いい加減うんざり。「だらしがない妻」の幻滅ポイント6つ

妻との生活には楽しい瞬間がたくさんありますが、時にはちょっとがっかりすることもありますよね。

「こんなはずじゃなかったのにな」と、結婚する前を懐かしく思いながら、現実の結婚生活に肩を落とすこともあるのではないでしょうか。

この記事では、そんな妻のガッカリ行動と男性心理のほかに、夫婦円満になる方法について、心理カウンセラーのわたくし千桜ミモザが解説をしていきます。

「だらしなすぎる!」と男性が思う、妻の決定的な行動3つ

部屋の片付けをしないこと

部屋の片付けをしないこと

妻が部屋を散らかしたまま放置することは、男性にとって大きなストレスの原因となります。

特に、共同生活をしている場合、整理整頓は重要な要素ですよね。男性にとって、部屋が整っていることは心の平穏に繋がります。

仕事を終えて一日の終わりに疲れて帰宅した際、リビングが散らかっているとその疲れがさらに増す気がしませんか?

逆に、片付いた部屋に戻ると、リラックスできて気持ちも落ち着くはずです。部屋の片付けができていないと、生活の中での摩擦が増える原因にもなりますよね。

探し物が見つからない時は、イライラしたり、掃除が行き届かずに衛生面での問題が発生したりします。

これらは共同生活をする上で、避けたいトラブルのひとつです。

男性にとっては、部屋が整っていることが基本的な安心感をもたらす要素となるため、妻が部屋を片付けないことは決定的な「だらしなさ」と感じるのです。

時間にルーズなこと

妻が約束の時間に遅れることや、計画を立てているにもかかわらず適切な時間に行動しないことも、男性にとっては不快な点です。

時間にルーズな行動は、計画が狂う原因となり、男性にとって大きなストレスを引き起こします。

例えば、デートや家族のイベントに遅れてしまうと、楽しい時間を台無しにしてしまうことがあります。

また、仕事のスケジュールが詰まっているときに時間にルーズな行動をされると、全体の進行に影響を及ぼす可能性もありますよね。

時間を守ることは、信頼関係を築く上でも非常に重要です。男性は、時間を守ることで相手に対する敬意を示していると感じるからです。

逆に、時間にルーズであることは、その敬意が欠けていると受け取られることがあるはず。

自己管理をしない

自己管理をしない

妻が健康や外見の面で自己管理を怠ることも、男性にとっては問題に映るのではないでしょうか。

食事のバランスを考えずにジャンクフードばかり食べることや、運動をしないでダラダラ過ごしたり……。

こうした妻の行動は、長期的に見ると健康に悪影響を及ぼして、生活の質を低下させる要因となります。

男性にとって、妻が自己管理をしっかりと行っている姿は魅力的ですよね。

健康的な食事を心がけたり、定期的に運動をしたりすることで、妻自身の健康が保たれるだけでなく、家庭全体の健康意識も高まるからです。

自己管理が欠如したままでいると、生活習慣病のリスクが増えたり、家庭内の雰囲気が悪化したりすることも。

「小さなだらしなさ」と男性が思う、妻の些細な行動3つ

洗濯物を畳まないこと

妻が洗濯物を畳まずにそのまま放置することは、ストレスを感じることにつながります。

洗濯物が片付かないと、部屋が雑然とした印象になり、生活の中での小さなイライラが積み重なる原因に……。

洗濯物を畳むことは小さな手間で済む作業ですが、その効果は大きいです。

整った洗濯物は見た目でも気持ちが良く、家全体の雰囲気を向上させるからです。

男性にとっては、こうした小さな行動の積み重ねが、生活の質を大きく左右する要因となるため、洗濯物を畳まないことは妻へ「小さなだらしなさ」と感じます。

食器を洗わないこと

食器を洗わないこと

妻が食器を洗わずに台所に放置することも、男性にとって気になる点です。清潔な環境を保つためには、食器を洗うことは不可欠なはず。

洗うべき食器がたまっていくと、台所全体が不衛生になるだけではなく、料理をする気持ちが削がれてしまうことにも。

清潔な台所は、家庭全体の健康を守るためにも重要です。

食器をすぐに洗うことで、食べ残しや汚れが固まる前に清掃でき、結果的に掃除が楽になりますよね。

男性にとっては、こうした日常の小さな努力が、家庭全体の快適さに直結するため、食器を洗わないことは「小さなだらしなさ」と感じてしまうでしょう。

自分勝手な買い物をすること

妻が買い物リストに書かれているものを無視して、自分の好みで買い物をすることも、男性にとっては些細なだらしなさのひとつとなります。

買い物リストは、必要なものを計画的に揃えるための手段です。

だからこそ、リストに基づかない買い物をされることで、結果的に無駄な出費や必要なものの買い忘れを招くことにもなりかねませんよね。

計画的な買い物は、家計を管理する上でも重要です。買い物リストに従うことで、無駄な出費を抑え、必要なものを確実に揃えることができるからです。

男性にとっては、こうした計画性が生活の安定をもたらすため、買い物リストを無視することは「小さなだらしなさ」と感じるのですよね。

だらしがない妻との生活を乗り越えるには歩み寄りが必要!

妻との生活には楽しい瞬間がたくさんありますが、時にはがっかりすることもありますよね。

例えば、部屋が片付いていなかったり、時間管理が甘かったりすると「だらしなさ」を感じてしまいますよね。

洗濯物を畳む、食器を洗う、買い物リストに従うといった行動は、日々の生活をスムーズにし、お互いの気持ちを軽くするにもかかわらず、それができていないのを見るとストレスに繋がることも。

ただ、だからといって妻を一方的に責めたりするのは、二人の距離を作ることになり、歩み寄るチャンスを遠ざけてしまいます。

人を変えることは不可能ですが、状況を変えることは100%可能です。

これらの改善したいポイントをシェアしあって、お互いの立場を尊重し合うことで、より良い共同生活が築けるきっかけにすればいいのです。

毎日の生活をさらに豊かで楽しいものにするために、歩み寄って協力し合っていきましょう。

Written by 千桜ミモザ

育ちの違いは結婚に悪影響? トラブルの原因になる「育ちの違い」3つ ▶

千桜ミモザの他の記事を読む