思い込みが激しい人の心理と理由|性格を変えたいときはどうすればいい?

「いつも無駄に考えすてしまってつらい」
「思い込みとはわかっていてもせない」

んなうに悩んでいる方はいのではないでしうか。実に、学校や仕事、恋愛家庭いて、「思い込みが激しす」などと言われてしまった方もいるかもしれません

めにお伝えしたいのは、思い込みの激しさは、あなたのまれった性格ではないということ。これまできてきたなかでいてしまった「思考の癖」といえるでしう。思考の癖を直す方法は、ま「自分のっている癖に気付くこと」。れから、「自分に自信をつけ、これまでの思考を手すこと」が要になってきます。

この記事では、思い込みが激しくなってしまう理由と心理をご紹介し、具体的な対処法を4 ステップでご紹介します。これから、あなたらしく、よりきられるようになるため、ぜひ考にしてください

思い込みが激しいとは?

思い込みが激しいとは?

周囲から「思い込みが激しい」と言われたことはありませんか? 「もう周囲意見を聞いたら?」などと言われ、を指摘されているのかわからない人もいるかもしれません

的に「思い込みが激しい」と言う合、頑固な人や妄想癖の傾向が強い人に対し使われます。事実とは異なる内容を勝手に思い込むことで、周囲と意見がい違ってしまうのです。

また、ポジティブ・ネガティブ問わ、他に方法があるにもかかわら、「こうなるに違いない」「これが一の方法だ」などと考えがるがない状態も、思い込みが激しいと表現されます。

あなたがもし「思い込みが激しい」と言われたのであれば、周囲の人から見て「あなたの考え以外にも方法がある」「あなたの意見は勝手な妄想で、事実と異なる」という意味です。現時点では理解できないかもしれませんが、れはあなたが思い込みによって自分の考えが対にしいと思ってしまっているためでしう。

周囲の人と解しうまくき合っていくためには、あなた自が思い込みに気付き、努力要です。

思い込みが激しい人の特徴5つ

思い込みが激しい人の特徴5つ

思い込みが激しい人には、「ポジティブなタイプ」と「ネガティブなタイプ」がいます。ポジティブなタイプであればあまり悩むこともなく、ある意味、信いて成功きる可能性をめています。ただし、思い込みによって大きな失敗経験することもあるでしう。

一方、思い込みが激しいことに悩むのは、ほネガティブなタイプです。勝手な被害妄想で落ち込みやすい人などは、「思い込みが激しい」と評価されやすいでしう。

ここでは、主にネガティブなタイプの思い込みが激しい人の特徴をご紹介します。

思い込みが激しい人の特徴としては、以下5 つがあられます。

【ネガティブで思い込みが激しい人の特徴】
・自信がない
・感情のコントロールが
・他人からの評価になる
・他人に心をけない
・他人の気持ちを妄想しがち

この5 つについて、以下しくご紹介します。

1.自信がない

思い込みが激しくなってしまう思考癖は、「自信のなさ」がすての根源といっても言ではありません。ネガティブな思い込みが激しい人のほとんどが、自信のなさに悩んでいるのではないでしうか。

自信がないことで、「われているんじゃないか」「できないやつと思われているんじゃないか」という思いにわれ、こからせなくなります。

ひとつの考えに固してしまう一方、自分の言や考えにも自信がなく、他人に確認することもできません。他人の意見を自分から聞けないことで、自分だけの考えにこもりやすくなってしまいます。

2.感情のコントロールが苦手

ネガティブに思い込んでしまう人は、感情のコントロールが手な傾向にあります。いつも思考が感情に左右されるため、「われているかもしれない」と考えると、不などのネガティブな感情に支配されてしまい、の考えからせなくなるのです。

ネガティブな感情に支配された状態では、他人の言葉もに入ら、「も理解してくれない」と考えるようになります。また自分だけが不幸で大変な思いをしているような感になり、悲劇ロイン的な思考に固してしまいます。

さらに、このような思考はの連となり、ネガティブ思考から自信をよりネガティブな思考にるといった思考癖からせなくなってしまうのです。

3.他人からの評価が気になる

ネガティブな思い込みが激しい人は、他人からの評価にしてしまう特徴があります。自信がないため、他人からの「よい評価」でしかアインティティをつことができないのです。

アインティティというのは、「はこういう人である」という認のことです。この認と、自分をてなくなり、大きな不恐怖支配されてしまいます。

他人からの評価になる原因は、自分の「マイ」をけ入れられていないためです。「メな自分」「できない自分」をけ入れられ、他人からマイスのをされることに恐怖を感ているのです。

