婚活&恋愛コラム machicon JAPAN

2回目のデートで告白するのはOK? 成功させる7つのコツとおすすめプラン

2回目のデートで告白するのはOK? 成功させる7つのコツとおすすめプラン

公開:

#デート #テクニック #恋愛

2回目のデートは今後の関係性を決める大事な機会です。早く関係を進展させたいと考える方も多いでしょう。この記事では2回目のデートで告白を考えている方に向けて、デートを成功させるコツや告白のシチュエーションを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1. 2回目のデートで告白するのはあり?

告白する前の5つの心構え|成功させるためのタイミングとシチュエーションも紹介

近頃はマッチングアプリやオンライン婚活などが普及し、出会いの形が変わりつつあります。しかし恋愛の進め方はいつの時代も変わらず、誰にとっても悩みはつきものです。

特に2回目のデートは、2人の今後の関係性を決める大事なデートになる可能性があります。

そんな大事な2回目のデートを成功させるコツや告白のシチュエーションについて紹介します。

2. 2回目のデートで告白された時の相手の3つの心理は?

告白された時の返事はどうする? それぞれの場合で使える台詞を5つずつ紹介

2回目のデートで告白された時、相手は一体どう感じるのでしょうか。好きな気持ちを抑えられず、早く思いを伝えたいと焦る気持ちがあっても、2人の間に温度差があれば、望んでいた反応が見られない可能性があります。

2回目のデートまでの2人の距離感によって、相手の心理も変わってくるでしょう。場合によっては、2人のこれまでの関係性を見極める必要があります。

まずは、2回目のデートで告白された時の相手の心理を3つ解説します。

1:素直に嬉しい

多くの人はタイミングがいつであっても、相手から好意を告げられると素直に嬉しいと感じます。たとえこれまでに2回しかデートしていなかったとしても、相手を想う気持ちの真剣さを伝えられれば、心を動かすことは可能です。

告白がとても勇気がいるということは、相手も十分理解しています。相当な覚悟を持って告白してくれたと気持ちを汲み取ってくれるでしょう。

2:もう少し相手のことを知りたい

2回目のデートで告白された場合、もう少し相手のことを知ってから答えを出したいと考える方もいます。<strong><mark>自分と相性が合うのか、2回のデートで見極めきれなかった場合にそう感じるでしょう。

付き合ってからでしか見えない部分もありますが、付き合う前にしっかりと関係を築き上げてから次に進みたいと考える人もいるため、相手の考え方を理解し、相手にとって心地よい恋愛の進め方に合わせていくことも大切です。

3:ちょっと早いかもと感じる

すぐにでも次の段階に進みたいと焦ってしまうあまり、タイミングを間違えないよう注意が必要です。お互いの距離を十分に詰められていないうちに気持ちを伝えてしまうと、相手にとっては少し早いと感じてしまう場合もあります。

相手との距離感や現在の関係性をしっかり見極めてから、告白のタイミングを見計らいましょう。たとえ出会って間もない関係であっても、心の距離が近づいていると感じるのなら、成功の可能性があります。

3. 2回目におすすめな5つのデートプラン

デートで緊張する理由|会話の仕方や失敗しない方法もあわせて紹介!

2回目のデートはお互いに新たな発見があったり、相手に対する好意を再確認できる機会です。2人の今後の関係性は2回目のデートで決まってくるため、デートの内容は慎重に考える必要があります。

相手のことを深く知り、自分のこともアピールできるようなデートプランで、親密度をグッと高めていきましょう。

2回目のデートを控えている方は、これから紹介する5つのデートプランを参考にしてみてください。

1:相手が行きたいと言っていた場所へ行く

初デートでの会話の中で、相手が行きたいと言っていた場所があれば、ぜひ一緒に行ってみてください。相手が行きたがっていた場所に行くことで、相手の興味や関心を知れる機会になります。

また相手は、会話の内容を覚えてくれていたことに好感を持つでしょう。次のデートの口実にもなるので、相手の行きたい場所はさりげなくリサーチしておきましょう。

2:夜景を見に行く

夜景が見える場所はロマンチックな雰囲気を演出してくれる、デートでも定番のスポットです。ムードある雰囲気も相まって、2人の気分も大いに高まり、自然に距離も縮まります。

また夜景スポットはカップルが多く、2人の関係性も意識せざるを得ません。素敵な夜景を眺めながら、まるで恋人同士のような雰囲気になれたら、その後の告白の成功率も高まるでしょう。

3:のんびりとランチする

ゆっくりとくつろげるカジュアルなレストランやカフェで、のんびりとランチするデートプランもおすすめです。

ランチにすることで、時間を気にせずゆっくりと会話を楽しむ余裕ができます。初デートでは緊張して話せなかったことも、のんびりと食事しながら気兼ねなく話してみましょう。

