「好きだけど結婚できない」と思われてしまう女性の特徴5つ

「彼からなかなか結婚の話が出ない」「本当に結婚する気あるのかな ?」と悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。大好きな彼と結婚したいと思っていても、話が進まなければ不安になるはず。もしかしたら結婚に踏み込めない理由があるのかもしれません。

今回は「好きだけど結婚できないと思われてしまう女性の特徴」を5つご紹介します。

”好きだけど結婚できない”と思われてしまう女性の特徴とは

”好きだけど結婚できない”と思われてしまう女性の特徴とは

では、どのような女性が”好きだけど結婚できない”と思われてしまうのでしょうか。さっそくみていきましょう。

お金にだらしない

好きだけど結婚できないと思われてしまう女性の特徴1つ目は、”お金にだらしない”です。自分の好きなことにお金を使うのは悪いことではありません。

しかし、度を越えたお金遣いの荒さは男性が結婚をとどまる理由になります。結婚をすると”2人”での生活が始まります。財布を分けるもしくは一緒にするかはそれぞれですが、2人で生活費を出し合うことがほとんどでしょう。

また、子供ができたときのことを考えると、かなりのお金が必要になります。そんな状況で好き勝手お金を使っていたら、夫婦関係に亀裂が入ってもおかしくありません。

付き合っている段階では気にならなくても、結婚となるとお金のことは必ずと言っていいほど付きまとってきます。

それに、お金のだらしなさは簡単に治るものではありません。結婚後の生活が不安という意味でも、男性からは”好きだけど結婚したくない”と思われるでしょう。

料理や家事ができない

料理や家事ができない

料理や家事ができない女性は、男性から”好きだけど結婚できない”と思われる可能性があります。なぜなら、結婚後に男性が料理や家事を全てやらなければいけない未来がみえるからです。

仕事で疲れて帰ってきて料理や家事を全てやらなければならないとなると、男性は心身共に疲弊してしまうでしょう。結婚生活は2人で協力し合って過ごすものなので、どちらかに負担がかかりすぎると不満も溜まります。付き合っている段階で同棲をしていないのであれば、料理や家事ができなくても問題はありません。

しかし、結婚後は2人での生活になるため、「できない」では済まされないはずです。男性からすると、やはり家庭的な女性との結婚が理想なのではないでしょうか。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しいのも、”好きだけど結婚できない”と思われてしまう女性の特徴の1つです。誰しも常に感情を一定に保つのは困難であり、落ち込んだり怒ったりするのはごく自然なこと。

しかし、あまりにも感情の起伏が激しすぎると男性は心身共に疲れ果ててしまいます。ましてや結婚後は一緒にいる時間が長いため、負担がかなり大きくなります。

また、「怒らせたらどうしよう」「また落ち込んでないかな」と女性の様子を常に伺う生活になりかねません。仕事で疲れ、家庭でも疲れるとなると、男性は心に余裕がなくなってしまうでしょう。

経済力を求めすぎている

経済力は大切ですが、求めすぎは”結婚したくない”と思われる理由になります。「そんな稼ぎじゃやっていけない」「年収は〇万円ないとダメ」などと言われれば、男性は不快な気持ちになるでしょう。

結婚生活は2人で乗り越えていくものなので、男性ばかりに押しつけるのは良くありません。

また、日頃から仕事を一生懸命頑張っている男性のプライドや自尊心を傷つけてしまう可能性も。2人で冷静に話し合えれば問題ないですが、求めすぎは良くないということです。

男性の両親と不仲

男性の両親と不仲というのも、好きだけど結婚できない女性の特徴の1つです。結婚は2人の問題ともいえますが、結婚後に両親と接する機会は少なくありません。そこで不仲となると、家族の雰囲気が悪くなる一方です。

そもそも男性の両親から結婚を反対される可能性も否定できません。やはり両親と仲が良いに越したことはありませんが、相性があるため仕方ないともいえます。

”好き”だけで結婚は難しい

”好き”だけで結婚は難しい

今回は「好きだけど結婚できないと思われてしまう女性の特徴」を5つご紹介しました。

どれだけ好きでも、その気持ちだけで結婚するのは難しいです。幸せな結婚生活を送るためには、未来についてしっかり考えていくことが大切だといえるでしょう。

Written by 逢坂汐里

逢坂汐里の他の記事を読む