Powered by mavhicon japan
menu
seach

彼女からの連絡頻度はどのくらい? 頻度が減ってしまう理由と対策などを紹介

彼女からの連絡頻度はどのくらい? 頻度が減ってしまう理由と対策などを紹介

公開:

#LINE #カップル #恋愛の悩み #男性向け

彼女からの連絡頻度が減ってしまい、その理由や対策に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、彼女からの連絡頻度が減る理由や連絡が少ないときの対策など、不安を解消するためのポイントをまとめて紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

1. 彼女からの理想の連絡頻度のパターン4つ

カップルによって連絡頻度は異なりますが、彼女からの連絡頻度はどのくらいがベストなのでしょうか。連絡が少ない場合は不安になってしまったり、また、多すぎても負担に思う方もいるでしょう。

ここからは、彼女からの理想の連絡頻度のパターン4つを紹介していきます。どのくらいの連絡頻度がベストなのか、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

1:毎日連絡を欠かさない

彼女からの理想の連絡頻度のパターン1つ目は、毎日連絡を欠かさないというものです。例えば付き合いたてのカップルだったり、遠距離恋愛にあるカップルは、挨拶だけでも毎日連絡を取り合う傾向にあります。

また、毎日連絡を取り合わないと不安を感じてしまったり、付き合っていれば毎日連絡するのは当たり前と考える方もいるでしょう。毎日連絡を欠かさずコミュニケーションを取り、日常の会話を大切にするのは、会えない時間も寂しさや不安を感じずにいられると言えます。

2:1週間のうちに数回

彼女からの理想の連絡頻度のパターン2つ目は、1週間のうちに数回というものです。毎日ではなくても良いけれど、まったく連絡がないのは寂しかったり、不安に思ってしまったりするものです。

また、毎日の連絡だと義務のように感じてしまったり、負担を与えてしまう可能性もあります。1週間のうちに数回という頻度に押さえることで、次のデートが更に楽しみになるでしょう。

特に、付き合いが長くなってくると毎日話す話題もなくなってくるため、少しの距離感を持った方が気持ちも楽にいられると言えます。

3:1か月のうちに数回

彼女からの連絡頻度はどのくらい? 頻度が減ってしまう理由と対策などを紹介

彼女からの理想の連絡頻度のパターン3つ目は、1か月のうちに数回というものです。この頻度は、平日は仕事に打ち込み、週末はプライベートを楽しむといったように、オンとオフをきっちり分けたいカップルに多く見られます。

また、自分の時間をしっかり取りたかったり、長年付き合っている熟年カップルに多く見られる傾向です。頻繁に連絡を取り合うことで気持ちを確かめたり愛情表現をしなくても、信頼関係がしっかりと築けている証拠と言えるでしょう。

4:予定を立てるときのみ

彼女からの理想の連絡頻度のパターン4つ目は、予定を立てるときのみというものです。職場が一緒の場合や同棲しているカップルの場合は、予定を立てるときや用事があったときのみに連絡するという傾向にあります。

また、そういった場合はほぼ毎日顔を合わせるため、個人の時間と恋人との時間はきっちりと分けたいという考えを持つこともあるでしょう。いずれにせよ、お互いによく理解し合い、無理をせずにいられる関係だからこその頻度と言えます。

2. 彼女からの連絡頻度が減る理由7つ

ここからは、彼女からの連絡頻度が減る理由7つを紹介していきます。彼女からの連絡頻度が減った場合、自分に何か原因があるのか、彼女が心変わりしてしまったのではないかなど、不安に感じる男性も多いのではないでしょうか。

二人の関係や気持ちの面についてなど、それぞれ詳しく解説していきますので、普段接している彼女の行動と照らし合わせながらぜひ参考にしてみてください。

1:自分の時間を大切にしたい

彼女からの連絡頻度が減る理由1つ目は、自分の時間を大切にしたいというものです。没頭している趣味があったり、交友関係が広い女性の場合、スマホを見ていない時間が長いため、連絡も遅くなってしまいます。

また、自分の時間を大切にし、メリハリのある関係を楽しむことが長続きの秘訣だと考える女性もいます。いずれにせよ、連絡を気にせず自分の時間に没頭できるということは、相手を信頼している証拠と言えるでしょう。

