好きな人を嫉妬させる16の方法! 失敗しないためのコツなど多数紹介

好きな人の気持ちを確かめたり、マンネリ気味の関係を打破するには、男性の嫉妬心を活用すると良いでしょう。男性は嫉妬すると隠そうとしても態度に現れるものです。しかし、やり過ぎると逆効果になります。好きな人を嫉妬させる方法を上手く実践することが大切です。

(目次)

嫉妬の効果3つ

嫉妬の効果3つ

嫉妬といえばネガティブなイメージを持つ人も少なくありません。しかし、嫉妬は恋愛を成就させ彼氏との絆を強くするには、非常に大切な要素です。

ただし、嫉妬の効果を正しく理解していなければ、単に「愛されたい」といった気持ちを好きな人に押し付けることにもなりかねません。彼氏に嫌われてしまわないためにも、ここでは嫉妬の効果について考えてみましょう。

1:恋愛対象として意識してもらえる

大好きな人と友達以上恋人未満である場合、嫉妬心を上手く利用することで恋愛対象として意識してもらえます。恋愛には何かの「きっかけ」が必要です。

何らかのきっかけによって、今まで友達だと考えていた人を恋愛対象として意識することはよくあります。ただし、きっかけを待っているだけでは、好きな人に恋愛対象として意識してもらうことはできません。

そこできっかけとしたいのが「嫉妬心」です。好きな人の嫉妬心を刺激することは、恋愛対象として意識させるには最適な方法だといえます。

2:告白のきっかけが作れる

男性は女性が想像する以上に嫉妬深いものです。好きな人に恋愛対象として意識してもらえるようになったら、告白のきっかけ作りに嫉妬心を刺激してみましょう。

例えば「合コンに誘われたけどどうすればいい?」といった具合に、相手が嫉妬しそうなことを相談するのがコツです。ただし「やり過ぎ」は逆効果です。程よい加減で相手の反応を見てみましょう。

3:愛情を再確認できる

異性間で抱く嫉妬の感情は、相手に対する好意があるからこそ生まれるものです。したがって、嫉妬は愛情を再確認できる効果があります。

しかし、いくら好きな相手でも新鮮な感情を維持し続けることは難しいものです。特に関係が長くなるとマンネリになってしまうことも少なくありません。適度な嫉妬心は2人の関係に程よい刺激を与えてくれるスパイスだといえるでしょう。

嫉妬のリスク3つ

嫉妬のリスク3つ

嫉妬は好きな人との関係を進展させる効果がある反面、方法を間違えると逆効果になるリスクも秘めています。相手を嫉妬させることで失敗しないためには、嫉妬のリスクを把握しておくことが大切です。

あらかじめ嫉妬のリスクを把握しておけば、回避する方法も準備できます。好きな人を上手く嫉妬させるために知っておきたい、嫉妬のリスクについて考えてみましょう。

1:嫌われる可能性がある

嫉妬心は誰もが持つ感情ですが、嫉妬させられることを嫌う男性は少なくありません。嫉妬は心を掻き乱される感情です。自然と生まれた嫉妬心であれば納得できても、嫉妬させられることは納得できないと考えるのは当たり前だといえます。

したがって、嫉妬させたい時には「嫉妬させようとわざと行動していること」を相手に悟られないことが大切です。また、頻繁に嫉妬させようとしないよう心がけておきましょう。

2:「軽い」と思われる可能性がある

好きな人を嫉妬させようと、他の男性と仲良くしていると「軽い」と思われる可能性があります。男性は本気で付き合う女性には安心感を求めることから、軽い女性は敬遠しがちです。

女性からすれば嫉妬をさせるつもりであっても1度「軽い」と思われると、なかなか払拭することはできません。嫉妬をさせるために他の男性と仲良くする方法は、避けた方が無難だといえるでしょう。

3:他に好きな人がいると誤解される可能性がある

男性は意外とナイーブな生き物です。恋愛対象として意識している女性が他の男性と仲良くしていると、その男性のことが好きなのだと誤解される可能性があります。

例え誤解であっても、他に好きな男性がいると思い込んでしまうと男性の気持ちは急速に冷めてしまいかねません。嫉妬心を煽るにしても、好きな人に誤解を与えないよう他の男性と仲良くすることは避けた方が無難です。

