何が違う? 愛される人と愛されない人の違いとは

女性なら誰しも一度は「愛されたい」と考えたことがあるのではないでしょうか。しかし、世の中には「愛される人」がいれば「愛されない人」もいるのが事実です。自分の周囲を見てみても、いつも愛されていて羨ましいと思う人もいれば、そうでない人がいることに気付くはずです。

そこで今回は、「愛される人」と「愛されない人」の違いを紹介します。「愛される人」になりたい方は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

「愛される人」と「愛されない人」の違いとは

愛される人と愛されない人にはどのような違いがあるのでしょうか。外見だけではない内面的な部分の違いを紹介します。

人を愛することができるか

「愛される人」と「愛されない人」、この両者の大きな違いは何と言っても人を愛することができるかどうかにあります。恋愛だけでなく家族でも友人でも、上手くいっている関係はお互いを愛していることがほとんどです。

自分が苦手だと感じる相手は、相手も自分に対し同じように思っていることが多く、反対に好きだと思っている相手は、相手も同じよう自分を好いてくれていることが多いと思いませんか?

人間関係は「自分が相手をどう思っているか」によって「相手が自分をどう思っているか」が変わるのです。

したがって、愛される人は人を愛することのできる人、愛されない人は人を愛すことのできない人と言えるでしょう。深い愛でなくても構わないので、相手をひがんだり妬んだりすることなく、素直に良い部分を認めることが大切です。

周囲のためなら嫌なことでもできるか

何かをする時に、周囲や相手のためを思った行動を取れるかどうかも、「愛される人」と「愛されない人」の大きな違いです。愛される人は、周囲の人が困っていたら、例え嫌なことでもしてあげようと行動に移すことができます。

一方で、愛されない人は、例え周囲の人が困っていたとしても、自分に関係が無ければ知らんぷりをして時が過ぎるのを待つ傾向にあります。
この場合、どちらが愛されるかは一目瞭然ですよね。

人のためになるのなら、時には嫌なことでも協力してあげる優しさを愛される人は持っています。

笑顔を常に心掛けているか

愛される人と愛されない人の決定的な違いの一つが「笑顔」です。楽しい時や嬉しい時に笑顔になるのは当たり前のことです。しかし、愛される人はそういった自分の気分だけではなく、周りの人のために常に笑顔を心掛けています。

あなたの周りにも、挨拶をする時やちょっとした会話をする時など、気付けばいつでも笑顔でその場の雰囲気を明るくしてくれる人がいるのではないでしょうか。

誰に対しても笑顔を心掛けている女性は、誰からも好かれる愛される人と言えるでしょう。

感謝の気持ちをちゃんと伝えられるか

愛される人は「ありがとう」の気持ち伝えるのがとても上手です。もちろん、相手に何かしてもらった時、感謝の気持ちを伝えるのは当然のことで、多くの人はできているでしょう。

しかし、愛される人は、「ありがとう」の言葉にさらに感謝の気持ちをプラスして伝えるのです。

例えば、何か手伝ってもらったなら感謝の気持ちとともに「次は私が手伝いますから何でも言ってくださいね!」など、恩返しの気持ちを相手に伝えます。言われた方は、何気ない一言でも嬉しい気持ちになりますよね。

こうしたちょっとした一言をプラスできるかどうかも愛される人と愛されない人の違いと言えるでしょう。

愛される人になるには

感謝の気持ちをちゃんと伝えられるか

これから紹介する3つの方法を実践するだけで、誰でも愛される人になることが可能です。愛される人になりたい方は、ぜひ真似してみてくださいね。

人に感謝する気持ちを心掛ける

愛される人は、どんな小さなことでも相手がしてくれたことに気付けます。そして、きちんと感謝の気持ちを伝えることができるので、相手も嬉しくなり、さらに良い関係を築けるのです。

どんなことでも人からしてもらったことに当たり前と思わず、感謝の気持ちを持つことが大切です。

自分で自分のことを愛してあげる

人を愛するには、自分で自分のことを愛してあげる心の余裕が必要です。自分の心を満たしてあげることができれば、自然と相手のことを愛し、受け入れることができるでしょう。

おわりに

自分で自分のことを愛してあげる

女性なら誰でも好きな人に愛してもらいたいですよね。しかし、愛されたいなら、まずは自分が愛してあげることが大切です。相手に求めるばかりではなく、相手のためを思った行動を心掛けてみてください。

また、感謝の気持ちを持ち、常に笑顔を心掛けることも忘れてはいけません。今回紹介したポイントを参考に、愛される女性を目指していきましょう。

Written by 早紀

早紀の他の記事を読む