婚活&恋愛コラムiVERY

重い女から卒業する方法「好き」や「会いたい」の言い過ぎはNG

自分磨き

自分磨き

過去に、「重い」と言われて男性に振られた経験はありませんか?

「何がいけなかったんだろう?」と思っても、相手の男性から本当のところを聞ける機会はなかなかありませんよね。

一度「重い」と言われてしまうと、どう恋愛をして良いのか分からなくなってしまう女の子も多いのでは?

そこで、今日は重い女から卒業する方法を3つご紹介します。

ちょっとした心がけで男性に与える印象が大きく変わりますので、ぜひ今日から実践してみてください。

1. 重い女から卒業する方法① 本音を伝えすぎない

「好き」を伝えたい心理とは?

重い女から卒業する方法「好き」や「会いたい」の言い過ぎはNG

1つ目の方法は、相手の男性に本音を伝えすぎないことです。

男性が「重い女」と思う女の子は、基本的に「好き」や「会いたい」などの本音を伝えすぎる傾向があります。

ただ伝えたいだけという女の子もいますが、中には「俺も好きだよ」「会いたいね」と言い返してくれることを期待して伝える女の子もいるのではないでしょうか。

そんな女の子の気持ちは男性にも伝わりますので、「好きって言ってほしいんだろうな」「俺も会いたいって言ってあげた方が良いのかな」などと男性は思います。

好意の返報性

このように、「伝えられた好意と同じだけの好意を自分も返さければ」と感じるのは、好意の返報性と呼ばれる心理が働くからです。

この心理が頻繁に働くことで負担を感じると、相手の男性は「重いな……」と感じます。

本来なら、「好き」や「会いたい」などの素直な気持ちを伝えることはカップルにとって大切な行為の1つ。

ですが、男性から「重い女」と思われがちな女の子は、これらの気持ちを伝えすぎる傾向にあります。

思い当たる女の子は、自分の本音を伝えすぎないよう気を付けてくださいね。

2. 重い女から卒業する方法② 過去や将来の話題を避ける

過去の経験や自分の気持ちを言いたがらない男性は意外と多い

重い女から卒業する方法「好き」や「会いたい」の言い過ぎはNG

2つ目の方法は、過去や将来の話題を避けることです。

男性が「重い女」と思う女の子は、過去や将来に関する話題の出し方を間違えている可能性があります。

というのも、自分の経験や気持ちを相手に伝えたがらない男性は意外と多いもの。

女の子にとっては「今がちょうどいい」と思うタイミングでも、相手の男性にとっては「え、もうそんな話をするの?」と思うタイミングかもしれません。

自分の経験や気持ちを相手に伝えることを『自己開示』といい、『自己開示』にも『好意の返報性』と同じく返報性の法則があります。

自己開示の返報性とは、相手が明かしてくれた分と同じだけの情報を自分も明かさなければいけないと感じることです。

たとえば、こちらが過去の失恋話を伝えたら相手も過去の失恋話をしなければいけない気がしますし、こちらが結婚の話をすれば相手も結婚に関する考えを伝えなければいけない気がします。

彼から話してくれるまで待ちましょう

ほかにも、

  • 自分の秘密
  • 結婚や家族に関する価値観
  • 将来の夢

などの話題は相手に負担を感じさせる可能性があるので注意しましょう。

相手の男性が「自分のことをもっと知ってほしい」と強く思うタイプなら、相手も快く自分のことを話してくれます。

ですが、もともと自分の情報をあまり他人に明かしたくない人からしてみれば、こういった話題自体を「重い」と感じる可能性があるのです。

そこで、相手の男性から「重い女」と思われないためには、彼が話してくれたことと同じ深さの情報だけを伝えるほか、相手から聞かれるまでは自分の経験や気持ちを言わないよう心がけることをオススメします。

少しずつ話題を広げましょう

また、最初は明日の話題から始めて、慣れてきたら来週、3か月先、半年先……と、将来のことを話題に出せる関係を少しずつ作っていく方法もオススメです。

「自分のことを早く知ってほしい」「私の全てを知ったうえで受け入れてほしい」そう思う気持ちも分かりますが、最初からいろんなことを伝えすぎると負担に感じる男性もいます。

自分の経験や気持ちを相手に伝えることが苦でない女の子は、自分が伝えることで相手に余計な負担をかけるかもしれないことを覚えておいてくださいね。

3. 重い女から卒業する方法③ 「勝手に」待たない、尽くさない

彼を中心に予定を組まない

重い女から卒業する方法「好き」や「会いたい」の言い過ぎはNG

最後に紹介する方法は、勝手に相手を待たないことと、尽くさないことです。

男性に「重い女」と思われがちな女の子は、基本的にどんなことでも好きな人を中心に考える傾向があります。

たとえば、「好きな人に誘われたときのために」と常にスケジュールを空けておいたり、入っていた予定を好きな人のためにキャンセルしたりする女の子は、男性から「重い」と思われがちです。

自分の為の時間を作りましょう

NGポイントは、勝手に待つことや勝手に尽くすこと。

もし相手の男性から「週末は一緒にいようね♡」「休みの日は俺のためにスケジュール空けておいてね♡」などと言われていたなら、スケジュールを空けておいたからといって重いと思われることはありません。

勝手に待っていたにもかかわらず「待ってたのに」と言ったり、男性に頼まれてもいないのに友達との約束をドタキャンしたりするからこそ、男性は「重い」と感じるのです。

好きな人との時間も大切ですが、他の友達との時間も大切にするだけで寂しい気持ちは軽くなります。

彼の為にと、勝手に待ったり勝手に尽くしたりするのではなく、自分の為の時間を作ってみて下さい。

4. 恋愛や彼氏に依存しすぎないで

今日は、重い女から卒業する方法を3つ紹介しました。

大好きな人ができれば、その人のことを1日中ずっと考えてしまうことは止められません。恋に落ちれば、誰だってそんな風になる可能性はあります。

ただ、その気持ちを相手に押し付けたり同じだけお返しを求めたりするのは、やや自己中心的な考え方と言えるでしょう。

男性の負担になると「重い女」と思われやすいので、恋愛や彼氏に依存しすぎないよう気を付けてくださいね。

  • 花火大会で彼をキュンとさせたい!押さえておきたいモテテクをご紹介
    自分磨き

    花火大会で彼をキュンとさせたい!押さえておきたいモテテクをご紹介

    schedule2017.07.08

  • 好きな人との会話が続かない! 口下手な彼とはどう接するべき?
    自分磨き

    好きな人との会話が続かない! 口下手な彼とはどう接するべき?

    schedule2017.09.24

  • 幸せな人になるためにあなたがすべきこと、習慣とは
    自分磨き

    幸せな人になるためにあなたがすべきこと、習慣とは

    schedule2018.11.27

  • 人気記事ランキング

    カテゴリ

    趣味コン・趣味活

    全国の婚活パーティー

    主要都市の婚活パーティー

    北海道・東北の婚活パーティー
    関東の婚活パーティー
    北陸・甲信越の婚活パーティー
    東海の婚活パーティー
    近畿の婚活パーティー
    中国・四国の婚活パーティー
    九州・沖縄の婚活パーティー