Powered by mavhicon japan
menu
seach

Webカメラはどれを選べばいい? 用途別のおすすめカメラ6選

Webカメラはどれを選べばいい? 用途別のおすすめカメラ6選

withコロナ時代の働き方

おうち時間 オンライン 婚活パーティー 恋愛したい

ZOOMやスカイプといったビデオチャットツールを通じて、オンライン上で人とコミュニケーションを交わす人が増えています。

ビデオチャットを始めるには自分を映すカメラが必要ですよね。カメラが内蔵するノートパソコンもありますが、画質が良くなかったり、そもそもカメラ機能がなかったりという人もいるでしょう。

そこで今回は、リモートワークやオンライン飲み会などで役立つおすすめのWebカメラをピックアップしました。用途に合わせてWebカメラを選ぶポイントもご紹介しましょう。

1. Webカメラを選ぶポイント

ZOOMやスカイプなどのビデオチャットツールでは、パソコン以外にもスマホやタブレットでもできます。しかし、通話の間にスマホやタブレットを操作しにくいところがデメリットですね。

そこで役立つものがWebカメラ! パソコンと接続するだけで自分の姿を相手の画面に映すことができ、会話中にスマホやタブレットも一時的に姿を隠すことなく操作できます。

Webカメラと言っても色々種類があり、画質や視野角、マイク機能の有無など性能は様々です。まずは、仕事用とプライベート用でWebカメラを選ぶポイントからご紹介します!

Webカメラの設置タイプ

Webカメラは、ディスプレイに固定させるクリップタイプとデスクに設置するスタンドタイプの2種類に分けられます。

クリップタイプは、小型なものや折りたためるものが多く、ディスプレイに挟むだけで固定されるので手軽に設置できる点がメリットです。スタンドタイプの場合は、デスクなど台に置くので場所を問わず安定性があります。

視野角が広いカメラが多いので、広く映したい場合に最適ですよ。使いやすさはそれぞれ異なるので、それぞれの特徴を把握して上で適切なものを選びましょう。

リモートワークやオンライン授業なら高画素タイプ

特に画質にこだわりがなければ100万画素程(HD)あれば難なくビデオチャットを楽しめます。

しかし、1度に複数人を映したい時やホワイトボードなど資料を映す時など、Web会議またはオンライン授業などで活用する際は、広い視野角や鮮明さがないとはっきり映らないので、300万画素(フルHD)以上は必要でしょう。

ただし、実際は回線速度も画質を左右し、画素が高いWebカメラも高額なので高ければ良いというわけではありません。どれだけの予算を出せるのか考えた上で、高画素タイプのカメラを選んでみてください。

視野角の広さ

Webカメラは画質を優先されがちですが、視野角の広さにも注意が必要です。視野角は60°程のカメラは顔がアップに映りやすく、2人以上の映り込みや書類を見せることが困難です。

オンライン飲み会などプライベートの用途で部屋をあまり見せたくない場合は狭くても問題ありませんが、ホワイトボードや書類を見せながら会議する場合はある程度広い視野角が必要!

そのため、Web会議などビジネス用途では、70°以上の視野角が広いものがベストです。

120°や150°といった広範囲を映せるWebカメラもありますが、あまり広いと映りすぎてしまうので1人での利用には不向きです。1人用なのか、大勢で利用するのか用途に応じて視野角が広いものを選びましょう。

プライベート用も自然に写すためには、70~80°程あるWebカメラがおすすめですよ。あくまでも目安なので、広く見せたいか狭い方が良いのか考え、自分に合った視野角を選んでください。

マイク機能の有無

Webカメラの中にはマイクが内蔵されているものもあれば、ヘッドセットが必要なタイプもあります。内蔵されていればマイクが不要なので便利ですが、音質の良さや音の拾いやすさにも目を向けましょう!