片思いの相手を嫉妬させる9つの方法

片思いの相手を嫉妬させる9つの方法

片思いの相手を嫉妬させる目的は「恋愛対象として意識させること」です。目的が曖昧なまま片思いの相手を嫉妬させようとしても上手くいきません。

言い換えれば、目的にマッチした方法で嫉妬させることが大切だといえます。ここでは、片思いの相手を嫉妬させる最適な方法について考えてみましょう。

1:連絡や誘いを一旦やめて引いてみる

好きな人からの連絡や誘いを一旦断って、距離を置いてみるのも嫉妬させる方法の1つです。特に友達関係が長く続いているなら、男性に恋愛感情を認識させる良い機会になります。

男性から連絡や食事などの誘いがあるなら、少なくとも「気になる人」であることは間違いありません。そこから1歩関係が進まないなら、好きな人の背中を押す必要があります。

いつもと違う対応を行うことで男性はあなたの存在を強く意識することになるでしょう。ただし、断り続けるとそのまま自然消滅になることもあるので注意が必要です。

2:グループでいる時に2人きりでいる時より楽しそうにする

男性は女性と一緒にいる時、2人きりでもグループでも楽しそうにしているかをチェックしています。常に女性を楽しませたいと思うのが男性の本能です。

恋愛対象として意識しないまでも気になる女性であれば、なおさらだといえます。この男性心理を利用して、2人きりでいる時よりグループでいる時に楽しそうにしてみましょう。

脈がある男性ほど嫉妬心を搔き立てられ、恋愛感情に気付く可能性が高くなります。ただし、グループとはいえ他の男性と仲良くする方法はNGです。また、好きな男性と時折目を合わせるとより効果的だといえます。

3:好きな人と違うタイプの男性の話をする

好きな人と話していると「好みのタイプ」について話す機会があります。この時、好きな人とは違うタイプの男性の話をしてみましょう。

脈がある男性は少なからず「好かれたい」「好かれているかも」と思っていますから、予想とは異なる発言に嫉妬心が芽生えます。

ただし、具体的な名前をあげるのは避けましょう。特に2人の共通の男友達の名前をあげると誤解の元になりかねません。あくまでも抽象的な表現に止めておくのが無難です。

4:他の男性からもアプローチされていることを相談する

他の男性からアプローチされているなら、思い切って片思いの人に相談してみるのも1つの方法です。脈ありの男性であれば、彼自身の気持ちを再確認するきっかけとなるでしょう。

ただし、男性によっては例えあなたに好意があっても「俺は幸せにできない」と考え、身を引いてしまう人もいます。特に2人の共通の友人である場合、男性は相手と自分を比較しがちです。

したがって、相談する時には「困っている」ことを伝えましょう。「迷っている」と思われると逆効果になることを忘れてはなりません。

5:LINEの連絡をすぐに返さずしばらくしてから返す

LINEは恋愛には欠かせないコミュニケーションツールです。片思いの人からLINEがあれば、すぐに返信したくなるのは致し方ありません。しかし、時にはすぐに返さずしばらくして返してみましょう。

予定調和が崩れた時「嫉妬心」は生まれます。いつもはすぐに返ってきていたLINEが返ってこないと、男性は途端に不安になり嫉妬心が煽られるでしょう。ただし、時間を置いてから返すことは忘れないことが鉄則です。

6:相手を教えずに「明日遊びに行く」と言ってみる

片思いの人からスケジュールを聞かれた時、相手を教えずに「明日遊びに行く」と言ってみるのも男性の嫉妬心を煽るには効果的です。

敢えて相手を教えないことで、男性は相手が誰なのか想像します。特にあなたのことが気になっていれば「彼氏かも」と想像して不安になるでしょう。

相手が誰なのか聞いてきたら、相当脈があると考えられます。ただし、あまり強情にならず、素直に女友達であることを告げておきましょう。

7:女友達と遊んでいても男性がいるように匂わせてみる

少し高度なテクニックですが、女友達と遊んでいても男性がいるよう匂わすのも効果的です。例えば、女友達との飲み会の最中に好きな人からLINEが入ったら、電話で「帰ったらLINEするね」と連絡しておきます。