また社会人の場合、仕事などでお互いの都合が合わないことも多々ありますが、ランチなら忙しい相手でも時間を作りやすいでしょう。

4:共通の趣味などを楽しむ

もし2人に共通の趣味があれば、一緒に楽しめるデートプランを立ててみましょう。映画を観たり、料理をしたり、スポーツで汗を流したり、時間を忘れて一緒に楽しいひと時を過ごせられたら、親密度もぐんと上がります。

共通の趣味があると、話が弾んで打ち解けやすく、価値観や相性の良さを見極められます。1回目のデートでしっかりリサーチしておくといいでしょう。

5:少し遠出のドライブ

ドライブしながら、少し遠くのデートスポットまで足を伸ばしてみるのもいいでしょう。

車内は2人だけの密着したプライベート空間になり、落ち着いてゆっくりコミュニケーションをとるチャンスです。向かい合って話すより、横並びになることで緊張もしづらく、リラックスして話せます。

相手のことを知り、自分のことも知ってもらうことでより一層仲も深まります。

4. 2回目のデートを成功させる7つのコツ

「可愛いね」

恋を成就させるには、2回目のデートを成功させなければなりません。2回目のデートをどれだけ有意義な時間にできるかで、その後の2人の関係性も変わってきます。

ここからは2回目のデートを成功させるために覚えておきたい7つのコツを紹介します。

1:相手のことを褒めるようにする

2回のデートで相手のいいところをたくさん見つけられたのなら、それを言葉に出して相手に伝えましょう。相手は褒められることで自信もつき、自分のいいところを見てくれるあなたに対しても好感を抱くでしょう。 

褒める内容はどんな些細なことでも構いません。できるだけ相手の内面の良さを伝えられると喜んでもらえるでしょう。自分は相手のどこが好きなのかじっくり観察してみてください。

2:自然な会話を意識する

2回目のデートといえども、楽しみな反面まだまだ緊張がほぐれない方もいるでしょう。思うように会話ができなかったらどうしようと、不安に思う気持ちは無理もありません。

しかしありのままの自分を好きになってもらうためには、自分をよく見せようと飾らず、自然体でいることが大切です。リラックスして自然体な自分でいられたら、自ずと緊張せず自然な会話ができるようになります。

3:相手の目を見て話す

相手とコミュニケーションをとる時には、しっかりと相手の目を見て話すことが大切です。目を見て話すことで、自分と真剣に向き合ってくれていると感じられます。 

また相手のことをもっと知りたい、もっと仲を深めたいという意思も目線から伝えられます。反対に目線が全く合わない場合、自信のなさや、自分に対する関心の薄さを感じ取ってしまう可能性もあるため、話す時の態度は意識することが大切です。

4:シンプルな服装で行く

服装の好みは人それぞれですが、デートには清潔感のあるシンプルな服装で出かけましょう。華やかに着飾りすぎたり、TPOをわきまえていないファッションは、周囲から浮いてしまう可能性があります。

飾りすぎないナチュラルなコーディネートに、ワンポイントで女性らしさを取り入れられると、洗練された大人な雰囲気を演出できます。

5:軽いボディータッチをする

少し勇気がいりますが、軽くボディータッチするのもおすすめです。

ボディータッチは、相手にさりげなく好意を伝えられ、相手との距離を縮める方法としても効果的です。何気ない瞬間に触れられることで、相手はドキッとしたり、心が動かされることもあります。

あくまで自然に会話の中で相手の肩や腕に触れて、親近感を演出しましょう。

6:相手のことを考えて行動する

一緒にいると心地いい人とは、常に相手のことを考えて行動できる人です。2回目のデートでは少し気持ちに余裕を持ち、相手のことを考えた行動を起こしてみましょう。

自分が楽しむことよりも、相手が楽しめているか常に心配りすることが大切です。 

その結果、あなたに対して「一緒にいると楽しい人」という印象を持ってもらえるようになります。

7:次のデートの約束をする

たとえ2回目のデートで告白できなかったとしても、会いたい気持ちを積極的に伝えられれば好意は伝わります。できるだけ間を空けずに次のデートの約束をしてみましょう。

3回目のデートに漕ぎつけられると、相手も自分に対して好意を持ってくれている可能性も高まり、告白の成功率も格段に上がります。

相手に楽しみと思ってもらえる次のデートプランを提案してみましょう。

5. 2回目のデートで気をつけるべき3つのこと

恋愛対象として認識してもらうためには、2回目のデートでは慎重に振る舞う必要があります。高ぶった気持ちのままに行動して、悔いの残るデートにならないよう気をつけましょう。

