどの理由で返事が遅れている場合もあります。

もし、そのような場合に返事を催促するようなことをしてしまうと、悪い印象を与えてしまう可能性があります。そのため、男性は女性からの返事を基本的に待つ姿勢をとるようにしましょう。

7:LINEではなく電話で決める

メッセージのやりとりでデートの日程を決める場合、効率の悪い質問の仕方をしていると、なかなか日程が決まらなくなってしまいます。

そのため、効率の良い質問がうまくできないという男性はメッセージでのやりとりではなく、電話のやりとりで日程を決めるようにしましょう。電話であれば、効率の悪い質問の仕方をしていても、メッセージよりは早くやりとりを進めることができます。

デートの日程を決める過程で女性の好みをリサーチするときの注意点

女性をデートに誘う際には、相手の女性が好みそうなスポット・プランをさりげなく提案することが望ましいです。しかし、これらを提案するには、女性が好みを把握しておく必要があるため、リサーチが必要になります。

また、そのリサーチは女性側の目線で行うことが重要となるため、男性の知人に相談して、男性寄りの意見に偏ったリサーチとならないように注意しましょう。

ただし、その男性の知人が相手の女性のことをよく知っている、恋人といったデートスポットや飲食店の話を聞いて参考にするなどの場合は相談しても良いでしょう。

デートの日程が決まらず諦めた方がいい女性からの対応パターン3つ

デートの日程が決まらず諦めた方がいい女性からの対応パターン3つ

デートの日程がなかなか決まらない理由が、女性がデートに乗り気ではない、社交辞令であったなどの場合があります。これらの場合は、しつこくデートの日程を決めようとすると嫌われてしまう可能性もあります。

そのため、女性に嫌われないように、どのような対応があれば身を引くべきであるか、事前に把握しておくようにしましょう。

1:1週間待っても返事がない

女性の方がデートに乗り気であれば、すぐに返事があります。また、スケジュールの調整や仕事が忙しいなどの理由で返事が遅れているとしても、数日には何らかの連絡が来るでしょう。

しかし、1週間以上経っても、何の連絡もないという場合は、それだけデートに対する優先順位が低いことになります。また、返事がないことが返事という場合もあります。

そのため、あまりにも返事が来ない場合は催促するのではなく、諦めてしまった方が良いこともあるでしょう。

2:1か月単位で忙しいと言われて予定が合わない

デートの候補日をいくつか提案しても、それらと予定が合わないことがあります。そのような場合は、候補日を再検討する必要がありますが、それでも全て予定が合わないこともあるでしょう。

また、都合の良い日を聞くと、今月は仕事や用事で忙しい、来月から忙しくなるなどと言われてしまう場合もあります。

これらの場合は、デートの日程が決まることを避けているため、あまりしつこくせずに諦めた方が良いでしょう。

3:2回目のデートの日程がなかなか合わない

1回目のデートはスムーズに約束できたのに、2回目のデートはなかなか日程が決まらないということもあります。このような場合は、1回目のデートで女性から良い評価を得られなかった可能性があります。

そのため、2回目のデートは乗り気になれず、遠回しにデートを断られていると考えられるため、あまりしつこく誘うようなことはやめましょう。

デートの日程が決まらない理由を今一度考えよう

デートの日程が決まらない理由を今一度考えよう

デートの約束はしたが、なかなかデートの日程が決まらなくて悩んでしまう男性がいます。そのような場合は、まずデートの日程が決まらない要因を把握するようにしましょう。その要因がわかれば、適切な対処法がわかり、デートの日程をスムーズに決められるようになるでしょう。

Written by KOIGAKU

男性がキュンとする! デート後に試したいテク5選 ▶

KOIGAKUの他の記事を読む