10年付き合って別れる理由とは? 復縁する方法や対応策も合わせて紹介

長期間付き合っても関係が終わってしまうカップルもいます。大切なパートナーといつまでも関係を続けるためには気をつけることや見直す点があります。ここでは10年付き合って別れる理由について、復縁する方法や対応策も合わせて紹介します。

(目次)

長年付き合っているカップルが抱えがちな4つの悩みや不満

長年付き合っているカップルが抱えがちな4つの悩みや不満

長年付き合っているカップルが抱えがちな悩みや不満には共通した特徴があります。数年付き合って別れることが多いように思われますが、実は長年付き合っているからこその別れる理由が見られます。

付き合いたてのカップルとはまた違う、長く付き合った人だけが感じている不満や悩みを知ることで、解決する手がかりにしましょう。

1:パートナーが欠点を注意しても直さない

長年時間をともにしていると、馴れ合いになってパートナーが欠点を注意してくれても直さなくなってしまい、別れる理由になることがあります。

付き合ってすぐのときには、相手に好かれようと必死で少しのことでも気をつけて相手の意見に耳を傾けますが、一緒にいるのが当たり前になってしまうことで安心してしまいます。

2:長年の付き合いでトキメキがなくなる

付き合いたては、一瞬一瞬にパートナーの新しい一面が見えてトキメキが絶えなかったのに、長い付き合いになってくると、それもなくなってしまうことも多いでしょう。

長年付き合っているカップルに多い悩みの一つですが、恋愛の醍醐味であるトキメキを一番に考えている人は、付き合っている意味がないという考えに至る場合があります。

3:タイミングを逃し別れを切り出せない

付き合っているうちに、このまま付き合い続けるべきなのか考えながらも、タイミングを逃してしまって別れを切り出せないカップルも少なくありません。

長年付き合っていると、別れる理由は特別な出来事ではなく、色々と話し合うことになるため、別れることすら面倒になるというケースもあるでしょう。

すでに関係は冷めているのにもかかわらず、タイミングが理由で15年付き合って別れるというカップルもいるほどです。

4:長年の付き合いが裏目に出て喧嘩が増える

長年付き合っていると相手のことがどんどん分かってきて、遠慮や恥じらいもなくなり、それが裏目に出て喧嘩が増えることも多いでしょう。

当たり前に一緒にいる存在になることで、家族のように遠慮がなくなってしまいますが、相手にとってはただのストレスで、喧嘩になってしまうことも少なくありません。

また、付き合ったときには見逃せていた小さな悩みは、3年付き合って別れる原因にならなくても、何回も続くとその人の性格で直せない部分かもしれないと分かり、希望もなくなってしまいます。

パートナーと10年付き合って別れる理由11個

パートナーと10年付き合って別れる理由11個

パートナーと10年付き合っていたのに突然別れたというケースも意外に少なくありません。そういった長年のカップルが別れる理由は、4年付き合って別れる理由とは違い、コミュニケーションがしっかり取れていないことが火種になっていることも多いです。

ここでは、具体的にパートナーと10年付き合って別れるカップルに多い理由を11個紹介していきます。

1:結婚に対する気持ちのすれ違いで別れた

長年付き合っていると多くのカップルが結婚という次のステップについて考え始めます。しかし、付き合っているときは一緒にいて楽しくて相手のことが好きでも、結婚に対する気持ちが違うと将来が見えず別れる理由に繋がります。

結婚したいタイミングがお互いに違ったり、子どもが欲しいかに意見の違いがあったりと、相手のことを好きだという気持ちだけでは付き合っていけない問題が出てきます。

2:もともと連絡や会う回数が少なく自然消滅した

もともと連絡や会う回数が少ないカップルは、10年付き合って自然消滅し別れる理由になったということもよくあります。

10年という時間は長いですが、連絡や会う頻度が低いことでそこまでの関係性は築けていないことも少なくありません。恋愛以外でも忙しいカップルには、形だけのパートナーということもあります。