2:頻繁な連絡が面倒になってしまった

彼女からの連絡頻度が減る理由2つ目は、頻繁な連絡が面倒になってしまったというものです。頻繁に連絡を取り合っているうちに、いつの間にか義務感を感じてしまい、連絡そのものが億劫になってしまうことがあります。

連絡が面倒になってしまうことで、実際に二人で会う時間にもストレスを感じてしまう可能性もあるでしょう。その場合は、連絡を頻繁に取り合うことを当たり前にしないことが大切です。

3:関係が安定している

彼女からの連絡頻度が減る理由3つ目は、関係が安定しているというものです。付き合っている期間が長くなれば、付き合い始めたときに比べ気持ちは安定してきます。

それと同じくお互いの理解度が高まるため、頻繁に連絡を取り合わなくても不安な気持ちはなくなるでしょう。この安定は信頼関係が構築されたからこその落ち着きと言えます。

4:気持ちが冷めてしまった

彼女からの連絡頻度が減る理由4つ目は、気持ちが冷めてしまったというものです。付き合い始めた当初は、相手をもっと知りたい気持ちや日常を共有したい思いから、連絡頻度は高い傾向にあります。

しかし、気持ちが落ち着き始めると熱量も下がってくるでしょう。それどころか、このまま付き合っていて良いのか、今後の関係について悩みを抱えている可能性があります。

彼女に対して配慮が欠如していなかったか、そもそも付き合い自体に無理がなかったか、見直す必要があるでしょう。

5:話す内容に飽きてしまった

彼女からの連絡頻度が減る理由5つ目は、話す内容に飽きてしまったというものです。付き合う期間が長くなるにつれて、次第に話題不足になってくるでしょう。

そのため、いまいち盛り上がりに欠けてしまい、その結果連絡の頻度が減るということに繋がってしまいます。特に会話に広がりがないため、退屈を感じてしまい、それならコミュニケーションを深める必要がないと思われてしまっている可能性があります。

6:連絡より会うことを重視している

彼女からの連絡頻度はどのくらい? 頻度が減ってしまう理由と対策などを紹介

彼女からの連絡頻度が減る理由6つ目は、連絡より会うことを重視しているというものです。彼女が時間の共有を大切にするタイプの場合、連絡頻度についてはそこまで気にしていない可能性があります。

実際に会って会話を重ねることにより、連絡の取り合いだけでは汲み取れない些細な感情の動きや気持ちが、より具体的に伝わります。そのため、直接会ってコミュニケーションを取り合うことを大切にしている女性は多いと言えるでしょう。

7:仕事が忙しい

彼女からの連絡頻度が減る理由7つ目は、仕事が忙しいというものです。付き合い始めた当初は頑張って連絡を取ろうとしますが、仕事が忙しい場合は連絡を忘れてしまったり、つい後回しにしてしまったりすることもあるでしょう。

ただ、それは二人の信頼関係の延長線上にあると考えて良いでしょう。愛情表現の手段として、連絡の頻度にこだわらなくなったと言えます。彼女に対して負担が増え、結果として関係が悪化しないよう、そっと見守ることが大切です。

3. 彼女からの連絡頻度が少ないときの対策6つ

ここからは、彼女からの連絡頻度が少ないときの対策6つを紹介していきます。対策としていくつかポイントを押さえておくことで、不安になりすぎず、臨機応変に対応できるでしょう。

実際にどんな行動をすればいいか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1:彼女が興味のある話題を振る

彼女からの連絡頻度が少ないときの対策1つ目は、彼女が興味のある話題を振るというものです。付き合っている期間が長くなり話題不足になってしまった場合などは、お互いが歩み寄る努力が必要になります。

その際に、彼女が興味のある話題を振ることで会話が盛り上がるでしょう。彼女の趣味について理解し、共通の話題を持つこともおすすめです。同じことを楽しめるということは、共通の時間が増えることにも繋がります。

2:不安な気持ちを伝える

彼女からの連絡頻度が少ないときの対策2つ目は、不安な気持ちを伝えるというものです。不安な気持ちを抱えネガティブになってしまう場合は、正直に不安な気持ちを伝えてみると良いでしょう。

