二度と誘わないで! 女性が「つまらない」と感じるデートの特徴

「デート中の彼女がつまらなそうにしている」「気になる女性を2回目のデートに誘っても返事がもらえない」と言う経験はありませんか?

もしかすると知らず知らずのうちに女性が「つまらないなあ」と感じるデートになってしまっているかもしれません。

今回は 女性が「つまらない」と感じやすいデートの特徴を解説します。自分に当てはまっていないかチェックしてみてください。

女性が「つまらない」と感じやすいデートの特徴

無計画のなデート

無計画のなデート

デートの行き先を決めておらず、行き当たりばったりでデートをすると、無駄に移動してしまったり、結局「楽しい!」と思うポイントがないままデートが終わってしまう可能性があります。

デートの行き先が決まっていても、食事をするレストランの予約を取っていなかったりすると入れなかったり、待ち時間が長くなってしまうことも。

最低限、デートの行き先を決めて、立ち寄る場所の予約など、ある程度計画した方がいいでしょう。

会話がすぐに終わってしまう

デートは会話をしながら楽しむことが多いと思いますが、その会話がすぐに終わってしまうのは女性から「つまらないな」と感じやすくなってしまいます。

初デートなど、緊張している場合はつい無口になってしまいがちですよね。そういう時は事前にLINEなどで相手とコミュニケーションを多くとっておき、相手が興味のありそうな話題をいくつか準備していくことをおすすめします。

自分の話ばかりしてしまう

会話がすぐに終わってしまうのはダメですが、自分の話ばかり話しすぎてしまうのも気をつけたいポイントです。

会話のネタに困った時や、自分のことをもっと知ってもらいたい時に自分の話ばかりしてしまうと、女性はただ聞く側に徹してしまい「つまらない」と感じてしまいがちです。

自分の話だけではなく、女性にも話題を振るなど会話のキャッチボールをするように心がけた方がいいでしょう。

スマホや時計をチェックする

スマホや時計をチェックする

デート中のスマホいじりは「私に興味がなさそう」と思われたり、時計を頻繁にチェックされた時は「はやく帰りたいのかな?」と思われてしまう場合があります。相手もつまらなそうに見えるため、女性も「つまらない」と感じてしまいがちです。

スマホいじりは控えたり、時計を頻繁にチェックしないような気遣いをした方がいいでしょう。

自分の意見がない

デートの行先を決める時や、何を食べるかなど、決めないといけない場面で「君に合わせるよ」「好きなの選んで」などと意見を言わないのも「つまらない」と感じさせてしまう可能性があります。

相手が何も決めてくれないということは、自分が全て決めなくてはいけない状況になります。自分の好きに決めていいのは楽しいと思いきや、意外と「決断」することは大変なんですよね。

女性の希望を聞きつつも、ある程度自分からも意見を出した方がいいでしょう。

女性が「つまらない」と感じたデートエピソード

会話がすぐに終わってしまった

会話がすぐに終わってしまった

男性とのデート中、話が噛み合わなかったり、気を遣ってこちらから話題を提供しても受け答えが短かったりですぐに話が終了してしまったことがあります。会う場所やお店選びなど全て女性任せで自分で何も決めてくれなかった時もあり、つまらないと感じました。(30代/女性/会社員)

聞きたくない話が多かった

自慢話から始まり、延々と誰かの愚痴を聞かされて、入ったお店もチェーンの中でも最安値でドリンク1つに5時間以上いてお店の人にも申し訳ないし、体調は悪くなるしで最悪でした。(30代/女性/自営業)

オウム返しがうっとうしかった

お見合いで知り合った都内に勤務の公務員とデートしていた時、いつも私の言った言葉をオウム返ししてくるのでうっとうしく感じ、話が聞こえなくて聞き返していたのかと思い、大きな声で再度話すと「別に聞こえない訳じゃないので……。」と言われました。

自分の話はほとんどしたがらなくて、ただ聞き役にまわってばかり。ご飯を食べる予定でしたが、お腹すいてないからもう帰ろうと言い帰りました。過去一つまらないデートでした。(20代/女性/派遣社員)

「つまらない」なんて言わせない!

女性が「つまらない」と感じやすいデートの特徴を解説しました。自分の話や、計画ナシのデートなどついついやってしまっているものはありましたか?

楽しくデートをするためにも自分の行動を一度見直してみましょう。

Written by KOIGAKU

KOIGAKUの他の記事を読む