結婚で妥協してはいけない点7つ。後悔しないポイントとは

結婚は、人生を大きく左右する大切な節目です。「大好きだから一緒にいたい!」という気持ちだけで勢いで結婚すると、大事なところを見落として、後で後悔することになるかもしれません。

そこでここでは、結婚する上で妥協してはいけない点についてご紹介します。今お付き合いしている男性との結婚を考えている方は、必見です。

結婚する上で妥協してはいけない点7つ

価値観が合うか

価値観が合うか

「彼の車に対する金銭感覚が毎回おかしくて、ついていけない。450万が安い? 高級車じゃなければ乗れない? 年収400万で言うな!」(35歳女性)

結婚相手は毎日一緒に過ごす人ですから、価値観が合うかどうかというのは、大切なことです。

結婚すると、二人で一緒に決めることが多くなります。そのときに、価値観が全く合わない二人だと、話が平行線のままだったり、衝突したり、うまくいかないことが多くなっていくでしょう。

特に、家、車などの大きな買い物をするときや、子育ての方針で揉めると、離婚の致命傷になることがあります。

話し合いができるか

「話し合いのテーマに対して、向いている方向が違い、絶望しました。」(38歳女性)

話し合いができるかというのは、「価値観が合うか」というのと似ています。重視したいのは、一つの話題に対して、同じ目線で、同じ方向を向いて話し合いができているかどうかということです。

たとえ話が盛り上がっていても、向いている方向が違うと、その話し合いは空っぽで、何も得られるものはありません。真面目な話をした時、実のある話し合いができる相手でないと、結婚生活はうまくいきません。

誠実であるか

「独身時代からモテる彼。ようやく周りに『落ち着いたな』と言われるようになったけど、結婚前に浮気の前科があるし、飲み会のたびに心配です。」(28歳女性)

男性の裏切りを心配しながら過ごす毎日は、常に不安定です。はじめは小さな不安でも、どんどん大きくなって疑うようになり、ついには、相手の普段どおりの行動や何気ない一言ですら、自分を苦しめるようになります。

誠実な相手だと、こうした不安を抱くことはありません。不安のない毎日は、想像する以上に穏やかで、幸せです。

親との関係は良好か

「兄弟仲がすごく良く、家族や親戚の集まりも多い旦那の家。嫁の私のこともすごくあたたかく受け入れてくれて、本当に幸せです。」(30歳女性)

結婚相手が、親とどのように接しているかを観察してみましょう。親や兄弟に対する接し方は、女性に対する接し方とほぼ同じです。親に対して、気遣いや思いやりを感じられるなら安心です。

もし男性が、他人の前で平気で親の悪口を言ったり、育ててもらった恩を忘れて身の程知らずな発言をするような人であれば要注意。結婚後、同じように女性を扱うようになるでしょう。

また男性が親との関係が良好でないと、結婚生活でいらぬ苦労をすることになります。

気を使わなくて済むか

「なにかと彼の機嫌を伺ってしまい、自分を押し殺している気がする。慣れたけど、たまにすごく悲しくなる時がある」(26歳女性)

男性に対して気を使っているというのは、知らない間に上下関係ができているということ。自分では意識していなくても、男性に主導権を握られ、支配されてしまっているのです。これでは、結婚できたとしても、言いたいことをいえず、やりたいこともできず、女性側にどんどん不満が溜まるでしょう。

気を使わずに、いつも対等な関係でいられるかどうかというのは、さりげないことですが、実はすごく大事です。

ある程度の収入があるか

「どちらかの収入1本で食べていけるというのは、すごく安心できる。育休中、収入が激減した我が家を、旦那の稼ぎがかろうじて救ってくれた(笑)」(31歳女性)

愛があればうまくいくとはきれいごとで、お金は、結婚生活を円滑にするために必要なものです。ですから、結婚する前に、男性の収入がどれくらいあるのかを知っておいたほうがいいでしょう。

現代は、共働き社会です。男性の収入だけで生活できなくても、一緒に稼げばいいわけですから、それほど高望みしなくても大丈夫です。しかし、出産や育児で一時的に女性の収入が途絶えた時のために、最低限、家族が食べていけるだけの収入があるほうが安心です。

収入が安定しているか

「アルバイト店員だった彼ですが、正社員になることを条件に結婚を決めた」(27歳女性)

これもお金のことにはなりますが……。ただ交際するのとは違い、結婚では生活がかかっているので、お金のことは、本当に大事なのです。

ですからたとえば、男性が日雇いのバイトを渡り歩いているとか、アルバイトを掛け持ちしているなど、定職につかずに不安定な場合は、結婚は考え直したほうがいいでしょう。

「私が彼を支えるから!」という人もいるかもしれませんが、それでうまくいくのはごく少数。このようなパターンでは、頼りない男性に愛想を尽かし、女性から出ていってしまうということがよくあります。

自営業なら経営や事業計画がきちんとしているか、会社員として雇われているなら安定して給料をもらえるかをチェックしましょう。

結婚する上で妥協してはいけない点を見極めよう!

結婚する上で妥協してはいけない点を見極めよう!

結婚は、おままごとではありません。「好き」という気持ちも大切ですが、プラス、「生活をする」ということも考える必要があります。

結婚生活は、何十年も続く長い道のりです。毎日を心穏やかに、不安のない生活を送れるかどうかは、結婚相手選びにおいて重要なポイントとなるでしょう。

結婚に勢いは必要ですが、冷静な見極めも必要だということを覚えておくといいかもしれませんね。

Written by さあや

さあやの他の記事を読む