Powered by mavhicon japan
menu
seach

気軽に楽しめる擬似的なキャンプ「グランピング」。キャンプとの違いや設備・料金等の違いについて紹介!

気軽に楽しめる擬似的なキャンプ「グランピング」。キャンプとの違いや設備・料金等の違いについて紹介!

アウトドアな大人の趣味 20

デート 友達 趣味コン

2015年頃から広まり始めた「グランピング」。最近ではさまざまなグランピング施設がオープンするなど、広く認知されている印象がありますが、「話には聞くけどよく知らない」「実際はどんなものなの?」という人も少なくないはず。

そこで本記事では、グランピングの概要とその魅力について紹介していきます。

1. グランピングは贅沢なキャンプ?!

グランピングは英語の「グラマラス」と「キャンピング」を組み合わせた造語で、直訳すると「豪華なキャンプ」。“豪華な”が意味するように、いわゆるキャンプとは少し違った魅力があります。

キャンプとの違い

キャンプもグランピングも、主な宿泊先はテントやコテージなど。

ただ、キャンプの場合、準備も片付けも自分たちで行うのが醍醐味。もちろんキャンプ用品の貸し出しを行うキャンプ場もありますが、基本的にはテントや調理器具、寝袋など、キャンプを楽しむのに必要なものを自分たちで持参し、テントの設営も撤収も自分たちの手で行ないます。

一方グランピングは、自分たちで設営や撤収を行う必要はありません。グランピング施設にはキャンプ用品が完備されており、ホテルに宿泊するような感覚でキャンプを楽しむことができます。

グランピング施設の特徴的なところ

一般的なキャンプ場施設では、宿泊先となるコテージやバンガローは用意されていますが、部屋の内装はシンプルなものがほとんど。

キャンプを楽しむ人たちは自分たちで調理器具や寝具を用意することがほとんどなので、宿泊先には家具やキッチンなどの設備が少ないのです。

グランピング施設では、テントやコテージ、トレーラーハウスなど、さまざまなタイプの宿泊施設がありますが、いずれもベッドやソファ、テレビや冷蔵庫が用意されていたり、エアコンが完備されているなど、快適に過ごせるつくりになっています。

「キャンプ気分を味わいたいけど、居心地のいい空間でゆっくり過ごしたい……」

グランピング施設は、そんなちょっぴりわがままな希望に答えてくれるのです。

食事にも特徴が

キャンプとグランピングの違いは施設だけではありません。

キャンプでは、事前に食材の買い出しを行ったり、食材セットを購入した後に、自分たちで調理を楽しむことがほとんどです。

一方グランピングでは「1泊2食付き」など食事が宿泊プランに組み込まれていることがほとんど。コテージタイプの施設などでは、屋外にバーベキューグリルが設置されていることがあります。

地元で採れる新鮮な食材が用意され、自分たちで調理を楽しむ場合もあれば、食事が用意されている場合も。どんな食事を楽しみたいかによってプランを選ぶのもおすすめです。

グランピングは料金が少しお高め?!

グランピングは、キャンプ気分を味わいながら、おいしい食事やホテルさながらの快適さも味わうことができますが、その分、キャンプよりも料金がややお高め。

例えばキャンプやバーベキューを楽しむための区画を貸し出すオートキャンプ場などの相場は1区画1泊6,000円前後、コテージの場合は1棟1泊1万円前後と言われています。

グランピングの場合、上記で紹介したようなキャンプとは異なるサービスが含まれていることから、1泊2〜5万円前後と言われています。もちろん地域の相場や施設・サービスごとに料金は異なりますし、1人1泊1万円前後のリーズナブルな施設もありますが、キャンプよりはややお高めな印象です。

とはいえ、さまざまな設備が用意され、ホテルのような過ごし方もできるわけですから、「高すぎる」と感じる人は少ないはずです。

グランピングの楽しさとは

基本的なキャンプ用品があらかじめ宿泊施設に用意されていることが多いので、キャンプに必要な荷物を持ち運ぶ必要がありません。テントの設営・撤収などの手間もないので、身軽に楽しめるのが魅力的。

