Powered by mavhicon japan
menu
seach

あがり症の人が婚活で成功するポイント4つ

あがり症の人が婚活で成功するポイント4つ

テクニック 心理 恋愛 本音

「人前で話をしようとすると、緊張でうまく話せなくなる」「頭が真っ白になってしまう」「焦ってしまう」などの悩みを抱えている人は決して少なくありません。

本記事では、そんなあがり症な人が婚活で成功する方法についてご紹介していきます。

1. 緊張するのは「自然なこと」です!

恋愛に疲れた……そんな時に実践したい、次に進むための行動10選

緊張でうまく話せないことが続き、自信を失ってしまったり、人と話すのが怖くなってしまったりすることもあるでしょう。

まずお伝えしたいのは、緊張はごく自然なことである、ということです。不安や恐怖を感じると緊張するのはごく自然な反応なので、緊張することは決して悪いことではありません。

むしろその緊張を隠そうとすればするほど、緊張に対する不安は強くなるものです。

過度に緊張しないためには、緊張している自分に向く意識をそらすのがポイントです。

2. あがり症を克服する方法

緊張している自分の体や心をほぐし、緊張する自分に向く意識をそらしていきましょう。

体をリラックスさせる

緊張しやすい人は体が硬い傾向があります。ストレッチを行い、体をほぐすことは、緊張しすぎない体づくりに役立ちます。

肩を上下に動かしたり回したりしましょう。声の通りや震えをほぐしたい場合には首を、手足が震えてしまう人は手首足首をほぐしてみてください。

腹式呼吸に挑戦

あがり症の人の中には「声が震える」という悩みを抱えている人も少なくありません。

緊張すると呼吸が浅くなりがちですが、深い息が吐けるようになると震えない声を出せるようになります。そこで効果的なのが腹式呼吸です。

腹式呼吸は横隔膜を上下に動かすことで行う呼吸のことを指します。息を吸った時に横隔膜を下げることでたくさんの空気を取り込むことができ、息を吐く時に横隔膜を上げると良い発声を行うことができます。

腹式呼吸ができるようになると、震えのない通る声を出せるようになります。

また腹式呼吸では息をゆっくり吐き出す時に副交感神経が優位になり、呼吸に意識を向けることでリラックスにもつながります。緊張を感じたら、腹式呼吸で気持ちを落ち着けましょう。

自分以外に注意を向ける

冒頭でも言いましたが、緊張することはごく自然なこと。そのため「自分はあがり症だ」と思っていても、意外と他の人の目からは、自分が思っているほど緊張しているようには見えない、なんてことも。

そうは言っても緊張はしますし、「自分が思っているほど緊張していないのかも!」とすぐに自信をつけるのは難しいですよね。

そこでおすすめしたいのが、自分以外に注意を向けること。自分の緊張は認めてOKです!

ただ「緊張してはいけない」「緊張しているのを隠さなければ」と考えてしまうと、緊張している自分に注意が向き、緊張や不安が強くなってしまいます。

そこで緊張している自分ではなく他の物事に意識を向けることで、不安や緊張を和らげます。

といっても、はじめはどうやればよいのかわからないと思うので、まずは自分以外に注意を向ける練習をしましょう。

方法は簡単で、目の前にある人や物を観察したり、音楽を聞く時にある楽器やメインボーカルだけを追うだけ。ある特定のものに注目することで、自分以外のものに集中することができ、自分から意識をそらすことができます。

この練習を繰り返して、自分以外に注意を向けられるようになると、緊張する場面になっても緊張しすぎずに済むはずです。

コミュニケーションに慣れる

あがり症を「克服」するためには、人前で話すことや人と会話することを避けるわけにはいきません。ある程度経験を積む必要があるでしょう。そのため、人とのコミュニケーションに慣れることも大切です。

とはいえ、いきなり「初対面の人100人に話しかける」のような挑戦を行う必要はありません。

人と1対1で話す機会を増やし、相手の話に耳を傾ける、意見を求められたら伝える、自分の意見を話す、自分から相手に話しかける…… というように段階をふんで挑戦していけばよいのです。

3. あがり症の人に婚活する上で意識してほしいこと

モテる女性がしている話し方5つ♡ 話が苦手でもOKな理由とは

すでに婚活経験がある人の中には、緊張によって普段の自分が出せずに悔しい思いをした人もいるかもしれません。

でも「緊張しやすい」というそのままのあなたを受け入れてもらうためにも、飾らないことを意識してください。

「あがり症であることが恥ずかしい」と感じている人も少なくないかもしれませんが、ありのままのあなたで接した方が、関係が発展した後で生じるギャップやすれ違いを防ぐことができます。

とはいえ、強い緊張のせいで思うように話せなかった、全く話せなかった、となってしまっては悔しいので、婚活会場に入る前や人とお話をする前などに深呼吸したり体をほぐしたりとリラックスすることは忘れずに!

4. 専門家の助けを借りるのもおすすめですよ!

上記で紹介したようなあがり症を克服する方法を実践して婚活に励むのももちろんおすすめですが、一人であがり症を克服していかなければならないわけではありません。

例えば婚活の観点からいえば、「結婚相談所」で婚活に励むのもおすすめです。結婚相談所では経験豊富なスタッフが成婚に向けてサポートしてくれます。

あがり症であることを伝えれば、相談にのってくれるはずですし、あがり症なあなたに合った婚活の過程を一緒に考えてくれるはずです。

またあがり症を克服する方法をやってみてもうまくいかない、改善しない、という場合には、カウンセラーなどに話を聞いてもらうことをおすすめします。

あがり症は決して珍しいものではありません。必ず自力で克服しなければならないものでもありません。うまくいかないときには専門家の助けを借りるのもおすすめですよ!

  • 眞子さまご婚約! 婚活ビギナーへのおすすめ婚活は?
    婚活・結婚

    眞子さまご婚約! 婚活ビギナーへのおすすめ婚活は?

    schedule2017.09.23

  • 今の彼と結婚するベストなタイミングはいつ!?
    婚活・結婚

    みんなの結婚の決め手とは?

    schedule2019.02.05

  • ぶっちゃけ結婚式って出会いはあるの!? 気になる結婚式での出会い事情とは
    婚活・結婚

    ぶっちゃけ結婚式って出会いはあるの!? 気になる結婚式での出会い事情とは

    schedule2018.07.27