婚活&恋愛コラム machicon JAPAN

男受けする顔になりたい! 少しキツめの顔を柔らかく見せるテクニック

男受けする顔になりたい! 少しキツめの顔を柔らかく見せるテクニック

公開: / 更新:

#テクニック #モテ #恋愛 #男心

キリッとした印象の美人はクールでかっこいいですが、性格がキツく見られてしまうことがあります。そのため、癒し系に弱い男性からは距離を置かれてしまうことも……。

男受けしやすい柔らかい雰囲気を作るための方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1. 顔立ちを柔らかく見せるメイクテクニック

なだらかな曲線のふんわり眉

男受けする顔になりたい! 少しキツめの顔を柔らかく見せるテクニック

顔をキツく見せてしまう一番のポイントは眉。角度をつけた細眉だとどうしても尖った印象になるので、なだらかなラインの太眉に整えましょう。

アイブロウは、ペンシルよりもパウダーがおすすめ。粒子の細かいパウダーがふんわりと乗ることで、ソフトな印象を作り出してくれます。アイブロウの色は、髪色と同じか、やや明るいものが良いですよ。

また、左右の眉の間隔が近いと怒っているような顔になるので、気になる人は眉頭を少し剃ってみましょう。

 

アイラインは少し下がり気味に描く

アイラインを上に跳ね上げさせると顔がキツく見えるので、目尻の部分をやや下がり気味に描いてみましょう。黒目の上を少し太めにすると、目をぱっちり大きく見せる効果が期待できます。

アイラインの色は、黒よりもブラウンのほうがソフトなイメージに仕上げやすくなりますよ。

マスカラは、目頭の部分を控えめに、目尻の部分にたっぷり塗るようにすると、たれ目に近付けやすくなります。コーム型のものだとまつ毛がキレイに広がるので、使いやすく、華やかな雰囲気を出しやすいです。

色は、ブラウンやボルドーがおすすめ。深みのある色で、柔らかさを演出しながら印象的な目元を作りましょう。

 

アイシャドウはナチュラルな色でシンプルに

ファッション雑誌ではかなり濃い色のアイシャドウが人気色として紹介されていますが、どうやらそれは女の子に限ってのこと。男性からは「怖い」と敬遠されてしまうケースが多いし、濃すぎる色は顔をキツく見せてしまいます。

アイシャドウはベージュ、ブラウン、ピンクなどのナチュラルな色で、ごくシンプルに仕上げましょう。薄い色をアイホール全体に伸ばしたら、目頭の部分にアクセントとなる濃いめの色を入れ、目尻は中間色でふんわりぼかしてください。

 

ハイライトで目の下に涙袋を作る

ぷっくりと膨らんだ涙袋は、女の子をチャーミングに見せる力を持っています。人気のあるアイドルたちもこぞって涙袋メイクをしていますが、守ってあげたい雰囲気でかわいいですよね。

もともとの涙袋が少ない人は、明るい色のアイシャドウで作ることができます。白やベージュのアイシャドウを目の下に塗ったら、影となる部分に少しだけブラウンのアイシャドウを入れましょう。鏡で全体のバランスを見ながら、境目を綿棒で自然にぼかしたら完成です。

涙袋用に作られたペンシル、美容液、テープなども市販されているので、こうした便利アイテムもうまく取り入れてみてくださいね。

 

淡いカラーのチークで女の子っぽさをプラス

淡いピンクやオレンジなどのチークを使い、肌に血色の良さと女の子らしい華やかさをプラスしましょう。

頬の高い部分にちょんと乗せたら、顔の外側へ向かってふんわりとぼかします。手の甲で量を調節してから使うと、つけすぎを防いでナチュラルな表情がうまく作れますよ!

 

口角を上げてにっこり顔に

口紅を塗る時は、口角を上げるように描くとソフトな表情になります。色はピンク系で、かわいい雰囲気に。少しグロスでツヤを出してあげると、より女の子っぽいイメージに近付きます。

また、笑う時だけでなく、普段から口角を上げ気味にする癖をつけると効果的です。口角が下がっていると怒っているように見えて損なので、鏡を見て自然に口角を上げる練習をしてみましょう。

「イーウー」と発音することを繰り返すエクササイズも、表情筋を緩めることに役立ちます。

 

