婚活&恋愛コラム machicon JAPAN

男女別ドキッとする告白セリフ各6選|気をつけたい告白する時の注意点4選も紹介

男女別ドキッとする告白セリフ各6選|気をつけたい告白する時の注意点4選も紹介

公開: / 更新:

# 好きな人 # 片思い # 胸キュン # 脈あり

告白はただ気持ちを伝えれば良いというものではなく、その気持ちをしっかりと伝えるためには、いくつか注意すべき点があります。

告白を成功させるためにも、告白前にそれらの注意点を把握しておきましょう。また、告白のセリフも事前に考えておきましょう。

1. 告白のセリフのポイント4選

男女別ドキッとする告白セリフ各6選|気をつけたい告白する時の注意点4選も紹介告白では好きな人に気持ちを伝えることになります。しかし、気持ちの伝え方を間違ってしまうと、相手にうまく好きな気持ちが伝わらず、告白に失敗してしまう可能性があります。

そのため、告白はただ好きな気持ちを伝えれば良いというものではありません。告白ではセリフのポイントがいくつかあるので、それらを事前に把握して、しっかりと気持ちの伝わる告白をする必要があります。

1:素直にシンプルに

もし、告白に緊張して長々と前置きを話してしまったり、恥ずかしくて好きな気持ちを遠回しに伝えようとしたりなどすると、相手にしっかりと好きな気持ちが伝わらない可能性があります。

告白をする際にはしっかりと好きな気持ちを伝えるためにも、素直でシンプルなセリフを心がけましょう。余計な言葉を付け加えず、飾らない言葉で告白することで、相手に好きな気持ちを確実に伝えることができます。

2:好きなところも一緒に伝える

告白する際には、なぜその人を好きになったのか理由も伝えるようにしましょう。いきなり気持ちだけを告白されても、相手はその告白を受けるかどうか判断に困ってしまいます。また、自分の気持ちをしっかり伝えるためには理由を伝えることも重要です。

ただし、告白のセリフはシンプルなものにすべきなので、その理由は短く、わかりやすいようにまとめましょう。

3:好きだけで終わらない

告白する際には緊張してしまい、言葉が出てこなくなってしまうこともあります。あまりの緊張に勢いで好きな気持ちだけを伝えてしまうという人もいます。しかし、告白は気持ちを伝えるだけでなく、好きなところも一緒に伝える必要があります。

また、好きな気持ちがあることで、これから恋人として付き合って欲しいのか、気持ちを知っておいて欲しいだけなのかなど、告白に対してどのような答えが欲しいのかも伝えましょう。気持ちだけ伝えてしまうと、相手はどのような返事をすれば良いのか困ってしまいます。

4:相手の目をしっかり見る

男女別ドキッとする告白セリフ各6選|気をつけたい告白する時の注意点4選も紹介

告白では緊張したり、恥ずかしいと思ってしまったりします。しかし、緊張や恥ずかしさなどがあって目線を外していると、自信がなさそうに見えたり、表情が見えなくて本気度が伝わらなかったりなどします。

告白ではしっかりと好きな気持ちを伝えることが重要です。そのため、告白する際には相手の目をしっかりと見るようにしましょう。

2. ドキッとする男性から女性への告白セリフ6選

告白する際には緊張や恥ずかしさによって、うまくセリフが出てこなくなってしまうことがあります。そのため、告白は事前にセリフを考えておき、練習しておくことが望ましいでしょう。

また、告白のセリフはいくつかのポイントを押さえておく必要があります。また、女性と男性で適した告白のセリフは異なります。いろいろなことを考えすぎて告白のセリフがうまくまとめることができないという人もいます。

そのような場合には、告白のセリフの定番例を参考にしてみましょう。定番例を参考にすることで、自分の告白のセリフが組み立てやすくなります。

1:ずっと好きでした

告白ではしっかりと気持ちが伝わるように、シンプルなセリフを意識する必要があります。そのため、「ずっと好きでした」とストレートに伝えても良いでしょう。

「ずっと」という言葉がつくことで、一途で誠実な気持ちを伝えることができ、相手に対する本気度も伝えることができます。

2:僕の彼女になってください

「僕の彼女になってください」もシンプルでストレートなセリフです。また、好きな気持ちを伝えながら、イエスかノーの返事をすれば良いという相手にもわかりやすい告白となっています。また、想いはストレートに伝えて欲しいという女性は多いので、好印象も得やすいセリフです。

