一緒にいて癒される人の14の特徴|癒すためのポイントも紹介!

「癒される」と感じる人にはどんな特徴があるでしょうか。本記事では男性にも人気の高い癒される人の特徴についてご紹介します。癒し系の人の特徴は外見・行動だけでなく、考え方にも特徴があります。癒し系を目指す人は早速特徴をチェックしてみましょう。

男性が女性と一緒にいて癒されるときはどんな時?

男性が女性と一緒にいて癒されるときはどんな時?

たとえば女性が素敵な笑顔を見せたり、自分のことを立てたりすると、男性は自尊心が高められ、前向きな気持ちになり癒されたと感じるでしょう。

上記のような相手に何かを与える行動が癒しに繋がることもありますが、自分自身が幸せになることでも相手に癒しを与えることができます。本記事では、一緒にいて癒される人の特徴や、癒されない人の特徴もご紹介します。

一緒にいて癒される女性が人気の理由

男性は癒してくれる女性が好きですが、人気の理由はストレスが和らいだり、幸せな気持ちになったり、疲れが吹き飛ぶなど良い影響を与えてくれるからです。

現代社会では、時折くたびれたり落ち込んだりするときもありますが、そんなときに癒される女性は、男性の心の拠り所となるでしょう。癒し系の女性は結婚のパートナーとしても人気です。下記では癒される人の特徴を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

一緒にいて癒される人の14の特徴

一緒にいて癒される人の14の特徴

一緒にいて癒される人には共通点があります。たとえば平和主義だったり、男性の話を聞くのが上手だったり、男性を頼ることが上手などです。また感情的にならない・相手との程よい距離感があるなど大人の余裕を持つことも大切です。

下記では一緒にいて癒される人の14の特徴をご紹介します。

1:言葉遣いが柔らかい

言葉遣いを工夫して癒しを与えましょう。男性は物腰の柔らかい言葉遣いの女性と話すと癒されやすいです。反対に、トゲがあったり口が悪かったりすると、ストレスが溜まりやすくなることが多いです。

「なんで?」という言葉を「どうして?」に置き換えるだけでも、かなり柔らかい印象を与えることができます。

2:笑顔が素敵

男性は女性の笑顔を見ると癒されると感じます。癒される以外にも好感が持てたり、楽しい気分になったり、幸せな気持ちになったりなど女性の笑顔が男性に与える影響は良い面がたくさんあります。

笑顔と言っても作ったような笑顔ではなく、自然な笑顔が好感を持たれます。笑顔が素敵だなと思う女性芸能人などを参考にし、魅力的な笑顔にはどういった特徴があるのかチェックしてみましょう。

3:話を聞いてくれる

男性は、自分の話を聞いてもらいたいという気持ちがあり、女性がうなずきながら楽しそうに話を聞いてくれるだけで、癒しを感じてくれます。

「好かれるために何をしよう」と考える方が多いですが、実は男性の話を聞くだけで良い場合もあり、話下手な人でも実行しやすいでしょう。

男性の話を途中で遮ったり、意見を対立させたりすることなく、相手の気持ちに寄り添い話を聞くことが大切です。

4:男性を立ててくれる

男性を立てるというのは、男性の自尊心を高めるような行動のことを指します。たとえば、知人や家族がいる場面で男性のことを褒めたり、仕事で遅くなることで自分との時間が少なくても理解を見せることも男性を立てることに繋がります。

男性を立てることで、一緒にいて心地良い癒しを与えられる彼女になれます。また男性を立てる言動を続けていくことで、男性側にも余裕が生まれ、女性に対してもやさしい気持ちで接してくれるようになるでしょう。

5:前向きな性格

彼氏が悩んだり悲しんだりしているとき、彼女のポジティブな性格に癒されることは多いです。「こんなことで悩んでいても仕方ない」と思わせるような言動を無意識のうちにとっているので、あっという間に彼氏を元気付けられるのです。

また、男性が落ち込んでいるときに癒しを与えることで、「落ち込んだら会いたくなる彼女」になることもできます。弱っているときに頼りにしてくれる彼氏がいると、自分に自信を持つことができ、さらにポジティブに物事を考えられるようになるのです。

6:おおらかで心が広い

おおらかな女性の特徴として、何事にも少し早めの行動でゆとりを持てたり、相手との異なる考え方を受け入れられたりできるなどが挙げられます。

おおらかな女性は、ほんわかとした温かい印象を与え、その存在が仕事での疲れを癒し、そして「また明日も頑張ろう」という気持ちにさせてくれます。また、このような癒しを与えてくれる女性は、良き人生のパートナーとして結婚を考える男性も多いです。