派手な顔立ちを柔らかく見せるメイクのポイント

もともと目鼻立ちがはっきりしている派手顔の人は、少し色を足しただけで「ケバい」と言われるような状態になってしまうこともあります。

濃い色のアイシャドウや口紅を使わず、できるだけ淡い色にするだけでも効果的ですが、他にも次のような点に注意してメイクをすると良いでしょう。

・ファンデーションは少しツヤの出るものを選ぶ。トラブルは下地とコンシーラーでカバーして、厚塗りを避ける

・もともと十分な毛量のある眉なら、余分なところを処理して、スクリューブラシで毛流れを整えるだけでOK

・アイライナーは、まつ毛の隙間を埋めることを意識して使う。太く引きすぎない。下まぶたのアイラインはなくてもOK

・マスカラはさらっと一度塗りで仕上げる。色は透明かブラウンがおすすめ

・チークはごく薄く。頬骨を強調しないようにする

 

2. キツい顔立ちを柔らかく見せるヘアスタイル

ワンカールのナチュラルミディ

男受けする顔になりたい! 少しキツめの顔を柔らかく見せるテクニック

毛先を大きくくるんとワンカールにしたミディアムヘアは、ふわふわと揺れる毛先がキツい顔立ちを柔らかく見せてくれます。髪の色も少し明るめのブラウンにして、柔らかい印象に仕上げましょう。

また、全体にくせ毛風のパーマをかけるのもおすすめ。落ち着いた印象でありながら柔らかさも感じさせるので、オフィスでも好感を持たれやすいです。

 

少しボリュームをつけたボブスタイル

パーマをかけて全体にボリュームを出し、ふんわりと仕上げたボブスタイルも、男性に人気の髪型です。上品なイメージなので、婚活パーティーにもおすすめですよ。

前髪は自然にふんわり下ろすと、お嬢様っぽくてかわいいです。

 

ルーズな動きをつけたショートヘア

髪色を少し明るくして、全体にふんわりとパーマをかけたショートヘアは、女の子っぽさと少年のような元気さがミックスされたモテヘア。アレンジしやすいので、コーデの幅も広がりますよ。

 

ストレートヘアにする場合の注意点

キツい顔立ちの人は、黒髪のストレートヘアにするとその特徴が際立ってしまいます。パーマをかけたりカールをつけたりすることに抵抗がある場合は、髪の色を少し明るくすると良いでしょう。

スタイリングも、根元から毛先までをまっすぐに伸ばしてしまうのではなく、全体を軽くブロウして自然な感じに仕上げてください。

クセが気になる場合は、ヘアアイロンで伸ばしてから毛先だけを内巻きに仕上げるとソフトな印象になります。

 

ルーズな編み込みヘア

髪全体をざっくりとルーズにまとめた編み込みヘアは、女の子っぽさ抜群のモテ髪。仕事中に髪をまとめる時にも、ぜひ使ってみてほしいアレンジテクニックです。

華やかさを出したい時は、リボンやバレッタで飾るとかわいいですよ。

 

3. パーソナルカラー診断がウィンターだった人におすすめの色

男受けする顔になりたい! 少しキツめの顔を柔らかく見せるテクニック

「パーソナルカラー診断」は、人間を肌・髪・顔のパーツなどで4つの種類に分けるもの。

四季それぞれの持つイメージと絡めて、スプリング、サマー、オータム、ウィンターと表現するのですが、透明感のあるなめらかな肌と意思の強そうな瞳、つややかな黒髪を持つ「ウィンター」の人は、キツく見られてしまうことが多いものです。

原色の洋服を着るとよく似合うのですが、ちょっと近付きにくい雰囲気になるので、ごく淡い色調のピンク、イエロー、ブルー、グリーン、パープルを選んでみましょう。

温かみのある色でも、オレンジ系は顔色をくすませてしまうので避けたほうが無難です。

この法則は、メガネを選ぶ時にも当てはまります。ウィンタータイプの人は、フレームが淡い色調のものをかけたほうが良いでしょう。

また、フレームの形はスクエアよりもオーバル型(たまご型)がおすすめ。フレームのフチの部分は、きゅっと上がったものよりも少し下がったデザインが良いです。

 

4. おわりに

キツい顔の女の子は年齢よりも落ち着いて見えるし、クールなイメージでかっこいいので、同性からは好かれやすいのですが、かわいい系の好きな男性からの受けはいまいち。

でも、メイク、髪型、ファッションに気を配ることで印象を柔らかくすることはできるので、ぜひ実践してみてください。

2つのイメージを自在に使い分けられるようになると、公私ともに役立ちそうですね。

  • モテる男,落とす
    ファッション・ビューティー

    【モテ期診断】クリスマスまでに恋人はできる?

  • 恋愛がうまくいく人といかない人の違いってなあに?
    ファッション・ビューティー

    恋愛がうまくいく人といかない人の違いってなあに?