婚活&恋愛コラム machicon JAPAN

告白する前の5つの心構え|成功させるためのタイミングとシチュエーションも紹介

告白する前の5つの心構え|成功させるためのタイミングとシチュエーションも紹介

公開: / 更新:

#好きな人 #恋愛 #胸キュン

告白は勢い任せにするようなものではなく、しっかりと事前に準備を整えて挑む必要があります。その準備の中には、告白をするための心構えを身につけておくことも含まれています。

成功率を上げるためにも、その心構えを把握して、身につけておきましょう。

1. 告白をする前の5つの心構え

告白をする際には、勇気と勢いが大切な場合もあります。しかし、これらだけではうまく告白できずに失敗したり、直前になって躊躇をしたりする人もいます。

そのようなことを防ぐために、告白する前に持っておくべき心構えがあります。その心構えを身につけて、告白を成功させましょう。

1:できるだけ早く

告白のチャンスは、いつまでもあるわけではありません。自分が相手のことを魅力的に思ったということは、他の人も同じようにその人を魅力的だと感じている場合があります。のんびりしているとライバルに先を越されてしまうでしょう。

もし、好きな人に恋人ができた場合、告白はできなくなります。また、誰かが告白したからと焦って告白しても、先に告白してくれた人の方が強い印象を与える場合も多いです。

チャンスを逃さないためにも、心が決まったらできるだけ早く告白しましょう。

2:自分の気持ちを確かめる

告白する前の5つの心構え|成功させるためのタイミングとシチュエーションも紹介

告白では自分の気持ちを相手に伝えることになるため、本当に相手を好きなのか、自分の気持ちを再確認しておきましょう。

自分の気持ちが曖昧であれば、相手に気持ちをしっかりと伝えられません。自分の気持ちを再確認することで、決心が固まり勇気を出せるでしょう。

3:1回の告白で成功すると思わない

告白する際に、失敗したときのことを想像してしまい、勇気が出なくなる人は多くいます。告白に失敗したとしても、再チャレンジしてはならないというルールはありません。

失敗したとしても気持ちが変わることがないか、事前に自分の気持ちを確かめておくことが重要です。自分の気持ちがしっかりしていれば、失敗しても心が折れることなく何度でもアプローチを続けられるでしょう。

自分の気持ちを確かめておけば、好きな人を諦めなければならなくなったとしても、行動を起こしたことを後で後悔しなくても済みます。

4:自分を偽って相手に会わせない

好きな人から好印象を持ってもらうために、相手の好みのタイプに合わせることは重要です。しかし、相手のタイプに合わせすぎたアプローチでは、付き合った後もそのタイプに合わせ続けなければなりません。

自分にとって大きな負担となる可能性があります。また、相手のタイプに合わせきれなかった場合は、付き合ってから相手にガッカリされてしまう場合もあります。

もし相手の好きなタイプと自分のタイプが違いすぎる場合は、自分のようなタイプも好きになってもらえるようなアプローチが必要です。場合によっては身を引く決断をしましょう。

5:告白をすることはゴールでなくスタート

告白に成功すれば片思いは終わり、恋人関係が始まります。恋人関係になれば次の段階に進み、また違うことで悩むようになります。

失敗した場合も諦めずにアプローチを続けるのか、好きな人を諦めるのかなど、次の行動を決める必要があります。結果が成功と失敗のどちらであったとしても、告白はひとまずのゴールにはなりますが、すぐに新しい目的に向かってスタートすることにもなります。

2. 告白前の脈あり男性の行動4つ

告白をする人は告白をする前になると、言動に脈ありサインが表れやすくなります。告白される側の人は気持ちの準備や返事に困らないように、告白前の脈あり行動にはどのようなものがあるか把握しておくようにしましょう。

また、告白する側もまだ気持ちを隠しておきたい場合には、相手に自分の気持ちが察知されないように、脈あり行動にはどのようなものがあるのか把握しておきましょう。

脈あり行動には男性と女性で異なる部分があるため、まずは男性の脈あり行動を確認しましょう。

1:電話やメールをしてくる

告白する前の5つの心構え|成功させるためのタイミングとシチュエーションも紹介

告白前になると、アプローチは積極的になります。電話やメールでのアプローチも積極的になるため、連絡頻度や返信速度などが上がります。

アプローチが目的であり、特に用事があって連絡しているわけではないため、その内容は大したものでないことが多いでしょう。もし、男性からの連絡で、これらのことが当てはまる場合は脈ありの可能性があります。

2:デートに誘ってくる

二人きりのデートに誘うことはアプローチの定番です。もし、頻繁にデートに誘われる場合は、相手に好意がバレても良いと思っている段階まで進んでいるとも考えられます。告白も近い可能性があるでしょう。

相手に好意がない場合でも、印象の悪い相手を二人きりの食事に誘ったりはしないため、少なくとも好印象は持ってもらえていると考えられます。

3:デート中に気遣いをしてくれる

好きな人とデートができれば、アプローチする絶好のチャンスとなるため、相手はいろいろと気遣いをしてくれることも多いでしょう。

また、前回のデートでの些細な会話の内容をよく覚えている、相手の好みに合わせてデート先を選んでくれるなどの場合もアプローチの一種であるため、脈ありの可能性があります。

