婚活&恋愛コラム machicon JAPAN

彼女と喧嘩をしてしまうのはなぜ? 理由や仲直りまでの手順を紹介!

彼女と喧嘩をしてしまうのはなぜ? 理由や仲直りまでの手順を紹介!

公開:

# いい男 # カップル # 本音 # 男性向け

この記事は、彼女と喧嘩をしてしまう原因と仲直りの方法をご紹介します。彼女と喧嘩が多い人や、喧嘩した後に素直になれない人におすすめです。喧嘩をする理由や原因を理解することで喧嘩の回数は減らせます。喧嘩が少なくなれば2人の関係は穏やかになるでしょう。

目次

1. 彼女と喧嘩をしてしまうのはなぜ?

彼女との復縁を成功させるコツ7選! 冷却期間のポイントやヨリを戻した後も解説

恋人との喧嘩は精神的に疲れてしまいますし、できればしたくないという人も多いでしょう。しかし、どんなに仲の良いカップルでも喧嘩をした経験はあるでしょう。お互い好き同士なのに、なぜ喧嘩してしまうのでしょうか。

喧嘩してしまう理由は「相手への理解不足」から起きてしまいます。たとえば、価値観や金銭感覚の違い、相手への嫉妬が原因で起こります。

もし相手の価値観や金銭感覚を全て理解できていれば、あまり喧嘩は起こらないでしょう。現実には、相手の全て理解することは不可能なため、どのカップルも喧嘩してしまうのです。

2. 彼女と喧嘩してしまう6つの理由

いじるとすねる

前述したように、喧嘩の根本的な原因は相手への理解不足です。では具体的には、どのような理由で喧嘩になるのでしょうか。ここからは、彼女と喧嘩してしまう具体的な理由を6つ紹介していきます。

喧嘩する理由を理解して、回避する方法や喧嘩した後の対処方法を学びましょう。

1:お互いに共通するものが少ない

お互いに共通する趣味や嗜好が少ないカップルは、喧嘩が多い傾向があります。

お互いの趣味や嗜好が似ていれば、共感することが多く話が盛り上がります。逆に、お互いに共通するものが少なければ、話題も少なく共感できることがあまりありません。

共通の趣味や嗜好がないカップルは、相手の趣味や嗜好に関心をもつようにしてみましょう。相手の趣味に挑戦してみたら、実は面白かったということもあります。共感できることが多いカップルは、喧嘩も少なくなるでしょう。

2:一緒にいる時間が長すぎる

一緒にいる時間が長すぎることも喧嘩する原因です。もちろん毎日一緒にいて仲が良いカップルもいますが、一緒にいる時間が長すぎるとマンネリ化します。

一緒にいることが当たり前になると、相手への感謝の気持ちを忘れがちです。そうすると相手の嫌な部分が目につくようになり、喧嘩に発展しやすくなります。一緒にいる時間が長すぎると感じる場合は、どのくらいの頻度がよい関係を保てるのかを見極めましょう。

3:すぐ感情的になってしまう

すぐ感情的になってしまうことも、喧嘩の大きな原因の1つです。感情的になると冷静な判断ができず、口論に発展してしまいます。

特に、お互いの意見が合わない場合、感情的になりやすいでしょう。感情的になれば言葉遣いが荒くなり、お互いを罵り合う喧嘩に発展してしまうこともあるでしょう。

すぐにカッとなってしまう人は、感情をコントロールすることを意識しましょう。「大人の対応」ができれば喧嘩も減る可能性があります。

4:相手を自分の思い通りにならない

相手が自分の思い通りにならないと、不満を感じることがあるでしょう。このような不満は、相手に束縛されているような息苦しさを与えます。そのため、相手は束縛されているストレスを感じ、反発したくなってしまいます。

相手とあなたの関係は、対等です。そのことを忘れなければ、相手が自分の思い通りにならなくても不満に思わずに済むでしょう。

5:彼女との会話が少ない

会話が足りていなくても、喧嘩の原因になります。会話などのコミュニケーションが不足していると、相手の気持ちや考えてることがわかりません。そのため、相手への理解不足によるすれ違いが起こるでしょう。

