婚活&恋愛コラム machicon JAPAN

彼女と交際3ヶ月目の注意点とは? 別れてしまうカップルの11の特徴

彼女と交際3ヶ月目の注意点とは? 別れてしまうカップルの11の特徴

公開:

#カップル #つらい恋 #マンネリ #別れ #恋愛の仕方

付き合い始めて3ヶ月目はカップルが別れやすい時期と言われています。しかし、事前に3ヶ月目に別れるカップルの特徴や付き合って3ヶ月目に注意すべき点などを把握しておけば、その壁を乗り越えることができます。

付き合って3ヶ月経っていないカップルは、それらの特徴や注意点を知っておくようにしましょう。

1. 彼女と付き合って3ヶ月は大事なタイミング?

付き合って3ヶ月ほどになってくると、お互いのことが徐々にわかってきます。相手のことがわかってくることで、嫌な部分も見えてくるようになります。また、付き合い始めてある程度の期間も経ったことで、気持ちの方も落ち着いてくるでしょう。

そのため、付き合って3ヶ月目くらいは認識や価値観などのズレ、気持ちの冷めなどを感じてしまいやすく、別れてしまいやすいタイミングでもあります。

その別れてしまいやすいタイミングを乗り切るには、付き合って3ヶ月で別れてしまうカップルの特徴や、3ヶ月目に注意すべきことなどを事前に把握しておくことが必要です。

2. 付き合って3ヶ月で別れてしまうカップルの11の特徴

付き合って3ヶ月目くらいはカップルが別れてしまいやすい時期となります。その時期を乗り越えられず、3ヶ月で別れてしまうカップルにはいくつかの特徴があります。

大好きな彼女と別れることなく長く付き合っていくためにも、その特徴にはどのようなものがあるのか把握しておきましょう。

1:デートがマンネリ化している

彼女と交際3ヶ月目の注意点とは? 別れてしまうカップルの11の特徴

付き合って3ヶ月くらいになれば、それなりの回数のデートをしているでしょう。もし、そのデートの行き先がいつも似たような場所であれば、彼女がデートにマンネリを感じてしまう可能性があります。

また、デートがマンネリ化すると、彼氏への気持ちも冷めてきて、付き合って3ヶ月で倦怠期に入ってしまうこともあります。倦怠期はカップルが別れる定番の原因であるため、別れの流れに繋がってしまいます。

2:価値観のズレが大きい

付き合い始めはお互いに気持ちが高ぶっているため、相手の嫌な部分が見えない、見えても気にならないということもあります。

しかし、付き合って3ヶ月もしてくると気持ちは落ち着き、お互いのことを冷静に理解できるようになってくるでしょう。その際に、今まで見えなかった価値観のズレが見えてくると、気持ちの冷めに繋がってしまう場合があります。

長く付き合っていくには価値観が一致していることも重要であるため、価値観のズレに気がつくことで別れの流れへと繋がってしまいます。

3:金銭的負担が大きい

デートをすればお金を使うことになります。また、長く続く不景気によって収入が苦しいという人も多いでしょう。そのため、デートをする頻度や、デート代の負担割合などによっては金銭的な負担が大きいと感じてしまう場合があります。

デート代は男性の方が多めに出す、デート頻度は高めでないと嫌など、恋愛に対する価値観や金銭感覚などにズレがあると、問題を解決することができません。金銭の問題解決ができない場合、付き合っていくことは難しいため別れの原因となります。

4:生活リズムが合わない

付き合い始めの頃はお互いに気持ちが高ぶっているため、わずかな時間でも会おうとするでしょう。しかし、3ヶ月くらい経つと、気持ちが落ち着いてくるため、生活リズムに合わせて無理なく会う流れとなっていくことが多いでしょう。

その際に、お互いの生活リズムが合わないと、なかなか会うことができません。付き合い始めと比べて、会う頻度が落ちると気持ちが冷めるきっかけとなってしまい、別れの原因となる場合もあります。

5:出会いから付き合うまでの時間が短い

付き合ってみないとわからないこともありますが、付き合う前でもお互いに理解できることは多くあります。もし、出会ってから付き合うまでの期間が短いと、付き合う前に理解できたはずのことを理解しないまま付き合うことになるでしょう。

そのため、付き合い始めてから、思っていたような人ではなかった、思っていたような付き合い方ができないなど、恋人選びを間違えたと感じて別れてしまうことになります。

6:沈黙が耐えられない

彼女と交際3ヶ月目の注意点とは? 別れてしまうカップルの11の特徴

好きな人と一緒に過ごせるのであれば、会話がなくても平気という人もいるでしょう。しかし、中には沈黙が耐えられない人もいます。

沈黙が平気という人が無理に話せば疲れてしまいますし、沈黙が苦手という人が話すことを我慢をしてもストレスを感じてしまいます。そのため、どちらに合わせても負担を感じてしまい、一緒にいても楽しいと思えません。

