マンネリ知らず♡ 仲良し夫婦がやっている愛情表現4つ

結婚したら夫婦円満な家庭を築きたいものですよね。しかし、きちんと愛情表現をしないと冷めきった関係の家庭になってしまいがちです。愛情表現をしっかりすることで、仲が良い夫婦になれます。仲が良い夫婦は、どのような愛情表現をしているのでしょうか?

今回は、仲が良い夫婦がしている愛情表現をご紹介していきます。夫婦円満を目指している人は、参考に目を通してみてくださいね。

仲が良い夫婦がやっている愛情表現とは

仲が良い夫婦はどんな愛情表現をしているのでしょうか? 仲良し夫婦がしている愛情表現を紹介していきます。

好きな気持ちを言葉できちんと伝える

夫婦でいる時間が長くなると、「好き」や「愛してる」を伝える機会が減ります。伝える際に恥ずかしさが生じることも。

しかし、いくら相手を好きでも、きちんと言葉にしないとその気持ちは伝わりません。スキンシップで気持ちを伝えるようにしていても、やはり言葉で伝えてくれる嬉しさがあります。

また、言葉にしない夫婦はすれ違いをしやすいです。好きな気持ちを言葉できちんと伝えることで、信頼関係を築きやすく、すれ違いも起こりにくいです。仲が良い夫婦は、好きな気持ちを言葉できちんと伝えています。

スキンシップをとる

手をつないだりハグをしたりといったスキンシップは、夫婦が仲良しでいるのに必要不可欠です。

スキンシップをとらない夫婦は関係が冷めやすいですが、スキンシップをとる夫婦は夫婦円満でい続けやすいです。仲が良い夫婦は、毎日適度にスキンシップをとっています。

感謝の気持ちを大切にする

仲が良い夫婦は、感謝の気持ちも大切にしています。仕事・家事・育児をしてくれるパートナーに対し、感謝の気持ちを忘れません。「いつもありがとう」「お疲れ様」と感謝の気落ちを伝えます。

感謝の気持ちを大切にしない夫婦は、仲が悪くなりやすいです。感謝の気持ちを大切にして円満な夫婦関係を築きたいものですね。

パートナーを褒める

「可愛いね」「かっこいいね」など相手を褒めるのも愛情表現の1つです。一緒に住んでいるうちに相手を褒める機会って、減ってしまいますよね。

しかし、ふとした時に見せる表情やスポーツをしている時などに「可愛いね」「格好いいね」と褒めてみてください。褒められることで、これからも可愛く・格好良くいようと相手のモチベーションアップや自信にもつながります。仲が良い夫婦は、このようにしてパートナーとの距離を縮めています。

仲良し夫婦になる秘訣!

パートナーを褒める

これから仲良し夫婦を目指したい人のために、仲良し夫婦になる秘訣を紹介します。

夫婦2人の時間を作るようにする

子どもがいて2人きりの時間が作れない場合、夫婦でスキンシップをとるのはなかなか難しいですよね。子ども優先になって、夫婦の時間は後回しになってしまいます。

しかし、夫婦関係を良くしたいなら2人きりの時間を作ることも大切です。月に何度か2人で過ごせる時間を作ってみましょう。家で一緒にまったり過ごしたりデートをしたり、2人の時間を作って愛情を深めてみてください。

一人で過ごす時間も大切にする

いくらお互い仲が良くても、一人で過ごす時間を作って息抜きをすることも大切です。自分の趣味に没頭したりあえて何もせずゴロゴロしたりして過ごす時間もかけがえのないものです。

こうした一人で過ごす時間があることで、2人で過ごす時間がより宝物になります。「仲良くしたいから1日中一緒にいる」のではなく、「仲良くするために一人で過ごす時間も大切にする」ことを意識してみてください。

近状報告をする

仲良し夫婦は、相手が今どのような環境にいるのかを把握しています。今会社でどのような立場や状況にいるのか、何か困っていることはないのかなどを知るために近状報告をしましょう。

そうすることで、お互いのことを把握して労わる気持ちを持つことができます。「今、仕事が大変な時期だから落ち着いてから旅行しよう」「何か手伝えることある?」など、相手を気遣った言動ができるようになりますよ。

おわりに

近状報告をする

良好な夫婦関係を築くためには、愛情表現が必要です。仲良し夫婦は、しっかりと愛情表現をして2人の関係を深めています。好きな気持ちを言葉できちんと伝えたり、スキンシップをとるようにしたり、感謝の気持ちを大切にしたりしています。

また、時にはパートナーを「可愛いね」「格好いいね」と褒めることも大切です。仲良し夫婦になれるよう、記念日をお祝いしたり夫婦2人の時間を作るようにしたりするところからスタートしてみてくださいね。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む