のため、他人のちっとした言動から「われているのではないか?」と不になりやすく、感情に支配され自分ののネガティブ思考にってしまいます。

に自信がある人は、他人からどう評価されてもれをけ入れることができ、ネガティブに思い込むことはありません。

4.他人に心を開けない

思い込みが激しい人は、相談手であったり、アドイスを聞き入れられなかったりする特徴があります。すなわち、「他人に心をけない」状態です。

他人に心の内を見せることにどこか不があり、「自分のすてを見せたらわれるのではないか?」という恐怖をもっています。のため、アドイスをめれば解することでも一歩踏すことができ、自分
だけで解しようとして、ひとりで思い悩んでしまうのです。

5.他人の気持ちを妄想しがち

思い込みが激しい人は、妄想しやすい特徴もあります。えば、恋愛場面いて、たまたま彼氏機嫌が悪いがあったとしましう。実には職場でイなことがあっただけなのに、思い込みが激しい人はのように考えてしまいます。

度がたいのは、自分がかしたせいかも」
「他にきな人ができたんじゃ?」

さらに、「このあとを問いめて浮気発覚する」など、勝手なストーーを思いいて妄想をらませてしまうのも、思い込みが激しい人によくある傾向です。

勝手な妄想ですが、このようなの思考によっても人はストスや不を感てしまいます。結果として、自分の思考によって、思い込みの世界でしんでしまうことになるのです。

思い込みが激しくなってしまう理由3つ

思い込みが激しくなってしまう理由3つ

思い込みの激しさを直したいのであれば、自分がネガティブ思考にってしまう「理由(心理)」を理解して要があります。自分自客観的に理解することで、思い込みからすきっかけになるでし

に思い込みが激しくなってしまう理由としては、以下3 つがあられます。

【思い込みが激しくなってしまう理由】
・妄想に気付いていない
・感情にわれている
・固定観念られている

に思い込んでしまうときの心理状態を、上記3 つの点からご紹介します。

1.妄想に気付いていない

物事をネガティブに思い込んでいる状態のときは、「妄想に気付いていない」ことがほとんどです。事実と妄想の区別がつかないために、自分自の思考にストスを感てしまうのです。

えば、ほどの恋愛場面でのでいうと、事実と妄想は以下のように分けられます

<事実>
機嫌が悪い
<妄想>
・自分がかしたのかも
浮気しているのかも
・このあとケンカしてれるかも

この状況を解するには、「に話を聞く」だけでOK だと、すにわかりますよこのように、自分自の妄想に気付、勝手に妄想をらませてしまうことが、思い込みの原因となっているのです。

2.感情に囚われている

感情にわれてしまうことも、思い込みの原因になります。 感情にわれた状態とは、えばれた「ショック(しみ)」など、の感情しか感られなくなった状態です。
 
 
ひとつの感情、特にマイスの感情にわれてしまうと視野がまり主的な思考しかできなくなってしまいます。すると、どうしても客観的視点をもつことができ思い込みやすくなってしまうのです。

3.固定観念に縛られている

よく「頑固」や「融通かない」と言われる人は、固定観念られている可能があります。

固定観念とは、「父親なんだからこうするき」「こういうときはこの対しい」などのように、「~すき」という信り固まった状態です。固定観念価値観とも言いえることができます。

価値観文化った環境によって変わるものであり、人れ違います。「~すき」という考えも、実はあなたが思い込んでいるだけかもしれません。

られている固定観念い人は、「手の言動をせない」「アドイスを聞いて納得できない」といった感情にることがいです。自分の固定観念に固しすると、柔軟な考えができなくなってしまい、思い込みが激しくなってしまうでし

思い込みが激しい人の印象

に、思い込みが激しい人が、他人からどう見られるのかをご紹介します。思い込みの世界にいると他人からの視点を想しにくくなるため、一度、手からどう見えるのかを確認してきましう。
 
思い込みが激しい人の印象としては、以下があられます。
 
・めんどくさい人
・他人を信しない人
 融通かない人
・話が通じない人
・頑固な人
悲劇ロインみたい
 
思い込みが激しいと、アドイスやちっとした注意すらマイスに捉えられてしまい、注意したとしてはとても面倒に感ます。また相談もなく勝手に思い込んでしまうため、信頼してもらえていないんだな と感られ、手も心を閉ざしてしまうでしう。
 