そのような状態が続いてきたことで、別れを考えるようになってしまうことがあります。

7:面倒なことはごまかしている

付き合って3ヶ月くらいになると気持ちが落ち着いてくるため、デートや連絡などが面倒に感じてしまうこともあります。しかし、恋人とのデートや連絡を面倒と感じても拒否できないという人もいるでしょう。

その気持ちを抑え込んで付き合い続けていると、恋人が面倒な存在となってしまいます。そのため、3ヶ月くらいになると、面倒な気持ちが抑えきれなくなり、別れることになってしまいます。

8:相手に依存しすぎている

付き合ってからどれだけ期間が経っても、恋人への気持ちが付き合い始めの頃から変わらないという人もいます。そのような人は恋人に依存してしまう場合があります。

恋人の方は、付き合って3ヶ月を過ぎて気持ちが落ち着いてきているのに、付き合い始めの頃と同じ熱量でいられると、重いと感じてしまう場合もあるでしょう。

恋人の気持ちが重いと感じることもカップルが別れる定番の原因であるため、別れの流れへと繋がってしまいます。

9:お互いを尊重できない

価値観のズレが大きいと別れの原因になってしまいますが、ある程度のズレであればお互いを尊重し合って、適切な対処ができれば乗り切ることはできます。

もし、お互いのことを尊重できずに、恋人に依存する、一人で過ごす時間を確保できない、適度な距離感を保てないなどのことがあれば、付き合っていくことに負担を感じるでしょう。また、その負担を感じることで、別れの流れができてしまいます。

10:喧嘩が多い

彼女と交際3ヶ月目の注意点とは? 別れてしまうカップルの11の特徴

付き合って間もない頃は気持ちが高ぶっているため、恋人の嫌な部分が見えないことがあります。また、付き合いたての良い雰囲気を壊したくなくて嫌な部分があっても我慢することがあるでしょう。

しかし、付き合って3ヶ月を過ぎてくると、お互いに慣れが出てきて、これまでの不満や我慢を伝えるようになり、そのことが原因で喧嘩が増えるようになるカップルもいます。

喧嘩が多いということは、それだけ価値観のズレが大きいということでもあるため、別れのきっかけとなってしまいます。

11:デートしても盛り上がらない

デートがマンネリ化していると、一緒にいても楽しさを感じることができず、倦怠期となってしまう可能性があります。また、趣味や興味などが一致しない場合は、デートに行く度にどちらかが我慢をしなければいけなくなるでしょう。

そのため、デートが盛り上がらないことも別れる原因へと繋がってしまいます。

3. 彼女と交際3ヶ月目に注意すべき5つのこと

付き合って3ヶ月目は、カップルが最も別れやすい時期と言われています。そのため、付き合って3ヶ月で別れてしまうカップルの特徴を把握し、長続きするカップルを目指しましょう。

また、その際にはいくつかの注意点があります。それらの注意点も併せて把握しておきましょう。

1:マンネリ化しないようにする

デートのマンネリ化は別れの原因となってしまうため、毎回同じようなデートを繰り返さないように注意しましょう。

デートのマンネリ化を防ぐために、毎回違うデート先を選び、彼女に新鮮さや刺激のある印象を与えるようにしましょう。また、デートや連絡の頻度が高いこともマンネリ化の原因となってしまうため注意が必要です。

2:相手を干渉しすぎない

彼女とはできるだけ一緒にいたいと考える人もいるでしょう。また、彼女が今何をしているのか気になってしまうときもあります。

しかし、あまり干渉しすぎると、彼女が一人の時間を確保することができなくなってしまいます。彼女にも彼氏と過ごすこと以外にやるべきことは多くあるため、適度な距離感を保って接することを意識しましょう。

3:自分を飾りすぎない

彼女に気に入られようとして、付き合う前に自分を飾りすぎると、付き合った際に思っていたような人ではなかったという印象を与えてしまう可能性があります。

また、友達から恋人になったことで、彼女への接し方を変えてしまうと、以前の接し方の方が好きだったと思われる場合もあります。そのため、彼女と長く付き合っていくには、自分を飾りすぎずに素の自分を気に入ってもらえるようにしなければいけません。

4:相手に自分の価値観を押し付けない

彼女と交際3ヶ月目の注意点とは? 別れてしまうカップルの11の特徴

値観にズレがある場合は、お互いを尊重し合って対処しないと別れる原因となります。そのため、自分の価値観を押し付けて、彼女に我慢をさせるようなことをしてはいけません。

