誘っても断られる…人から嫌われたと感じる瞬間とその後の対処法とは

はっきりとした原因が分からずとも、「もしかしたら嫌われているかもしれない……」と感じたことがある人もいるのではないでしょうか? 人それぞれ考え方は異なりますが、どうにかできるのであればどうにかしたいと思う人もいるはずです。

そこで今回は、嫌われたと感じる瞬間やタイミング、人から嫌われた時の対処法、その後の関係についてご紹介します。どのように接していけば良いか分からず悩んでいる人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

人から嫌われていると感じる瞬間やタイミングとは

一緒にいるの嫌だわ…育ちが悪い女性の特徴4つ

これまで仲良くしていた友達から避けられるようになったり、無視されるようになったりした経験があるという人もいるのではないでしょうか?

前触れがある場合もありますが、突然冷たい態度を取られる可能性もあります。ここでは、嫌われていると感じる瞬間やタイミングをご紹介します。

誘いを断られる、誘われなくなった

以前までは飲みに行こう、買い物に行こうと誘った際には快くOKしてくれていたにも関わらず、今まで通り誘っても断られるようになった場合、相手から嫌われている可能性が高いです。

何か理由があったとしてもそれは拒絶していることに変わりありません。LINEなどで聞いた場合、「まだ予定が分からない」「その日は予定が入りそう」といったメッセージが送られてくることもあるようです。

以前までは頻繁に連絡を取り合っていたとしても、急に返信速度が遅くなった場合、相手は何か思っていることがある可能性が高いです。

また、自分以外の誘いをOKしているのであれば、確実に嫌われていると言っても過言ではありません。その逆もあります。仲の良いグループや職場など、同じコミュニティにいるのにも関わらず、自分だけ誘われていない場合、嫌われているかもしれません。

自分に接する時の態度が他の人と違う

他の人と話す時と態度が全く違う場合、相手から嫌われている可能性が高いです。あからさまに態度に出している人は、嫌っていることを察してほしいと考えているため、伝わりやすいようにしているのかもしれません。

また、態度に出るタイプの人は愛想笑いをする傾向にあります。

会話が続かない

相手は会話をする気がないため、こちら側から話題を振っても話は全く広がりません。いつも一方的になっている気がする人は、もしかしたら嫌われている可能性があります。

相手は自分に対して一切興味を持っていないため、話題を投げかけてくることもありません。また、そのような相手は2人きりで話す機会を避けています。

どう対処すれば良いのか?

会話が続かない

人から嫌われているかもしれないと気づいた場合、どのように対処するのが良いのでしょうか?

ここでは、嫌われていることが分かった時の対処法についてご紹介します。悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

まずは原因を考える

相手の気持ちに気づいた場合、まずは原因を考えるところから始めてみましょう。原因を知ろうとしない限り、いつまで経っても状況は改善できません。何が嫌われる原因だったのか知りたいのであれば、一度自分の行動を振り返ってみてください。

また、原因が分かればどのように対処すれば良いかも見えてくるため、必ず初めに原因を考えましょう。

上手く受け流す

原因は何だったのかと考えることも重要ですが、相手から悪口や嫌味を言われているとしたら、上手く受け流すのも有効的な対処法です。嫌われている原因が相手の性格の悪さによるものである場合もあるため、あまり気にしないようにするのがおすすめです。

上手く受け流していればそのうち自然と気にならなくなるので、実践してみてください。

本人に直接聞く

勇気がいることかもしれませんが、モヤモヤした気持ちでいたくない人は自分を嫌っている本人から、なぜ以前までと様子が違うのか直接聞いてみましょう。面と向かって直接聞くのが難しいのであれば、LINEで聞いてみるのも一つの手段です。

今後の関係性

本人に直接聞く

一度嫌われると関係に亀裂が入ってしまうため、今後どのように接していけば良いか分からず悩んでいる人もたくさんいます。相手との関係を断ち切る人や関係を修復する人など人それぞれ違いますが、今後の関係性は本人次第です。

人間性を疑うような相手であれば関係を断っても良いかもしれませんが、以前のような良好な関係を築きたいのであれば、努力して関係を修復するのも一つの選択肢としてあります。ただ、自分が無理をしていると感じる場合は関係性を改めた方が良いかもしれません。

おわりに

本人に直接聞く

今回は、嫌われていると感じる瞬間やタイミング、適切な対処法、今後の関係性についてご紹介しました。たとえ誰かに嫌われていたとしても、自分自身の価値が下がるわけではありません。

関係を修復するという選択肢もありますが、自分を好いてくれる人を探すということも非常に大切です。この記事を読んで心当たりがある人は、一度自分と向き合ってみましょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む