3:あなたを幸せにします

「あなたを幸せにします」というセリフは、シンプルに気持ちを伝えることができ、今後も一途に想うという決意も伝えることができます。そのため、相手に誠実な気持ちも伝わります。

また、「幸せにする」というセリフから、相手は男性らしさを感じて、頼れる印象を持ってもらえることもあります。

4:ずっとそばにいてほしい

男女別ドキッとする告白セリフ各6選|気をつけたい告白する時の注意点4選も紹介

「ずっとそばにいてほしい」はロマンチックなセリフなので、相手の女性の性格や告白のシチュエーションが合えば、相手からとても魅力を感じてもらうことができます。

ただし、「ずっとそばにいてほしい」は告白として曖昧なセリフなので、気持ちを伝えるためのセリフとは別と考えるようにしましょう。伝え方を間違ってしまうと、相手に告白されたと認識してもらえない可能性もあります。

5:あなたの〇〇なところが好き

「あなたの〇〇なところが好き」という告白は、相手の好きな理由を伝えてから、気持ちを伝えるセリフを言う王道の流れです。

相手に好きな理由を具体的に伝えられることで、自分のことをよく見てくれていると感じてもらうことができます。そのため、気持ちを伝える前に相手からの好感度を上げることもできます。

6:結婚を前提として僕と付き合ってください

「結婚を前提として僕と付き合ってください」という告白は、相手にかなり高い本気度を伝えることができます。また、結婚を考えるほど、相手のことを理解しているということも伝えることができます。

ただし、伝え方を間違ってしまうと相手に重い印象を与えてしまうので、このセリフで告白しても良い相手であるかどうか、見極める必要があります。

3. ドキッとする女性から男性への告白セリフ6選

告白は男性からだけでなく、女性の方からすることもあります。女性が男性に告白する場合は、男性が女性に告白する場合とは少し違ったセリフが必要になります。そのため、女性も告白前にはしっかりとセリフを考えておくようにしましょう。

1:大好きです

「大好きです」というセリフはシンプルで気持ちを伝えやすく、「大」をつけることで相手への想いが強いことを強調できます。

男性も女性と同様に好きな人にとって特別な存在に思ってもらえることを嬉しく思います。そのため、「好き」ではなく「大」をつけて、想いが強いことを強調すると、相手に告白を喜んでもらうことができるでしょう。

また、「大好き」と言うセリフは女性らしい告白で、相手がキュンとしやすいこともあります。

2:私と付き合ってください

「私と付き合ってください」というセリフは、シンプルに気持ちを伝えることができ、男性の告白である「僕の彼女になってください」と同様に、イエスかノーで返事ができるので、相手にとって返事がしやすい告白のセリフとなっています。

また、「好き」という感情を伝えるのではなく、「付き合う」というセリフで恋人関係になりたいことをストレートに表現することで、その気持ちの強さを伝えることもできます。

3:ずっと一緒にいたいな

男女別ドキッとする告白セリフ各6選|気をつけたい告白する時の注意点4選も紹介「ずっと一緒にいたいな」というセリフでは、相手に特別な存在であることを伝えることができます。また、すでに両想いであることを実感している場合には、このセリフで自分の気持ちを伝えることで、相手からの告白を促すこともできます。

ただし、「ずっと一緒にいたいな」というのは、男性の告白である「ずっとそばにいてほしい」と同様に、告白のセリフとしては曖昧なので注意しましょう。

4:あなたの〇〇なところが好き

「あなたの〇〇なところが好き」というセリフは、相手の好きな理由から、気持ちを伝えるという王道の流れです。また、好きな理由を伝えているので、女性らしい柔らかい表現で告白をすることができます。

このセリフで告白する場合は、相手の内面を褒めるようにすれば、相手は自分のことをよく理解してくれていると好印象を持ってくれます。逆に、外見や地位などの表面的な部分を褒めると、印象が悪くなってしまう可能性があるので、注意しましょう。