2回目のデートでいい印象を残せるよう、次の3つのことに注意して挑んでみてください。

1:過度なスキンシップはNG

軽いボディータッチは2人の距離を縮めるのに効果的だと述べましたが、それも行き過ぎてしまうと逆効果になります。

付き合う前の過度なスキンシップは好意を感じて嬉しい反面、真意がどこにあるのか分からず、不安に感じさせてしまう場合があります。また人によっては、急な距離の詰め方に不快感を覚えることもあるでしょう。

自分の気持ちばかりを優先せず、何よりも相手の気持ちを1番に考えることが大切です。

2:マメに連絡を取るようにする

デートを成功させるためには、普段からマメに連絡を取ることも大切です。次のデートで会うまでの間にたくさんコミュニケーションをとることで、2回目のデートをより充実したものに変えられます。

また会えない間にも自分のことを思い出してもらう時間を作るのは、恋愛を進展させるのにも効果的です。

ただし、相手の都合を考えず自分の思うがままに連絡してしまうと、相手にとっては負担になる場合もあるので気をつけましょう。

3:露出の激しい服装で行かない

デートだからといって、はりきって露出の激しい服装で行かないように気をつけましょう。露出の激しい服装は、自分以外の男性からの視線が気になったり、デートの場所によってはTPOがわきまえられていないと思われる可能性もあります。

露出度の高い服装を好まない男性は多いため、誠実で清楚な印象を与えるためにも、ファッションには十分注意して選ぶ必要があります。

6. 告白をするおすすめの3つのシチュエーション

デートでの割り勘は当たり前? 奢らない男性の6つ心理やスマートな奢られ方

告白の成功率をあげるためには、シチュエーション選びも重要です。その場の雰囲気次第では、どれだけ本気で思いを伝えようとしても相手の心に響かない可能性があるため、シチュエーション選びはないがしろにできません。 

周りの雰囲気に邪魔されることなく、落ち着いて告白するためにおすすめなシチュエーション3つを紹介します。

1:静かで2人きりになれる場所で伝える

落ち着いて気持ちを伝えるためには、静かで2人きりになれる場所を探しましょう。告白する方もされる方も周りに気を取られることなく、真剣さを伝えられます。

お互いにリラックスした雰囲気の中、静かなトーンで真正面から告白ができれば、自分の気持ちを100パーセント伝えられるでしょう。

2:夜景を見ながらロマンチックな雰囲気で伝える

夜景の見える場所は、お互いにロマンチックな雰囲気になれることもあり、告白する場所としては定番です。告白される方も心の準備がしやすいでしょう。

密着した距離感で綺麗な夜景を眺めながら告白できれば、お互いに気持ちが高まり告白の成功率も上がります。

また晴れてお付き合いがスタートした後も、2人にとっての思い出の場所としていつまでも心に残りやすいため、おすすめです。

3:帰り際に伝える

かしこまって告白するのが苦手な場合は、帰り際に伝えるのもいいでしょう。楽しかった1日を2人で思い返し、これからもずっと一緒に楽しい時間を過ごしたいと伝えてみてください。

デートでお互いに楽しく有意義な時間を過ごせたのなら、相手も心が高鳴っており告白が成功する可能性があります。

7. 相手との関係次第では2回目のデートで告白してもOK

お見合いは第一印象で決まる! 服装選びの11のポイントを詳しく解説

2回目のデートで告白するのは、早いのではないかと不安に思う方もいるでしょう。しかし、たとえ2回のデートでもお互いに深く知り合い、関係性を築けているのであれば、積極的に気持ちを伝えても問題ありません。

  • すぐ泣くのをやめたい。誰か、溢れる涙を止めて……! 涙を止める方法って?
    恋活・恋愛

    すぐ泣くのをやめたい。誰か、溢れる涙を止めて……! 涙目にならない方法って?

  • 憧れの彼だったのに…幻滅した恋のエピソード4選
    恋活・恋愛

    憧れの彼だったのに…幻滅した恋のエピソード4選

  • 彼女がモテるとなぜ心配? 長続きするコツ4つや気をつけるべき心がけを紹介
    恋活・恋愛

    3回目のデートに誘う異性の心理とは? おすすめスポット10選と注意点も紹介

  • 50代婚活女性の恋愛ブログ。ぜひ読んでおきたい!
    恋活・恋愛

    参考になる合コンブログ記事まとめ! みんなどう頑張ってる?

  • お見合い活動をする年齢のベストとは? 女性の年齢別ポイントも紹介
    恋活・恋愛

    デートのドタキャンをするのはなぜ? 使われることが多い言い訳や理由をご紹介