Powered by mavhicon japan
menu
seach

告白された時の返事はどうする? それぞれの場合で使える台詞を5つずつ紹介

告白された時の返事はどうする? それぞれの場合で使える台詞を5つずつ紹介

公開: / 更新:

#恋愛 #恋愛の悩み #脈あり

以前から好意を寄せていた男性から告白されると、すぐに彼の告白を受け入れるという女性も多いでしょう。

しかし、相手に特別な恋心を抱いていない場合などには返事に困ってしまいます。この記事では、告白された時の返事について特集しています。ぜひご覧ください。

目次

1. 告白の返事に迷ってしまう4つの理由

自分のタイプのルックスや性格をしている男性から告白をされると、嬉しいと感じる女性は多いのではないでしょうか。

しかし、たとえ相手からの告白を嬉しく感じたとしても、彼の告白をすぐに受け入れることができず、どう返事をすればよいのか迷ってしまう女性もいます。

では、具体的にどのような場合に告白された時に迷いが生じてしまうのでしょうか。ここからは、告白の返事に迷ってしまう主な理由を4つピックアップしてご紹介していきます。

1:未知の相手から告白された

相手の名前も顔も、そして性格もよく知っている職場の同僚やサークルの仲間や大学の同級生などならば、告白されたとしてもそこまで警戒心を抱く必要はないでしょう。

しかし、相手のことをまったく知らない場合は別です。こちらは相手のことを知らないのに、相手はこちらのことを知っていて、しかも恋愛感情を抱いている場合、「よく知りもしない人の告白を受け入れてよいのだろうか?」と迷ってしまうのは、ある意味当然のことでしょう。

中には、急に知らない人に告白をされると恐怖を感じてしまう女性もいます。

2:いきなりでびっくりしている

事前に相手から頻繁にプライベートな連絡がきて、それとなくデートのお誘いをされたり、表情や態度、言葉の節々などからこちらへの好意が伝わってきた場合、告白をされても驚くことはあまりないでしょう。

他方で、こちらに恋愛感情を抱いているそぶりをまったく見せない男性から告白されると、「彼は私のことが好きだったの?」「どうして?」とびっくりしてしまいます。

今までただの知り合いや友達と思っていた男性に告白され、どのように反応してよいのかわからず、告白を断った後に関係がぎくしゃくしてしまうことを考えると返事に困ってしまうのでしょう。

3:相手と付き合うイメージが湧かない

人間的な相性がよく、これまで長い間良き友人として付き合ってきた仲の良い男友達から告白されたとしても、相手のことを恋愛対象として見れずに告白の返事を遅らせてしまうパターンもあります。

男友達としては大好きだけれど、彼氏として付き合うというイメージがまったく湧かない、と感じる女性もいるはずです。

このように、告白してきてくれた男性が自分の恋愛対象外である場合は、相手をどう傷つけずに告白を断るか迷ってしまうでしょう。

4:他にも気になる人がいる

告白された時の返事はどうする? それぞれの場合で使える台詞を5つずつ紹介

他にも気になる人がいて、どちらを選ぶか自分の中で結論が出ない場合も、すぐに告白への返事を伝えられないでしょう。もしも今告白を受け入れてしまうと、近い将来他の気になる人と付き合う可能性がなくなってしまうのではないかという不安感も背景にあります。

このように、気になる異性二人を天秤にかけている状態だと、なかなかすぐに告白の返事ができません。

おすすめのイベントを探してみる

  • mj_image
    表参道 12月7日(火) 16:30~
    …【1人参加★15:15限定】…平成生まれのための恋活パーティー★もうすぐXmas…♪
    20〜32歳 1200円
    20〜32歳 5900円
  • mj_image
    新宿 12月7日(火) 19:00~
    【5:5少人数特別開催】20代前半限定恋活Style~ゆっくりお話しできる半個室♪~
    20〜25歳 500円
    20〜25歳 6900円
  • mj_image
    秋葉原 12月7日(火) 19:15~
    只今特別価格!【ひとり参加限定】!み~んな一人参加だから気楽で安心♪不安0宣言!絶対独りぼっちにはなりません!!恋活強化実施中!※連絡先交換率ほぼ100%!!
    20〜34歳 980円
    22〜34歳 5900円
  • mj_image
    渋谷区 12月7日(火) 19:15~
    只今特別価格!【20代限定】人気の同世代♪完売注意報!!恋活強化実施中!※連絡先交換率ほぼ100%!!
    20〜29歳 980円
    20〜29歳 5900円
他のイベントを見てみる▷

 

