好きバレしたほうがいい!相手に意識させる「匂わせ」のコツ6つ

好きな人がいる人に質問です。あなたは、振り向いてもらうためにどんなアプローチをしていますか? 何もしていない方は、好きなことをお相手に匂わせてみませんか? 相手に直接手を下さずとも、効果的なアプローチをすることができます。どんな風に匂わせればいいのか? コツを紹介していきます。

好きな人に意識してもらいたい! 匂わせの「コツ」

付き合った後のことを想像させる

付き合った後のことを想像させる

好きな人に、あなたとの未来を想像させちゃいましょう。「〇〇君お酒が好きだから、おつまみ作ってあげたいな。美味しく食べてくれそうだもん」とか、「〇〇君とデートに行ったら楽しそう」とか、好意を匂わせてみましょう。

彼の隣にいるのが当たり前かのように、楽しそうに話すことがコツです。彼も、一緒にいたら楽しいかもと色々想像するはずです。

匂わせて変な空気になったぞと思ったときは、明るい感じで冗談っぽく流せば問題ありません。彼は「あれ? 何であんなこと言ってきたんだろう?」と、あなたのことを考え出します。

好きな人の特徴を褒める

好きな人が自信を持ってそうな部分や特徴に対して、褒めてあげましょう。例えば、「小中高野球をやってました」みたいな彼の場合。「甲子園目指してた人って、頑張り屋さんで素敵だよね」、「筋肉があるからカッコイイよね」など、遠まわしに好意を匂わせてみましょう。

背が低いことを気にしている彼の場合、「私同じくらいの身長だと安心するんだよね」など伝えてあげるのは効果的ですが、本当にコンプレックスだと思っている所を褒めると逆効果の場合もあるので、プラスの要素を褒めて好意を匂わせるのがベストです。

「これって、俺に好意があるのかな?」、「それとも、ただ単にそういう人がタイプってこと?」と、あなたのことを意識させることができます。匂わせするのが恥ずかしい人は、どっちにでも解釈できるこの方法が、おすすめです。

特別感を出す

例えば、旅行に行って彼にお土産を買ってきたとしましょう。「〇〇君だけに買ってきたから、他の人には内緒ね」とか、あなただけは特別です! という感じを出してみてください。

特別感を出すって、あざとい女子がやってそうじゃありませんか? 特別感を出すと男性は喜ぶので、デートに誘われるかもしれません。

あなたのことが全くの恋愛対象外じゃなければ、男性は好意に答えようとしてくるはずです。もし「何で俺だけに?」と聞かれたら、何も答えず笑顔だけ返しておきましょう。

ハートの絵文字を使う

ハートの絵文字を使う

ハートの絵文字を見て、「これって俺に好意があるってことだよね?」と聞いてくる男性によく遭遇します。男性は、本当に単純です。ハートの絵文字を使って意識させちゃいましょう。

ハートの絵文字を多用すると、好きな人に与えるドキドキ効果は軽減してしまうので、ここぞという時に入れるのがポイントです。

あれ?これってどういう意味? LINEを返信するときにドキドキして、あなたのことを意識するばずです。

好きな人いるの?と聞いてみる

「好きな人いるの?」と、思い切って聞いてみましょう。「何でそんなこと気になるんだろう?」、「もしかして俺のこと……」と、意識させることができます。だって、友達だったら好きな人がいるかなんて、気になりませんよね?

もし、「好きな人いるよ」と言われたらどうしようと、聞きたくないと思う人もいるかもしれません。いつの間にか他の人と付き合ってた! なんてことにならないように、相手の状況を知っておくのも大切です。

ライバルに先を越されないためにも、まずは好きなことを匂わせておきましょう。

好きな人との接触回数を増やす

これは、恥ずかしがり屋さん向けの方法です。接触回数が多い相手に好感を持つという「単純接触効果」を狙って、好きを匂わせつつ相手に興味を持ってもらう戦法です。

好きな人のいる集まりには、必ず参加する。彼と1日1回は会話する。もしなかなか会えない距離にいる人は、LINEのやりとりをする。いつも隣にいるのが当たり前みたいな感覚になってきたらこっちのもんです。

この方法だと、「彼に意識してもらわなきゃ」と肩に力が入らず、自然な感じで彼との恋を楽しめると思います。

おわりに

おわりに

好きな人となかなか進展しない人や友達関係から抜け出せない人は、彼にあなたのことを意識させる必要があります。

告白して気持ちを伝える勇気がないという人は、まずは「好き」を匂わせてみましょう。匂わせた後の彼の反応を見て、告白してみるなり次の対策を考えると恋が進展していきます。

彼に意思表示した方が、彼もあなたのことを誘いやすいと思うので、ぜひ好きなことを匂わせてみてくださいね。

Written by ココロン

ココロンの他の記事を読む