婚活&恋愛コラムiVERY

結婚できる年齢差はどこまで? 後悔しない年の差婚のポイント

婚活・結婚

婚活・結婚

年の差というと1~3歳を想定する方が多いと思いますが、5歳以上も年が離れたカップルは少なくありません。では、一般的に理想とする年の差婚とは何歳までなのでしょうか?

恋愛に年齢差はあまり関係ないとされていますが、その年齢の違いが時に夫婦生活に障害をもたらすケースもあります。年の差婚で後悔しないためにも、メリット・デメリットや心掛けたいことをご紹介しましょう。

1. 結婚できる理想の年齢差はどこまでOK?

結婚できると考える年齢差は人によって様々です。過去の資料となりますが、国が2015年に実施した出生動向基本調査(独身者調査)の結果では、理想の年齢差の上位5位は次の結果となっています。

【女の子の場合】

・1-2歳年上…29.6%
・同年代…28.4%
・3-4歳年上…20.6%
・5-6歳年上…12.0%
・7歳以上…5.6%


【男性の場合】

・同年代…41.8%
・1-2歳年下…14.9%
・5-6歳年下…14.5%
・3-4歳年下…12.0%
・7歳以下…8.5%

 

調査の結果から女の子は1歳または2歳の年上男性が最も理想の年齢差としており、全体的に同年代もしくは年上男性を好む傾向があります。

ただし、7歳以上となると割合が大きく下がるようで、理想は1~2歳、大きく離れても5~6歳までと考える方が多いようです。

一方、男性は同年代が圧倒的に割合を占めていますが、全体的に年下を好む傾向も結果から分かるでしょう。

1~2歳が2位ですが、ほぼ同じ割合で5~6歳と答えた人もいます。7歳以下の割合は減るので、男性の場合は1~6歳までの年下が理想の年齢差であると考えられるでしょう。

2. 年の差婚のメリット・デメリット

年の差婚にはメリットもあれば、デメリットも存在します。結婚をしてから後悔しないためにも、年の差婚のメリットとデメリットを確認していきましょう。

3. メリット

喧嘩になりにくい

結婚できる年齢差はどこまで? 後悔しない年の差婚のポイント

年齢が近いと些細なことでも衝突しやすい傾向にあります。しかし、年齢差があると夫婦のどちらかが大人であるため、喧嘩が大きくなりにくいカップルが多いのです。

喧嘩が少ないので、円満な夫婦関係を築きやすいところが大きなメリットですね。

頼りやすい

年上男性はもちろんですが、年下の彼氏も意外に頼れると答える女の子は多いようです。頼れる男性に年上や年下はあまり関係ないと言えるでしょう。

経済的に安定しやすい

主に年上の男性は自分と比べて年齢の分、社会経験が多く経済的に安定しているケースが多いです。経済力を決定打にする人は多いので、経済的な不安が少ない点が安心して結婚に至れるメリットの1つですね。

4. デメリット

ジェネレーションギャップの差

結婚できる年齢差はどこまで? 後悔しない年の差婚のポイント

年齢差が大きいほどジェネレーションギャップが大きく、話題が合わなかったり、会話が続かなかったりする可能性があります。そこから仲違いをしてしまう可能性もあるでしょう。

子どもへの焦り

自分が年上であれば、出産年齢が気になるのではないでしょうか? 年下の夫にまだ子どもが欲しいという意思がなければ、出産の適齢期を過ぎてしまう可能性があります。

一方、年上の男性が夫の場合、年齢によっては子どもの成長と定年時期のタイミングに関する悩みが考えられますね。

老後生活への不安

年の差が大きいほど、どちらか一人が一足早く老後を迎えます。そのため、老後の生活に対する不安が年の差婚のデメリットと言えるでしょう。誰でも想像できることなので、早いうちから将来の準備をしておくことが大切です。

対等な立場を築きにくい

年の差のせいで夫と対等な立場を築けない場合があります。年上の夫の場合は主導権が握れず、年下の夫であれば世話を焼き過ぎてしまい母親のような立場になってしまうケースは多いのです。

5. 年の差婚で後悔しないためのポイント

年の差婚では現実的に避けられない問題も多く、中には結婚を失敗したと後悔する人も見られます。幸せな年の差婚を実現するためにも、カップルが意識したいポイントをご紹介しましょう。

お互いの価値観を認め、受け入れること

結婚できる年齢差はどこまで? 後悔しない年の差婚のポイント

年齢に関係なく価値観はそれぞれ異なります。年の差婚は生きてきた世代が違う分、より価値観の違いは大きいでしょう。

しかし、良好な夫婦関係を長続きさせるためには、お互いの価値観を認め、受け入れてあげることが大切ですよ。まずはお互いに考えていることや理想を話し合い、価値観を深めていきましょう。

子どもや将来の計画をしっかり立てる

年の差婚は子どもや老後の生活に関する不安が挙げられるので、価値観と合わせて夫婦生活の将来を計画していきましょう。

子どもを生むなら何歳までにしたいのか、老後はどのように暮らしたいのか大雑把にでも決めておけば、将来に対する不満は少なくなります。

自分磨きにも力を入れよう

年の差夫婦の中には親子に見られたり、パートナーは同年代に目移りしたりといった不安も存在します。

しかし、常に美容や健康、知識、教養といった自分磨きを心掛けていれば、見た目の差は埋まりパートナーが目移りする心配は少なくなりますよ。

知人に紹介されても恥ずかしい思いをしないためにも、惜しまず努力しましょう。

6. おわりに

年齢差のある結婚には様々な障害がありますが、夫婦が努力して歩み寄る姿勢が重要と言えます。メリットとデメリットを理解し、ご紹介したポイントを意識して幸せな夫婦生活を築いていきましょう。

  • 運命の人,見分け方
    婚活・結婚

    すぐに分かる!婚活で「運命の人」を見分ける方法7つ

    schedule2017.01.09

  • 【婚活ブログ】【婚活漫画】喪女の体当たり婚活記・第23話「写メを送る」
    婚活・結婚

    【婚活漫画】喪女の体当たり婚活記・第23話「写メを送る」

    schedule2017.11.23

  • <タウン>男女ごとの再婚率ってどのくらい? 年々増加しているの?
    婚活・結婚

    結婚できる人は○○だった! 結婚できる人、できない人の特徴とは

    schedule2019.10.24

  • 人気記事ランキング

    カテゴリ

    出会いの場

    全国の婚活パーティー

    主要都市の婚活パーティー

    北海道・東北の婚活パーティー
    関東の婚活パーティー
    北陸・甲信越の婚活パーティー
    東海の婚活パーティー
    近畿の婚活パーティー
    中国・四国の婚活パーティー
    九州・沖縄の婚活パーティー