4:好きな人がいないのか聞いてくる

好きな人に恋人がいなくても、気になっている人がいれば告白のハードルが高くなってしまいます。また、ライバルがいれば先に告白をされる可能性もあります。

今後のアプローチ方法や告白のタイミングなどの作戦を立てられるように、気になっている人はいないか確認をすることがあります。好きな人のタイプを探ることを目的に、過去の恋愛についての話を聞く場合もあるでしょう。

このように情報収集をしている場合は、脈ありの可能性があります。

3. 告白前の脈あり女性の行動4つ

告白前の脈あり行動は男性と女性で異なる部分があります。そのため、男性の脈あり行動だけでなく、女性の脈あり行動にも、どのようなものがあるのか把握しておきましょう。

1:メールでハートをたくさん使う

告白する前の5つの心構え|成功させるためのタイミングとシチュエーションも紹介

メールでハートの絵文字を、何も気にせずに使う女性は多くいます。また、メールでハートを使いすぎると男性を勘違いさせる可能性があるため、面倒なことにならないように、ハートはあまり使わないという女性もいます。

普段は男性に対してメールでハートを使わない女性が、ハートを多く使う場合にはアプローチの可能性があります。男性は女性からのハートが送られた場合、ただの絵文字か、脈ありのアピールか判断する必要があります。

2:メールで顔文字を使う

メールは文章だけで返してしまうと、そっけない印象を与える可能性があります。少なくとも絵文字を使ってメールをしてくれる場合には、その女性は相手に悪い印象を与えたくないと思っていることがわかります。

顔文字が笑顔のようなポジティブなものが多ければ、それだけ良い印象を与えようとしており脈ありの可能性があります。ただし、顔文字だけでは判断できないため、メールの内容や連絡頻度、返信速度などを総合して判断するようにしましょう。

3:好意的であることをなんとなく伝えてくる

女性は自分から告白せずに、男性から告白されることを待っている場合もあります。そのような場合は男性に対して、自分の好意をなんとなく伝えて、男性が告白しやすい条件を整えてあげます。

遠回しに伝えても男性が好意に気がつかず、行動しない場合は好意の伝え方がどんどんわかりやすくなるでしょう。女性から好意をわかりやすく伝えられているため、男性側もすぐに脈ありと気がつくことができます。

4:男性が喜ぶような誉め言葉を言う

女性から褒められれば、男性は悪い気になりません。そのため、女性は好きな男性から良い印象を持ってもらえるように、男性が喜ぶような誉め言葉を頻繁に言います。

また、具体的な内容で褒めて、その男性をよく理解していることをアピールする場合もあります。相手のことをよく知ったうえで、頻繁に褒めてくれるため脈ありの可能性があります。

4. 告白を成功させるための言葉のチョイス5つ

告白をする際には、しっかりと自分の気持ちを言葉で伝える必要があります。どのような言葉で、どのような伝え方をするのかは非常に重要です。

言葉や伝え方にはいくつかパターンがあります。告白は相手に合わせる必要もあるため、どのような言葉で伝えれば良いか判断できるように、それらのパターンを知っておきましょう。

1:ストレートに

告白をする際に、自分の気持ちを伝えることが恥ずかしいと感じる人は多くいます。恥ずかしいからといって遠回しな言葉では、相手に自分の気持ちが伝わらない可能性があります。

告白はなるべく「好きです」「付き合ってください」などのように、ストレートでシンプルに伝えましょう。特に、恋愛テクニックや駆け引きなどが苦手な人ほど、ストレートでシンプルに伝えることが重要です。

2:ロマンチックに

告白する前の5つの心構え|成功させるためのタイミングとシチュエーションも紹介

ロマンチックな告白をされたい女性は多いでしょう。女性に告白するのであればシチュエーションを整えて、良いムードを作りましょう。

ロマンチックな雰囲気が作れたら、「好きです」「付き合ってください」などのようにストレートに気持ちを伝えましょう。余計な言葉は必要ありません。

3:ギャップを見せる

告白は相手に好意を伝えるため、基本的にポジティブで良い言葉を使うことになります。

まずは意表をついて、「本当に無理」「つらい」などとネガティブな言葉を先に言いましょう。そして、「好きすぎて本当に無理」「振られたことを考えるとつらい」など、告白の言葉に繋げた後にポジティブな言葉を伝えましょう。

先にネガティブ、後にポジティブのギャップのある言葉を並べることで、相手の感情を揺さぶる効果が期待できます。

4:少しひねる

告白はストレートでシンプルに伝えることが定番で安定的な方法です。しかし、印象に残る告白をしたい場合は少しひねった言葉選びをしても良いでしょう。

ただし、あまりひねり過ぎると肝心の好意が伝わらない可能性があります。相手が好きなドラマや漫画、小説などの告白シーンやセリフを再現する、「私が好きな人は誰でしょう?」とクイズ形式にするなどしましょう。