本音を伝えるのは勇気がいりますが、彼女はそこまで深く考えていなかった可能性もあります。仕事の忙しさなど、彼女の状況を考慮したうえで、きちんと本音を話すことによって、今後の二人の関係性が深まるきっかけにも繋がるでしょう。

3:彼女に直接理由を聞いてみる

彼女からの連絡頻度はどのくらい? 頻度が減ってしまう理由と対策などを紹介

彼女からの連絡頻度が少ないときの対策3つ目は、彼女に直接理由を聞いてみるというものです。付き合っていく中で、話し合いはとても大切な要素です。自分の気持ちを伝えることも大切ですが、直接理由を聞いてみるのもコミュニケーションの1つと言えるでしょう。

例えば、理由として仕事が忙しかったことや、悩みを抱えていたなどといった可能性もあります。したがって、理由を聞く際には、彼女に対して気遣いや思いやりを持ったうえで聞いてみると良いでしょう。

4:自分から連絡することを控える

彼女からの連絡頻度が少ないときの対策4つ目は、自分から連絡することを控えるというものです。連絡頻度が少なくなり、不安な気持ちから距離を縮めるためにいつも以上に連絡してしまうこともあるでしょう。

しかし、それがかえって逆効果の場合もあります。余裕のなさが伝わり、しつこいと思われてしまうこともあるでしょう。そうなった場合は関係の悪化に繋がりかねません。したがって、自分からの連絡は控え、彼女からの連絡を気長に待つことも必要です。

5:他のことに集中する

彼女からの連絡頻度が少ないときの対策5つ目は、他のことに集中するというものです。不安に思うあまりネガティブな思考から抜け出せず、気持ちの切り替えが難しいこともあるでしょう。

その場合、他のことに集中することで心の余裕にも繋がります。また、彼女の負担にならないよう適度な距離感を保つことは、良い関係性を保つためにも必要と言えます。連絡頻度が少ないときは、個人の時間を楽しむためや自分磨きのための有効な時間と捉えると良いでしょう。

6:彼女のペースを受け入れる

彼女からの連絡頻度が少ないときの対策6つ目は、彼女のペースを受け入れるというものです。連絡頻度が少ないことを責め立てたりすることはもちろん、問い詰めたりせずに彼女のペースを受け入れることは、彼女を尊重することにも繋がります。

また、彼女にとってはペースを受け入れてもらったことで安心に繋がるでしょう。お互いにペースを尊重することは、思いやりを持っているからこそできることです。彼女との深い関係を築くための一歩と捉えると良いでしょう。

一緒に過ごすときの彼女の態度に注目

連絡頻度が少ないとは言え、一緒に過ごしている時間で彼女が楽しそうにしていれば、心配しなくても良いでしょう。連絡頻度が少ないと、あれこれと理由を考え不安を抱えてしまいがちですが、大切なのは一緒に過ごすときの彼女の態度です。

気持ちは態度に表れるため、連絡だけでは汲み取れない彼女の気持ちや表情に注目することが大切です。

4. 彼女との連絡頻度を多くするメリット4つ

ここからは、彼女との連絡頻度を多くするメリット4つを紹介していきます。連絡頻度と愛情は比例するわけではありませんが、彼女との連絡頻度を多くすることは、良好な関係を保つためのコミュニケーションになるでしょう。

彼女との連絡頻度を多くしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1:すぐに気持ちを伝えられる

彼女との連絡頻度を多くするメリット1つ目は、すぐに気持ちを伝えられるというものです。お互いの理解を深めるためには、コミュニケーションが必要不可欠です。

すぐに気持ちを伝えられることで、気楽に本音を言い合える関係を築くことに繋がります。お互いの関係性がより深まり距離も縮まるため、気持ちのすれ違いも防げるでしょう。

2:連絡することが日常になる

彼女からの連絡頻度はどのくらい? 頻度が減ってしまう理由と対策などを紹介

彼女との連絡頻度を多くするメリット2つ目は、連絡することが日常になるというものです。連絡のやり取りが日常の一部になることによって、連絡そのものを負担に感じることがなくなるでしょう。

連絡することが日常になるということは、コミュニケーション不足の解消にも繋がります。離れている間に生じる違和感や気持ちの変化にも、すぐに気付けることは大きなメリットと言えるでしょう。