どれだけ付き合いが長くなっても、連絡や会う回数はコミュニケーションの一環としてある程度は保っておくことが大切です。

3:相手に浮気されて別れた

相手に浮気されて別れる理由になったというケースも多いでしょう。10年付き合っているからこそマンネリ化してきて、相手とは別れる気持ちはなくても遊びたい心が抑えきれずに浮気してしまう人もいます。

どれだけ長く付き合っていたとしても、浮気は別れる理由になり、二人の関係を終わらせてしまいかねません。大切なパートナーを失わないためにも、気持ちをしっかり持っておくことが大切です。

4:ライフプランに対する考えが合わなくなった

付き合いたてはライフプランまで考えて付き合わないですが、10年付き合っているとライフプランに対する考えが合わなくなることで別れる理由になります。

私たちには人生があり、それぞれのしたいことやライフプランがあります。パートナーとの考えが合わないと、自分の理想の人生を諦めることになるため、そこでどちらかが妥協できなければ別れる結果になってしまうでしょう。

5:相手の嫌な部分が見えてきてしまった

長年交際を続けていると、付き合いたてのときには見えなかったお互いのさまざまな一面が見えてくるようになります。そのなかには嫌な部分もあり、相手の欠点がばかりが気になってしまうことで別れを決意するカップルは多いです。

嫌な部分があってもいつかは治るだろうと思っていても、欠点が改善しない雰囲気を感じることで「もう駄目だ」「続けるのは厳しい」と嫌気が差して別れに至ってしまいます。

付き合っている間にだんだんと金銭感覚が違うことが明らかになって、10年付き合った彼女と別れることになったという人も多いです。

6:両親に結婚を反対されてしまった

結婚は2人だけの問題ではなく、両家がどれだけ手を尽くしても認めてくれないという場合もあります。

自分たちだけの力では親の意思を変えられず、お互いに何の問題もなくても、両親に結婚を反対されてしまうことで、将来を考えられなくなり、10年付き合って別れる理由となってしまいます。

7:子どもを産めない体質だと告げて別れた

結婚して子どもをつりたいと考えるパートナーの場合、子どもを産めない体質だと告げて別れるケースもあります。

パートナーのことを大切に思っていながらも、それ以上に将来子どもを授かりたいという気持ちが強いとこのような結果になることがあります。

8:恋人ではなく家族や友達のようになってしまった

10年付き合っていると恋人ではなく、家族や友達のようになってしまったというカップルも少なくありません。女性はずっとときめきを感じていても、男性はだんだんと家族のような感覚になってきてお互いの気持ちがすれ違ってしまう場合があります。

9:他の異性に魅力を感じるようになった

10年付き合うなかでさまざまな異性との出会いもあり、知らない間に他の異性に魅力を感じるようになっているということもあります。

環境の変化や相手とのマンネリ化によって、考え方にも変化が生まれ、将来をともにしたいと思う相手が今のパートナーではないかもしれないという疑問が湧いてくるケースもあります。

10:遠距離恋愛を続けるのが難しくなった

10年付き合っているカップルのなかには遠距離恋愛をしている場合も多いです。中には2年付き合って、そのあとずっと遠距離恋愛を続けていたというカップルもいます。

しかし3年、4年、5年と遠距離恋愛を続けていくうちに関係を維持するのが難しくなることがあります。

遠距離恋愛が長引くなか、結婚適齢期が近づくことで自分のなかで焦りも出て、一体いつまで遠距離恋愛が続くんだろうと将来が見えなくなってしまいます。

11:マンネリ化してしまった

一緒にいるのが当たり前になってくるとどうしてもマンネリ化しがちです。相手の存在が自然すぎてときめきがなくなったり、飽きてしまったり、一緒にいる意味を見失ったりしてしまいます。

こうなると、関係性を改善するために別れを選ぶケースが多いです。

10年付き合ったパートナーと別れたあと復縁する6つの方法

10年付き合ったパートナーと別れたあと復縁する6つの方法

ちょっとのすれ違いで10年付き合った大切なパートナーと別れてしまったという人も多いですが、別れた後に復縁する方法もあります。

ここでは、復縁に繋げるための効果的な方法まで6つ紹介していきます。

1:仲の良い友人として接する

復縁を望んでいるのであれば、別れた後も仲の良い友人として接するようにしましょう。別れたとしても、長い付き合いのなかで時間ともに過ごした良き理解者でもあります。

変に今までのようなカップルとしての雰囲気を出すことなく、友人として接することで、初々しい気持ちを思い出し復縁することに繋がる可能性もあるでしょう。

2:見た目を彼好みに近づける

10年付き合ったパートナーとはマンネリ化して、相手にドキドキしなくなっていたということも多いです。ですから、見た目を彼好みに近づけることで、相手を改めてときめかせてみましょう。