7:イライラしていない

イライラなどの負のエネルギーは、怒りの気持ちが強いほど、自然と周りにも伝染してしまうものです。周りにイライラしている人がいると「近寄りたくないなと」思ったことはないでしょうか。

男性にとって、安定しておだやかな女性には癒しを感じ、自然体で良いお付き合いをすることができます。

たとえ彼氏にドタキャンされても「何か事情があったんだろう」と思考を変換し、イライラの感情を自分でコントロールできる大人の女性になれるよう努力しましょう。

8:好奇心旺盛で無邪気

策士な女性は男性をキュンとさせることが得意ですが、計算していることがバレたときに関係が悪くなることも少なくありません。その点、無邪気で好奇心旺盛な女性は素直さが魅力であるため、自然な可愛さや愛おしさを感じさせてくれるのです。

さらに無邪気な女性は裏表がなく、表情や言動で思っていることが分かりやすいので、男性側も必要以上に気を遣わなくて済みます。彼女といるだけで疲れてしまう男性も多いため、「気を遣わなくてもいい」というポイントは癒される彼女の特徴と言えるでしょう。

9:頼ることが上手

男性に頼ることが上手な女性は、男性の自尊心を高め、一緒にいて心地良い女性と感じられやすいです。

たとえその頼る行動が計算に見えたとしても「頼ってくれたことがうれしい」と感じる男性もいます。高い荷物がとれない、ペットボトルの蓋が開けられないなど、男性が簡単にできそうなことからお願いしてみてはいかがでしょうか。

また、頼って男性が何かしてくれたときは「ありがとう」と笑顔で言うことができるとさらに印象が良くなります。

10:さり気なく気を遣ってくれる

気を遣うのが得意な女性は多いですが、男性側は気を遣われると「悪いな」と思ってしまいます。しかし、一緒にいて癒される彼女はさり気なく気を遣ってくれるので、男性が罪悪感を感じることがありません。

たとえば彼氏が疲れていた場合、「今日はお家デートの気分だから」と出かける予定をさり気なく変更してもらうのです。疲れているときは誰しもゆっくりしたいと感じますが、デートの約束をしていたにもかかわらず断るのは気が引けるでしょう。

そんな彼氏の気持ちを汲みとり、まるで自分の意見のように主張することで、彼氏に癒しを与えているのです。

11:尽くし過ぎない

好きな男性には「なんでもやってあげたい」という気持ちから、尽くし過ぎてしまうことがあります。良かれと思ってとったその行動は男性にとって「重たいな」という気持ちを与えてしまうこともあります。

たとえば彼氏の言いなりになる、自分の意見を言わない、彼氏のために身の回りの世話をできるだけするなど、彼氏中心の生活となってしまわないように気をつけましょう。

また彼氏に尽くすことが当たり前になってしまうと、自分の人生なのにいつの間にか自分が脇役となってしまいます。言いたいことは言う、やりたいことはやるといったようにしっかりとした意思を持つ女性になることが大切です。

12:自分自身が幸せ

周りを気にし過ぎず自分の人生を謳歌している女性は、そのポジティブな魅力に癒されるでしょう。

そもそも癒されるというのは、生活している中でのストレスやネガティブな気持ちを忘れさせてくれるようなことを指します。

癒される女性は、一緒にいるだけで幸せな気持ちになったり、ストレスも和らいだりするでしょう。そんな女性になるには自分自身が幸せであることが大切です。

13:余裕がある

心に余裕がないとイライラしたり、ネガティブになったり、自分は不幸だと思ったり、上記で紹介したような癒される女性にはなるのは難しいでしょう。

人生はいろいろなことが起こりますが、余裕を持って落ちていて対応できるような女性は人間力があり、周囲を安心させ、結果的に癒しを与えられる存在になります。

心に余裕やゆとりを持つためには、自分自身のために時間を使ったり、深呼吸をしたり、他人と比較せず、自分と向き合う時間を設けることが大切です。

14:自然体で過ごせる

相手を癒せる女性は「癒してあげよう」とは思っておらず、むしろ自然体のまま行動していることがあります。

相手のために何かしてあげなければいけないという気持ちは、自己満足な行動になってしまい、かえって相手に気を遣わせてしまったり、重たいと思われたりしてしまいます。癒される女性になるには、自然体を意識しましょう。

一緒にいて癒されない人の特徴4つ

一緒にいて癒されない人の特徴4つ

次に一緒にいても癒されない女性の特徴をご紹介します。癒される女性とは逆で、ネガティブ思考で甘え上手とワガママを勘違いしているようなタイプです。自分自身に当てはまるところがないかチェックしましょう。