5:あなたじゃなきゃダメなの

男性も好きな人からは特別な存在と思ってもらえると嬉しく思います。そのため、「あなたじゃなきゃダメなの」と、相手のことが特別であることをストレートに伝えても良いでしょう。

女性の告白方法としては攻めが強いセリフであり、それほど脈なしと感じている男性であっても「そこまで言ってくれるなら、一度付き合ってみようか」と、気持ちを傾けられる可能性もあります。

6:あなたにとっての1番にしてください

「あなたにとっての1番にしてください」というセリフは、気持ちを伝えながらも、お願いをするような言い回しになります。

男性には女性のことをリードしたいと考えている人が多いので、そのようなタイプの男性であれば、あえてこのようなお願いするような言い回しで告白しても良いでしょう。

4. 気をつけたい告白する時の注意点4選

告白する際にはしっかりと気持ちを伝えることが重要です。そのため、告白では気持ちの伝え方を間違ってしまい、十分に自分の気持ちが相手に伝わらないという状況にならないよう注意しなければなりません。

しっかりと気持ちを伝えるためにも、事前に告白する際の注意点は把握しておくようにしましょう。

1:軽いノリの流れで告白

会話の流れやその場の雰囲気から、勢いで告白するということもあります。また、その告白が成功したり、流れによる告白が効果的な場面があったりもします。

しかし、基本的に告白はしっかりと誠意を持って自分の気持ちを相手に伝える必要があります。もし、流れで告白してしまうと冗談と思われたり、軽い人と印象を悪くされたりしてしまうなどの可能性があります。そのため、告白は流れではなく、真剣に伝えるようにしましょう。

2:メールや電話で告白

男女別ドキッとする告白セリフ各6選|気をつけたい告白する時の注意点4選も紹介メッセージアプリや電話で告白するという人も増えてきています。しかし、これらの方法で告白してしまうと、お互いの表情がわからないので、気持ちが十分に伝えきれなくなってしまう可能性があります。

そのため、メッセージアプリや電話での告白が効果的と判断できる場合や、遠距離恋愛などでこれらの方法でしか告白できない場合などの理由がなければ、告白はできるだけ直接会って、するようにしましょう。

3:遠回しに告白

告白はシンプルで、わかりやすく伝えることが望ましいです。もし、遠回しな表現をしてしまうと、相手が告白されたかどうか判断できずに困ってしまったり、そもそも告白と認識してもらえなかったりする可能性もあります。

また、遠回しな告白をすると、ストレートな表現にならないことから、その本気度が伝わりにくくなってしまうこともあるので注意しましょう。

4:タイミングが悪い

告白する際には、お互いの関係性や相手の状況や環境などからタイミングを考えて行うようにしましょう。

もし、親密度が全然上がっていない状態や相手が仕事で忙しい時期など、誤ったタイミングで告白してしまうと、相手から自分のことしか考えない人と思われてしまい、本来であれば成功していたはずの告白が失敗してしまうという可能性もあります。

そのため、告白にはタイミングがあることも把握しておきましょう。

5. 心を込めたセリフで勇気を持って告白しよう

告白はただ気持ちを伝えれば良いというものではありません。その気持ちをしっかりと伝えるためには、いくつか注意すべき点があります。告白を成功させるためにも、それらの注意点を把握して、心を込めたセリフで正しく自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

  • 告白して振られた後の対処法!相手にしてはいけないこともあわせて紹介
    恋活・恋愛

    告白して振られた後の対処法! 相手にしてはいけないこともあわせて紹介

  • ドキドキしたい女の子必見! 胸キュン♡ストーリーお届けします♪
    恋活・恋愛

    ドキドキしたい女の子必見! 胸キュン♡ストーリーお届けします♪

  • 【婚活漫画】アラサー街コン物語・第10話「謎解き!」
    恋活・恋愛

    【婚活漫画】アラサー街コン物語・第10話「謎解き!」

  • 恋活・恋愛

    モテたいならここに気を付けて! 女性が思うイケメンの基準とは

  • 付き合うまでに時間をかける男性の心理とは?
    恋活・恋愛

    付き合うまでに時間をかける男性の心理とは?