すれ違いの関係が続くと、一緒にいても居心地が悪く感じたり、気まずい雰囲気になったりしてしまいます。

6:彼女に対して否定的なことばかり言う

彼女に対して否定的なことばかり言うことも、喧嘩の原因です。否定的なことばかり言われると、相手はあなたに対してポジティブな感情を抱かなくなり、自分を否定されることで反発したくなってしまうでしょう。

相手に対して否定的なことばかり言う人は、彼女より自分のほうが立場は上だと思いこんでいます。彼女は自分と対等な関係であり、自分を支えてくれる大切な存在であることを忘れないようにしましょう。

3. 彼女と喧嘩してから仲直りまでの手順5つ

モテ子の条件! 聞き上手な女性の特徴4つ

どんなに仲の良いカップルでも喧嘩はしてしまいます。大事なことは、上手に仲直りして2人の関係を深めることです。

それでは、彼女と喧嘩してしまった場合に、どのように仲直りすればよいのでしょうか。ここからは、彼女と喧嘩してから仲直りするまでの手順を紹介していきます。

1:まずは1人になり冷静になる

彼女と喧嘩してしまったら、まずは1人になって心を落ち着けましょう。喧嘩直後は、感情的になっているため、冷静な判断ができません。気持ちが高ぶっているときは、相手の言い分が受け入れられず、仲直りできないでしょう。

また、同じ空間に彼女がいると、言いたいことが頭を駆け巡り感情が静まらないことがあります。喧嘩してしまったときには彼女と違う空間に行き、1人になって気持ちを静めましょう。喧嘩をしたときは、まずは頭を冷やして冷静になることが大切です。

2:相手の立場に立って考える

喧嘩をした後に気持ちが落ち着いてきたら、相手の立場に立って物事を考えてみましょう。

相手の立場に立つことで、彼女が怒っている理由に気がつけるでしょう。また、相手の立場で物事を考えると、自分の感情を客観的に見つめられます。すると「どうしてこんな小さなことで怒っているのだろう」と気づくこともあるでしょう。

相手の立場で物事を考えて喧嘩の原因をみつけましょう。

3:お互いの意見を思い返しどうすべきか考える

相手と自分の意見を見つめ直すことで、解決策が見つかります。喧嘩している時は、つい相手の悪い点ばかり見えてしまいますが、自分の悪い点を重点的に思い返しましょう。相手の悪いところばかり見ても仲直りはできません。

まずは、自分の悪い点を見つめて反省することが大切です。

4:冷静な態度で素直に謝罪する

上手に仲直りするポイントは、自分の悪い点がわかったら、素直に謝ることです。自分から素直に謝ることを、難しいと感じる人もいるでしょう。素直に謝るコツは、自分の悪かった点を明確にすることです。そうすれば、自然に謝罪する気持ちが湧いてきます。

冷静な態度で素直に謝れば、相手に気持ちが伝わるでしょう。

5:お互いにどう思っていたか意見交換をする

素直に謝った後には、お互いの意見を交換するといいでしょう。同じ喧嘩を繰り返さないためにも、お互いに思っていることを伝えることが大切です。喧嘩した後は、普段は言えないことを伝えるチャンスでもあります。

自分が感じていることや、相手にして欲しくないことなどを話し合うことで2人の関係は深まるでしょう。

4. 彼女との仲直りでうまく言葉に表せない人への対策4つ

支配欲が強い人に関する基礎知識18選|支配欲が強い人との上手な付き合い方

「自分は口下手で気持ちを伝えるのが苦手」と感じている人は多いでしょう。そのような人は、彼女と喧嘩した場合どのように仲直りすれば良いのでしょうか。

ここからは、彼女との仲直りをうまく言葉で伝えられない人へ、4つの効果的な対策を紹介していきます。

1:文字にして言葉を伝える

自分の気持ちを口で伝えるのが苦手な人は、メールや手紙で自分の思いを伝えましょう。

メールや手紙にすることで、自分の気持ちを正直に伝えられます。口下手な人は、自分の口で謝ると相手に思いが伝わらないことがあります。相手に誤解を与える可能性もあるでしょう。

メールや手紙は、自分の気持ちを伝えやすいため誤解が少なくなります。特に大喧嘩したときに手紙は効果的です。メールよりも特別感が感じられ、気持ちが伝わりやすいでしょう。

