Powered by mavhicon japan
menu
seach

ブスかどうかはお前が決めるな! 私が決める!

ブスかどうかはお前が決めるな! 私が決める!

人生のヒントとなるわたしの物語10

体験談 好きな人

やっほ~!みなさん元気ですか?最近肌寒いですよね~。

これはまっちゃんが本当に体験した怖い話なのですが……(笑)肌寒い、丁度この時期くらいに経験した過去の恋愛話を聞いてください(笑)

他人にブスだと言われる筋合いはない!自分の価値は自分で決める!と心に誓った経験です。

1. 爽やかイケメン高身長S君

出会い

丁度20歳くらいの頃、いいなと思っているS君がいました。同じ年齢で同じ大学に通う彼とは、お互い田舎出身ということもあり、仲良くなりました。LINEや電話も多くなり、いい感じになってきたころ(この時期が一番楽しいw)

「今度の休み俺んちくる? 近くに美味しいケーキ屋があるからケーキ買って、DVDみよう! 面白いの借りたんだ!」と彼から誘われました。

「うん!行く行く!」とルンルンな私。(今思えばいきなり家かよというツッコミはあるけどまあいいか……)

デート当日

いつもジーンズばかり履いている私が今日は特別にワンピースで可愛さアピールもぬかりなく身支度をしました。

今日告白されて付き合っちゃうんじゃないの!? 的な淡い期待を膨らませる私。

 

最寄り駅につくと爽やかな彼がいて、一緒にケーキ屋さんまで向かいました。

※イメージです。私はこんなに綺麗ではありません(笑)

 

身長185㎝くらいの彼と、隣で歩く150㎝の私。

 

「あれ?隣で歩くとこんなちっちゃかったんだ?かわいいね。」と笑う彼。

「もぉ~そんなことないよ?」

 

はい全力でぶりっこ発動~。「良かった~人生で初めて背が低くてよかったと思えた~。この低身長の家系恨んだけどありがとう、お父さん、お母さん……」とウハウハな私(笑)

 

ケーキを買って彼の部屋に向かいました。シンプルな男の子の部屋って感じで、ケーキを食べながらDVDを見ました。

 

DVDも見終わり、ケーキも食べ終わり……

 

もうこれは? 告白の空気かな?

そんなことを考えていたその時!!!!!

 

「ドンドンドン!!!!!!(ドア叩く音)S~俺だけど!!!!!」

 

S「あ!先輩だ!!俺が呼んでたんだよね。」

 

なぜかSの地元の先輩だという人が部屋に乱入。いや、なぜ呼んだ。

 

はい、昔ヤンチャしてたよね~バイク乗り回してたよね~的な、今もなおチャラさが残るSの先輩が、部屋に入って私を見るなり大爆笑。

 

先輩「お前さ~好きな奴できたから見に来てほしいって言って……(爆笑)お前昔からB専だけど……(爆笑)マジでこの子ブスじゃん!!!!(爆笑)」

 

笑いすぎてところどころ言えてない!!私そんなおもろい顔!?

初対面だよ!? これ初対面の相手に言う!?家族や友達からもブスって言われるし気にしないけど、初対面のお前が言う!?

しかも笑いながら言うのは本当に失礼!!!!

 

 

S「そうっすよね~? 俺もそうかなって思ってたけど……」

 

ちょっとまて、Sは便乗するな。「可愛いっすよ?」とか言っておけ。

 

 

先輩「まじか~お前やっばB専だわぁ~。」

 

だからちょっとまって!? 何様なんだ!? 女の子を傷つけるなと小さい頃教わらなかったのか!?

 

 

唖然すぎて声がでませんでした。

すると、一緒に来てたギャル風の先輩彼女が私を見てにやけながら

 

 

先輩彼女「ちょ、女の子かわいそうじゃん~(笑)てかうちらお邪魔じゃない? もう帰ろうよ~」

 

といい、

 

先輩「そうだな! じゃあまた!」

 

 

と嵐のように去っていきました……。

謎すぎる!!!!!なんだあの失礼なリア充たちは!!!

 

 

S「あの先輩、ほんとよくしてもらっててさ、まっちゃんに会ってほしくて俺が呼んだんだ!(ニコ)」

 

ニコっじゃねーし!!!!

え、ちょ、頭おかしいんじゃないかな? と呆然な私。「失礼だったよね?傷ついたよねごめんね」とか言ってくれるかと思っていた瞬間……

 

 

S「俺ってさ、B専ってよく言われるんだよね……(照)まっちゃんって一般的にブスじゃん?で、B専の俺がもらってあげるけど、どうかな?(照)」

 

※冗談じゃなく本気で言われました。

 

え? ちょっとまってなんでこいつ照れてるの!?

告白? これ告白なのか? もらってあげるって何様だよ!?

色んな感情が沸いてきましたが、怒りを通りこして唖然としてしまい

 

私「いや、付き合わないし、もう帰るわ。」

 

とそのまま彼の家を出て帰りました。あれ……帰り道ってこんなに暗かった……け……?

こんなはずじゃなかった……朝のルンルンな時に戻してください……

まさか彼がこんな俺様な人だとは思わず、ダブルでショックを受けた私です。

 

2. 当時の自分

当時はピチピチの20歳で、周りの目も気になるし彼から言われた言葉に本当に傷つきました……。

 

「俺ってB専なんだけど~」

「ブスだよね~」

って言葉が頭の中をぐるぐるまわってグサグサ心に刺さりました……。

家族に言われても友達に言われても特にへこみませんが、やはり好きな人に言われると違います。

 

「私ってやっぱりブスなんだ……。」「彼は私を見下してたんだなぁ……。」と浮かれていた自分が恥ずかしくって、悲しかったです。

3. 今の自分

あの時から数年たって、アラサーのまっちゃんからすると怖いものは何もありません(笑)

今思えば、「あんたがB専だろうが、私がブスだろうが関係ない!」です。

B専だから好きじゃなくて、性格が好き、一緒にいて落ち着くとか、そういう好きが大事だな~って思います。

私は小さい頃から母に

「あんたは愛嬌があるからちょうどいいブス!」と言われて育ちました(笑)ひどいww

10代や20代前半は、自分の顔も背が低いことも全部嫌で「周りは可愛い子ばっか」「どうせブスだからもてない」とか思ってました(笑)

でも、今思うのは「自分がブスって思ってたらどんどんブスになる気がするし、私だけは私のことを可愛いと思おう!」と思って暮らしているとハッピーです(笑)

私のことをブスだといったS君もいれば、反対に私のことを可愛いと言ってくれる男の子だっているはず(笑)

自分の価値は自分だけが決めることができるから、いちいち他人に言われたことで傷つく必要ないです!

今の私なら、彼に「私はブスかもしれないけど、あんたの心のほうがよっぽどブスだ!」と言ってあげますね!(はい、セリフきまった~!!!笑)

  • 出会いには共通点が! 元カレと似た男性との恋に破れない方法
    恋活・恋愛

    出会いには共通点が! 元カレと似た男性との恋に破れない方法

    schedule2017.10.08

  • 筋肉質な男性はモテる! 女の子の本音とモテる筋肉の部位
    恋活・恋愛

    筋肉フェチな女性必見! 筋肉男子の魅力&筋肉男子と出会う方法とは

    schedule2019.08.11

  • 【関東・関西】縁結びで有名な神社6選! 恋愛成就にご利益あり!
    恋活・恋愛

    【関東・関西】縁結びで有名な神社6選! 恋愛成就にご利益あり!

    schedule2018.11.10