1:束縛をしてしまう

相手を縛り付ける行為は、いつか必ず関係を悪化させてしまいます。癒しを与える彼女になりたい場合は、必要以上に束縛をしないようにしましょう。

束縛をしないと不安という方は、自分のためだけの時間を設け、自分を大切にしてみましょう。たとえば趣味に没頭したり、大切な友人との時間を作ったりすれば、悪い意味で彼氏に依存している自分を変えられるかもしれません。

2:ネガティブ思考

彼氏を疲れさせてしまう原因として、ネガティブな性格というのも挙げられます。先ほどもご紹介したように、癒しを与える彼女の特徴は「前向きな性格」です。彼女のネガティブ思考は、彼の不安や悩み、悲しみを膨張させることも少なくありません。

もちろん、一緒に悩んでくれる人がいると安心することもあるでしょう。しかし、基本的には悩んでいる人よりも楽観的に、ポジティブに考えるようにすると良いバランスがとれることが多いです。

彼がネガティブになっているときは、そっと寄り添って前向きな言葉をかけてあげるようにしましょう。

3:かまってちゃん

彼氏の気持ちや都合を考えずに甘えたり、自分を見てほしいからと言って泣いてしまったりすると、男性は疲れてしまいます。

かまってちゃんに歯止めが利かなくなると、男性を困らせるような行動が癖になってしまい、最終的に別れを告げられてしまうことも少なくありません。

癒し系彼女を目指す場合は、かまってちゃんを止め、適度に甘えるようにするのがおすすめです。

かまってちゃんが止められない場合も、自分の好きなことに打ち込む時間を作ってみてください。彼がいなくても生きていけるという自信をつければ、彼へ依存している場合でも自立が可能になるはずです。

4:いつもイライラしている

いつも怒っていたりイライラしていたりすると、そのネガティブな感情は周囲にも伝わってしまいます。

またイライラしている女性と一緒にいると疲れを感じ、彼氏は離れていってしまうこともあります。仕事を頑張った彼氏を疲れさせないために、自分の感情をコントロールできるようになりましょう。

一緒にいて癒される人になるためのポイント6つ

一緒にいて癒される人になるためのポイント6つ

最後に一緒にいて癒される人になるためのポイントを6つご紹介します。

癒される女性になるために必要なことは、自分の気持ちに正直になることです。相手に対して気を使い過ぎてしまい、自分の感情を押し込めてしまうとあなたの魅力が相手に伝わりません。下記でポイントを学んでいきましょう。

1:自分の感情をコントロールする

癒される人は、感情の波が少ないです。自分の感情をコントロールできるようになりましょう。

ストレスを感じて感情的になってしまいそうなときは、紙などにその感情を吐き出すように書きましょう。紙に書くことで出来事や気持ちを客観的に分析でき、落ち着くことができます。また日記を毎日つけることで、自身の感情の波を知ることができます。

2:ストレスをためない

ストレスがたまってイライラしていると、相手を癒すどころか周りを不快にさせてしまうことがあります。ストレスをためないように、十分な睡眠をとったり、美味しいものを食べたり、好きな音楽を聴いたりなど、自分が心地良いと思うことをしましょう。

ストレスをためないように、自分自身と向き合う時間を作ることを意識すると良いでしょう。

3:相手を褒める

一緒にいて癒される女性は、自分の話をしたときに肯定し褒めてくれる人です。社交辞令のように「かっこいいね」「すごいね」などとは言う必要はありませんが、さり気なく相手を褒めることを意識しましょう。

4:気持ちに余裕を持つ

いつも焦っていたり、自分のことで手一杯の人に周りを癒せるでしょうか。癒される人になるには、気持ちに余裕を持つことが大切です。生活の中に深呼吸や瞑想をとり入れたり、自分肯定感を高める本を読んだり、自分の心をほぐしてあげる習慣をつけると良いでしょう。

5:甘え上手になる

一緒にいて癒される人になるためには、甘え上手になりましょう。まずは、相手が得意でできることをお願いしてみましょう。また相手に時間があるタイミングをきちんと見計らうことも大切です。やってもらえたら「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。

6:ありのままの自分を見せる

癒される女性になるには、ありのままの自分を見せるようにしましょう。相手に気を使い過ぎて自分のやりたいことを制限したりせず我慢しないことが大切です。

相手の様子を伺い過ぎてしまうより自分の意思がある女性のほうが、周りにも素敵に映るでしょう。そしてありのままの自分でも良いんだと思う心の余裕も持つことができます。

一緒にいて癒される人の特徴を知ろう

一緒にいて癒される人の特徴を知ろう

一緒にいて癒される人の特徴を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

一緒にいて癒される女性になるには、上記のような行動をとることも大切ですが、まずは自分自身が安定した状態を保つことを心がけましょう。相手のために何をするかではなく、自分が幸せでいるための行動をとること、それが結果的に癒される女性になることに繋がります。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む