2:彼女の喜ぶプレゼントで話すきっかけをつくる

仲直りのきっかけが見つからないときは、彼女にプレゼントを贈りましょう。

話すきっかけがなければ、いつまでたっても仲直りできません。そんなときは、自分できっかけをつくるとよいでしょう。彼女が喜ぶプレゼントを手渡して「ごめんね」と一言謝れば仲直りできるでしょう。

また、プレゼントは手軽なものをおすすめします。あまり高価なプレゼントだと相手がプレッシャーに感じることがあるためです。気持ちが重すぎないよう、彼女の好きな食べ物や小物ぐらいが良いでしょう。

3:スキンシップで気持ちを伝える

口下手な人は、スキンシップで気持ちを伝えてみましょう。たとえば、さりげなく手をつなぐだけで雰囲気が和らぎます。または、気まずい空気が流れているなら、にっこりと微笑みかけてみるのも効果的です。

言葉を使わなくてもスキンシップで仲直りしたい気持ちを伝えられるでしょう。

4:目を見つめて彼女から声をかけてくれるのを待つ

口下手の人は、彼女の目を見つめて話しかけてくれるのを待ってみるのも1つの方法です。

スキンシップをとる方法と近いですが、気持ちを言葉にできないのであれば行動で示してみましょう。目を見つめる際には、謝罪の心をもって見つめましょう。

5. 彼女と喧嘩が多いときにとるべき行動7つ

しっかり見極めて! 付き合うと後悔する男性の特徴6つ

ささいなことで喧嘩してしまう人や、会うと喧嘩ばかりしてしまうという人は、「もう少し穏やかに彼女と過ごしたい」と考えていることが多いです。

彼女と喧嘩を少なくするためには、具体的にどのような行動が必要でしょうか。ここからは、彼女と喧嘩が多いときにとるべき行動を7つ紹介していきます。

1:共通している部分をもっと大切にする

喧嘩を少なくするポイントは、お互いの共通している部分を大切にすることです。

たとえば、お互いゲームが趣味ならば一緒にゲームする時間を大切にしましょう。食べ物の嗜好が同じなら、一緒にお店巡りを楽しむのも効果的です。

2人の趣味や嗜好など共通している部分を大切にすれば、2人で話すことが増えて楽しい時間を共有することができます。そうすることで、喧嘩の回数も少なくなるでしょう。

2:冷静に話し合う姿勢を保つ

喧嘩を減らすポイントは、相手がヒステリックになっていても冷静な態度を保つことです。喧嘩は、お互いが感情的になることで激しさを増します。自分の感情をコントロールできれば、喧嘩は丸く収まるでしょう。

感情的になってしまったら、自分を客観的に見るように努めましょう。客観的に喧嘩の状況を見ることで、冷静な気持ちを取り戻すことができます。喧嘩したときには、自分の感情を客観的な視点で見られるように心がけましょう。

3:喧嘩の原因がはっきりしている場合はしっかりと話し合う

喧嘩の原因がはっきりとしている場合は、しっかりと話し合って解決することが大切です。特に束縛や嫉妬が原因の喧嘩は、話し合いをしっかりすることで、同じ理由で喧嘩することを少なくできます。

嫉妬が原因で喧嘩したのであれば、嫉妬する原因を話し合って解決策を探すことが大切です。

4:連絡を頻回にしてみる

喧嘩が多いときは、コミュニケーション不足の可能性があります。そのため、喧嘩が多いときには連絡をこまめにとることも解決策の1つです。

連絡をこまめにとって、彼女の気持ちを理解するように努めましょう。お互いの理解が深まれば、無益な喧嘩も少なくなり、楽しい時間が増えるでしょう。

5:一緒に過ごす機会を増やしてみる

喧嘩が多いときは、一緒にいる時間を増やしてみることも大切です。前述したように、コミュニケーション不足が喧嘩の原因の場合は、一緒にいる時間を増やすことでお互いの理解が深まります。

いつも以上に話をしたり、スキンシップしたりできれば、心の距離も近づくでしょう。一緒に過ごす時間が増えれば、相手との信頼関係が深まります。そのような関係のカップルは、喧嘩をあまりしないでしょう。

