婚活&恋愛コラムiVERY

色んな恋のカタチに注目!「年の差・逆年の差」の恋愛や結婚って実際どうなの?

恋活・恋愛

恋活・恋愛

昨今、芸能人の結婚などで注目を集めることが多くなった「年の差婚」。

「年齢に大きな差がある者同士の結婚」を指しますが、年齢が離れているからこそ「穏やかな関係でいられる」「頼れる」「甘えられる」などの声も聞こえています。

そこで本記事では色々な恋のカタチに注目! 今回は「年の差・逆年の差※」の恋愛や結婚事情について調べてみました。

※定義づけられているわけではありませんが、本記事では「年の差=年上男性×年下女性」、「逆年の差=年上女性×年下男性」として表します。

1. 男女の結婚観から見る「年の差・逆年の差」婚

色んな恋のカタチに注目!「年の差・逆年の差」の恋愛や結婚って実際どうなの?

株式会社リンクバルが行った『結婚観調査』(20~49歳の結婚を希望する未婚男女1,120名が対象)によると、「年の差・逆年の差」への意識は以下のようになりました。

<男性>

  • 20代男性の6割が年上女性を結婚相手の対象に
  • 30代男性の約2割、40代男性の6割以上が11歳以上の「年の差婚」を希望

<女性>

  • 20代女性の約6割が年上男性との結婚を希望
  • 30代女性は結婚相手の年齢の希望なし
  • 20代女性のおよそ2人に1人が6歳以上の「年の差婚」を希望

未婚男性の回答から見えること

20代男性の6割以上が(「年齢の希望はない」という回答も含む)「年上女性」を結婚相手として考えていることが分かりました。

年上女性を希望する男性の意見には

  • 落ち着いているから
  • 精神的に安定している人に憧れる

などが挙げられます。

ただ興味深いのが、年齢が上がるにつれて「年下女性」を結婚相手として希望する人が増えていくこと。30代では約2割が、40代では6割以上が11歳以上の「年の差婚」を希望しています。

未婚女性の回答から見えること

一方、未婚女性は年齢が下がるにつれて「年上男性」を結婚相手として希望する人が増える傾向にあります。

「年上男性」を希望する20代女性の意見には

  • 大人の余裕がありそう
  • 頼りになりそう

など、頼れる大人像を求めていることが分かります。

また30代、40代女性の半数近くは「年齢の希望はない」と回答しています。

11歳以上の「年の差婚」については20代、30代女性の10人に1人が希望しているという結果に。

回答した女性からは

  • 話や波長が合えば年齢は気にしない
  • 年齢は特に関係ない

という意見があがっています。

男性は年齢が上がるにつれて「年下女性」を、女性は年齢が下がるにつれて「年上男性」を結婚相手として希望しているのを見ると、「年の差・逆年の差」婚が珍しくなくなったのも理解できますね。

2. 年の差・逆年の差のメリット・デメリット

色んな恋のカタチに注目!「年の差・逆年の差」の恋愛や結婚って実際どうなの?

とはいえ、「年の差・逆年の差」ならではのメリット・デメリットがあるのも事実。

「年の差・逆年の差」に踏み切る前に「年の差・逆年の差」あるあるを知っておきましょう。

メリット

相手が年上の場合、

  • 甘えられる・頼りになる
  • 経済的に安定している
  • 穏やかで喧嘩が少ない

相手が年下の場合、

  • リードできる
  • 小さな欠点も許せる
  • 自分も若々しくいられる

などのメリットがあります。年齢が近いと価値観の違いなどで衝突した際、大喧嘩に発展しやすい人もいることでしょう。

でも年の差があると、特に相手が年上の場合には、若い人同士の大喧嘩のようにはならないようです。

デメリット

年の差が安定した関係を築いてくれることもありますが、デメリットを生み出すことも。

相手が年上の場合

  • ジェネレーションギャップがある
  • 妊娠・出産にハードルが生じる
  • 老後の生活に不安が生じる

相手が年下の場合

  • 相手を頼りなく感じることがある
  • 対等な関係を築きにくい

などがデメリットとして挙げられます。

年の差を感じさせない関係になれば、いくつかのデメリットは乗り越えられるはずです。

ただ、妊娠・出産や老後には年の差による壁が立ちはだかることでしょう。子供や老後の生活については2人で話し合う必要があります。

3. 結婚の決め手は「年の差」じゃない!?

色んな恋のカタチに注目!「年の差・逆年の差」の恋愛や結婚って実際どうなの?

筆者は2歳差の男性と結婚したため、年の差婚ではありません。

ですが、筆者の両親や知り合い夫婦には7歳、9歳の年の差があります。でも彼らを見ていると、決して先で紹介した「年の差・逆年の差のメリット・デメリット」に100%当てはまっているわけではなく、「結婚した人にたまたま年の差があった」ように感じられます。

彼らの姿を見ていると、結婚の決め手は年の差ではなく、

  • その人と人生を共に歩みたいかどうか

なのだと感じます。

デメリットで紹介したような、妊娠・出産、老後の話題については話し合う必要がありますが、年の差だけが結婚の決め手になることはないはずです

4. まとめ

調査結果をもとに、「年の差・逆年の差」の恋愛や結婚事情について紹介してきました。

男女ともに年の差婚を望む人は少なくありません。ただ、実際に年の差婚をした人たちを見ていると、年の差だけが結婚の決め手ではないように思えます。

「年の差・逆年の差」婚が珍しくなくなりつつある今だからこそ、気になるお相手との結婚を望むのであれば、年の差ではなく、その人自身を知ることを大切にしてくださいね

 

【調査概要】
調査タイトル:結婚観調査
対象    :20~49歳の未婚男女1,120名(男性470名、女性650名)
調査期間  :2019年9月13日(金)〜16日(月・祝)
調査方法  :machicon JAPAN会員へのwebアンケート

  • アニメ好き
    恋活・恋愛

    ひと夏の恋で終わらせないためにすべきこと3つ

    schedule2016.07.25

  • <男性向け>「彼女が欲しい!」と思った時にすべきこと
    恋活・恋愛

    「彼女が欲しい!」と思った時にすべきこと

    schedule2019.08.26

  • 京都の出会いスポットは? 恋活におすすめのツール&イベントをご紹介
    恋活・恋愛

    京都の出会いスポットは? 恋活におすすめのツール&イベントをご紹介

    schedule2019.02.27

  • 人気記事ランキング

    カテゴリ

    出会いの場

    全国の婚活パーティー

    主要都市の婚活パーティー

    北海道・東北の婚活パーティー
    関東の婚活パーティー
    北陸・甲信越の婚活パーティー
    東海の婚活パーティー
    近畿の婚活パーティー
    中国・四国の婚活パーティー
    九州・沖縄の婚活パーティー