婚活&恋愛コラム machicon JAPAN

彼女を泣かせたときの男性心理とは? 対処法や注意すべきポイントを解説

彼女を泣かせたときの男性心理とは? 対処法や注意すべきポイントを解説

公開: / 更新:

#カップル #本音 #男性向け

喧嘩などで彼女を泣かせてしまった場合には、彼氏は正しい対処をする必要があります。この記事では、彼女を泣かせたときの男性心理や対処法・注意すべきポイントを紹介していきます。喧嘩後も彼女と良い関係性を保てるように、これらのことについて事前に把握しておきましょう。

1. 彼女を泣かせた時にありがちな理由3つ

一緒にいて楽しくない

仲の良いカップルでも、長く付き合っていれば喧嘩をして彼女を泣かせてしまうこともあります。もし彼女を泣かせてしまった場合には、仲直りをして関係の修復をする必要があります。

しかし、仲直りや関係の修復を図るのは時間が掛かるため、できれば彼女を泣かせてしまうようなことは避けることが望ましいでしょう。

彼女を泣かせることのないように、世間の彼氏はどのような理由で彼女を泣かせたことがあるのか、参考に知っておきましょう。

1:溜まっていた不満をぶつけてしまった

長く付き合っていれば恋人への不満が溜まることもあります。普段であれば、恋人に不満を伝える際には伝え方やタイミングなどに注意して、お互いが嫌な思いをしないように配慮をしているカップルが多いです。

しかし、喧嘩となった際には感情的になり、その溜めていた不満を配慮なく彼女にぶつけてしまうことがあります。

喧嘩中に、お互いの感情が高ぶった状態で彼氏から威圧的に多くの不満をぶつけられることで彼女の感情が不安定になって追い詰められ、彼女が泣き出してしまいます。

2:喧嘩をした勢いで余計な事を言ってしまった

喧嘩になると感情的になり、喧嘩の原因とは直接の関係がないことまで言ってしまう場合があります。そのような場合、溜まっていた不満を相手にぶつけてしまうこともあります。

また、感情的になっていることで、勢い任せに別れ話しを匂わせるようなことを言ってしまう方もいるでしょう。

喧嘩中は勢いで言ってしまうため、彼女にとっては予想していなかった言葉が突然出てくることになるでしょう。そのため、驚きや混乱、怒りなど様々な感情でパニックになり、泣き出してしまいます。

3:相手を批判するような事を言った

長く一緒にいれば、彼女の考えや行動などに対して苛立ちを感じる場面もあります。しかし、そのような場合に彼女の考えや行動などを批判してしまうと、彼女が傷つき、泣いてしまう場合があります。

また、少しからかっただけのつもりが、思いのほか彼女が気にしてしまい、泣き出してしまうこともあるため注意しましょう。

2. 彼女を泣かせたときの男性心理7選

男性は見抜いてる!? モテない女性がやりがちな習慣5つ

彼女を泣かせた場合、考えることは人によって異なります。しかし、その際に働いている定番の心理はいくつかあります。

彼女を泣かせた場合には、自分の気持ちを落ち着けて、正しい対処が実施できるようにしましょう。彼女を泣かせた際には、どのような心理が働くことがあるのかを事前に知っておくことで、早めに自分の気持ちを落ち着けられるようにしましょう。

1:泣かせた事に対する罪悪感

人を泣かせてしまった場合には、悪いことをしたと思って罪悪感を持ってしまう方が多いでしょう。その相手が彼女であれば、なおさらその罪悪感は強いでしょう。

また、彼女を泣かせてしまった原因が自分になかったとしても、罪悪感を感じてしまうことがあります。そのため、自分は悪くないのに罪悪感を感じている状況に困惑してしまう彼氏も少なくないでしょう。

2:彼女が泣いた理由を考える

喧嘩中に彼女が泣き出せば、泣いている理由がわかります。しかし、何気ない一言に傷ついて泣いてしまった場合は、なぜ彼女が泣いているのか理由がわからないことがあるでしょう。そのため、彼氏は彼女が突然泣き出したと思ってしまい、まずはその理由を考えようとします。

このような場合は、傷つくことを言われてから、少し時間差があって泣き出すこともあるため、彼氏が理由を把握することが困難な場合もあります。

3:泣き止ませる方法を考える

彼女を泣かせた場合、その原因を解決するにしても、話し合いをするにしても、まずは泣き止んで冷静になってもらう必要があります。そのため、彼氏はひとまず彼女をなだめて落ち着かせようとして、様々な方法を考えるでしょう。

4:どうしたら良いのか分からなくなっている

彼女が泣かせた場合、まずは泣き止ませる方法を考える必要があります。しかし、彼女の泣いている原因がわからない、泣き止ませる方法が思い浮かばない、何をしても泣きやなないなどの場合は、何をして良いかわからなくなります。