固定観念られているタイプは頑固で融通かない、話が通じない人だと思われます。のような人とは、話し合いたくない、なる距離きたいと思うでしう。
 
ネガティブ思考にわれて「彼氏がいつもたい」「他の人はもわかってくれない」など、自分の不幸自をしてしまう人は悲劇ロインのようで、聞いている人は「めるのが面倒」「こっちまでネガティブになる」と感てしまうかもしれません。

「思い込みが激しい人」のよいところ

「思い込みが激しい人」のよいところ

思い込みが激しい人は、く物事を考えられ、想像力かな側面をもちます。傷つきやすい側面があるかわりに、自分自がネガティブにわれていなければ、人のちがわかるしい人といえるでしう。

固定観念られやすい人も、自分の信があるの強さは長所といえます。自信のなさや思考癖を改善し、われている固定観念気付くことができれば、あなたの魅力をもっとすことができ、よりもきられるようになりますよ。

次章では、思い込みからすための方法をご紹介していきます。

6.思い込みが激しい「思考癖」を直す4ステップ

思い込みからすためには、思考癖を「自」することと、「自信」をけることが大切です。のためのステップを、以下4 段階でご紹介します。

・【ステップ】「事実」と「妄想」を分ける
・【ステップ客観視】自分自に「アドイス」を考える
・【ステップ放棄】考えない時間をつくる
・【ステップ容】メな自分もけ入れる

1.【ステップ①分別】「事実」と「妄想」を分ける

めのステップは、妄想に気付無駄に思い悩まなくするための方法です。か悩んでしまったときは、在悩んでいることをに書きしてみまし

こで、「事実」と「妄想」に分けて考えることで、妄想かられることができますさらに、自分がどのような「感情」や「固定観念」にわれているのかも書いてみることで、自分の気持ちを理しやすくなります。


<事実>
たい

<妄想>
浮気しているのかも

<感情>
われていないか不
ってもらえなくてしい

<固定観念
彼氏ならどんなときも彼女しくするのが当たり前

2.【ステップ②客観視】自分自身に「アドバイス」を考える

に、書きした悩み(感情)に対し、他人になったつもりでアドイスを考えてみましう。このステップをり入れることで、「主」から「客観」に切りえることができます。

<感情>
われていないか不
ってもらえなくてしい

<アドイス>
っか、れはしいし不だよ。でもさ、たまたま今日機嫌悪いだけじゃない? まはなんで機嫌が悪いのか聞いてみたら?

3.【ステップ③放棄】考えない時間をつくる

もしもぐ答えがでない悩みなら、「放棄」してしまうことも大切です。考えてもしくなるだけですから、考えるよりも思考を手すための工夫をしてみまう。

きなマンガや映画などに没頭してみたり転換かけてみてください。、妄想してるな~」「思い込んでるな~」と気付くことができるようになれば、かなりの進です。のたに、思い込まないようの思考かられるようにしまう。

4.【ステップ④受容】ダメな自分も受け入れる

思い込みの激しさは、自信のなさが根底にあります。しかし、いきなり自信をつけろと言われてもしいですよ自信をつけるための要なステップとして、まは、「メな自分をけ入れる」ことからめてみてください。

「人の気持ちを考え言してしまう」「他人に相談できない」など、しも自分がマイスだと感ている分があると思いますが、れを「なんてメなんだ」と否定してしまうと自信の低につながってしまいます。

「こんな分もあるよ」「人なんだから完璧じゃないのが当たり前」とけ入れることで、れが根底の「自信」につながっていきます。

自分のメなところをけ入れられるようになると、他人の評価にならなくなり他人からのアドイスも否定に聞こえなくなります。のような状態になれば、視野も広がり、柔軟な思考ができるようになっていきますよ。

まとめ

まとめ

ネガティブな思い込みが激しい人は、ネガティブ思考にりやすい思考癖をもっています。思考癖からすことができれば、柔軟な思考ができるようになり、思い込みにくくなりますよ。

思考癖からは、自分の思考癖に気付くことです。この記事をんでいただいたことで、一ステップはすでにクアしています。

あとは、妄想に気付くたに手すようにしていき、客観的・俯瞰的に考えるよう考え方をつ修していってください。考えてもえがないときは、一考えないようにすることも大切です。

本の問のためには、自信をもつとして、メな自分もけ入れていくようにしてください

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む