婚活女性必見! 男性が萎えてしまう意外なポイントとは? 実例をご紹介

婚活の末に素敵な男性と出会い結婚に至る女性。どれだけ婚活しても出会いを次に繋げられない、残念な女性。この違いはどこにあるのでしょう? 実は男性から見て、残念な婚活女性には共通点があるのです! ここでは男性が婚活女性に萎えた瞬間について、ご紹介してきましょう。

筆者の友人であるAくんの協力を得て、複数人の婚活男性からアンケートを取りました。驚きの結果とは…!? そちらを反面教師にすることで、素晴らしいご縁に結びつくはずです…☆ 

婚活女性に萎えてしまう瞬間

お会計問題

お会計問題

「最初から奢るつもりだったけれど、お会計の際に鞄から財布すら出さないのはちょっと…… 出してもらう気満々なのが伝わってくると、途端に萎えてしまう」 (30代 会社員)

永遠のテーマであるお会計問題でヘマをすれば、次のお誘いがなくなってしまうことも。婚活女性は奢りかどうかで相手をジャッジするにしても礼儀として、レジの前では財布を触る素振りくらいは見せた方がいいですね。

「ランチ代を出したのに、お礼もなかった。奢られて当たり前の態度は、絶対無理」 (20代 自営業)

婚活女性の多くは、お会計を男性に持って欲しいと思っています。しかし、当然としてそれは当たり前ではありません。奢ってもらったのに感謝の1つもなければ、次もありませんよ。

「割り勘を提案したら、露骨に嫌な顔をされた」 (30代 会社員)

繰り返しになりますが、婚活女性は奢られたい生き物。そこで男気をはかることも多々あるでしょう。良い大人のデートなのに、確かに割り勘はガッカリ度が高いかもしれません。

それでも露骨に落胆を見せるのは、残念な婚活女性。素敵婚活女性になりたいなら、どのような場合でも大人な対応が求められます。

ちなみに、本当はお金持ちだしケチでもないのに、わざと割り勘を申し出る男性もいます。このような男性は相手結女性がお金目当てではないか見極めるために、割り勘した時の反応を見ているのですよ。まれにあるパターンだと覚えておいて下さい。

若作り

「マッチングアプリで知り合った女性との初デート。待ち合わせで相手が誰か分からなかった! 加工しすぎで萎えた…」 (40代 教職員)

結婚相談所ならば、プロのカメラマンが撮影した写真をプロフィールとして使うことが多いでしょう。しかしマッチングアプリは、ほとんどの人がスマホでの自撮りをプロフィール画像に設定します。

少しでも良く見せたい女心で、加工した写真をアップしてしまうことも珍しくありません。むしろそちらの方が多いのではないでしょうか?

しかしそれでは実際に会った時の落差が半端ないです。写真で釣れても次に繋がらないなら意味はないので、加工はほどほどに。

「5歳年下女性とのデートでウキウキして待ち合わせ場所に行くと…… 自分より年上かと思われる女性とのデートが待っていた(涙) 絶対にサバ読んでる!」 (30代 会社員)

マッチングアプリなどの場合、年齢を偽る婚活女性もいます。いずれバレるのに、どうして年をごまかすのでしょうね? 年齢うんぬんと言うよりは、その浅はかさが男性を萎えさせてしまうのです。

マナーが悪い

「待ち合わせで見た彼女はプロフ通り、見た目がタイプど真ん中。清楚で美人で愛想が良くてパーフェクト、と思っていたら……めっちゃクチャラーで、無理だった」 (40代 公務員)

どれだけ見た目が良くても、マナーが悪ければ幻滅されてしまうと言うこと。婚活女性は自分磨きを頑張っている人が多いですよね。外見ばかりではなく、内面も同時進行で磨いていかなければなりません。

「デートも楽しく、次の約束をしようとしていたのに…… 帰り際の店員に対しての態度が最悪だった。本当は性格悪いんだと怖くなってしまって、結局次の約束もせずに解散しました」 (20代 自営業)

お店のスタッフに対して上から目線の客、必ずいますよね。婚活女性は、ターゲットの男性だけに良い顔をしていれば成功と言うわけではないのです。他人に対しての振る舞いこそが、本当の姿を映し出す…… 男性はその辺もしっかり見ていると覚えておきましょう。

喋らない、無愛想

「どれだけ話題を振っても全然会話が続かない! 何だかホスト役を必死にしているみたいで、ただ疲れただけだった」 (30代 会社員)

婚活デートで緊張してしまうのは当然のこと。うまく言葉が出てこないこともあるでしょう。とは言え、会話の全てを相手に丸投げしてしまうのは酷と言うもの。男性もまた同じように緊張しているのですから、歩み寄りが大切です。

「恥ずかしがり屋で可愛いなと思っていたけれど、終始無言は辛すぎる。せめて楽しそうに笑ったり、相槌を打ってほしい」 (40代 教職員)

緊張から会話が弾まなかったり続かないのは、仕方のないこと。しかし、ほとんど何も喋らなかったり「はい」ばかりでは男性もかわいそうですよ。初対面での会話が苦手ならば、「ペットは?」「ご趣味は?」など相手に質問したり、「私は〇〇ですが、あなたは?」と聞き返したりするのも良いでしょう。

「無表情で、とにかく怖い……。無愛想過ぎて、つまんないんだなってすぐ分かった」

婚活女性は次に繋がらないデートを粗末にし過ぎです。婚活慣れしてしまうとジャッジが厳しくなりがちなので、気をつけましょう。つまらないと感じてもそれを態度に出してしまうなんて、大人の女性として失格ですよ。

まとめ

まとめ

以上、男性が婚活女性に萎えてしまう瞬間をご紹介しました。実際のエピソードなので、ぜひ参考にして下さい! 「こうならない」ように、素敵婚活女性を目指しましょう☆ 

Written by みなみ

みなみの他の記事を読む