何が違う? 結婚に向いている女性と向いていない女性の違いとは

結婚すると一人の生活から夫婦生活に切り替わり、生活もガラリと変わってしまいます。変化に順応できる人もいれば、慣れず一人のほうが楽だったと思ってしまう女性も少なくありません。一人ひとり性格や考え方が違うため、結婚にも向いている人・向いていない人がいます。

そこで今回は、結婚に向いている人と向いていない人にはどのような違いがあるのか、それぞれの特徴をご紹介します! 自分が結婚向きかどうか知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

結婚に向いている女性の4つの特徴

自分が結婚に向いているのか、それとも向いていないのか知るためにはそれぞれの特徴を理解する必要があります。まずは、結婚に向いている女性に共通する4つの特徴から見ていきましょう。

自立している

家事が一通りできて、人に依存することなく精神的にゆとりのある自立した女性は結婚向きです。家事が苦手な男性は少なくないので、家事が得意な女性であれば結婚後もスムーズに生活が回ります。

また、精神的にも自立している女性は、自分自身で気持ちのコントロールができます。夫に対して理不尽な八つ当たりをすることが少ないので、喧嘩にもなりにくく、円満な結婚生活を送れる可能性が高いです。

人を思いやることができる

結婚後は夫との共同生活となるので、相手のペースに合わせなければならないことも多々あります。元々、人を思いやれる優しい女性であれば、相手のペースに合わせることに苦痛を感じないでしょう。

愛情深い女性なので、夫と良好な関係が維持できるだけではなく、子どもができた時にはいい母親になれるはずですよ。

ポジティブで芯が強い

結婚は楽しいことばかりではなく、時には辛いこともあるでしょう。そのたびに悲観的になっていると、夫婦生活にストレスを感じるようになる可能性があります。

一方、ポジティブで芯が強い女性は、トラブルに屈することはありません。夫婦間の問題をどう解決しようか率先して考え、実行する力があるので、結果的に夫婦円満な関係が保たれやすいのです。

妻や母になる覚悟ができている

妻として覚悟が足りないと、「こんなはずじゃなかった」と思うことが連続してしまいます。理想とは違う結婚生活にうんざりしてしまい、心が折れてしまうかもしれません。

しかし、覚悟を持って妻になった人は、理想と現実の違いを受け止められるので、結婚生活が嫌になることはないでしょう。また、将来子どもができた時、女性は母親になりますね。

母親になれば苦労も増えていくので、覚悟が足りないと子どもに愛情を注げなかったり、育児放棄につながったりする可能性も…… 結婚の時点で母親になる覚悟を持っている人であれば、我が子に愛情を注ぎながらしっかり育てていけるはずです。

結婚に向いていない女性の4つの特徴

妻や母になる覚悟ができている

結婚に向いていない女性は、向いている人とどのような違いがあるのでしょうか。続いては、結婚に向かない女性の特徴を4つご紹介します。

家事が苦手

一人暮らしの場合、食事は外食やインスタントなどでどうにでもなりますし、部屋が散らかっていても人に迷惑はかかりません。

しかし、結婚後は共同生活となり、独身時代のようにはいかないので、家事が苦手な女性は苦痛を感じる可能性があります。家事が苦手だったとしても、共同生活に貢献する姿勢がなければパートナーに不満を与えてしまうでしょう。

家事は色々な作業があるので、家事が苦手な人は夫と分担することで、結婚生活に苦痛を感じなくなる可能性があります。得意なこと、できることは自分でやり、不得意なことは夫に任せるスタイルにすれば、お互いに不満なく生活できるでしょう!

他人のペースに合わせることが苦手

共同生活となれば、自分のペースばかりで物事を進めるわけにはいきません。しかし、自分のペースを大切にしたい人は、他人のペースに合わせることに苦痛を感じるので、共同生活自体が難しいかも。

自分のペースを大事にしたい人は、夫にそのことをしっかり理解してもらわなければなりません。適度に自分だけの時間を作れるようにする、必要以上に干渉しないなどルールを決めて、お互いが無理なく生活できる工夫をしていくことが大切です。

仕事や趣味を優先しがち

結婚すると、仕事や趣味だけではなく、家庭も大切にしなければなりません。時には家族のために、好きな仕事や趣味を投げ出さなければならないこともあるでしょう。

今まで仕事や趣味を生きがいにしていた人にとっては、結婚は失敗だったかもしれないと後悔する可能性があります。また、家庭のことを顧みない妻に夫は愛想を尽かしてしまうことも……

結婚後も仕事や趣味を充実させたいのであれば、やはり夫に理解を得てもらう必要があります。家事や育児は夫にも協力してもらい、できるだけ自分だけの時間を得られるようにすれば、仕事や趣味も両立した結婚生活を送れますよ。

また、夫から愛想を尽かされないように、日々のコミュニケーションを大切にして、家庭での自分の役割を疎かにしないようにしましょう。

おわりに

仕事や趣味を優先しがち

すべての女性が結婚に向いているわけではなく、性格や価値観によっては共同生活が苦痛になってしまい、結婚に後悔する人もいます。

しかし、結婚に向いていない特徴に当てはまるからと言って、結婚を諦める必要はありません。自分のことを理解してくれる相手であれば、夫婦として足並みを揃えていけるでしょう。

また、過度に干渉しない、お互いに自分のペースを大切にするなど、工夫次第で結婚に向かない人も幸せな結婚生活を送れますよ。

Written by 早紀

都会にはもう飽きた! ハマる人続出の「田舎婚活」の魅力とは ▶

早紀の他の記事を読む