2. 告白の返事をする前に確認しておく13個のこと

一度告白を受け入れてしまうとカップル成立ということになるため、彼と付き合うのは間違いだったと思っても、別れを言い出しにくくなったり、あるいは彼氏が別れに応じてくれずにトラブルに発展することがあります。

このような状態を防ぐためには、雰囲気に流されず、告白の返事をする前に自分の中でしっかりと考えを深めておくことが大切でしょう。ここからは告白の返事をする前にチェックしておきたいポイントを13個ご紹介していきます。ぜひチェックしてみてください。

1:恋愛に向きあえる状況か

告白してくれた男性にある程度好意や恋愛感情があるのならば、今の自分が恋愛に誠実に向き合えるのかどうかをまずは考えてみましょう。

たとえば失恋したばかりで恋愛をする気になれない場合もあれば、仕事や勉強で忙しくて恋愛どころではないという場合もあるでしょう。また、ストレスを強く感じている時には何事にも消極的になり、恋愛をする気にもなれなくなってしまいます。

このような現状をトータルで考え、今の自分に幸せな恋愛ができるかどうかしっかりと考えてみてください。

2:素直な自分を出せるか

どんなに相手がハンサムで高身長・高年収・高学歴のハイスペックであっても、相手と一緒にいて気疲れしたり、素の自分を見せることができず背伸びをしなければならないのであれば、告白を受け入れないほうがよいでしょう。

ありのままの自分で相手と向き合うことができないならば、一緒にいてもストレスが溜まったり、自分には恋愛は向いていないと自己肯定感が低くなったりしてしまいます。

彼のスペックに目がくらんで告白を受け入れるのではなく、彼との人間性の相性を考えた上で告白を受け入れたほうがよいでしょう。

3:相手に金銭的な問題は無いか

特に結婚を考えている女性の場合、告白をしてくれた男性に浪費癖や多額の借金などがないかどうかを事前にそれとなく確認してみましょう。

お金にだらしない男性と結婚を視野に入れて付き合っても、うまくいかないことが多いからです。場合によっては、彼の金銭トラブルに巻き込まれるリスクも否定できません。

また、働けない正当な理由がないのに、成人後親から多額の仕送りをしてもらっていたり、ニートで働かないなど、金銭的に自立していない男性とのお付き合いについては、よくよく考えたほうがよいでしょう。

4:相手に今付き合っている人がいないか

あなたに告白してくれた男性が、必ずしも完全にフリーの状態だとは限りません。中には彼女や配偶者がいるのに、不誠実にもあなたにも手を出そうとしてくる男性もいます。

相手の男性に好意を持っていたとしても、まずは相手に今彼女はいないかどうか、未婚者かどうかをきちんと確認した上で、告白を受け入れるのがベストだと言えるでしょう。

5:相手は誠実な人か

告白された時の返事はどうする? それぞれの場合で使える台詞を5つずつ紹介

告白を受け入れる前に、相手にいくつか質問をしてみてください。いろいろなことを質問しても誠実に答えてくれたり、あなただけでなく他人に対しても誠実な態度で接する男性ならば、信頼できるでしょう。

反対に、過去に複数の女性と同時並行で付き合っていたり、人の悪口や愚痴ばかり口にするような男性は誠実とは言えません。付き合い始めは楽しかったとしても、後になって不誠実な部分が目立ってくる可能性があります。

6:お互いの生活習慣は合っているか

ある程度お互いの生活習慣が一致していなければ、なかなか恋人関係を続けていくのは難しいです。

たとえば男性側は夜勤が多く、女性側の勤務スタイルが早朝からお昼や夕方までならば、連絡をしたりデートをしたりする機会がなかなかとれません。その結果、すれ違いが生じて破局に至ってしまう可能性もあります。ライフスタイルは留意するべきでしょう。

7:自分の好みの顔か

恋愛経験がほとんどなく、自分に自信がない女性の場合、男性から告白されると思わず舞い上がってしまい、安易に告白を受け入れてしまうケースがあります。

しかし、相手が自分の好みのルックスとかけ離れていれば、恋愛は長続きしにくいでしょう。恋愛においてルックスはすべてではありませんが、告白の返事に迷った時は、相手の顔をかっこいいと思えるかどうかを考えてみるのもひとつの手です。

8:相手の恋愛歴はどんな感じか

できるならば誠実で、自分だけを一途に愛してくれる男性と付き合いたいと考える女性は多いことでしょう。

彼女を頻繁に変えるプレイボーイや、複数の女性と恋愛関係を持つ男性から告白されて付き合ったとしても、「自分も他の女性のように遊ばれて捨てられるのではないか?」という不安や疑念につきまとわれるでしょう。

