婚活&恋愛コラム machicon JAPAN

デートに誘う前に知っておくことって? パターン別に誘い方をご紹介!

デートに誘う前に知っておくことって? パターン別に誘い方をご紹介!

公開: / 更新:

# LINE # デート # テクニック # 気になる人

好きな人をデートに誘う際に、失敗した場合を想像して不安を感じてしまう人は多くいます。しかし、その不安は正しいデートの誘い方や準備の仕方などを把握することで解消できます。好きな人をデートに誘う前に、その誘い方を知っておきましょう。

1. デートに誘う前に知っておくこと5つ

婚活パーティーで出会ったクセがすごい男性

好きな人をデートに誘う際に、失敗することを想像して不安を感じてしまう人もいます。そのような不安を解消し、断られないようにするためにも、デートに誘う前に知っておくべきことがあります。それらを事前に把握しておきましょう。

1:タイミングを見極める

いきなりデートに誘ってしまうと相手が困惑してしまう可能性があるため、デートに誘うまでに、まずは親密度を上げるようにしましょう。また、連絡や会話などを重ねて、食べたいものや行きたい場所などの話題についても触れておきましょう。

親密度を上げ、食べたいものや行きたい場所などの話題の布石を作っておけば、相手の機嫌や都合、会話の流れなどから、自然なデートの誘いができます。そのため、デートに誘う場合には、下準備と切り出すタイミングが重要となります。

2:相手の好きなものを把握しておく

デートに誘う場合には、行く場所を提案する必要があります。もし、そのデート先が相手の興味のない場所であれば、気分が乗らないことから断られてしまう可能性があります。

また、デートの誘いに成功しても、そのデートがつまらないと思われてしまい、好感度を落とす可能性もあります。

そのため、事前に相手の好きなものは把握しておかなければいけないですし、その情報を得るには連絡や会話などを重ねる必要があります。

3:デートの時間は長すぎないようにする

初デートに誘われた際、相手もいろいろな不安や緊張を感じてしまいます。そのため、相手の不安や緊張を和らげられるように、初デートはランチだけ、カフェでコーヒーだけなど短い時間にしましょう。

また、お互いが余計な不安を感じないように、夜の時間帯やお酒があるようなお店選びも避けた方が無難です。長い時間や夜の時間帯のデートは、回数を重ねて信頼度を上げてからにしましょう。

4:恋人がいるか確認しておく

デートに誘う場合、最低限の情報として恋人の有無は確認しておく必要があります。もし、相手に恋人がいればいくらデートに誘っても断られてしまいます。

また、場合によってはデートに断られたうえに、相手の恋人の耳に入ってトラブルとなってしまう可能性もあります。そのため、恋人の有無は必ず把握しておきましょう。

5:相手が興味のあるものをリサーチしておく

デートに誘う際には、デート先を提案する必要があるため、相手の好きなものや興味のあるものを把握しておく必要があります。また、それらはできるだけ多く把握しておくことが望ましいでしょう。

相手の好きなものや興味のあるものを多く把握しておくことで、デートの誘いに対して反応が悪かった場合に、別のデート先を提案できます。もし、デートの誘いに成功した場合も、話題に困りにくくなります。そのため、相手が興味のあるものはリサーチしておきましょう。

2. 1回目のデートにおける誘い方のポイント8つ

特別感を出す

デートに誘う際には、初デートと2回目以降では相手からの印象や好感度、信頼度などが大きく変わります。そのため、デートの誘い方も変わってきます。

特に初デートの場合は、相手がまだ警戒心を持っている場合もあるため、事前にいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

1:最初はハードルの高いお願いをする

初デートの誘いを成功させるために、まずは長い時間や夜の時間帯など、あえてハードルの高い誘いをしてみましょう。ハードルが高いため相手はその誘いを断る可能性が高いでしょう。相手が誘いを断ったら、次はランチやカフェだけなどのハードルの低い誘いをします。

このように徐々にハードルを下げていく誘い方をすると、相手は先に誘いを断ったことに対して罪悪感を感じていることから、ハードルの下がった誘いを受け入れやすくなります。そのため、ハードルを下げた側に本命の誘いを持ってくることで、自分の希望を通しやすくできます。

2:軽く誘ってみる

最初から好意をむき出しにしてしまうと、相手は警戒心を強めてしまう可能性があります。初デートの誘いは好意を隠して、あくまでも行きたい場所がある、会話の流れから誘ってみたなど、軽い印象で誘うと良いでしょう。

軽い印象の誘い方をすれば、相手も身構える必要がないため軽く受け入れてくれる可能性があります。

3:相手に合わせた場所選びをする

デートに誘う場合は、相手の好きなもや、興味のあるものに関係する場所を選びましょう。もし、初めてのデートのうえに、相手の興味のない場所をデート先に選んでしまうと、断られてしまう可能性を高めてしまいます。

