デートの断り方でお悩みではありませんか? 街コンに参加していると、全然好みではない男性からデートのお誘いを受けてしまうこともあるでしょう。

「タイプじゃないので、あなたとはデートしません」ときっぱり断るのは、お相手を傷つけてしまいそうで気が引けますよね。しかし、うやむやにしてお相手に「脈ありだ!」と希望を持たせてしまう断り方は、その後何度もデートに誘われて、断るのに苦労してしまうでしょう。

本記事では、男性からデートのお誘いを受けた時、相手を傷つけず、更にあっさり諦めさせる、デートの断り方についてご紹介します。

1. 男性からのデートを断るのに使える、4つのパターン

男性は、言葉をそのまま受け止める純粋な側面と、女性より優位でいたいというプライドが高い側面を持つ人が多いです。

そのため「今回は都合が悪いから、また今度……」と、うやむやに断るとストレートに断られていないため「次がある! 脈がある!」と勘違いしてしまうケースがあります。

また、「あなたは好みではない」とストレートに伝えると、プライドが傷ついて悲しんでしまったり、怒ったりしてしまう可能性があるでしょう。できるだけ事を荒立てず、あっさりデートを諦めてくれたら助かりますよね。

デートを断る際は「デートはできない」と伝えた上で「相手が納得する理由」を付け加えるのが効果的です。そこで、デートを断りたいときに使える便利なフレーズを4つご紹介します。

デートの断り方1「他に気になる人がいる」という断り方

スマートなデートの断り方。相手を傷つけず、あっさり諦めさせる方法とは?

他に気になる人がいるから、とデートを断るパターンです。

「街コンで出会った、別の人が気になってて。その人にアタックするつもりなので、あなたとデートするのは難しいです」

こんな風に伝えてみると効果的でしょう。遠回しに「あなたに脈はない」と伝えていることになりますが、ストレートに言うよりもプライドが傷つきません。また、デートを断られた理由も納得しやすく、早めに引き下がってくれるはずです。

ただし、自信家の男性は「自分の方がイイ男だ」と思い、更に猛アピールしてくるかも? そんな時は、次からご紹介する別の断り方も取り入れてみるといいでしょう。

デートの断り方2「元カレが忘れられない」

元カレのことが忘れられず、他の人との恋愛は考えられないという理由で断るパターンです。

「どうしても元カレが忘れられなくて。復縁を頑張りたいので、他の人とデートするのは控えたいんです」

と伝えれば、お相手はデートを断られた理由に納得がいきやすく、更にあなたに脈がないと判断するでしょう。

お相手が引き下がってくれない場合は「もし、元カレとうまくいかなかったら、遊んでください。その時は連絡します」と伝えて、関係をフェードアウトしてしまうのがおすすめです。

デートの断り方3「仕事が忙しくて恋愛どころじゃない」

スマートなデートの断り方。相手を傷つけず、あっさり諦めさせる方法とは?

恋愛より仕事を優先したいから、デートする気はないと伝えて断るパターンです。

「友達に誘われたから街コンに参加したものの、やっぱり仕事を優先したくて。休日出勤が多く、デートする時間がありません」

「土日は資格取得のスクールに通ったりしてて、デートをする時間をつくれません」

こんな風に、仕事に打ち込んでいることをアピールするといいでしょう。今時、バリバリ働く女性はめずらしくありません。

また、男性にとっても仕事は大切なもの。自分のデートのお誘いよりも仕事が優先されることは、悲しいとは思いつつも納得しやすいです。慢性的に忙しいことを伝えておけば、脈ナシだと思ってすぐに諦めてくれることでしょう。

押しの強い相手に「少しくらい時間あるでしょ?」と言われてしまったら「時間があったらゆっくり体を休めたい」と伝えると効果的です。

デートの断り方4「実は恋人がいる」

実は恋人がいるので、デートはできないと断るパターンです。ご紹介した中で一番強力な断り方といえます。

「人数合わせで街コンに参加したけど、実は恋人がいるのでデートできません」

こう伝えれば、お相手はがっかりして今後デートに誘うことはないでしょう。ただし、恋人がいながら街コンに参加するのはルール違反。お相手によっては怒ってしまう可能性もあるので、できるだけ他の方法で断るのが理想的です。

2. デートを断る際の注意点

スマートなデートの断り方。相手を傷つけず、あっさり諦めさせる方法とは?

恋愛はとても揉めやすい事柄なので、下手に振舞うとトラブルになってしまう可能性があります。デートを断るときは、トラブルが起きないようにスマートに断りたいものです。

できるだけ恋愛トラブルを避けるためにも、デートを断る際は以下の点に注意するといいでしょう。

・相手を傷つけることを言わない
・また今度、などとうやむやにし続けない
・バレる可能性のある嘘をつかない

お相手を怒らせたり、うやむやにして気を持たせたりしてしまうと、その後トラブルになりがちです。

大事なのは、理由をつけてしっかり断り、その後も期待を持たせないこと。今回ご紹介した4つの断り方なら、お相手は早めにあなたとのデートを諦めてくれることでしょう。

3. まとめ

十分にお相手の気持ちを配慮してデートを断ることが大切です。デートのお誘いを受けて困った時は、今回ご紹介した理由でスマートに断ってみて下さいね。