また、簡単に他の女性に乗り換えられる確率も高いです。だからこそ、告白の返事をする前に、相手の恋愛歴を共通の友人などを通じてそれとなくリサーチしておくことをおすすめします。

9:価値観が自分と合っているか

告白してくれた男性のルックスやスペックに惹かれて付き合っても、共通の話題や趣味がまったくなく、価値観が正反対ならば、何かとストレスを感じますし、付き合いもうまくいかない可能性が高いでしょう。

告白してくれた相手がよく知らない人ならば、何回か話をする機会を設けて、相手がどのような考え方や物の見方をしているのかをチェックしてみてください。価値観が自分と似通っていて会話が弾む相手ならば、告白を受け入れるという選択肢をとってもよいでしょう。

10:遠距離恋愛できるか

遠距離恋愛が前提となる場合、離れていてもお互いを思いやって付き合いを続けていけるかどうかじっくり考えてみましょう。

どちらかが寂しがりやな性格をしていて、常に恋人と一緒にいたいというタイプの場合は、遠距離恋愛が難しい可能性があります。

また告白の返事に前向きな場合は、遠距離恋愛をしたならばどのくらいの頻度で直接会えるのか、どちらか一方が金銭的・時間的負担を負うことにならないのかについても、二人で考える必要があるでしょう。

11:相手を好きになれる点が多いか

まったく知らない人やあまり接点のない人から告白された場合、相手の性格や言動をよく観察して、相手を異性として見られるかどうか、恋愛感情を抱けるかどうかチェックしてみてください。

相手を好きになれそうなポイントが多ければ、告白を受け入れてみるのもよいでしょう。

反対に、あまり相手に好印象を持てないのならば、付き合ってもストレスが溜まる一方なため、たとえ相手のルックスやスペックがよかったとしても交際は見送るほうが賢明でしょう。

12:相手としっかりスキンシップがとれるか

告白された時の返事はどうする? それぞれの場合で使える台詞を5つずつ紹介

告白を受け入れて恋人同士になるということは、多くの場合、相手と手をつないだりハグをしたりするなどのスキンシップをとるということを意味します。

「相手の男性のことは人間的に好きだけれど、スキンシップとなると無理」と感じたならば、告白をお断りしたほうがよいでしょう。

友達としては相性が良く、仲良く付き合える男性であっても、異性として、恋人としてうまく付き合えるかどうかは別の話です。

13:お互い楽しい時間を共有できるか

幸せな恋愛がしたいならば、恋人と一緒にいて、二人とも幸せで楽しいと感じられるかどうかをよく考えてみることが大切です。趣味や価値観がまったく合わず、会話もろくに続かない男性から告白されても、お互いに楽しい時間を過ごすことは難しいでしょう。

告白されて迷った時は、試しにお茶に誘ってみるというのもひとつの方法です。カフェで話が弾み、時間が経つのを忘れるほど楽しいと感じたならば、告白を受け入れても問題ないでしょう。

3. 告白がOKの場合の返事の仕方5つ

意中の人から告白されたり、恋人がほしいと思っていた時に好感を抱いていた人から告白されると、とても嬉しく感じることでしょう。しかし、恋愛にあまり慣れていない女性の場合、恥ずかしくてどのように返事をすればよいのかわからないという人もいるはずです。

以下では、告白を受け入れる場合の返事の仕方をパターン別に5つ紹介していきます。返事の仕方に迷った時にぜひ参考にしてみてください。

1:嬉しい気持ちをストレートに伝える

好きな人から告白されたならば、その場ですぐに「嬉しい!」「実は私もずっとあなたのことが好きでした」と相手への愛情をストレートに伝えましょう。

告白されて恥ずかしいからといって曖昧な態度をとってしまうと、相手を誤解させてしまいかねません。せっかく両想いなのですから、告白をされて受け入れるつもりならば、嬉しい気持ちを素直に伝えてみてください。きっと相手も喜んでくれるでしょう。

2:なるべく早いタイミングで返事をする

好きな人から直接告白されたのならば、その場ですぐにOKの返事をすることができます。しかし、あなたへの配慮から「返事はすぐでなくてもいいから」と男性に言われたり、あるいはLINE(ライン)のメッセージで告白をされたりすることもあります。

