婚活&恋愛コラム machicon JAPAN

婚活で真剣交際がしたいなら今すぐ実践すべきこと5つ

婚活で真剣交際がしたいなら今すぐ実践すべきこと5つ

公開:

# カップル # 出会い # 気になる人 # 結婚 # 見極め

仮交際できても、なかなか真剣交際まで至らないと不安が募りますよね。これからの婚活をもっと効果的に行いたい人もいるでしょう。

そこで、真剣交際できる相手を見つけるコツをご紹介します。

また、仮交際のうちに真剣交際へ向け意識することも解説するので、参考にしてみてくださいね。

1. 婚活における真剣交際とは?

仮交際を経た後に一人の相手と、結婚を前提に交際

婚活で真剣交際できる相手を見つけるコツとは? 仮交際のその先を目指そう!

婚活での真剣交際は、仮交際で何度かデートを重ねた上で、一人の相手と結婚を前提として真剣に付き合うことを言います。

仮交際は同時に複数人との交際が認められており、各相手とデートややり取りを重ねて、真剣交際したいか見極めます。

お互いが「この人が良い」と思えたら、真剣交際に進むことができるのです。

2. 婚活で真剣交際できる相手を見つけるコツ5つ

同時に複数人と仮交際をして選択肢を広げておく

婚活の成功率をあげる為には、母数を大きくするのがコツです。

その為、真剣交際できる相手を見つける確率をあげるには、仮交際をする相手を増やすのが近道と言えます。

仮交際は同時に複数人を相手にするのが認められている為、活用しない手はないでしょう。

人によっては「同時平行」に嫌悪感を抱くことがあるかもしれません。

しかし、仮交際は「交際」というものの、友達や知り合いと変わりはないのです。

お互いお試しの状態のなので、重く捉えないことが大切ですよ。

結婚観や将来のビジョンをハッキリさせておく

なんとなく婚活をすることほど、時間を無駄にしているものはありません。

婚活をするのであれば、結婚観や将来のビジョンなど、自分の考えをはっきりさせておきましょう。

年収や性格、習慣など、「これだけは譲れない」というものが分かっていれば、より効率的に婚活ができます。

もし、ぼんやりしか思い浮かばない人は、ノートなどに書き出して考えを整理すると見えてきますよ。

世の中の常識や教養を身に着けておく

真剣交際できる相手を見つけるには、賢くなりましょう。世の中の常識や教養を身に着けておくことで、男性を見極める目が養われます。

相手を見極められるようになれば、スムーズに真剣交際できる相手を見つけやすくなるでしょう。

また、常識や教養のある人は一緒に好印象を与えやすいです。もし男性が常識や教養のない人であればガッカリしますよね。

それと同じで、男性も女性に対し常識や教養を持つ人を求めているのです。

違和感を覚えた人とはダラダラ付き合わない

仮交際の初期の段階で違和感を覚えた人とは、長く付き合わずに次を探します。

違和感は付き合い続けても、引っ掛かりが残る為、ダラダラ付き合うのはおすすめできません。直感は大切にしましょう。

真剣交際の決断にも踏み切りづらい相手に時間を割くくらいなら、新たに相手を探す方が合理的です。

モテる人を見習う

実際にモテている人を見て、自分の服装や行動、表情、言葉遣いを直していくのも大切です。

例えば、服装は清潔感のあるものを意識する。行動や仕草はガサツにならないよう気をつける。

言葉遣いは丁寧にゆっくり話し、汚い言葉を使わない。など、モテる人から多くのことを学べます。

真剣交際はあなただけでなく、相手の合意も必要となります。その為、良いなと思える女性になる努力も大切でしょう。

モテる人を真似ることで、あなたの雰囲気が大きく変わるはずですよ。

3. 真剣交際へ向けて、仮交際で意識すること

お互いの結婚観や将来の話しを仮交際の時からする

仮交際から真剣交際へ繋げるには、仮交際のうちにお互いの話しをしましょう。

婚活を前提のお付き合いになる為、結婚観や将来のビジョンについての話が特に重要となります。

例えば、結婚をしてから専業主婦になるのか、共働きで暮らしていくのか、家事はどうしていきたいかなど、お互いの思いを正直に話します。

そうして、お互いが同じ方向を見て、二人で歩んでいけるかを事前に確認するのです。

真剣交際に進むと、新たな紹介は受けられなくなる

真剣交際は一人に絞って、結婚を前提にお付き合いしていくもの。

その為、結婚相談所では仮交際から真剣交際へ進むと、新たな紹介を受けられなくなります。

ですので、仮交際の段階で妥協をしないようにしましょう。

自分の心の声に耳を傾け、相手とのフィーリングを意識し、真剣交際を考えるのです。

仮交際も真剣交際も焦りは禁物

婚活だけでなく恋愛にも言えることですが、焦りは禁物です。仮交際も真剣交際も、焦らずにじっくりと相手を選びましょう。

人は焦ってしまうと判断を誤りやすくなり、後悔もしやすくなります。生涯を共にするパートナーを選ぶのですから、焦らずにじっくり考えましょうね。

4. 前向きな婚活をしよう

婚活をしていると、不安や焦りでネガティブになりがちです。しかし、負のオーラは相手の気持ちを下げてしまいます。

また、ネガティブであると自分で貴重な機会を逃す恐れも出るのです。婚活は前向きに、ポジティブに行いましょう。

仮交際でじっくり見定めた上で、真剣交際を考えることが大切です。

  • 婚活・結婚

    向き不向きがある! 専業主婦に向いている人の特徴3つ

  • 【婚活マンガ】その女、意識低い系につき婚活迷走中・一生どくしん
    婚活・結婚

    【婚活マンガ】その女、意識低い系につき婚活迷走中・一生どくしん