「2回目のデートはないな」と思われる女性の特徴5つ

ドキドキの初デートを終えて、「次はいつ会えるかな?」と楽しみにしているのに、なぜか2回目のお誘いが来ない……!! なんて経験はありませんか? もしかしたらそれ、デート中のあなたの行動に男性が幻滅したせいかもしれません。

今回は、男性から「2回目のデートはないな」と思われる女性の特徴をご紹介します。デート中のどのような言動に男性は幻滅するのでしょうか。なかなか2回目のデートにつながらない……という女性必見の内容になっていますので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

自分の話ばかりする

自分の話ばかりする

まだお互いのことをよく知らない初デートでは、「どこへ行こうか」「ご飯は何食べよう」「何を話そう」など手探り状態のことも多いですよね。相手の好みもわからないため、緊張してしまう人も多いはず。

しかし、いくら自分のことを知ってもらいたいからといって、自分の話ばかりするのはNGです!

初デートはお互いのことを知るためのものです。よく知らない相手の話を一方的に聞かされて楽しいと感じる人なんていませんよね。自分の話をするのも良いですが、その分男性にも質問をするなどして相手の話を聞くことも大切です。

一方的なコミュニケーションしか取れないと、男性から「次はない」と思われてしまうので要注意です! 聞き上手はモテる要素の一つなので、ぜひ実践してみてください。

急に馴れ馴れしくなる

初デートが楽しかったからといって、LINE(ライン)の回数が増えたり、予定をしつこく聞いたりと急に馴れ馴れしい態度を取っていませんか?

まだたった1回デートしただけなのに、まるで付き合っているかのようにグイグイ来られると「付き合ったら大変そう」などと男性は引いてしまって2回目のデートに誘いたくなくなるのだとか……。

せっかく1回目のデートで好印象だったのに、その後の態度で2回目につながらないなんて残念すぎますよね。

実際追われるより追うほうが好きという男性は多いです。初デート後は、お礼メールを送ったら相手がどう出るのか様子見してみましょう。あなたに好印象を持っているのなら、男性から必ず次のお誘いが来るはずです。

気が合わない

気が合わない

どんなに美人や可愛い相手でも、話が盛り上がらない、気が合わないなど一緒にいても楽しくないと感じたら、もう一度デートに誘おうという気持ちにはならないようです。

「休みの日は何してるの?」と聞いても「何も」なんて言われたらその後の会話も続きませんよね。

「何もしてないから何か習い事でも始めようかなって。あなたは何してるの?」といった会話を広げる努力もつもりもない相手とは、一緒にいても気まずくなって居心地の悪さを感じるだけ。

初デートはお互いのことを知るのはもちろんですが、フィーリングが合うかを確かめる意味合いも強いです。ここで気が合わないと思われたら、次に繋がる可能性は限りなく0に近いでしょう。

もう一度デートしたいと思うなら、相手から「気が合う」「一緒にいて楽しい」と思われるような行動や態度を心がけることが大切です。

図々しい

初デート時に女性の態度やマナーをチェックしている男性は意外と多いもの。

「デートは男性がエスコートして当たり前」「奢るのは当然」といった傲慢な態度が透けて見える女性が、2回目のデートに誘われることはまずありません。

奢ってもらえるとわかっていてもせめてお会計時にお財布を出して払う気があることをアピールする、男性がエスコートしてくれた時は感謝の気持ちを伝えるなど、人として最低限のマナーを尽くすことが大切です。

「何かしてもらって当たり前」という図々しい考え方は、自分では気づかないうちに態度に出てしまっていることも少なくありません。日頃から感謝の気持ちを持つよう意識してみてくださいね。

デート中にスマホをいじる

デート中にスマホをいじる

どうしてもすぐに返さなければならない急用を除き、デート中に友達とLINEしたりインスタをチェックしたりと常にスマホをいじっているような女性も、男性から「次はない!」と思われやすいので要注意です。

せっかく時間を作ってデートしているのに、自分よりもスマホを優先されてはいい気分はしないですよね。限られた時間だからこそ、スマホよりも目の前の相手としっかり向き合うことが大切です。

おわりに

今回は男性から「2回目のデートはないな」と思われてしまう女性の特徴を紹介しました。

男性は、自分の話ばかりする、気が合わない、デート中にスマホをいじるなど、せっかくのデートを楽しめない女性に対し「次はない」と判断します。とはいえ、一緒にいても楽しいと思えない相手とデートしたくないと思うのは女性も同じですよね。

大切なのは相手のことを考えて行動することです。目の前にいる相手としっかり向き合い、お互いを分かり合う努力をすれば、きっと2回目のデートにつながりますよ。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む