すぐに相手の告白に応じられない場合には、できるだけ早く「私もあなたのことが好きだから付き合いたい」と、返事を伝えましょう。

3:返事が後日の場合はしっかり身だしなみを整える

告白されたものの「返事は後日でいい」と言われたり、逆にこちらから「もう少し考えさせてほしい」とお願いする場合もあります。

告白の返事を先送りした場合、告白を受け入れる旨を伝える際には、きちんと身だしなみを整えて、自分にとってベストな外見で彼に会いに行きましょう。これからあなたの彼氏となる男性に、更なる好印象を与えることができます。

また、おしゃれをしたあなたの姿を見て、相手の男性は良い返事をもらえると期待してくれるでしょう。

4:好意をしっかり言葉に表す

告白された時の返事はどうする? それぞれの場合で使える台詞を5つずつ紹介

恥ずかしがりやな性格をしている女性やクールな女性は、そっけなく受けとられてしまうようなセリフで返事をしてしまいがちです。

そうなると、本当に自分のことを好きで告白に応じてくれたのだろうか、と不安に感じる男性もいることでしょう。その影響で、二人の関係がぎこちなくなってしまう可能性もあります。

告白を受け入れる時には、「私もあなたのことが好き」「あなたと恋人になりたいから、告白を受け入れたい」ときちんと言葉でストレートに相手に伝えることが大事です。

5:お互いの未来像を思わせるような返事をする

結婚を前提に告白をしてくれた男性には、「私はあなたとの将来をきちんと考えた上で付き合いたい」といったお互いの未来像を思わせるような返事をするとよいでしょう。

「結婚を前提にしてほしい」と伝えると尻込みしてしまう男性もいるため、告白の返事の段階でそれとなく伝えるのがおすすめです。

4. 告白を断る場合の返事の仕方5つ

好みのタイプではない・今は恋愛をする気になれない・相手と価値観も性格も合わなそう、といったさまざまな理由で、告白を断ることもあるでしょう。

しかし、告白を断るのは気が重く、人によってはとてもストレスの溜まる行為でもあります。では、どうすれば相手をあまり傷つけることなくスマートに断れるのでしょうか。

ここからは、告白を断る際の返事の仕方を5つご紹介していきます。

1:断る理由は正直に話す

今は恋をする気になれない・仕事に集中したい、といった理由で相手の告白を断ったのに、別の男性から告白されてすぐに付き合いはじめたことを知られると、相手の男性を傷つけてしまったり、恨みを買ってしまったりする可能性があります。

勇気を出して告白をしてくれた相手に対しては、断る理由を正直に誠実に伝えるのがよいでしょう。ただし、相手が傷つかないようにオブラートに包んだ表現を使うことも必要です。

2:真面目に相手と向き合う

毎日のように男性から言い寄られていても、告白してくれた相手に対してはきちんと向き合い、誠実に告白をお断りしましょう。

告白されたのを忘れたふりをしたり、相手を無視したりする不誠実な態度はいけません。

3:期待を抱かせるようなことは絶対に言わない

今後も相手と付き合う気がないのならば、「仕事が落ち着いたら恋愛をする気になることはある」などといったフレーズを使ってはいけません。

あなたが相手を傷つけないようにと思って発した何気ない言葉が、「頑張れば振り向いてもらえるのではないか?」「もう少し待てば彼女は自分の愛を受け入れてくれるはず」と相手に誤ったメッセージを与えてしまう危険性があります。

4:はっきりと断る

相手がこちらに未練を残すことのないように、「気持ちはありがたいけれど、あなたとこれからもお付き合いをすることはありません」といったように、きっぱりとお断りをするのもポイントでしょう。

曖昧な表現だと、自分の都合のいいように物事を解釈する男性は、告白を受け入れてくれたと勘違いをしてしまう可能性もあるからです。

5:好きな人がいることを伝える

告白された時の返事はどうする? それぞれの場合で使える台詞を5つずつ紹介

他に好きな人がいるならば、「あなたに問題がある訳ではないけれど、どうしても諦められない好きな人がいて、その人へ恋心を貫きたいです」といった返事で、告白をお断りするのもよいでしょう。

彼に問題があるために断るのではなく、あくまで自分の気持ちの問題で断ることを間接的に伝えられるため、彼に与える傷を最小限にとどめられます。

5. 告白の返事はLINEや電話でもアリ

一昔前までは、告白の返事は直接会ってするのがマナーと考える人も少なくありませんでした。しかし、最近では電話やLINEで返事をする人も増えつつあります。

特に告白を断って逆切れされたり、しつこい相手ならば、電話やLINEを通じて断ったほうが安全です。

6. 告白の返事に迷ってしまった時におすすめの方法

告白された時に、失恋したばかりでまた人を好きになれるのかわからない、相手のことはそれなりに好きだけれど、これが恋愛感情かどうか自分でも判断できないといった理由で、どう返事をすればよいか悩むこともあるでしょう。

