え、大人ですよね…?残念な「子供っぽい人」の特徴とは

それなりに経験を重ねてきた大人のつもりでも、何気ない対応で子供っぽいという印象を持たれることがあります。どちらかというと精神的に未熟な人は、あまり良い印象を持たれません。今回は「この人子供っぽいな……」と思われてしまう人の特徴と改善方法についてご紹介いたします。

この人子供っぽいな…… と思われてしまう人の特徴

この人子供っぽいな…… と思われてしまう人の特徴

まず初めに「この人子供っぽいな……」と思われてしまう人の特徴についてご紹介いたします。知らずのうちに当てはまっていないか、ぜひチェックしてください。

すぐ不機嫌になる

嫌なことが起こるとすぐ不機嫌になるのも子供っぽいと思われてしまう人の特徴です。露骨に不機嫌になるなら、周りにいる人を困らせてしまいます。

友達と食事に行く時、店を決める段階で自分の意見が通らないと「じゃあいい……」と不機嫌になる方が当てはまりやすいです。その後の対応も口数が少なくなったり、目を合わせなくなったりするなら手に負えません。

自分の思い通りにいかなかった時に、本性が表れやすいとも言えます。

思ったことを何でも口にする

あまり深く考えずに思ったことは何でも口にしてしまう方も子供っぽいと思われやすいです。感覚的に言いたいことを口にする様子は、周りにいる人をヒヤリとさせます。

「老けてみえるね」「太った?」と見た目に関しての発言はデリカシーがないと思われがち。目についたものに対して「花だ」「飛行機雲飛んでる〜」と次々と興味が移る様子にも、幼さを感じさせます。

いつも他人任せ

自分から行動に起こすのではなく、いつも他人任せな方も子供っぽいと思われやすいです。ある程度、歳を重ねてきたなら、何でもかんでも誰かに頼むのは、ただ単に「できない人」と見られやすいので注意! 

旅行にいこうと提案しながらも、プランのすべては同行者任せ。しまいには文句をつけてくる始末ならイライラさせます。

また、人に頼む時「ねぇ、やって〜」「お願い〜」と語尾を伸ばす喋り方も、大人気ない印象を感じるので注意が必要です。

子供っぽい性格を改善する方法

子供っぽい性格を改善する方法

子供っぽいと思われてしまったなら、その後どうしたら挽回できるのでしょうか。ここでは、性格を改善する方法についてご紹介いたします。

感情をコントロールする練習を行う

すぐ不機嫌にならないために、感情をコントロールする練習を行うことが大切です。誰でも嫌なことがあったらイラッとしますが「大人」な人は、うまく気持ちに折り合いをつけます。

自分の期待通りにいかない時は、心の中で文句を言いながらも、その場での対応はソツなくこなすことがあります。逆に嬉しいことがあっても場がしんみりしているなら、空気を読んで表に出さないことも多いです。

空気を読みながら、後悔しない対応を取っていきましょう。

視野を広く持つ

子供っぽい人は視野が狭くなりがちです。性格を改善するためには、見えない部分も読み取るような視野を広く持つことが大切です。

LINEが返ってくるのが遅くてイライラするなら、自分のことだけではなく、相手の忙しい事情を把握してみてください。誰かの言葉に感情が振り回されているなら「何故あのようなことを言ってきたのか」相手の気持ちを考えてみましょう。

落ち着いて考えると、また違った目線から物事を見返すことができます。見えていることだけが真実ではないと視野を広く持つようにしましょう。

一旦考えてから行動に移す

感情的に動く人は子供っぽいと思われやすいので、一旦考えてから行動に移す習慣を身につけましょう。誰かと話す上で、言いたいことが浮かんだら「これは失礼になるかな」と一旦考えてから言葉にしていきましょう。

直感的に嫌な気持ちになったら、そのまま何も言わない方が良いと言えます! 一旦落ち着いて考える習慣を身につけると、変に墓穴を掘ることもなくなります。

聞き手に回る

子供っぽい性格を改善するには、聞き手に回る方法もおすすめです。必要以上に自分のことを話す方は、実は幼い印象を持たれやすいです。

相手の話を親身に聞く方は、口数は少なくても「大人」な良い印象を持たれることがあります。聞き手こそ、相槌を打ったり、話を広げるための話題を提供したりするなど、実は高度な会話テクニックが求められます。

余計なことをつい口にしてしまう方こそ…… 聞き手に回るのが良いかもしれません。

身近な「大人」な人を参考にする

子供っぽいとは真逆! 身近な「大人」な人を参考にする方法も、実は効果的と言えます。良い影響を間近で受けられます。

「噂話には混ざらない」「リアクションがオーバーではない」と、さまざまなことに気がつけるはずです。また、できるなら「大人」な人と行動を共にするのも良いでしょう。

周りにいる人の影響があってこそ、自分の性格にも反映されている面があります。

おわりに

おわりに

今回は「この人子供っぽいな……」と思われてしまう人の特徴と改善方法についてご紹介いたしました。自己中心的な性格の方は、精神的に未熟な印象を持たれやすいです。

視野を広く持ち、感情をコントロールする練習を行いましょう。会話では、聞き手に回るようにするだけでも落ち着いた印象を持たれやすいです。

気をつけ次第で性格を改善することもできるので、ぜひ、自立した余裕のある大人像を目指していきましょう。

Written by 森野有

森野有の他の記事を読む