最初が肝心⁉ 第一印象が良く見られる人の4つの特徴

第一印象は、人間関係を構築する際にも重要な要素になります。そのため、少しでも良く見せたいと思うものです。中には、第一印象を良く見せられる人もいるので、それを参考にしたいという人もいるでしょう。

今回は、第一印象が良く見られる人の特徴や良く見せるためのコツについて解説していきます。

第一印象が良く見られる人の特徴とは?

まずは、第一印象が良く見られる人の特徴からみていきましょう。

常に笑顔を意識している

常に笑顔を意識している

常に笑顔を意識している場合、第一印象は良くなりやすいです。周りからの印象が良い人の多くは、仕事でもプライベートでも笑顔のイメージが強くありませんか?

笑顔でいると気分も落ち込みにくくなり、前向きな気持ちを保ちやすくなるため、自分にとっても嬉しいことばかり。

親しみやすさも周りが感じるので、初対面の印象も良くなると考えられます。

目を見て話す

相手の目を見て話す人は、正直な人だと思ってもらえます。嘘をついている時は、目を合わせようとしませんし、目が泳いでいるので話している相手は不信感を覚えます。

そのため、目を見て話しができる人は誠実な人という印象を持たれやすくなり、第一印象が良く見られるのです。

清潔にしている

清潔感がある人は、誰からも良い印象を抱かれやすくなります。ファッションやヘアスタイル、メイクなどは、それぞれの好みがあるので全員から好感を持ってもらうのは難しいですしょう。

しかし、清潔にするのは誰にでもできることなので、第一印象を良くしたいなら意識しなければいけないポイントです!特に、襟足や指先などは目につきやすい部分なので、意識するようにしましょう。

襟や袖口などが汚れていると、それだけでだらしない印象になってしまい、第一印象も悪くなってしまうので要注意です。また、爪も伸ばしっぱなしにしないように気を付けましょう。

ハキハキと話をする

ハキハキと話をすることも、第一印象が良くなる人の特徴の1つです。これは、メラビアンの法則でも言われていることです。

メラビアンの法則では、第一印象を決めるのは視覚からの情報が55%、聴覚からの情報が38%、言語からの情報が7%という割合になっていると言われています。

つまり、私たちの耳に入る声からの情報も第一印象を決めるための重要な要素になっていると言えます。このことからも、ハキハキと話すのは大切だということがわかりますね。

第一印象を良くするにはどうすればいい?

第一印象を良くするにはどうすればいいのか気になるという人もいるでしょう。続いては、第一印象を良くするために知っておきたいコツについてご紹介します。

相槌を打つ

相槌を打つ

話をしている時に相手が何の反応もしてくれなかったら、あなたはどう感じますか?「本当に話を聞いているのかな?」とか「話していて楽しくないのかな?」とネガティブな思考が生まれるのでは? あなたが同じような反応をしていれば、相手も同じようなことを考えます。

相手が話している時は、相槌を打つようにしましょう。過度な相槌は必要ありませんが、「あなたの話をしっかりと聞いているよ」と伝えるために、適度な相槌を打つように意識してみてください。

声のボリュームやトーンを意識する

声が小さい人は、自信がなさそうな印象を与えます。また、何度も聞き返さなければいけないので、話を妨げる要因にもなりますよね。

それだけではなく、「何となく暗そうな人だな」と良くない印象を持たれてしまう可能性も……。相手が聞きやすいと感じる声のボリュームや、トーンを意識するようにしましょう。

相手が話すトーンに合わせつつ、ハキハキと話すようにすると第一印象が格段に良くなるはず!

身だしなみを整える

これは当たり前ですが、身だしなみは必ず整えるようにしましょう。見た目で判断される割合が大きいため、いくら美人でも身だしなみが整っていなければ良くない印象を持たれやすくなります。

寝癖がないように整えたり、シワのない服を身に付けたりするのは当たり前のようですが、できていない人もいるものです。清潔感のある身だしなみなら、初対面の人からも好印象を持たれやすくなるので、良好な人間関係を築きやすくなるでしょう。

自分に自信を持つ

自信のなさは、表情や言動、姿勢などに現れます。表情や声のトーンが暗ければ、それだけでイマイチな印象を与えかねません。

それに対して自分に自信を持っている人は、明るい表情でハキハキと話ができます。一緒にいて心地いいという感情も抱いてもらいやすくなるので、自信を持つことはとても重要なんです。

おわりに

第一印象は、人間関係にも大きな影響を与えます。世の中には、第一印象が良く見られることで得をしている人もいるものです。そのため、できるだけ良い印象を持ってもらいたいと思う人は多いですよね。

なかなか改善できずに悩んでいるなら、今回紹介した特徴やコツを意識してみるのがおすすめ! 1つずつでも実践してみると、周りからの印象はガラッと変わっていくはずです。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む