その上で、キャンプのように自然を味わったり、のんびりとした時間を過ごすことができます。

もちろん「こだわりのキャンプ用品を用意したい」「自分たちで作り上げる楽しみを味わいたい」という人、ホテルのようにチェックイン、チェックアウトの時間が決まっていることやバーベキューなどで好みの食材を持ち込めないことなどに「自由度が少ないかも……」と感じる人にはキャンプのほうが楽しいかもしれません。

でも「アウトドアを経験してみたいけど、経験がないから不安がある」「雰囲気だけでもアウトドアな気分を楽しみたい」という人には、グランピングはおすすめです。キャンプに挑戦するための導入編として活用するのもいいですね!

グランピングの具体的な流れ

バーベキューイベントはモテチャンス! あざとい恋愛テクニックとは?

グランピング施設に到着したら、受付でチェックインを行います。滞在中の注意事項や施設の利用方法などの説明を受けたら、あとは思いっきり楽しみましょう!

テントタイプの施設であれば、すでにテントが張られているので、さっそくキャンプ気分が味わえます。

グランピング施設のスタッフさんが食材の準備や後片付けをしてくださるプランを選べば、調理と食事の楽しみだけに専念できます。

施設によっては、食材の美味しい焼き方をスタッフさんがレクチャーしてくれる場合も。朝ごはんがついてくるプランを選べば、朝ごはんを準備するために早起きする必要もありません。その地域や季節ならではのアクティビティが用意されていることも。

ファミリー向けの施設では、フィールドアスレチックやトランポリン、雨の日でも楽しめるような手作り体験などのワークショップが開催されていたり、海に近い施設ではシーカヤックなどのマリンレジャーが用意されていたり……。

体験してみたいアクティビティがあればぜひ参加してみましょう。もちろん「施設内で昼も夜ものんびりする……」そんな過ごし方もおすすめですよ。

グランピングは冬でも楽しめるの?!

キャンプが好きな人はどんな季節でもキャンプを楽しんでいるようですが、キャンプの経験がない人にとって冬にキャンプを行うのはハードルが高いもの。

でもグランピングなら、エアコンや暖炉が完備されている施設を選べば、冬でも快適に過ごすことができます。雪の中でのトレッキングや、空気が澄んでいる夜だからこそ楽しめる天体観測など、冬ならではのツアーやアクティビティを企画しているグランピング施設も少なくありません。

それから冬は虫が少ない季節なので、虫が苦手な人にもおすすめですし、利用客が少ないことから宿泊費が安くなっていることもあるので、ランピングの魅力が感じられるのは、意外にも冬なのかもしれません。

2. アウトドア体験をあまりしたことがない人におすすめ!

「グラマラス」と「キャンピング」を組み合わせた「グランピング」は、直訳すると「豪華なキャンプ」になりますが、実際には豪華でありながら手軽にキャンプ気分が味わえるので、老若男女で楽しめるアウトドア体験といえるでしょう。

「アウトドア体験をあまりしたことがないけど、キャンプをはじめてみたい」という人には、キャンプの予行練習のような感覚で楽しむことができますし、オシャレなグランピング施設に宿泊すれば、キャンプの楽しさとホテル泊のいいとこ取りが味わえます。

近年では、ペットと一緒に楽しめる施設や、お子さんも安心して楽しめるプランや日帰りプランを用意している施設もあり、楽しみ方の幅も広がってきています。

ぜひ気になるグランピング施設に足を運んでみてください!

  • ライフスタイル

    オンラインお茶会がネクストブーム♡ 話題沸騰の「オン茶」を楽しむ方法とは

    schedule2020.05.24

  • ライフスタイル

    近くの図書館に行こう! 東京都内でおすすめの図書館をご紹介

    schedule2020.06.30

  • ライフスタイル

    ボードゲームもネットでプレイする時代! ボドゲをネットで楽しめるサービスとは?

    schedule2020.06.06