仲良し夫婦は知っている!結婚生活がうまくいく秘訣7つ

縁があって結婚した以上、結婚生活は仲良く楽しく過ごしていたいと思うでしょう。しかし、そんな想いを持ちつつも一緒に生活を送るなかで、気持ちがすれ違ってしまう夫婦もいます。できるだけ幸せな結婚生活を送りたい、夫婦として一緒に過ごしたと思う方は、仲良し夫婦が実践していることを試してみましょう!

この記事では、結婚生活がうまくいく秘訣について紹介していくので参考にしてみてくださいね。

結婚生活がうまくいく秘訣とは?

子なし夫婦増加中⁉ 子供がいない結婚生活のメリットとは

結婚したら誰もが楽しく、幸せな生活を送りたいと思うでしょう。しかし、結婚がきっかけでお互いの嫌な部分が見えてしまい、結婚しなければよかったと思う人も少なくないはず。

ここでは、仲良しの夫婦が実践している結婚生活がうまくいくコツを紹介していきます。

感謝の気持ちを忘れない

結婚して家族になったからといって、相手に対して感謝の気持ちを失くしていませんか? 家族になったら当たり前だと思う部分があるかもしれませんが、常に感謝の気持ちを持つことがとても大切です。

「家族のために仕事を頑張ってくれてありがとう」
「いつも食事の用意をしてくれてありがとう」
こんな一言が、お互いの関係をより良好にしてくれます。

家族なんだから当たり前と思う前に、何かしてくれたことへ感謝の気持ちを伝えるようにしてみましょう。

思いやりの気持ちを持つ

相手に対しての思いやりは、良好な関係を築いていくうえでとても重要なものです。思いやりは、相手の気持ちや身の上などへの心配りをすることです。相手に対して、つい厳しい口調になっていたり、見下すような発言や態度などを取っていたりしませんか?

自分では気を付けていると思っていても、無意識に気持ちが態度や表現に出てしまうこともあります。特に自分の気持ちに余裕がない時はなおさらです。相手の気持ちを考えながら、心配りをするように意識してみましょう。

会話を大切にする

会話をするのは日常的なことなのに…… と思うかもしれませんが、結婚生活がうまくいく秘訣として最も大切なのは会話です。何気ない会話をしているから十分だと思うかもしれません。

しかし、会話の内容をよく考えてみてください。家のこと、車のこと、保険のこと、子どものこと、ペットのこと、仕事のこと、趣味のこと、何でも構いません。ただ、これらのテーマの中に自分の気持ちや相手の気持ちを含めた内容がありますか?

会話の中に連絡事項や必要事項を伝えるだけでなく、自分の考えや相手の考えを知るようなことが含まれていないなら、一度お互いの普段のことなどを含めて会話をしてみましょう。

相手の良き理解者になる

自分にとって大切な人が良き理解者になってくれたら安心します。そのため、相手のことをよく知っていて一番理解できる相手が自分であることを伝えておくのが大切です。

結婚したことを理由に、自分の理想の姿を相手に押し付けてしまうこともあるでしょう。それが相手にとって合わない場合、押し付けられている不満、そして否定されているような気持ちからお互いの信頼関係を変えてしまいます。

生活している時間が長いと、相手に直して欲しいこと、気にして欲しいことなどの不満は生じてしまうのは当たり前です。しかし、そんな時でも相手には相手の良さがあることを認めて、理解できるようにしましょう。

スキンシップを大切にする

結婚したことや子どもが生まれたことをきっかけに、スキンシップが減ったという話をよく聞きます。その背景には恥ずかしい、家族だから異性にみられない、子どもの方が大切になってしまったなど様々な意見があります。

しかし、お互いにスキンシップを取るということはとても大切なことであり、決して恥ずかしいことではありません。心理的にもスキンシップを取る、または増やすことでストレス減少効果が得られるようです。

起きてハグをする、いってらっしゃいのキスをする、外出時に手をつなぐ、寝る前の数分間抱きあうなど、スキンシップの方法はたくさんあるので、始めやすいことから取り組んでみましょう。

干渉しすぎないようにする

結婚したことで、相手のプライバシーな部分にまで踏み込んでいませんか? お互いのことを知るためだと思うかもしれませんが、相手は家族であっても個人です。

自分がいる時に常にスマホばかり見ている、何も言わずに出かけてしまうなど気になる部分があった場合は、問い詰めるように聞くのではなく、必要なことは伝えて欲しい、一緒にいるならスマホより会話したいなど、相手を責めることなく要望を伝えてみましょう。

質問攻めにする、上から目線で注意するなど、言い方や態度で相手が隠したいという気持ちになってしまうので、干渉しすぎないように注意しましょう。

一人の時間も大切にする

仲良し夫婦は、いつも一緒にいるわけではありません。一人の時間があるから、一緒の時間も楽しめるのです。

一緒にいるのが好きなもの同士なら、その時間が幸せな時間かもしれませんが、どちらかが自分の時間も欲しいと思っているなら、一人の時間を作るようにすることが円満の秘訣です。

お互いに自立した者同士だからこそ、一緒の時間に思い切り楽しめるということです。

おわりに

一人の時間も大切にする

結婚と同時にスタートする生活は、人生の半分以上になることもあります。様々なライススタイルの変化や、年齢を重ねていくことで変わっていくこともたくさんありますが、上記で紹介した内容に気を付けるだけで円満な結婚生活を送れるようになるでしょう。

もちろん、お互いのタイプによって異なる部分もありますが、何よりも相手の気持ちを考えるということが大切です。幸せな結婚生活が送れるように、今までのことを見直すきっかけにしてみましょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む