相手の印象が変わることによって新たな気持ちも芽生えます。また、自分のために努力していることが分かることもとても好印象でしょう。

改めてあなたの魅力を再確認して復縁に繋がることもあります。

3:一定の期間をおいてから連絡する

10年もの長い期間付き合った相手とは、別れた後にはすぐ連絡をせず、一定の期間を置いてから連絡をすると良いでしょう。

別れたときの記憶が鮮明な状態で連絡をしても復縁に繋がることはあまり期待できません。しかし、人は時間が経つと思い出を美化する傾向にあり、一定期間を置いたら気持ちが変わっていたということも少なくありません。

別れてからお互いが気持ちをリセットしたタイミングを見計らって連絡をしましょう。

4:相手が忙しくないときを狙って連絡する

別れた後は、相手に面倒だと思われている場合があります。ですから、相手のスケジュールを考え、忙しくないときを狙って連絡をするようにしましょう。

マイナスイメージを与えないように気をつけて連絡をすることで、相手にも思いやりが伝わり、復縁しやすくなります。

5:別れた原因を考える

別れた原因を1人で冷静になって考えてみましょう。付き合っているときは視野が狭くなり、俯瞰して2人の関係を見られていない可能性があります。

しかし、別れた原因が分かると、相手と関係を戻す第一歩になります。また、その原因が自分にあれば、復縁のチャンスはぐっと近づくでしょう。

6:自分自身を見つめ直す

別れた後は、自分自身を見つめ直す良い機会です。相手との関係はもちろんのこと、知らない間に見失っていた自分自身の考えや、生活について見つめ直しましょう。

パートナーと関わることがあれば、自分自身を見つめ直し、のちに会うことで、相手のリアクションも良い方向に変わってくる場合があります。

10年以上付き合って別れるということは、根本的に相性が良いとも言えます。自分自身を見つめ直すことで今までの関係に戻るきっかけになるでしょう。

10年付き合ったパートナーに別れ話を告げられたときの6つの対応策

10年付き合ったパートナーに別れ話を告げられたときの6つの対応策

10年という長期間付き合っていると、突然パートナーに別れ話を告げられたときに、どうしていいか分からなくなってしまうという人も多いでしょう。パートナーに別れを告げられた際に冷静に対応するためには、いくつかの気をつけるべきポイントがあります。

ここでは、別れ話を告げられたときに、関係性を悪化させてしまわないための6つの対応策を紹介します。

1:相手の気持ちを冷静に聞く

まずは相手の気持ちを冷静に聞くように心がけましょう。別れるなんて思ってもいなかったという人は、突然の別れ話に自分を見失ってしまい、気持ちにないことを言ってしまう場合があります。

10年付き合って別れることは、1年付き合って別れるのとは全く違います。まずは冷静になって相手の気持ちを聞くようにしましょう。そうすれば、自分自身も落ち着くことができます。

2:別れを素直に受け入れる

まずは別れを素直に受け入れるようにしましょう。自分は順調だと思っていても、相手にとっては長年の間に積もった別れに繋がる悩みがあるかもしれません。

相手の気持ちも考えて、その場では別れを素直に受け入れることも大切です。

3:自分の気持ちをきちんと伝える

10年付き合ったパートナーに別れを告げられた際には、しっかり自分の気持ちを伝えるようにしましょう。長年付き合っていると関係もマンネリ化してきて、細かい相手の気持ちに寄り添えないまま過ごしてしまっていることも多いです。

そのため、お互いの気持ちのすれ違いによって別れ話に繋がることもあるでしょう。自分の気持ちも伝え、誤解したまま別れることのないように、しっかりコミュニケーションを取りましょう。