そのようなことを避けるには、これからどのようにして付き合っていくのかを、お互い譲り合って、納得のできるルール作りをする必要があります。

5:慣れに油断しない

付き合って3ヶ月ほど経つと、一緒にいることが当然のようになってきます。そのため、油断していると彼女への接し方が雑になり、印象を悪くしてしまう可能性があります。

そのようなことにならないよう、付き合い始めた頃に持っていた彼女への感謝や思いやりを忘れずに接するようにしましょう。

4. 3ヶ月で別れないためにできる6つのこと

付き合って3ヶ月目はカップルが別れやすい時期であるため注意が必要ですが、3ヶ月目に入ってから注意し始めても遅いと言えます。

付き合って3ヶ月目に別れないようにするには、それまでに正しい対処をしておく必要があります。そのため、3ヶ月目までにやっておくべきことには、どのようなことがあるのか把握しておきましょう。

1:二人の今後について話し合ってみる

付き合っていると、いろいろな場面で価値観のズレがわかってきます。その価値観のズレはお互いを尊重し合って、これからどのようにして付き合っていくのかを話し合わないといけません。

もし、今後の付き合い方について話し合いができていなければ、恋人への不満や我慢が溜まっていくことになります。そのため、長く付き合っていくにはルール作りが必要になります。

2:自分の時間を大事にする

恋人に合わせすぎた生活をしていると、自分の生活リズムを乱してしまう可能性があります。そのようなことを避けるには、お互いが恋人の負担とならないように心がけ、一人で過ごす時間も確保することが必要です。

そのためにも適度な距離感を保ち、恋人に干渉しすぎないようにすることも重要となります。

3:感謝の気持ちをきちんと伝える

付き合ってから期間が経ってくると、恋人と一緒にいることに慣れてしまって、接し方が雑になってしまうことがあります。また、接し方が雑になると、感謝や思いやりの気持ちを伝えることが疎かになってしまいます。

接し方が変わってしまうことは別れる原因に繋がってしまうため、付き合い始めた頃の気持ちを忘れないようにしましょう。

4:ありのままの自分で接する

自分を飾って恋人と接していると、飾ることをやめた際に接し方が変わったと思われてしまいます。また、いつまでも自分を飾った状態で恋人と接していては、素の自分を理解してもらうことはできません。

長く付き合っていくには、素の自分も魅力的と思ってもらう必要があります。また、自分の恋人の素の部分を知って、新しい魅力を見つけていくようにしましょう。

5:新しいことに一緒にチャレンジしてみる

彼女と交際3ヶ月目の注意点とは? 別れてしまうカップルの11の特徴

デートがマンネリ化すると別れの原因となってしまう可能性があります。また、趣味や興味などが一致していなければデートが盛り上がらない場合もあります。

これらのことを避けるために、デートでは新しいことに一緒にチャレンジしてみましょう。新しいことをすることで新鮮さや刺激などに繋がります。また、共通の趣味を見つけるきっかけとなる場合もあります。

6:お互いを尊重するようにする

どちらかが不満や我慢を溜め込むような付き合い方をしていては、長く付き合っていくことはできません。

そのため、お互いを尊重し合って、長く付き合っていくためのルールを作る必要があります。また、恋人のことを尊重するには、恋人への思いやりを忘れないようにする必要もあります。

5. 交際3ヶ月目はお互いを尊重し合うことを忘れずに

付き合って3ヶ月目はカップルが別れやすい時期となっています。しかし、お互いに尊重し合って、相手のことを思いやる気持ちを忘れずにいれば、3ヶ月の壁は乗り越えることができます。そのため、交際3ヶ月目は特にお互いを尊重し合うことを忘れないように意識しましょう。

  • 彼女が元カレの話をするのは何故か? 10の心理と対処法などを紹介!
    恋人

    彼女を喜ばせるおすすめデート8選|不安にさせない誘い方のコツも紹介

  • 最近彼氏が冷たい……。その時の彼氏の心理と対処法とは?
    恋人

    最近彼氏が冷たい……。その時の彼氏の心理と対処法とは?

  • 彼女と別れた理由8つ|振られた後にやるべき事や気持ちの切り替え方を紹介!
    恋人

    彼女が好きかわからないときにチェックすること10個|別れる前に確認してみよう

  • 彼女との電話で役立つ話題14選|会話の内容に困らない対応策を解説
    恋人

    忙しい彼女との付き合い方とは? 長く付き合うためにできることや注意点を解説

  • 本気の恋愛ができない… 人を好きになれない原因5つ
    恋人

    好きな彼女でもめんどくさいと感じる? 思われないための対処法も紹介