敢えて電話することで、飲み会の雰囲気が伝わりますから「男性がいるかも」と思わせましょう。脈ありであれば、LINEを待っている間、嫉妬心を煽ることとなり恋愛感情を気付かせることができます。

8:他の男性のことを褒めてみる

男性は女性から「褒められたい」という気持ちを強く持っています。そこで、敢えて好きな人の前で他の男性を褒めてみましょう。褒められた男性のことを認めつつも、少なからず嫉妬心が芽生えます。

ただし、褒める相手は好きな人がライバル視している男性、もしくは後輩などが適当です。例えば、芸能人や著名人などを褒めても単なるファンだと思われスルーされてしまいます。

好きな人を軽く嫉妬させるには、身近な存在がベターです。ただし、好みのタイプではないことを忘れず伝えておきましょう。

9:元カレの話題をしてみる

いろいろな方法を使っても、なかなか片思いの人が嫉妬してくれない場合、元カレの話題をしてみると効果的だといえます。男性は気になる人の「過去の恋愛」に非常に敏感です。

無意識のうちにライバル視し「勝ちたい」「負けられない」と思っています。そこで、女性から元カレの話を聞かされると、一気に嫉妬の炎が燃え上がるでしょう。

ただし、楽しい話題ばかり話すのは逆効果です。楽しい話題を話した後は辛かったことを話し、さりげなく好きな人のことをフォローしましょう。

恋人を嫉妬させる7つの方法

恋人を嫉妬させる7つの方法

恋人を嫉妬させるには、片思いの相手とは異なるアプローチが必要です。ただし、お互いの性格もよくわかっているだけに、方法を間違ってしまうと喧嘩になることもあります。

恋人を嫉妬させる目的はマンネリを打ち破り、2人の関係を再確認することです。嫉妬をさせることが目的ではないことを心得ておきましょう。

1:休日の予定を埋め尽くす

彼氏との予定を決めてから、空いている日に友人との約束を取り決める方は多いですね。

嫉妬させたい時は、先に友人との約束を決めてしまいましょう。彼氏に誘われた場合はもちろん、「その日は予定がある!」と断ってください。「いつもは俺を優先してくれるのになんで?」と不安になってくれますよ。とにかく忙しくしておくのがポイントです。

2:新しい趣味を作る

今まで興味がなかったものに取り組むのもおすすめ。休みの日に習い事に通うのが効果的かもしれません。安心しきっていた彼は、他のことに興味を持ち始めた彼女から目が離せなくなるはずです。

彼以外に興味を持つことで、自分の人生も豊かになりますし、彼からの愛情も再確認できますよ。

3:異性について相談する

ご飯やデートに誘われたことだけでなく、男友達からの何気ない相談なども効果的です。ご飯やデートに誘われたことを相談する場合は、「彼氏がいるって言ってるのに……」という言葉を付け加えてください。

彼氏の存在を隠していると思われてしまうと、喧嘩に発展してしまう可能性が高いです。あくまでも彼氏のことが1番ということをさりげなく伝えるのが重要です。

4:突然イメチェンしてみる

髪型や色を変えてみたりピアスを開けてみたりすると、彼を動揺させることができます。事前に報告すると効果が半減してしまうので注意してください。

できれば、一目見てわかるような変化が望ましいです。しかし、痛みを伴うピアスに気付いた時の驚きは2倍以上でしょう。

5:1人の時間が欲しいと伝える

自分だけの時間が欲しいと伝えることで、彼の動揺を誘えます。男性は単純なので、自分が1番でないと納得できません。優先順位の1番を自分にすることで、1番になりたい彼からのアピールが期待できるはずです。

6:SNSを利用する

TwitterやInstagram、LINEを使って嫉妬させるテクニックです。お酒と男友達の写真をSNSにアップし、いわゆる匂わせを狙います。もちろん、男友達の顔は写さないように注意してください。

花束やプレゼントの写真でも十分な効果が得られるはずです。文字を入れる場合は、相手の名前を出さずに「ありがとう」などの言葉を添えましょう!

