自分に問題アリかも…結婚・離婚を繰り返す人の特徴4つ

誰もが「幸せになりたい」と願う結婚生活ですが、世の中には結婚と離婚を繰り返す人がいます。一体なぜ同じ過ちを何度も繰り返してしまうのでしょうか?

今回は、離婚を繰り返してしまう人の特徴や再婚する際の心理状態についてご紹介します。「結婚で失敗したくない!」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

離婚のループにハマる人の特徴

離婚のループにハマる人の特徴

日本では、3組に1組のカップルが離婚しており、再婚カップルの離婚率はさらに高いと言われています。離婚のループにハマってしまう人にはどのような特徴があるのでしょうか?

理想が高い

結婚に対する理想が高い人は離婚を繰り返しやすい傾向にあります。相手に求める条件が多くて細かいせいで、どんな相手にも満足できず次第に関係が悪くなってしまうのだとか……。

理想が高くてもどこかで妥協できれば関係の維持はできるかもしれませんが、妥協ができない場合は離婚のループ一直線でしょう。容姿や経歴、年収、家族構成など、相手に様々な条件を求める人は要注意です!

相手の失言を許せない

相手がうっかり口にしてしまった言葉がきっかけとなり、離婚に発展してしまうケースはよく見受けられます。

自分を最も理解しているはずの大切なパートナーの失言だからこそ、深く傷ついてしまうのです。特に男性の失言を許せない女性は多く、二人の関係に大きな亀裂が入る原因となってしまうことも。

相手の失言を許せる余裕がない人は、離婚を繰り返しやすいと言えますね。

目移りしやすい

離婚を繰り返す人は、目移りしやすいことも原因に挙げられます。男女問わず、目移りしやすい人は存在します。たとえ自分が結婚していても、他の異性に魅力を感じれば惹かれてしまうのです。

一人の相手と長続きしないのは、その人本人に問題がある可能性も十分にありますよ。

自立している

精神的・経済的に自立している人は結婚と離婚を繰り返す傾向にあります。

たとえ離婚するとしても、十分な財力があれば相手に依存する必要がないためあっさりと決断できるのです。女性が男性の財力に頼っている家庭も多いですが、自立している女性は自分一人でも問題なく生活が送れます。

結婚と離婚を繰り返す人が再婚する時の心理とは?

相手がいないと寂しい

相手がいないと寂しい

このタイプは離婚後、自分を必要としてくれる人がいないことに寂しさを感じ始めると、再婚を意識する傾向にあるようです。恋愛体質の人ほどこのような感情が込み上げてくるといいます。

離婚のループにハマる人は自分本位な考えで行動しがちなので、この先も同じ過ちを繰り返すのだとか……。

トキメキがほしい

結婚生活が長くなると、付き合いたての頃のようなトキメキを感じなくなります。「好きな相手」というより「家族」として接する機会が増えますからね。

異性として見られていないことに不満を感じ、新たな恋を探すために離婚をするという人もいるようです。

離婚を繰り返さないために

離婚を繰り返さないために

同じ過ちを何度も繰り返さないためには、あらかじめ対策を講じる必要があります。以下のポイントを押さえておきましょう!

自分を大切にする

同じ過ちを繰り返す人は、短絡的な判断で離婚を決めてしまいがち。結婚と離婚を繰り返しても、最終的に傷つくのは自分自身です。幸せな人生を送るためにも自分をもっと大切にしましょう。

焦らず判断する

「早く幸せになりたい」という思いから、結婚を急いでしまう人もいるでしょう。しかし、焦って決めてしまった結婚はなかなか上手くいかないものです。

また、年齢を重ねるごとに結婚に対して焦りを感じる人もいるかもしれません。けれどその気持ちが冷静な判断を狂わせてしまう可能性もあります。自分を幸せにしてくれる相手と出会うまで、ゆっくり時間をかけても全く問題はないのですよ。

相手の悪い部分も受け入れる

結婚生活は楽しいことばかりではありません。時に困難に直面し、パートナーとぶつかってしまうことも。そんな時、相手のよくない部分も受け入れて、二人で乗り越えていければより良い関係を築けるようになります。

この世に完璧な人間など存在しません。お互いが支え合うことによってお互いの足りない部分を補えるのです。

おわりに

今回は、離婚を繰り返す人の特徴や再婚する際の心理状態についてご紹介しました。もしかすると、あなた自身に問題がある可能性もあります。今一度自分の行動を見直してみてください。相手を思いやる心があれば、幸せな家庭を共に築いていける素敵なパートナーがきっと見つかるはずです。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む