6:一緒にいることが多い場合は一定の距離感も大切

一緒にいることが多いカップルは、コミュニケーションの頻度を調整しましょう。

たとえば、同棲しているカップルなどでは、毎日一緒にいることを窮屈に感じる人もいます。そのような場合は、お互いのプライベートの時間をつくると良い関係でいられるでしょう。

一緒にいすぎて喧嘩が多くなるカップルは、お互いのプライベートを充実させることで2人の関係をリフレッシュすることができます。

7:倦怠期は我慢して様子を見ることも必要

倦怠期には、我慢して様子を見る必要があります。特に付き合いの長いカップルで喧嘩が多いときは、倦怠期の可能性が高いです。

倦怠期では、相手への感謝の気持ちが薄れてしまい、喧嘩が起こりやすくなります。いつもは気にならない彼女の行動にイライラすることもあるでしょう。

どんなに仲の良いカップルであっても、倦怠期があります。倦怠期かなと思ったら、適度な距離感を保ち、しばらくは様子を見ると良いでしょう。

6. 彼女と喧嘩して仲直りしたいときの最終手段3つ

彼女に喜ばれるちょっとしたプレゼント46選|記念日以外に渡すタイミングとは?

大喧嘩したときや彼女と連絡がとれなくなったときなどは、仲直りしたいけどできないケースもあるでしょう。ここからは、関係が悪化した彼女と仲直りする最終手段を3つ紹介していきます。

この方法は、さまざまな手を尽くしたけど彼女と仲直りできないというときに効果的でしょう。参考にしてみてください。

1:彼女をお姫様扱いしてみる

彼女と仲直りする最終手段の1つ目は、彼女をお姫様扱いすることです。

お姫様扱いすることで、彼女があなたにとって「特別な存在」であることを表現できます。どうしても仲直りできないときは、「彼女は特別な存在だ」と思っていることを伝えてみましょう。

2:友人に助けてもらう

彼女と仲直りできないときの最終手段2つ目は、友達の助けを借りて関係の修復を試みることです。

たとえば、大喧嘩して彼女と連絡がつかない場合、友達の手を借りて連絡してもらいます。そときには、友達から自分の気持ちを彼女に伝えてもらいましょう。

相手に連絡がとれない場合や、話を聞いてもらえないときなどは、友達に連絡をとってもらうのが効果的です。友達を通して連絡することで話を聞いてもらえる可能が高くなるでしょう。

3:彼女が不快に感じるものをやめる

彼女と仲直りする最終手段の3つ目は、彼女が不快に感じている趣味や嗜好をやめてみることです。たとえば、彼女がタバコやギャンブルを嫌っているのならば、それらをやめることで誠意を見せられます。

特に、彼女が不快に思っていることが原因で喧嘩をした場合は、気持ちが伝わりやすいでしょう。彼女が不快に感じる趣味や嗜好をやめることで、彼女を大切にしている気持ちを表現できます。

7. 彼女と喧嘩したら素直な謝罪の気持ちが大切

最初の見極めが大事!彼女を大切にしてくれる男性の特徴4つ

カップルで喧嘩をしてしまうことはよくあることです。できれば、喧嘩は少なく穏やかな時間を過ごせるほうが良いでしょう。喧嘩の少ない穏やかな関係を築くには、喧嘩したときに素直な気持ちで謝罪することがポイントです。

素直な気持ちで謝罪できれば、関係の修復が速くなり、お互いの理解が深まるでしょう。そうすれば、同じようなことで喧嘩することも少なくなります。ぜひ参考にしてみてください。

  • 恋人

    彼氏がかわいいと感じる彼女の嫉妬21選|ボーダーラインもあわせて解説

  • 気になる彼は年上好き?年下好き?恋愛対象が異なる理由とは
    恋人

    かまってちゃん男子との上手な付き合い方8選|心理状況の特徴とは

  • 両思いになれる可能性をチェック! 彼が無意識に出しているサインを見逃すな!
    恋人

    両思いになれる可能性をチェック! 彼が無意識に出しているサインを見逃すな!

  • どうして!? 婚活がうまくいかない人の特徴とは
    恋人

    男性に恋愛対象外認定されてしまう女の子の特徴

  • 大学生の彼女への誕生日プレゼント20選! おすすめのデートプランもご紹介
    恋人

    彼女への誕生日プレゼントのおすすめ総合26選|相場もあわせて紹介