男性がウンザリする少女漫画脳の特徴6つ

「王子様みたいな人と付き合いたい」「ロマンチックな恋愛がしたい」と感じる方は、実は少女漫画脳と言えるかもしれません。

妄想が好きな夢みがちな方こそ、現実が見えていないことがあるので注意。

今回は、男性がうんざりする少女漫画脳の特徴と恋愛力をアップする方法についてご紹介します。

男性がうんざりする少女漫画脳の特徴

男性がうんざりする少女漫画脳の特徴

まず初めに、少女漫画脳の特徴6つについてご紹介します。

運命の人が迎えに来てくれると信じている

少女漫画脳の女性は「運命の人」というワードが大好きです。今は一人でも、「いつか私好みのイケメンが迎えに来てくれる……」と根拠もない自信を持つことがあります。

少女漫画は紆余曲折ありながら、ヒーローと結ばれるハッピーエンドの作品が多いです。影響を受けすぎると、自分にもぴったりの相手がこの世のどこかにいると、夢みがちになります。

基本的に受け身

少女漫画脳の女性は、基本的に受け身であることが多いです。積極的な行動を取るのは、男性からと信じてやみません。

少女漫画を参考にすれば、ヒロインが受け身でも周りの協力があって、なんだかんだで関係が進展します。

しかし、現実では何も行動に移さないと、そこで終わりです。良い縁も知らず知らずのうちに逃しやすい方と言えます。

ありのままの自分で愛されたい願望が強い

少女漫画脳の女性は、ありのままの自分で愛されたい願望が強い方が多いです。何の努力もせず、そのままの自分を受け入れてほしいと感じます。

そのため、外見や中身が、学生時代から変わらない方も珍しくありません。むしろ、努力した方が嘘の自分が好かれることになると感じている場合も……。

ありのままの自分で愛されたい方は、どこか子どもっぽい印象を感じやすいです。

理想が高い

少女漫画脳の女性は、恋愛に対する理想が高い特徴があります。出会い方にも強いこだわりがあります。合コンなどで相手を探すくらいなら、一人でいた方がマシと感じることも……。

お気に入りのヒーローと、同じ条件の相手を求めるケースもあります。中々、理想の相手に巡り会えないと、妥協を許せず、より一層頑固になりやすいです。

キザなシチュエーションを強要する

少女漫画脳の女性は、理想のシチュエーションを相手男性に強要することがあります。ロマンチックな恋愛がしたいあまり、知らず知らずのうちに自分の欲望を押し付ける場合があります。

例えば、「もっとエスコートしてほしい」「夜景が見えるレストランに連れて行って」と、願望をストレートに口にしやすいです。

「壁ドンして」「お姫様抱っこして」と、少女漫画のヒーロー役を求めすぎるほど、引かれやすいので注意。

熱しやすく冷めやすい

少女漫画脳の女性は、熱しやすく冷めやすい特徴があります。優しくされたらすぐ「好き!」と気持ちが反応するのに、他の女性と仲良くされると「やっぱり嫌い」と感じることがあります。

見た目はタイプなのに、笑い方が変という理由だけで蛙化することも……。ロマンチックな恋愛を求めている方こそ、相手の現実的な行動に幻滅しやすいです。

恋愛力をアップする方法

恋愛力をアップする方法

少女漫画脳の女性の特徴はわかりました。ここから恋愛力をアップするには、どのようなことを心がければ良いのでしょうか。

妄想と現実を区別する

恋愛力アップのために、妄想と現実を区別することが大切です。

ロマンチックな世界に夢を見るのは良いですが、現実には漫画のキャラはいないことを学びましょう。むしろ、甘いことばかり言う方こそ、裏がある場合が多いです。

高すぎる理想を持つのはやめて、現実的な落とし所を見つけていきましょう。

いろんな人と関わる機会を作る

少女漫画脳を脱却するためには、さまざまなコミュニティに属して、いろんな人と関わる機会を作りましょう。一人でいるほど、妄想の世界に入り込みやすくなります。

一人ひとりと対面で向き合うほど、相手の良いところを知れたり、自分の意外な一面に気がついたりします。ぜひ、気になるイベントや習い事があったら参加してみてください。

傷つくことを恐れない

少女漫画脳を脱却するためには、傷つくことを恐れない気持ちを持ちましょう。

人と関わる上で裏切られたり苦い経験をしたりすると、自分を守る行動を取りやすくなります。それは少女漫画の世界に逃げ込むことだったり、高い理想を持つことだったりするかもしれません。

人生で傷つくことは当たり前です。自分の本音と向き合い、気持ちを真正面から受け入れると、現実的な行動も取りやすくなります。

今に意識を向けよう

今に意識を向けよう

今回は、男性がうんざりする少女漫画脳の特徴と恋愛力をアップする方法についてご紹介します。

運命の人が迎えに来てくれることを夢見ている方は、少女漫画脳と言えるかもしれません。

恋愛力アップを目指すには、傷つくことを恐れず、自分から行動して、さまざまな人と関わる機会を作りましょう。

Written by 森野有

見ていてイタイ…恋愛こじらせ男子の実態とは ▶

森野有の他の記事を読む