ここからは、告白の返事に悩んだ時におすすめの方法をご紹介していきます。

告白を保留しておく

すぐに返事ができない場合は、相手にきちんと謝った上で、「もう少し考えさせてもらっていいかな」と告白を保留するという方法があります。

時間を使ってじっくりと一人で考えたり、親友に相談したりして答えを見つけましょう。

返事を保留する訳をしっかり伝える

「返事まで少し時間がほしい」と女性から言われると、告白をした男性は不安であれこれと考えてしまうため、なぜ返事をするまでに時間が必要なのかを誠実に伝えましょう。

また、遅くとも一週間以内に返事するのがベターです。それ以上待たせると相手に、不必要なストレスを与えてしまいます。

試しに付き合ってみる

告白された時の返事はどうする? それぞれの場合で使える台詞を5つずつ紹介

特に断る明確な理由がなく、相手のルックスや性格、雰囲気に好印象を抱いているのならば、「あなたとの相性を確かめたいからお試しで付き合ってみても大丈夫?」と提案するのもひとつの方法です。

試しに付き合っていくうちに相手のことを本当に好きになっていくこともありえるでしょう。ただし、告白の返事をする際に「お試し」であることを伝えなければ、相手はあなたとずっと付き合えると勘違いしてしまいます。

そうならないように、言葉できちんと「お試し期間」を設けた交際であることを伝えましょう。

7. 告白の返事をする時にやってはいけないこと4つ

告白の返事の仕方によっては、告白してきた男性から恨みを買ったり、周囲の評判が下がったりすることもあるでしょう。

では、具体的に何に気をつければよいのでしょうか。ここからは、告白の返事をする際にやってはいけないことを4つ解説していきます。

1:保留期間を延ばし過ぎない

告白の返事に迷い、相手に返事を待ってもらっている状態ならば保留期間を延ばし過ぎるのはマナー違反です。

できれば2~3日以内、長くとも一週間以内にLINEや電話でもよいので返事をしましょう。保留期間を延ばし過ぎるのは、勇気を出して告白してくれた相手に失礼ですし、相手を不安にさせたり、つらい思いをさせたりしてしまいます。

2:相手の告白をスルーしない

きちんと告白されたのならば、それにしっかりと向き合って返事をするのがマナーです。告白を断るのが気まずいからといって告白をスルーしてしまうと、相手の男性を傷つけてしまうでしょう。

3:相手の告白を馬鹿にしない

たとえ告白してきた相手のルックスやスペックが自分の好みではなかったとしても、告白の仕方が自分好みでなかったとしても、相手を茶化したり、貶めたりするような言葉を口にしてはいけません。

また、「〇〇君に告白された」とネタのように友達に言いふらすようなことは絶対にしてはいけません。相手をひどく傷つける行為であると同時に、周囲からのあなた自身への評価を落とすことになるでしょう。

4:相手に期待を抱かせない

本当は相手が自分のタイプではないため断りたいものの、相手を傷つけないために「あなたのことはいい人だと思っているけれど、今は忙しくて付き合えない」とオブラートに包んで断る女性もいます。

相手に期待を抱かせるようなやんわりとした優しい断り方をすると、「強引にアタックし続ければ付き合える」と誤ったメッセージを相手に伝えてしまい、相手はその後もあなたに執拗にアプローチしたり、再度告白したりする可能性もあります。

8. 告白の返事はなるべく早めに返そう

今回は、告白された時の返事の仕方について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。好きな人に告白をする時は、誰しも緊張するものです。

受け入れるにせよ断るにせよ、せっかく告白をしてくれた相手に対しては誠実な態度で返事をするようにしましょう。

  • 有楽町で合コン! 定番&人気のおすすめ店14選
    恋活・恋愛

    有楽町で合コン! 定番&人気のおすすめ店14選

  • 過去の失恋をバネにする! 別れにつながる短所の直し方8選
    恋活・恋愛

    「バチェロレッテ」残った3名の胸キュン場面と対人テクニック

  • 恋活・恋愛

    年末年始に観たい! ネットフリックスのおすすめ恋愛作品6つ

  • 銀座での合コンやデートにおすすめのお店15選
    恋活・恋愛

    銀座での合コンやデートにおすすめのお店15選

  • オタク婚活?「好き」が一緒で「好き」になる。本当にあったオタク女子の幸せ結婚街道とは?
    恋活・恋愛

    オタク婚活?「好き」が一緒で「好き」になる。本当にあったオタク女子の幸せ結婚街道とは?