4:自分の非を素直に認める

自分にとっては何でもないことも、相手にとっては大きなストレスになっていることもあります。相手が別れ話をしてきた際には、相手の立場に立って自分の非を素直に認めるようにしましょう。

自分の視点から意見を言って相手を論破するよりも、しっかり相手の気持ちを受け入れた方が印象も良く、今後の関係性にも良い影響を与えます。

5:涙を流してみる

別れ話をされた際にはさり気なく一筋の涙を流してみても良いでしょう。

よく重いと思われたり、弱い自分を見せるのが嫌で涙を隠す人もいますが、相手はあなたの愛に気づかずに別れ話をしていたかもしれません。涙を流して相手への思いを表現してみましょう。

6:自分磨きを頑張る

10年付き合った後別れ話をされたときには、気分を入れ替えて自分磨きを頑張りましょう。

ずっとパートナーと過ごしてきたことで、初々しい気持ちを忘れていることも多いです。自分磨きを頑張ることで、心機一転してパートナーの復縁や新たな人生のために備えましょう。

10年付き合ったパートナーと別れたあと幸せになる方法7つ

10年付き合ったパートナーと別れたあと幸せになる方法7つ

パートナーと10年付き合って別れた後には喪失感があり、もう幸せになれないかもしれないと考えることも多いでしょう。しかし、長年の恋愛の末にも幸せになる方法はあります。

ここでは、別れた後に幸せになるために自分でできる方法を7つ紹介します。

1:服装や髪型をイメチェンする

10年もの長年の恋愛が終わってしまった後、気分転換をするには服装や髪型をイメチェンすると良いでしょう。ずっと喪失感が続いていても、イメチェンすると意外に心も入れ替わって違った気持ちになります。

どんな挫折があっても人生で幸せになるきっかけはたくさんあります。イメチェンして新たな気持ちになって幸せを見つけましょう。

2:同性の友人と思いっきり遊ぶ

恋愛をしているときにはパートナーに一番時間を割いていたことで、同性の友達との時間をあまり取れていなかったという人も多いです。

しかし、10年越しに改めてシングルになると、同性の友達と思いっきり遊ぶ楽しさに気づきます。パートナーがいることだけが幸せではありません。同性の友達との幸せな時間を改めて楽しみましょう。

3:趣味に打ち込んでみる

別れの後には趣味に思いっきり打ち込んでみましょう。付き合っているときにはパートナーとの時間も必要で趣味にしっかり時間を使えていなかったということも多いです。

趣味に打ち込む時間を楽しめるだけでなく、趣味から新しい自分の可能性が開けたり、一緒に趣味を楽しむ友達をつくることにも繋がります。

4:恋愛以外の楽しいことを探す

10年間の恋愛が終わった際には、全てを失ったような気持ちになることも多いです。しかし、楽しいことは恋愛以外にもたくさん存在して、恋愛はそのうちの一つに過ぎません。自分が楽しめるものを探しましょう。

思いっきりドラマにハマったり、友達と遊びに行ったり、読書や映画など芸術に触れることもおすすめです。

5:恋愛は結婚のためじゃないと考えを変える

「恋愛は結婚のためじゃない」と考えを変えることも長い恋愛の後に幸せになるための秘訣です。

結婚が人生のゴールのように考える人も多いですが、恋愛が結婚に繋がらなくても、パートナーと連れ添った長い年月は素敵な時間です。その間、楽しかったことや感動したことがたくさんあったでしょう。素敵な思い出として心にしまっておきましょう。

6:過去を引きずらず先を見る

過去を引きずっても未来の幸せは得られません。終わったことは思い出として大切にしまい、その経験から学べることはしっかり吸収しつつ、今にフォーカスして新たな気持ちで人生の先を見るようにしましょう。

7:切り替えて新しい出会いを探す

長年付き合ったからとずっとその恋愛に固執していては前に進めません。切り替えて新しい出会いを探しましょう。

10年も付き合っていると、他の恋愛は考えられないと思うかもしれませんが、素敵な出会いはまだまだたくさんあります。出会いの場に足を運んで、新たな幸せを掴みましょう。