まずは相手にデートに行っても良いという印象を与える必要があるため、相手に合わせて場所選びはするようにしましょう。

4:プランは早めに決める

相手が自分に対して好意を持っていないと、相手側から日時や行き先などのデートプランを提案してくれる可能性は低いでしょう。

そのため、またスケジュールが合った時や忙しい時期が過ぎて落ち着いた時など、曖昧な約束の仕方をしていると、いつまでも予定を後回しにされてしまいます。

そのようなことを避けるには、自分から日時や行き先などを具体的に提案して、相手の予定が埋まる前に、約束を取り付ける必要があります。

5:誘う時はデートと言わないようにする

デートと前置きをして誘ってしまうと、相手に好意が伝わってしまい、警戒されてしまう可能性があります。そのため、デートという言葉は使わずに、あくまでも遊びに行くだけという軽い誘い方をして、相手が誘いを受けやすいようにしましょう。

また、行きたい場所がある、ついて来て欲しい場所があるなど、一緒に行動する理由付けをしてあげると、さらに相手は誘いを受けやすくなります。

6:助けてもらったお礼に誘う

デートと意識させずに誘うには、一緒に行動する理由付けをしてあげると、相手はデートを受けやすくなります。

そのため、もし仕事を手伝ってもらった、勉強を見てもらったなどの手助けを相手にしてもらったことがある場合には、そのお礼をしたいと言えば自然な流れで理由付けができます。

7:誕生日などのお祝いに誘う

デートに誘う際には一緒に行動する理由付けが必要なため、誕生日のようなお祝い事があれば、それを理由付けにして誘うと良いでしょう。

ただし、誕生日のような特別な日は、恋人がいなくても家族や仲の良い友人などと過ごす可能性も高いので、誘いを断られてしまう可能性もあります。

そのため、特別な日を理由付けにする場合は、その特別な日の当日は避けて、その前後にずらして誘うようにしましょう。

8:お昼ご飯に誘う

初デートであれば、相手も不安や緊張を感じてしまうため、気軽に誘いを受けられないこともあります。そのため、相手になるべく不安や緊張を与えないように、デートの時間は長すぎないようにし、お昼の時間帯に誘うようにしましょう。

3. 2回目以降のデートにおける誘い方のポイント5つ

バレンタインデート前のチョコはあり? 男がチョコ以外に喜ぶ物5選

初デートが済んでいる場合、相手から自分に対する印象は変わっている可能性があります。そのため、2回目以降のデートでは誘い方のポイントが変わってきます。

付き合うためにはその後のデートも重要となるため、それらのポイントを押さえておくようにしましょう。

1:前のデートとの期間を空けすぎない

前回のデートに成功して相手から好印象を得ている場合、次のデートまでに期間を空けすぎてしまうと、その印象が薄れてしまう可能性があります。

そのため、がっつきすぎている印象を与えることはいけませんが、好印象が得られている場合には、たたみかけるように次のデートの約束を取り付けていくようにしましょう。

2:デートまでの間に何回か連絡をとる

1回目のデートの誘いを受けてくれたからといって、2回目以降の誘いも必ず受けてくれるとは限りません。そのため、連絡をおろそかにして、いきなりデートに誘うような雑な誘い方をしてはいけません。

そのような対応は相手からの好感度を下げてしまう可能性があります。2回目以降も緊張感を保ち、連絡を取り続け、新しい情報を収集しながら、次のデートに誘えるタイミングを見極めるようにしましょう。

3:脈ありサインを見極める

2回目以降のデートに誘う際には、別のデート先を提案する必要があります。また、誘うタイミングを見極めることも必要です。これらは相手からの好感度によって内容が変わります。

そのため、前回のデートやその後の連絡での反応などから、脈ありサインを見極めて、今の自分はどのくらいの好感度が獲得できているのかを把握するようにしましょう。

4:デートの分析をしてみる

すでに初デートを済ませているのであれば、その反省点を振り返っておきましょう。また、新しい相手の情報もいろいろと得られているはずです。

そのため、次のデートではそれらを活かして、より良い内容にしましょう。2回目以降のデートが盛り上がらないと、せっかく初デートで得た好印象を落としてしまう可能性があります。

5:告白のタイミングを見極める

デートだけをいつまでも繰り返していても、付き合うことはできません。デートを繰り返し、最終的には告白する必要があります。

ただし、告白するのは脈ありと感じることができてからです。もし、脈なしの状態で告白してしまうと、失敗に終わってしまう可能性を高めてしまいます。

そのため、デートの回数や脈ありサインなどから、相手の様子を確認して、告白のタイミングを見極めることも重要となります。

4. デートの成功率を上げるためのLINEのコツ9つ

彼女が欲しいとLINEが気になる人から来たらなんて返信すればいい?