3:不安な気持ちが軽減される

彼女との連絡頻度を多くするメリット3つ目は、不安な気持ちが軽減されるというものです。連絡頻度を多くすることによって、日常の些細なことを話し合う機会が増えるでしょう。

お互いの日常を共有することにも繋がるため、時間が合わないなどすぐに会えない状況でも、寂しい気持ちや不安な気持ちが軽減されるということが言えます。自分との時間を作ってくれているという気持ちから、より親密さが増すきっかけにもなるでしょう。

4:情報共有ができる

彼女との連絡頻度を多くするメリット4つ目は、情報共有ができるというものです。例えば何か緊急の事態が起こったときなど、日常的に連絡のやり取りができていれば、すぐに連絡がつきやすくなるでしょう。

また、日々の出来事や予定など、お互いの状況を理解できるため、すれ違いやちょっとしたことでの誤解などが防げるでしょう。相手の状況に理解があることによって思いやりが生まれ、気持ちの余裕にも繋がります。

5. 彼女との連絡頻度が少なくても関係を続けるコツ3つ

ここからは、彼女との連絡頻度が少なくても関係を続けるコツ3つを紹介していきます。連絡頻度が少なくても、少しのコツや工夫を知ることで、今後も彼女と良好な関係を保てるでしょう。

二人の理想の連絡頻度が違い、関係を続けるコツについて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

1:電話をする

彼女との連絡頻度が少なくても関係を続けるコツ1つ目は、電話をするというものです。連絡頻度が少なくても、少し声が聞けるだけで安心に繋がります。

こまめに連絡を取り合うより実際に声を聞けた方が、より相手の状況や気持ちが把握しやすいでしょう。そのため、お互いに距離を感じず、精神的な繋がりを深めるきっかけにもなると言えます。

2:頻繁に会うようにする

彼女との連絡頻度が少なくても関係を続けるコツ2つ目は、頻繁に会うようにするというものです。関係性を深めるには、時間の共有が大切です。そのため、連絡頻度が少なくても頻繁に会うことで、長く関係を続けていけるでしょう。

良好な関係を保つには、直接会うことに勝るものはありません。顔を見てコミュニケーションを取り合うことで、より自分の気持ちが彼女に伝わりやすいでしょう。連絡頻度が少なくても、愛情不足に陥る心配がないことも良い点です。

3:お互いに無理をしない

彼女との連絡頻度が少なくても関係を続けるコツ3つ目は、お互いに無理をしないというものです。彼女との関係を続けていくために、距離を縮めようと一生懸命頑張ってしまうこともあるでしょう。

しかし、無理をしてしまうことで、頻繁に連絡を取り合っても喧嘩が絶えなくなってしまう可能性があります。そのため、お互いに無理をしないことは関係を長続きさせるうえで大切なことだと言えるでしょう。

6. 対策を知って彼女の連絡頻度に対する不安を解消しよう

本記事では、彼女からの連絡頻度が減ってしまう理由やその対策、連絡頻度が少なくても関係を続けるコツなどを紹介しました。対策を知っておくことで、二人に合った連絡頻度が見つけられたり、より良い関係性が築けるでしょう。

ぜひこの記事で紹介した対策を参考に、彼女の連絡頻度に対する不安を解消してみてはいかがでしょうか。

  • 恋愛したいけど何をすればいいかわからない女性へ向けて、すべきことを紹介します
    恋人

    残念すぎる!? 恋に恋する女の子の特徴と、周りからの評判は?

  • 恋人

    男性ウケいまいち? 可愛いと思ってるメイクが男性ウケしてない理由

  • 独身ってどんな瞬間が寂しいって思うの?
    恋人

    未読スルーとは? もしかしてウザがられている!? 未読スルーする男性心理とスルーされないメッセージ例

  • 年の差カップルのメリット11選|長続きするための3つのポイントなど紹介
    恋人

    年の差カップルのメリット11選|長続きするための3つのポイントなど紹介

  • 彼女のLINEの既読無視はよくあること? 返信しない理由12個と対処法を紹介
    恋人

    彼女との復縁を成功させるコツ7選! 冷却期間のポイントやヨリを戻した後も解説