彼女が泣き続ける状況にお手上げ状態となると、何をすれば良いのか判断できなくなり、ただうろたえ続けるだけとなってしまうでしょう。

5:面倒に感じている

彼女を泣かせたとしても、彼氏に原因がない場合もあります。しかし、彼女が泣いてしまったのであれば、彼氏は彼女をなだめて対応しなければなりません。そのため、正直面倒と感じることもあるでしょう。

また、ちょっとしたことで頻繁に泣くような場合も、その都度対応しなければいけないため、徐々に面倒と感じるようになってしまいます。

6:振られるかもしれないと考えている

喧嘩になった場合には、感情的になったことで彼氏の方から別れを匂わせるようなことを言ってしまうこともあります。しかし、泣いて感情が頂点に達すれば、今度は彼女の方からも別れの言葉を言い出す可能性があるでしょう。

これらは、勢いで出た言葉であるため、本音ではなかったとしても、先に彼氏から言い出していることから、彼女まで別れると言い出すと引っ込みのつかない状況に陥ってしまって困ることがあります。

また、彼女から別れの言葉を言われなくても、泣かせるようなことをしたために嫌われてしまったと考えることもあるでしょう。嫌われたことで、振られる可能性を心配するようになる彼氏もいます。

7:彼女との別れを視野に入れる

彼女が泣き出した際には、罪悪感や焦りなどを感じてしまうことが多いでしょう。しかし、場合によっては面倒と感じてしまうこともあります。その面倒と思う感情が強い場合は解決を目指すのではなく、彼女との別れを視野に入れる彼氏もいます。

このような場合は突発的な感情ではないため、本当に別れの原因に繋がってしまう可能性もあるでしょう。

3. 彼女を泣かせてしまった場合の対処法5つ

どのような理由があったとしても、彼女を泣かせてしまった場合には仲直りをして関係を修復する必要があります。しかし、お互いが感情的になった後ということもあり、どのような対処をすれば良いのか悩んでしまう彼氏も多いでしょう。

きちんと関係を修復しておかないと、別れの原因に繋がってしまう場合もあるため、正しい対処法を把握して、実践するようにしましょう。

1:彼女にお詫びとしてプレゼントを贈る

彼女に泣かせたことを謝りたいと思っても、そのきっかけがなかなか掴めずに時間が経ってしまうことがあります。そのような場合は、お詫びの意味も込めてプレゼントを用意しておきましょう。

プレゼントを渡すことで謝るきっかけを作ることができる上に、彼女の気を和ませられるでしょう。ただし、物で解決しようとしていると勘違いさせないように、高価な物をプレゼントするのは避けましょう。

また、彼女のことを理解できているということを伝えるためにも、前から欲しがっていた物を選ぶようにしましょう。

2:誠意をもって泣かせた事への謝罪をする

プレゼントを用意しても、それはあくまでも謝罪のきっかけを作るアイテムでしかありません。物だけでは解決をすることはできないため、きちんと言葉で誠意を込めた謝罪をするようにしましょう。

その際には、彼女を泣かせた原因を明確に把握しておく必要があります。もし、原因が間違っていると、そんなことで泣いたのではないと思われ、より状況を悪化させてしまう可能性があるため注意しましょう。

3:彼女のお願いを聞く

謝罪がうまくいけば、仲直りの証として彼女のお願いを聞いてあげるようにしましょう。事前にプレゼントを用意していない場合は、その流れでプレゼントを買ってあげると良いでしょう。

また、彼女が行きたい場所やお店があれば連れて行ってあげることもおすすめです。仲直りの後にこれらのようなフォローを行うことで、早く関係を元通りに修復することができるでしょう。

4:愛情表現をする

ただ謝るだけでは、恋人関係の修復としては不十分です。彼女を泣かせたのであれば、喧嘩はしても愛情は変わっていないということを伝えるために、しっかりと愛情情表現をするようにしましょう。

愛情に変わりがないことを伝えても、信頼を取り戻すことができていなければ、恋人としての関係修復ができたとは言えないでしょう。

5:お互いに反省点を話し合う

彼女が泣いた時は、彼氏が謝ったとしても、必ずしも彼氏だけが一方的に悪いとは限りません。そのため、謝って許してもらったら終わりにする、というようなことはやめましょう。

きちんと今回の原因について2人で話し合い、今後のために反省点や改善点などを明確にしておきましょう。もし、話し合いができていなければ、再び同じ理由でトラブルが起こる可能性があります。