これらのような伝え方であれば、相手が恋愛の場を想像でき、これから告白されると察知して雰囲気を作ることができます。

5:遠まわしに

自分からではなく、相手に告白してもらいたいと思う人がいます。また、振られることがどうしても怖くて告白できないという人もいます。

これらのタイプの人は「君みたいな人が恋人だったら良いのに」「もっと長く一緒に入れたら良いのに」など、直接的な告白の言葉を避けて遠回しに好意を伝えましょう。相手に好意を察してもらうことで、相手から告白してもらえるように仕向けます。

遠回しに好意を伝える場合、告白のタイミングは相手任せになることがデメリットです。しかし、「好き」「付き合ってください」のようなストレートな言葉を使わず、自分からは告白をしないため、振られることがないというメリットがあります。

5. 告白を成功させるためのシチュエーション4つ

告白をする際には伝え方も重要ですが、シチュエーションも大事です。どれだけ良い言葉を並べても、シチュエーションが悪ければ告白に失敗してしまう可能性もあります。告白を成功させるシチュエーションを把握しておきましょう。

1:季節のイベント

好きな人に告白する際には、相手が恋愛モードになっていることが理想です。恋愛モードのスイッチを入れるために、事前のアプローチやデートなどが重要だと言えます。

クリスマスやバレンタインのような恋愛に関する季節のイベントの時期になると、多くの人が自然と恋愛モードに入ります。告白のタイミングは季節のイベントに合わせることで、成功率を高める効果が期待できるでしょう。

2:春と冬は成功しやすい

生活環境が変わりやすい春は、不安な気持ちを抱える人、新しい生活環境に期待を持ち、ポジティブな感情になっている人など様々です。どちらの場合も人と接することを望みやすい状態であり、生活環境が変わりやすい春は告白に適した時期と言えます。

冬はクリスマスや年末年始、バレンタインなどの恋人関係のイベントが多いため、多くの人が恋愛モードに入り、冬も告白には適した時期と言えるでしょう。

3:誕生日前

誕生日はその人にとって特別な日です。一緒に過ごす人がいなければ寂しい思いをするため、誕生日が近くなると、祝ってくれる恋人が欲しくなる人もいるでしょう。誕生日の当日に特別な人がいなければならないため、誕生日前ということがポイントとなります。

誕生日に告白しても良いですが、誕生日に約束ができるという時点である程度の脈ありを確認できます。告白のタイミングを見極めるために、誕生日当日の約束を提案してみても良いでしょう。

4:時間帯は夜

告白する前の5つの心構え|成功させるためのタイミングとシチュエーションも紹介

告白をする場合、お昼では周りに人が多く、明るすぎて雰囲気が出ない可能性があるため、告白する時間帯は夜がおすすめです。

また、夜までデートをして楽しい思いをしていれば相手は興奮状態となっている可能性や、デートで疲れて思考力が鈍くなっている可能性もあります。雰囲気に流されて告白を受けてくれる可能性を高める効果が期待できるでしょう。

6. 告白を失敗する特徴5つ

しっかりと告白の準備を整えたつもりでも、失敗をしてしまうことがあり、それにはいくつかの特徴があります。自分がその失敗してしまう人とならないように、どのようなものがあるのか知っておきましょう。

1:告白の間が悪い

告白をする際には、自分が必死になりすぎて相手への配慮が欠けてしまう場合があります。もし、相手が仕事で忙しい時期で疲れている、恋人と別れたばかりで恋愛をする気になれないなどのタイミングで告白すると、失敗してしまう可能性が高いです。

告白する際は自分だけでなく、相手のことも考えて気持ちを伝えるようにしましょう。

2:言葉などの伝え方が悪い

告白には勇気が必要です。勇気が足りていなければ、告白の言葉に後ろ向きな内容が混じってしまうでしょう。

特に、「できれば友達から」「気が向いたら」などの言葉を使った場合、相手とのことを真剣に考えておらず、付き合えればラッキーだと思っているような印象を与える可能性があります。

3:場をわきまえないで告白をする

告白する際には、シチュエーションは非常に重要です。シチュエーションの準備が不十分で、落ち着かない場所で告白した場合、相手の気持ちが冷めてしまう可能性があります。場をわきまえない告白によって、相手が恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。

4:友達感が強い

友達期間が長い場合や、アプローチによって仲良くなりすぎてしまった場合などは、友達感が強くなりすぎて、恋愛関係に発展することが難しくなるでしょう。告白ができない状態が長く続くと、告白する機会まで失う可能性があるため注意が必要です。

5:恋愛観が違う

付き合うことになれば、これまでよりも深い関係となり、一緒に過ごす時間も増えます。二人の恋愛に対する価値観に大きな差がある場合は、付き合ってから衝突するようになる可能性があります。

告白された時点で、二人の恋愛に対する価値観に大きな差があると感じた場合は、合わないと判断して、相手に断られる可能性もあります。

7. 失敗を恐れずチャレンジをしよう

告白は失敗する可能性もあるため、なかなか勇気が出ないという人もいるでしょう。しかし、いつまでも告白をしなければ、自分の気持ちを伝えるチャンスすら失ってしまう場合があります。後悔しないためにも、告白は失敗を恐れずにチャレンジしましょう。