LINEを利用する場合は、誤送信を装ったテクニックが使えるかもしれません。相手の名前は出さずに、敬語などで文章を作ってみましょう。「大丈夫ですか? ありがとうございました! 」などのシンプルな文でも効果的です。

7:デート中に匂わせしてみる

デート中に「これ食べたことある!」などの発言は元彼を連想させます。深く語らないのがポイントで、あくまでも「食べたことあるだけですよ」という雰囲気を意識しましょう。

わざと元彼を思わせる発言をすると喧嘩になってしまうこともあります。そのような場合は「勘違いだった!」と言えば事なきを得られるかもしれません。

【脈あり】嫉妬した男性が見せる態度5つ

【脈あり】嫉妬した男性が見せる態度5つ

好きな人を嫉妬させたら、しっかりと態度を見極めましょう。男性は嫉妬すると態度に出やすいものです。つまり、男性の態度を見ていると「脈あり」か否かが容易にわかります。ここでは嫉妬した男性が見せる態度を紹介します。

1:機嫌が悪くなる

嫉妬をする男性に多くみられる態度が「機嫌が悪くなる」ことです。少し言葉が乱暴になったり、八つ当たりしたりするのは致し方ありません。

ただし、余りにも言動がひどいようであれば、お付き合いは考えものです。嫉妬心の強い男性は独占欲が強く、お付き合いを始めると厳しく束縛されることも少なくありません。機嫌が悪くなる男性はしっかりと見極めることが大切です。

2:そっけない態度をとる

友達以上恋人未満の関係だと、そっけない態度をとる男性も少なくありません。例えば「他の男性と仲良くしないで欲しい」と言いたくとも、男性の立場からすれば「恋人ではないし……」といった想いが先に立ってしまいます。

その結果、そっけない態度をとってしまうのです。男性がそっけない態度をとり出したら、脈ありの可能性が高いといえますが、あまり茶化したりせずしばらく様子を見ておきましょう。

3:不貞腐れる

男性は嫉妬心を相手に悟られたくないと思っても、ついつい不貞腐れるなどの態度に出てしまうことがあります。特に気になる女性が相手であれば、気を引きたいために不貞腐れることも少なくありません。

不貞腐れてるなと感じたら、少し彼を誉めてみましょう。次第に機嫌も良くなりますし、あなたに対する想いを強くすることも期待できます。

4:距離を置こうとする

嫉妬すると急に「会いたい」と言ってくる男性がいますが、反対に相手と距離を置こうとする男性も少なくありません。距離を置こうとする男性の特徴は、比較的ネガティブな発想を持っているタイプです。

嫉妬の対象が「自分より上」だと感じると「自分は彼女にふさわしくない」と思ってしまいます。そのままにしておくと自然消滅もあり得るので、女性から連絡をとりましょう。

5:我慢して特に顔に出さない

男性は嫉妬していることを自ら認めたくありません。ましてや気になる女性には絶対に知られたくないとの心理が働くのが一般的です。そのため、嫉妬心を我慢して特に顔に出さないよう努めます。

しかし、女性からすると比較的わかりやすいので「我慢してるな」と感じたら脈があるといえるでしょう。ただし、男性の我慢している様子を指摘したり、茶化すのはNGです。

【脈なし】嫉妬した男性が見せる態度

【脈なし】嫉妬した男性が見せる態度

好きな男性を上手く嫉妬させたとしても、必ず振り向かせることができるわけではありません。嫉妬させることによって「脈なし」が明らかになることもあります。

女性からすると残念な結果です。しかし、事前に脈がないことがわかれば、諦めもつきやすくなるでしょう。ここでは、嫉妬しても脈がない男性が見せる態度を紹介します。

他の異性との恋愛を応援される

好きな人に嫉妬させようと他の男性と仲良くしても、反対に応援されることもあります。脈がある男性は少なくとも応援することはありません。

男性からすれば悪気はなく、純粋に応援しているだけです。嫌われているわけではありませんから、友達関係を続けてチャンスを待つのも1つの方法だといえるでしょう。

興味を持たれずに冷やかされる

好きな人に嫉妬されるどころか、興味を持たれずに冷やかされる場合は「脈なし」だといえます。嫉妬させようと他の男性の話をしても「彼のこと好きなの?」と冷やかすのは、あなたに対してではなく「恋バナ」に興味があるだけです。