4. 彼女を泣かせたときに注意すべき3つのポイント

支配欲が強い人に関する基礎知識18選|支配欲が強い人との上手な付き合い方

彼女を泣かせた場合には、正しい対処をする必要があります。もし、正しい対処ができなければ、状況を悪化させてしまう可能性があるため注意が必要です。そのため、状況を悪化させないように、彼女が泣いた際に注意するポイントを事前に押さえておくようにしましょう。

1:責めたり突き放す事をしない

彼女が泣いた際には、正直面倒と思ってしまう場合もあるでしょう。しかし、面倒になったからと責めることや突き放すような言動をしてはいけません。そのようなことをしてしまうと、彼女が大きく傷ついて、関係の修復ができない状況に陥ってしまう可能性があります。

2:配慮を忘れない

彼女が泣いた際には、感情も気持ちも不安定になっています。そのため、あまり1人にしないようにしましょう。また、泣き止んだ後もなるべく一緒にいるようにして、離れなければいけない場合には、こまめに連絡をしてあげるようにしましょう。

もしこれらの配慮が足りず、彼女を不安な状態にしたままでいると、良い関係性が保てなくなってしまうでしょう。

3:態度に気を付ける

泣いている彼女に対して、責めることや突き放すような言動をしてしまうと、さらに彼女を追い詰めてしまうことになり、彼女が別れを考える原因となってしまう可能性もあるため注意しましょう。

また、彼女の性格によっては、さらに衝突が激しくなり、収拾がつかない状況に陥ってしまう可能性もあります。このような状況も別れの原因となるため注意が必要です。

5. 泣かせたことを謝ってきた時の対応3つ

【心理テスト・恋愛編】5人組の構成で診断。あなたは友情から恋が生まれるタイプ?

彼氏が彼女を泣かせた際には、さまざまなことに注意をして対応をするようにしましょう。また、彼女側も、彼氏が謝ってきた際には、関係を修復するために様々な対応をしてくれています。

彼氏として彼女の対応を察知できるように、泣かせたことを謝ってきた時の対応について把握しておきましょう。

1:不満・文句をぶつけないようにする

彼氏が謝ってきた際には、彼氏が罪悪感を持っているからと、ここぞとばかりに溜めていた不満や文句をぶつけるようなことは避けましょう。そのようなことをしてしまうと、せっかく彼氏が仲直りしようとしているのに、その状況を壊してしまうことになりかねません。

そのため、彼女は不満や文句をぶつけないように注意をしましょう。彼氏の方から不満や文句を聞ける良い機会だと思い、今後も付き合っていくために改善していきましょう。

2:彼氏に素直に甘えてみる

仲直りをした後は、しばらく気まずさが残ってしまうことがあります。そのような場合は、彼氏の方は罪悪感を持っている場合があるため、アクションを起こしづらく感じていることが多いでしょう。

そのため、彼女の方から勇気を出して素直に甘えてきてくれる場合があります。その際には、彼氏は気まずい雰囲気の中だとしても、急に甘えられて驚かないように気を付けましょう。

3:終わった話をしつこく言わない

仲直りをしたにもかかわらず、ことあるごとに終わったことを蒸し返したりするようなことは避けるようにしましょう。そのようなことをすれば、せっかく修復した関係性がまた悪くなってしまいます。

繰り返さないように彼女が注意してくれている場合があるため、彼氏の方も、いつまでも前の話を蒸し返さないように徹底しましょう。

6. 自分を泣かせた彼氏に対して必要以上に責めないようにしよう

彼女を泣かせてしまった時には、彼氏は、今回ご紹介した注意点を守り、正しい対処をする必要があります。もし、正しい対処ができていない場合は、関係の修復が困難となってしまいます。

喧嘩の後は、彼氏が配慮をしてくれているため、彼女側も感情に任せて必要以上に責めるのは控えましょう。もし喧嘩になってしまった時には、これからの良い関係性を保っていくためにも、しっかりと話し合いをしましょう。

  • <男性向け>意外性のある人がモテる!? 女性に好感を持たれる意外性とは?
    恋人

    優しい嘘が必要な瞬間がある? その瞬間とは……

  • 恋人

    彼女が不機嫌になる原因11個|うまく対処する方法もあわせてご紹介

  • <男性向け>思わせぶりな女性の特徴! 騙されない為の対処法は?
    恋人

    長続きカップルのLINEは毎日しない!?既読スルー・記念日・就寝前のLINEについても解説!

  • サバサバしている女の子ってどう? 男性的にはアリ? なし?
    恋人

    サバサバしている女の子ってどう? 男性的にはアリ? なし?

  • 彼女がいるのに誘ってくるのはなぜ? 男性の本音を教えて!
    恋人

    彼女がいるのに誘ってくるのはなぜ? 男性の本音を教えて!