世間ではよく「愛だけでは結婚できない」と言われています。その理由のひとつは、結婚にはお金がかかるからです。

確かに、結婚式をあげるのにも、新居など生活基盤を整えるのにも、お金はかかります。

では、一体いくらぐらい貯金があればよいのでしょうか。あるいは、貯金が全くなくても結婚できるのでしょうか。

今回は、結婚とお金について考えていきたいと思います。

1. 結婚式費用はいくらかかる?

結婚式にかかる費用は、平均で約300350万円と言われています。これはゲストを50名程度呼んで、ホテルなどで結婚式を行った場合です。

ただ、結婚式に招待された人はみんなご祝儀を持ってきますから、このうち半分程度はご祝儀で賄えると考えられます。

なので、自分たちで用意する分は150万円くらいと予測できます。

ただ、ゲストの数を減らしたり、ホテルではなくレストランで食事会をしたりすれば、もっと費用は抑えられます。

神社や教会で挙式だけをするとか、結婚写真を撮るだけにするなど、工夫次第でいくらでも節約はできるでしょう。

2. 新婚旅行にはいくらかかる?

結婚するのに必要なお金はいくら? 貯金がなくても結婚できる?

結婚式が終わるとほとんどのカップルが新婚旅行に行きます。

もし、海外の人気スポットに行くとすれば60万円くらいはみておいたほうがいいでしょう。

しかし、これもお金がないなら国内にするということもできますし、新婚旅行はすぐに行かず、お金に余裕が出てきてからいくというカップルも多いです。

3. 新生活にはいくらかかる?

新婚生活を始めるにあたって、必ず必要なのは新居です。

敷金礼金、引っ越しにかかる費用、新しい家具を揃えることを考えると、住む場所や住む家の広さにもよりますが、約100万円くらいはみておいたほうがいいかもしれません。

しかし、どちらかが既に一人暮らしをしているなら、とりあえずそこに住めば、だいぶ費用は抑えられます。

また、どちらかの実家に住まわせてもらうという手もあるでしょう。

4. トータルすると300万円くらいあればいい

結婚するのに必要なお金はいくら? 貯金がなくても結婚できる?

以上のことを考えると、合計して300万円くらいの貯金があれば、結婚費用は賄えると考えていいでしょう。

もし、二人とも貯金があまりない場合、結婚できないかというとそうではありませんが、結婚が決まったらこれくらい貯めるつもりで、一緒に貯金をするのがオススメです。

どんな結婚式をあげたいのか、どんな新婚生活を送りたいのか、自分たちの場合はどれくらいお金が必要なのかをあらかじめ計算して、それに向けて結婚資金を用意するようにしましょう。

日々節約に励み、一緒に力を合わせて貯金額を増やしていくことで、二人の絆は深まっていくはずです。結婚する覚悟もできていくでしょう。

5. 貯金がなくても結婚はできるけど……

お金がないと結婚できないわけではありません。親からの援助がある場合もあるでしょうし、セレモニーを省略する場合もあるでしょう。

すでに住まいがあって、新生活のために準備する必要がない場合もあるかもしれません。

ただ、結婚後病気になったり、災害にあったり、色々とお付き合いが増えたり、子どもができたりすると、一気にお金がかかる可能性があります。

その分を想定して、二人で最低100万円くらいの資金はあったほうがいいと思います。

6. 結婚後の暮らしが成り立つか、よく相談しておくことが大事

結婚するのに必要なお金はいくら? 貯金がなくても結婚できる?

結婚するまで、夫の給料がいくらか知らなかったという女性もいます。

そして、実際に知って、そのあまりの少なさに愕然としたという話も聞きます。

お金のことは聞きづらいものですし、好きな人と結婚できるなら、お金などなくてもかまわないと思う気持ちもわかります。

しかし、結婚したのはいいものの、夫の給料だけで生活していくのが苦しく、お金のことで喧嘩ばかりしていたのでは、何のために結婚したのかわからなくなってしまうでしょう。

結婚したい相手には、給料がいくらか、貯金はいくらあるのか聞きましょう。

そしてそれを機に、夫婦二人だけの経済力で生活が成り立つのか、二人でじっくり考えることです。

7. 男性だけに頼らずに、自分でも貯金を心がける

結婚資金は男性が多く出すもの、あるいは全額出すものと思っている女性も少なくありません。

しかし、結婚は二人の問題ですから、よほどのお金持ちと結婚するのでない限り、女性も結婚資金をしっかりと貯める覚悟をしておくべきでしょう。

結婚を意識するようになったら、それを機に浪費をするのはやめて、節約を心がけていくのがオススメです。

毎日ランチは外食だったのを、お弁当を作って持っていくようにするだけでも、かなりの節約になりますし、花嫁修業にもなりますよ。

8. おわりに

結婚にかかる費用は人それぞれですが、一応平均的な金額を知っておくと心構えができると思います。

また、二人の費用分担の割合は、片方だけで決めず、二人で時間をかけてしっかり話し合うようにしましょう。

結婚したい相手がまだいない人は、婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか。

いいお相手が見つかれば、一気に結婚が現実的なものになっていきますよ。貯金をする気持ちにもなれるでしょう。