あなたに対して興味があれば、平静を装ってもわかります。深追いはせず、少し様子を見るのが得策だといえるでしょう。

好きな人を嫉妬させる時のNG行動6つ

好きな人を嫉妬させることに成功しても、その後の対応を間違ってしまうと逆効果になることもあります。場合によっては喧嘩別れになることもあるので注意しましょう。

まず、心得ておきたいのは「男性は嫉妬させられること」は本意ではないという点です。ここでは、好きな人を嫉妬させる時に知っておきたいNG行動について考えてみましょう。

1:「嫉妬してる?」と直接聞く

男性は嫉妬心が見透かされることを極端に嫌うのが一般的です。特に気になる相手には知られたくないと思っており、気付かれないよう装います。したがって「嫉妬してる?」と直接聞くのはNGです。

直接、男性に聞くと自尊心を傷つけてしまうことも少なくありません。男性に嫉妬をさせる目的は「相手に恋愛感情を気付かせる」「愛情を深める」ことであることを心得ておきましょう。

2:しつこくやり過ぎる

好きな人を嫉妬させることに成功すると、相手の気持ちをコントロールできた気持ちになってエスカレートしがちになります。しかし、しつこくやり過ぎるのはNGです。

男性は嫉妬させられることに気付くと、自尊心を傷つけられ喧嘩になることも少なくありません。嫉妬は恋愛のスパイスであり、ほどほどに止めておくのが得策です。

3:相手が好きだというフォローをしない

好きな人を嫉妬をさせた後は、フォローをするのを忘れないようにしましょう。嫉妬をさせた相手が好きだというフォローをしなければ、男性の方が「脈がない」と勘違いします。

嫉妬させた後は、いつもより愛情表現・行動を取り相手の気持ちを和ませることが大切です。しっかりと相手の気持ちを和ませることで、初めて嫉妬をさせた意味があると心得ておきましょう。

4:約束を守らない

彼とデートの約束をしている場合は、無理に他の人を優先する必要はありません。なかなか会えない友達ならまだしも、できるだけ約束は守った方が良いです。

また、キャンセルの連絡を入れずに約束を放置するのもNGです。一般常識を守らなければ、彼に呆れられてしまうので注意してください。

5:嘘ついてしまう

嘘がバレてしまうと、信頼関係が崩れかねません。信頼関係を元に戻すのはとても大変なので注意しましょう! なるべく真実だけを使って彼を動揺させるのがポイントですよ。

6:浮気を疑われるようなことをする

男性を利用するなら必ず仲のいい友達に協力してもらいましょう。いつでも身の潔白を証明できるようにLINEなどのやり取りも残しておくと安心です。また、自分から浮気を疑われるような発言もNGです。必要以上に彼を傷つけることになってしまうので注意してください。

好きな人を嫉妬させる方法を上手く実践しよう

好きな人を嫉妬させる方法を上手く実践しよう

好きな人を振り向かせたり、マンネリ気味の恋愛関係を打破するには、男性の嫉妬心を上手く活用すると良いでしょう。男性は好きな女性に嫉妬させられると、隠そうとしても態度に出てしまうものです。

つまり男性に嫉妬をさせることで、相手の気持ちを高めたり確認したりすることができます。ただし、男性は嫉妬させられることを望んでいません。したがって、好きな人を嫉妬させる方法を上手く実践することが大切です。

Written by 早紀

魅力的だけど浮気の心配が…!八方美人な男性が浮気しやすい理由4つ ▶

早紀の他の記事を読む