10年付き合っても結婚に踏み切れない男性の気持ち

10年付き合っても結婚に踏み切れない男性の気持ち

10年も付き合っているのに、なかなか男性がプロポーズをしてくれないなんていう人も多いでしょう。女性からすると男性の気持ちが理解できず、不安に思ってしまいますが、実はそういった男性の気持ちには共通する点があります。

ここでは、長年付き合って結婚に踏み切れない男性の気持ちについて紹介します。

幸せにしてあげる自信がなくなった

男性は女性が思っているよりも結婚に対して責任感を感じています。経済的な面などでパートナーを幸せにしてあげる自信がなく、プロポーズできないという男性も実は多いです。

自信がなくなってきたことで、いくらパートナーを愛していて関係を続けたいと思っていたとしても、まだ幸せにできないと思ったときには結婚に踏み出せません。

まだ結婚したいと思えない

結婚に踏み切れない男性の理由に、単純にまだ結婚したいと思えないということも多いです。

何年付き合っているかに関わらず、仕事をまだバリバリしたかったり、友人との関係を楽しみたいという理由などで、結婚は早くしたくないという男性は少なくありません。

10年付き合っても結婚に踏み切れない女性の気持ち

10年付き合っても結婚に踏み切れない女性の気持ち

10年付き合っても結婚に踏み切れない女性の気持ちには、結婚に対するあらゆる不安があります。女性は結婚することが夢のように思われていますが、人によって考えはそれぞれです。

ここでは、長年付き合っても結婚に踏み切れない女性の気持ちについて紹介していきます。

結婚することに良い印象を持っていない

10年付き合っても結婚に踏み切れない女性は、結婚することに良い印象を持っていない場合があります。

育った環境によって結婚にマイナスイメージを持っていたり、女性の働き方が時代の変化とともに変わってきて結婚したいと思わない女性も増えてきています。

育児や仕事への不安がある

育児や仕事への不安があって結婚に踏み出せない女性も少なくありません。相手のことは好きで結婚したいという意思はあっても、自分のなかで結婚生活に自信がなければ、なかなか一歩が踏み出せません。

一人で考え込んで不安を溜めないように、将来についてお互いの気持ちをしっかり話し合うことが大切です。

10年付き合っているカップルが結婚へ繋げるための3つのポイント

10年付き合っているカップルが結婚へ繋げるための3つのポイント

10年付き合っているカップルが結婚へ繋げるためにはポイントがあります。大切なパートナーと将来もともに過ごしていけるように、気をつけるべき点をしっかり把握して幸せな毎日を手に入れましょう。

1:家事は2人で協力してやる

家事は2人で協力してやるようにしましょう。長い間カップルだったことから、今まで一緒に助け合ってきたのにもかかわらず、結婚して突然相手が家事を全く手伝ってくれないとなると、最悪の場合別れる理由になるほどの関係性の亀裂に繋がる場合もあります。

しっかり家事分担をして、もやもやがたまらないように工夫することが大切です。

2:お金を管理するためのルールをつくる

親しい仲にも礼儀ありと言われるように、どれだけ関係が深くてもお金の管理はルールをつくってしっかりと把握することがおすすめです。

お金のトラブルはあっという間に関係を傷つけてしまう原因になりかねません。両者が納得して快適に過ごせるようなルールをつくりましょう。

3:ダラダラと同棲を続けない

ダラダラと続ける交際はマンネリ化を引き起こしがちです。長年の交際で無事に結婚できたカップルは、お互いへの気遣いを忘れていませんし、いつまでもときめきを感じる関係をきちんと育んでいます。

自分にとって彼は大切な存在であることを念頭に置くようにしましょう。

10年付き合って別れる理由を知りパートナーとの関係を見直そう

10年付き合って別れる理由を知りパートナーとの関係を見直そう

10年付き合った人と別れる理由を知って、パートナーとの関係を見直しましょう。長く付き合っているからこその悩みもあり、適切な対応をしなければ関係の破綻に繋がることもあります。

せっかく長く付き合ってきた大切なパートナーといつまでも幸せな時間を過ごすためにも、しっかり関係を見直し新たなステップに進むきっかけにしましょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む