転職求人サイトdodaの調べによると、30代の平均年収は452万円と言われています。

実際、年収450万円ではどのような暮らしができるのか気になるところですよね。

特に女性の場合、「結婚相手が年収450万円だったら、どんな生活が待っているんだろう……」と、そんな風に考えることもあるでしょう。

今回は、年収450万円の男性と結婚した際のリアルな生活事情をご紹介したいと思います。

1. 月に使えるお金はいくらくらい? 振り分けてみました!

気になる月の手取り額

あなたは年収450万円と聞いて、どう感じますか?「リッチな生活ができそう!」「やりくりしないと大変かも……」色々な意見があるかと思います。

実際のところ、年収450万円の月の手取りはいくらくらいになるのでしょうか。

まずは450万円を12カ月で割ると、ひと月当たり37万5000円となります。しかしこれは額面での数字!

この金額から社会保険料などが引かれていくのです。おおよそ2割くらいの金額が引かれるので、手元に残るのは約30万円ほど。

低い金額ではありませんが、決して高い金額ともいえないでしょう。この金額はボーナスなどの賞与も入れた平均的なものなので、ボーナス月以外はこの平均金額より少なくなります。

今回は手取り30万円でシュミレーション! 一体どのような生活水準となるのでしょうか。

家賃相場は約10万円

年収450万の男性と結婚したら……リアルな生活事情をご紹介

家賃の相場は手取り収入の1/3が理想と言われていますので、30万円の場合だと約10万円がベストな金額と言えます。

エリアによって相場が異なりますが、郊外や駅から距離のあるエリアを選べば問題ないでしょう。

他にも、3000万円台前半の住宅であれば月10万円程度のローン返済で購入することも可能!

セレブリティな住宅を選ばなければ、十分ではないでしょうか。

食費は5万円程度がベスト

夫婦での生活の場合、食費は5万円程度に収めるのが良いでしょう。

1日あたりの食事金額は1600~1700円、決して贅沢できる金額ではありませんが二人での生活なら十分です。

ご主人に愛妻弁当を作って持たせれば、食費を浮かせることができますね。他にもコンビニでの出費を押さえ、スーパーでの買い物を心がけていけば問題ない金額と言えるでしょう。

大量に作って冷凍保存、特売品に合わせたレシピを考えるなどの工夫をプラスすれば、月5万円の食費をより有意義に使うことができますよ!

水光熱費・通信費は月3万円に抑えて!

生きていく上で必要な水光熱費・通信費は月3万円を目指していきましょう。

特に通信費は格安SIMを利用すればグッと安くなり、家計を助ける救世主となること間違いなし!

水光熱費に関しては、無駄使いを徹底してやめることが大切です。こまめに電気や水を止める癖をつけるようにしましょう。

また、夏場は薄着、冬場は厚着といった服装の調整でも出費を抑えることができますよ。

被服費は3万円までがおすすめ

年収450万の男性と結婚したら……リアルな生活事情をご紹介る、モテない男性の服装の共通点をご紹介!

年収450万円を稼ぐ男性の多くが、役職につき始めています。そうすると、どうしても必要経費として掛かってくるのが被服費です。

新入社員と同じような量産型のスーツでは、格好がつかないことも多くなってくる為、ある程度の出費は覚悟しなくてはいけません。

一方奥さんの被服費は、男性の被服費の残りが充てられる感じになりますので、コストパフォーマンス重視のファッションとなります。

「有名ブランドの服が欲しい!」といった希望は、年収450万円の男性だと厳しいでしょう。

交際費・雑費は月3万円程度! 使用用途をメモしておこう

生活していると出費は何かとあるものです。

また、たまの贅沢で外食や旅行などもあるでしょう。そのような交際費・雑費は月3万円程度がベスト!

大きな旅行などを計画する際は、あらかじめこの月3万円の中から貯めておく癖をつけておくことをおすすめします。

予算オーバーを防ぐ為にも、使用用途をメモする癖を付けておくと良いでしょう。自分自身の振り返りにも繋がり、今後のやりくりに役立つこと間違いなしです。

貯金もしっかりと考えるのが大人です

年収450万の男性と結婚したら……リアルな生活事情をご紹介

今までピックアップしてきた出費を一覧にしてみました。

  • 家賃:10万円
  • 食費:5万円
  • 水光熱費、通信費:3万円
  • 被服費:3万円
  • 交際費、雑費:3万円

合計24万円となり、手取り30万円の場合、6万円が残る計算となります。「6万円残っているし、パーッと使っちゃおう!」はNG!

何かの為に貯金をしっかりとしておくのが大人の基本です。生活していると突然大きな出費があることは珍しくありません。

いざという時の為に、備えられるだけの貯金があると、心の余裕も大きく変わってきますよ。

2. 年収450万円の生活は意外とシビア!

今回は、年収450万円の男性と結婚した際の生活についてリアルに説明させていただきました。

あなたはこの内訳をみて、どう感じたでしょうか?

正直なところ決してリッチな生活を送ることはできません、しかし生活できないというわけでもないのです。

あなたがよりリッチな生活を望むのであれば共働きがベスト!

穏やかな生活で満足できるタイプであれば年収450万円でも十分でしょう。是非結婚相手を探す際の参考にしてみてくださいね!