デートの誘い方にはいろいろなポイントがあります。そのポイントには連絡をとって、相手の情報収集や好感度を上げることも含まれています。

その連絡ではLINEを使われることが多いため、LINEは重要な恋愛ツールであり、メッセージの送り方も重要となります。そのため、デートの成功率を上げるためにも、LINEの送り方のコツも押さえておきましょう。

1:相手に合わせた文を心掛ける

好きな人とLINEができる場合には、早く返信をして、いろいろなことを伝えたいと思ってしまうものでしょう。しかし、あまりにも返信が早くに返ってきたり、文章が長文だったりすると、相手がプレッシャーを感じてしまう可能性があります。

そのため、LINEをする際には一方的な感情に任せた内容にせず、相手の熱量に合わせた文章を送ることを心掛けましょう。

2:興味のあるジャンルで会話を絶やさない

デートを盛り上げることも重要ですが、普段のLINEのやりとりでも会話を盛り上げて、良い印象を与えることは重要です。

LINEで会話を盛り上げる際にも、デート同様に相手の好きなことや興味のあることを話題にしましょう。相手が楽しく会話できるほど印象をよくできます。もし、相手の好きなことや興味のあることに対しての知識がなければ、調べて会話のネタにできるようにしておきましょう。

3:相手が返信しやすい内容を送る

LINEでメッセージのやりとりをすることは、相手と会話をしていることと同じです。そのため、送られてきたメッセージに対して、相槌のような短文ばかりで返していると、話しにくい人という印象を持たれてしまう可能性があります。

また、日記のような現状報告を送られても、相手は返信内容に困ってしまいます。LINEで印象を悪くしないためにも、メッセージは相手が返信しやすい内容を心掛けましょう。

4:スタンプを活用する

スタンプばかりで返事をしてしまう場合も、相手が返信しにくいと感じてしまうため注意しましょう。ただし、スタンプを全く使わなくてもそっけない印象を与えてしまう可能性があります。そのため、適度にスタンプも挟むようにして、明るい印象を与えられるLINEをしましょう。

5:時間を空けて返信する

LINEは会話でもあるため、相手のペースに合わせて返信の間隔を合わせる必要があります。そのため、場合によっては時間を空けて返信する必要もあります。

また、あえて返信のタイミングを遅らせて相手の注意を引きつけるというのは、定番の恋愛テクニックであり、うまく活用すれば相手の気を引くことができます。

ただし、相手から興味を持たれていないと、ただ返信の遅い人と思われるだけの場合もあるので注意しましょう。

6:ネガティブな内容は送らない

LINEのやりとりでネガティブな内容ばかり送っていると、話していてもつまらない、デートをしてもつまらなさそうなどの印象を与えてしまう可能性があります。

デートの誘いを成功させるには、相手から良い印象を持ってもらう必要があります。そのため、LINEのやりとりで印象を悪くしていると、成功率を落としてしまうため注意しましょう。

7:相手の名前を文脈に組み込む

人は接する機会が多いほど、その相手に対して好感を持つようになります。その接し方では直接会う必要はなく、LINEのやりとりを繰り返した場合でも効果は得られます。

また、LINEのやりとりの中で相手の名前を呼ぶようにすると、より効果的です。そのため、できるだけLINEのやりとりを行うようにして、その会話では相手の名前を呼ぶことを意識しましょう。

8:写真やURLを活用してみる

デートに誘う際には、行き先を提案する必要があります。しかし、その際にはどのような場所であるか、言葉だけではその魅力を伝えきれない場合があります。その場合、相手は行きたいという気持ちにはならず、誘いに失敗してしまう可能性があります。

そのため、行きたいお店のURLや行きたい施設の写真などを先にLINEで送りましょう。おいしそうな料理の写真や、楽しそうな施設の写真などを見れば、相手に行きたいという気持ちを持たせやすくなります。

9:マナーはしっかり守る

LINEはいつでも送ることができます。しかし、朝早くや夜遅くにLINEを送ってしまうと着信音で相手の睡眠を邪魔してしまう可能性があります。また、仕事や学校などで忙しい時間帯に送っても相手から面倒と思われてしまう可能性もあります。

他にも、LINEを送りすぎる、返信に困る内容ばかり送るなども相手が困ってしまいます。LINEにもいろいろなマナーがあるため、相手に悪い印象を与えるような送り方は避けるようにしましょう。

5. デートの誘い方を知り成功させよう!

「可愛いね」

デートに誘う前には知っておくべきポイントがいくつかあり、もしそれらのポイントを押さえていない誘い方をしてしまうと、成功率を下げてしまう可能性があります。

デートは一か八かで誘うものではありません。正しい誘い方を知り、デートの誘いを成功させられるようにしましょう。

  • 社会人のための「彼女の作り方」はコレだ! 恋愛対象にみられる男性の特徴なども解説
    恋活・恋愛

    社会人のための「彼女の作り方」はコレだ! 恋愛対象にみられる男性の特徴なども解説

  • お見合い活動をする年齢のベストとは? 女性の年齢別ポイントも紹介
    恋活・恋愛

    男性が本当に「好きな女性」にしか言わない6つの言葉

  • 本当に脈なし? 実は気になる女性にしか言わない発言5つ
    恋活・恋愛

    本当に脈なし? 実は気になる女性にしか言わない発言5つ

  • <男性向け>女性が出す、“好意のサイン”を見抜くにはここを見ろ!
    恋活・恋愛

    初デートのプランで女性を喜ばせるには?「あるある」な失敗例も紹介!

  • 恋活・恋愛

    出会い系マッチングアプリのメッセージ必勝法!