まだまだ長い人生ですが、人それぞれ色々な出来事があり、それは他の人間とは同じということは決してありません。

長い人生の中でも、恋愛に関してたくさん悩んで、恋愛感情って何だっけ? と自分の気持ちのはずなのに分からなくなってしまった、なんてことはありませんか?

自分の気持ちを整理する為にはどうしたらいいのか分からないという貴方は是非読んでみてくださいね。

1. 恋愛感情について

恋愛感情が分からなくなってしまった、なんてことになった時、ふと考えることといえば、” 恋愛感情ってなんだろう “。

この恋愛感情というものは、私たちも分かっているようで実は分かっていない感情ではないかと思います。

実際に誰かからこれが恋愛感情と教わるものではないので、どういった気持ちが恋愛感情なのか分からないのも当然のこと。

もしも今後、恋愛感情が分からなくなってしまったら、もしくは現在恋愛感情ってなんだっけ、と気持ちの整理をつけたいなと考えている方がいらっしゃったら参考にしてみると良いかもしれません。

一般的にいう恋愛感情ってどんなもの?

恋愛感情が分からない……気持ちを整理する為には?

まずは一般的に恋愛感情というのは、どんな状態の気持ちのことを指すのか? です。

恋愛感情とは” 恋愛 “と” 感情 “という二つの単語からなっている言葉。恋愛は、特定の相手に対して他の人や家族とはまた違った特別な愛情を持って、恋い慕うことを指します。感情は、何かしらの物事に対して感じ、起こる気持ちです。

例えば、好意・嫌悪・恐怖・怒り・悲しみなど私たちが日ごろから当たり前に何かの物事、人物に対して抱えている気持ちのことを指します。

そして恋愛感情は、二つの言葉の意味を合わせて「特定の相手に対して恋い慕う特別な気持ち」のことを一般的には指しています。

恋愛感情を抱くとどうなる?

感情の中でも複雑なものである恋愛感情ですが、いざ恋愛感情を特定の相手に対して抱くとどうなるのか、思い返してみましょう。

  1. ちょっとしたことでも嬉しくなる
    ただ目が合うだけ、ただ一緒にしゃべるだけ、たったそれだけなのに不思議と心がポカポカとしてきて暖かい気持ちになることはありませんか?
  2. 毎日が楽しくなる
    お互いに仕事終わりに連絡を取り合ったりしてデートの約束をしたり、夜の寝る前にちょっと電話をしてお互いの声を聞いたりするだけでも不思議と頬が緩んでしまっていたりしませんか?

たった2つのことですが、特定の相手のことを思いながら当てはまるな、と感じた場合は恋愛対象として相手を見ているのでは? と思いますよね。

恋愛感情はこのようなプラスに思う感情だけではなく、もちろんマイナスに思う感情もあります。

本当であれば恋愛感情なのに敢えて気づかないフリをする方もいらっしゃいますし、これは恋愛感情だ! と自分の気持ちを素直に認める方もいらっしゃいます。

2. 恋愛感情なのか気持ちの整理をするには

恋愛感情が分からない……気持ちを整理する為には?

さて、これからは本題でもある自分の気持ちの整理の方法についてです。

恋愛感情というのは、私たちが抱いている感情の中でも複雑な感情であり、あえてこの感情に気づかぬフリをする方、自分の抱いている感情が恋愛感情なのか分からないという方も多くいらっしゃいます。

そういった方は自分の気持ちと真正面から向き合っていない場合が多いです。なかなか自分の気持ちを真正面から考えてみる、という機会もないかと思いますが、せっかくの機会ですから自分が相手とこれからどうなっていきたいのか素直に考えてみましょう!

①自分が考えていることを紙に書く

気持ちの整理の方法としてまず挙げるのがこの方法です。

この方法は、自分が考えていることや思っていることを紙へおおまかで良いので書き出していくと、自分でも気づかなかった本当の気持ちだったり、どう思っていたのか、どう捉えていたのかに気づくひとつのきっかけになることがあります。

この方法は、恋愛感情が分からない場合以外にも、冷静になって物事を考えたいなと思っている時だったり、自分の気持ちが自分でコントロールできないような場合でも使える方法になります。

紙とペンさえあればすぐにできる方法なので、気軽に実行することができる方法でもあります。

② 過去が原因で恋愛にマイナスなイメージがついていないか考える

恋愛感情が分からない……気持ちを整理する為には?

これは実はとても大切なことです。恋愛というのは精神的にもとても傷つきやすく、場合によっては気づかぬ間にトラウマになってしまう、なんてこともあります。

過去にどんな恋愛があったのか思い返してみることで、自分はどんな人間だったのか思い返すこともできますし、恋愛に傷ついたことが思い当たったとしても、傷つくことで自分が成長できるのだ、と自己暗示でも良いので自分に言い聞かせましょう。

トラウマはいつまでたっても貴方を守ってくれるものではありません。勇気を出して一歩踏み出すことで、本当に貴方を守ってくれるパートナーと出会うことができるかもしれませんよ。