特に複数人でWeb会議を行う場合、広範囲で音が拾えないと通話する相手は声が聞こえないので、音を拾いやすい指向性の高いマイクが内蔵されているか確認しましょう。

一方、一対一での会話がメインであれば、ヘッドセットがおすすめです。

2. 仕事用におすすめのWebカメラ3選

リモートワーク中の連絡や社内・社外とのWeb会議といったビジネス用途では、どのようなWebカメラを選べばいいのか迷う方は多いでしょう。

続いてはビジネス用途におすすめのWebカメラをピックアップしたのでご紹介します。

ロジクール ビジネスウェブカメラ C925E

ZOOMやスカイプなどビデオチャットのアプリのほとんどに対応しているので、ビジネス用途に適したWebカメラです。

1080pのフルHDの画質で、視野角は78°と広めなので1~2人程が十分に収まります。全方位で音が取れるマイクがあるので、音質もクリアに届けることが可能です。

Rightlight2テクノロジーというロジクール独自の技術が搭載されており、環境に合わせて映像の明るさを最適化でき、どんな場所でも鮮明に映せます。

調節できるクリップによりパソコンだけではなく、脚立やデスクにも設置できます。

サンワサプライ 会議用ワイドレンズカメラ

150°の広い視野角で撮影できるZOOM・スカイプ対応のWebカメラです。ディスプレイに設置し、USBで接続するだけで利用でき、コードの長さは1.5mと3mの2種類があります。

画質は100万画素のHDとなっていますが、ホワイドボードなどを映す必要がなければ不便は感じない画質です。
マイクが内蔵されているので、別途で用意する必要はありません。

eMeet NOVA WEBカメラ

上下で向きを調節でき、さらに360°回転させられるWebカメラです。200万画素のフルHD画質で、ZOOMやスカイプなど各種アプリで利用できます。

オートフォーカス機能があるので、動きをとらえてはっきりと顔を表示してくれます。全方位マイクが内蔵されており、優れたエコーキャンセラー機能が備わっているのでクリアな音質で声を届けることが可能です。

3. プライベート用におすすめのWebカメラ3選

ロジクール Streamcam C980

200万画素と高画質で、78°の視野角で撮影できるWebカメラです。コードがUSB Type-Cとなっているので、薄型PCなどUSB Type-C接続が必要なデバイスでは変換器なしで利用できます。

カメラを回転できるので縦長動画を撮影することができ、マイクも音声もばっちりです!

HD画質であれば最大60fpsのフレームレートで撮影できるので、なめらかな映像でZOOMやスカイプで会話したい方におすすめです。

エレコム UCAM-C520FEBK

ZOOMやスカイプだけではなく、ニコニコ生放送やTwitchといったライブ配信でも使えるWebカメラです。

画質は200画素のフルHDで、ガラスレンズは高精細なので鮮明な映像で撮影できます。本体にマイクが内蔵しているので、複数人の会話も届きます。

マルチスタンドを採用しているので、ディスプレイやデスクのどちらにも設置可能です。

RAZER Kiyo

白LEDのリングライトが配置されているWebカメラです。リングライトは12段階まで明るさを調節でき、暗い室内でも顔を鮮明に映せる明るさにできます。

白いライトなので肌の色も明るく見え、顔を綺麗に映したいという方にもピッタリでしょう。画質は400万画素のフルHDで高画質にこだわりたい時にもおすすめです。

4. Webカメラを買ったらV BARに参加してみよう

V BARとは、オンラインで出会い探しができるイベントです。街コンや婚活イベントの情報を掲載するmachicon JAPANで開催予定のイベントを探せます。

オンライン飲み会や異業種交流会、特定の業種、外国人との交流など様々なテーマのイベントがあります。

イベントによって参加費は異なりますが、500~1000円程で参加でき、たくさんの異性とチャットルームで交流が可能です。主に恋活・婚活を目的に参加する男女が多いので、オンラインを通じて出会いを広げたい方にピッタリ。

出会いを求めている方はWebカメラを購入したら参加をおすすめします!

5. おわりに

今回はリモートワークやオンライン飲み会などの利用でおすすめのWebカメラをご紹介しました。

Webカメラは画質も違えば、オートフォーカスやマイク内蔵、調光など機能性、価格も異なるので、トータルで見て自分に合うものを選ぶことが大事です。

ご紹介したカメラはビジネスとプライベートのどちらでも使いやすく、画質も機能性も優れている商品ばかりです。

リモートワークやオンライン飲み会などのためにWebカメラが欲しいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

  • ライフスタイル

    外出せずに楽しめる! オンラインで博物館が楽しめる注目のサービス5選

    schedule2020.06.19

  • ライフスタイル

    ネットでの人間関係にもう悩まない! オンラインで人とうまくつきあう方法

    schedule2020.06.13

  • ライフスタイル

    カフェトークの使い方とは? 趣味も学びも自宅で気軽にオンラインレッスンしよう♡

    schedule2020.05.27